選べるポイントアップショップでエポスカードのポイント還元率を1.5%にする方法

スポンサーリンク

こんにちは!
クレジットカードはポイント重視で選びたい、ノマド的節約術の松本(@peter0906)です。

エポスカードというと、特典は充実しているものの、ポイント還元率の低さだけがネックでした。

そんなエポスカードにはゴールドカード「エポスゴールドカード」とプラチナカード「エポスプラチナカード」があります。

これら2種類の上位カードであれば、ポイント還元率を少なくとも1.5%にする方法がありますよ!

それが「選べるポイントアップショップ」という仕組み。

このページでは、選べるポイントアップショップをよりお得に使うためにできることを紹介していきますね。

エポスカードのポイント還元率を1.5%にする方法

選べるポイントアップショップとは?

選べるポイントアップショップとは、エポスゴールドカードとエポスプラチナカード保有者だけが使えるサービスです。

エポスカード側が指定した300以上のショップから、よく使うショップを3つまで指定することができ、そのショップでカード払いするとポイント3倍になります。

税込200円ごとに3ポイント貯まるため、還元率にすると1.5%ですね。

エポスゴールドカードやエポスプラチナカードを持っていると、よく使うお店があればポイント還元率を高められますよ。

選べるポイントアップショップの注意点

選べるポイントアップショップはポイント3倍になって無条件でおすすめなのですが、一部対象外になる条件などを知っておき、それに当てはまらないように気をつけましょう。

ポイントアップ対象外になる店舗や条件は以下の通り。

  • エポスバーチャルカードの利用分
  • エポスVisaプリペイドカードの利用分
  • ショッピングセンター、アウトレット、ディスカウントショップ、百貨店の中にある店舗など
  • 対象ショップにより、一部クレジットカード払いが利用できない商品
  • エポスNetを退会した場合

また、一度登録したショップは3ヶ月間変更できないため、慎重に選ぶようにしましょう。

ポイントアップでボーナスポイントがもらえますが、これは利用した月の翌月20日頃までに付与されますよ。

登録はエポスNetから

ポイント3倍になるなら、すぐにでも選べるポイントアップショップにショップを登録したいと思いますよね。

登録はエポスNetからできるようになっています。

スポンサーリンク

選べるポイントアップショップの対象店舗・サービス

それではここからは、気になる「選べるポイントアップショップ」の対象店舗やサービスを一覧で紹介しますね。

すべては紹介しきれないので、代表的なところをリストにしてみました。

公共料金

  • 朝日新聞
  • NHK放送受信料
  • ENEOSでんき
  • 大阪ガス
  • 沖縄電力
  • 関西電力
  • 九州電力
  • 京葉ガス
  • 国民年金
  • 西部ガス
  • 四国電力
  • 静岡ガス
  • 仙台市ガス
  • 中国電力
  • 中部電力
  • 東京ガス
  • 東京電力
  • 東京都自動車税
  • 東京都水道料金
  • 東彩ガス
  • 東部ガス
  • 東邦ガス
  • 東北電力
  • 日本経済新聞
  • 福岡市水道料金
  • 北陸電力
  • 北海道ガス
  • 北海道電力
  • Yahoo!公金支払い
  • 横浜市水道料金
  • 読売新聞
  • レモンガス

公共料金の支払いを対象にしておけば、かなりポイントが貯めやすくなりますよ。

また、Yahoo!公金支払いにも対応しているため、高額納税することがわかっているのであれば、ふるさと納税のために使うようにすれば、あとでポイントがたくさん戻ってきます。

交通(鉄道・飛行機・自動車)

  • ETC利用
  • エアアジア
  • エアカナダ
  • AirDo
  • ANA
  • エールフランス
  • 大阪市交通局
  • 小田急電鉄
  • JR九州
  • JR東海
  • JR西日本
  • JR東日本
  • ジェットスター
  • JAL
  • スカイマークエアラインズ
  • スターフライヤー
  • 西武鉄道
  • ソラシド エア
  • 大韓航空
  • つくばエクスプレス
  • デルタ航空
  • 東急電鉄
  • 東京都交通局
  • 東京メトロ
  • 南海電鉄
  • 阪急電鉄
  • ピーチ・アビエーション
  • モバイルSuica

ETC利用が対象になっているのが見逃せませんね。

あとは、鉄道系の定期券をクレジットカードで買う場合はポイント3倍になることで、戻ってくるポイントがとても多くなりますよ。

ショップ・スーパー・コンビニ

外食チェーン・レジャー施設

外食チェーン店でも選べるポイントアップショップの対象になっているところがありますね。

頻繁に利用するのであれば、選択肢に入れてもいいと思います。

さいごに

もし、エポスゴールドカードエポスプラチナカードを使うのであれば、選べるポイントアップショップを使うことで、エポスカードの弱点だったポイント還元率も改善できます。

よりお得なカードとして使うことができますので、もしエポスゴールドカードエポスプラチナカードを使うのであれば、ぜひ活用してみてくださいね。

エポスゴールドカードやエポスプラチナカードを使うには、まず通常のエポスカードから使って招待してもらうのがいいと思います。

そのほうが年会費節約になりますからね。

参考:エポスカードを使うにはこちらから

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る