楽天Edyチャージにおすすめのクレジットカードと設定方法・クレジットチャージ方法まとめ

スポンサーリンク

楽天Edyは、クレジットカードを使ってのチャージに対応しています。
クレジットカードでチャージできると、クレジットカードのポイントも貯まるし、チャージする手間自体も大幅に省けるので、おすすめです。

もし、楽天Edyの登録ができれば、次は楽天Edyにクレジットカードからチャージできる設定をしておきましょう。

私自身もどうやってやるのかが分からなかったので、設定しながらメモを取りましたので、同じように悩んでいる方は見ながら進めていただければと思います。

楽天Edyチャージにオススメのクレジットカードと設定方法・クレジットチャージ方法まとめ

楽天Edyにチャージできるおすすめのクレジットカード

楽天Edyにチャージできるクレジットカードがそもそもどれなのかが設定以前に気になるところですよね。

まずは楽天Edyにチャージできるクレジットカードを一覧にしてみました。

楽天カードから楽天Edyへのチャージはカードと一体型なのがおすすめ

この中では、楽天Edyの機能がついた楽天カードを使うのが、余計な管理の手間が減る分だけおすすめです。

楽天Edyに楽天カードからチャージしたときにも1%分の楽天スーパーポイントが貯まりますし、楽天Edyを使ったときにも税込200円ごとに1ポイントが貯まりますよ。

楽天カード以外にも、楽天PINKカード楽天ゴールドカード楽天プレミアムカードも楽天Edyと一体型になっていますので、日々の支払いを便利にするためにもぜひ使ってみましょう。

リクルートカードVISAで楽天Edyのチャージもおすすめ

楽天Edyにチャージするクレジットカードですが、一番還元率が高くなるのは、リクルートカードのVISAブランドです。

リクルートカードは年会費無料で、還元率が1.2%もあるカードで、チャージした金額に対してリクルートポイントが貯まります。

リクルートポイントはPontaポイントにも交換できますし、使い勝手もいいですよ^^

10,000円チャージしたら120円分がポイントになります。
小さな積み重ねですが、ムダ使いしなければ常に1.2%安く買い物できているのと同じです。

クレジットカードチャージの設定手順

さて、ここからクレジットカードで楽天Edyにチャージする手順を説明していきます。

私自身も難しく考えていましたが、そんなに手間ではありませんよ〜!

まずは楽天Edyのアプリを開いてください。
右上に歯車のアイコンがありますので、それを押しましょう。

おサイフケータイの携帯電話から楽天Edyに登録する方法

メニューが出てくるので、一番上にある「チャージ」を押してください。

楽天Edyでクレジットチャージする設定のやり方

チャージ設定の画面が出てきたら、チャージ方法を選びます。

楽天Edyでクレジットチャージする設定のやり方

チャージ方法の設定ということで、3種類のチャージ方法が出てきます。

面倒な方は楽天会員情報に登録済みのクレジットカードを選ぶのも1つの手です。

楽天カードを登録していて、リクルートカードを作るのが面倒なら一番上を選ぶのがいいと思います。

私はリクルートカードを登録することにしたので、2つ目の「クレジットカード」を選びました。

楽天Edyでクレジットチャージする設定のやり方

ユーザー情報の登録で、使う前の注意事項や利用規約が確認できますので、チェックした上で次へ進みましょう。

楽天Edyでクレジットチャージする設定のやり方

ここから名前や郵便番号などを入力していきます。

楽天Edyでクレジットチャージする設定のやり方

下まで入力できれば、「クレジットカードを登録する」ボタンを押して次へ進みます。

楽天Edyでクレジットチャージする設定のやり方

楽天Edyでチャージするクレジットカード情報を入力します。もうちょっと。

楽天Edyでクレジットチャージする設定のやり方

ここまで入力できれば、入力内容の確認画面になります。
間違いがないかチェックしましょう。

楽天Edyでクレジットチャージする設定のやり方

大丈夫であれば、「登録する」ボタンを押してください。

楽天Edyでクレジットチャージする設定のやり方

これで楽天Edyとクレジットカードの紐付けができました!

楽天Edyでクレジットチャージする設定のやり方

楽天Edyはオートチャージの設定ができるみたいなので、このついでに設定することにしました。

オートチャージの設定方法

オートチャージで設定するのは、楽天Edyの残高が〜円以下になると、〜円チャージする金額です。

これを自分でいつでも選べるのがいいですね。

また、1日のオートチャージ限度額も設定できますよ。

楽天Edyでクレジットチャージする設定のやり方

これでオートチャージの設定も完了です。

クレジットカード登録直後は24時間後に初回オートチャージがされるみたい。

最初からオートチャージなんですね〜。
最初は自分でやりたいと思っているなら、控えておくのがいいかもしれません。

それを理解した上でオートチャージ設定しましょう。

楽天Edyでクレジットチャージする設定のやり方

その後、確認してみるとオートチャージされていました。

楽天Edyでオートチャージされたところ

3,000円をチャージする設定にしたので、こうなっています。
1円があるのは、アプリのスクラッチで1円が当たったからです^^;

Edy機能付き楽天カードを使ってクレジットカードチャージする方法

Edy機能付き楽天カードを使っても、楽天Edyをチャージすることができます。

クレジットカードと楽天Edyが一体化になっているので、おすすめのクレジットカードですよ。

ここからはEdy機能付き楽天カードを使って、楽天Edyにクレジットカードチャージする手順を説明していきます。

まずは楽天Edyのページを開きます。「チャージする」を選択。

楽天Edy チャージ選択画面

▼「Edy機能付き楽天カードの方」を選びます。

楽天Edy チャージ媒体選択画面

▼「クレジットカードでチャージする」を選択。

楽天Edy チャージ方法選択画面

▼「楽天会員ログイン」画面に切り替わるので、ユーザーIDとパスワードを入力。

楽天Edy 楽天会員登録画面

▼「Edyチャージの申込」ページが表示されるので、「Edy番号を表示」を押します。「設定するEdy番号」を確認してからチェックを入れましょう。

楽天Edy Edy番号表示画面

▼Edyチャージお申し込み内容の入力をします。「チャージ金額」を入力し、ご本人様確認の欄で「カード裏面下3桁の数字」を入力しましょう。

楽天Edy チャージ金額入力画面

▼確認画面に切り替わります。申し込み内容を確認し、大丈夫であれば「申し込む」を押します。

楽天Edy チャージ申し込み画面

これで無事にEdyチャージの申し込みが完了しました!

クレジットカードでチャージした楽天Edyは、ファミリーマート・サークルKサンクスで受け取ることができますよ。

楽天Edyリーダーを使ってパソコンで受け取ることもできますが、コンビニ受け取りのほうが手軽ですね。

クレジットカードでチャージ申請した楽天Edyの受け取り方

楽天Edyをクレジットカードでチャージしたら、実際にコンビニで受け取ってみましょう。

今回は、ファミリーマートで楽天Edyを受け取る方法を説明していきます。

ファミリーマートで楽天Edyを受け取る場合、Famiポートを利用する形となりますよ。

▼Famiポートトップメニューから「楽天Edy」を選びます。

famiポート TOP画面

▼「Edyを受け取る」を選択。残高や利用履歴の確認も行えますよ。

famiポート Edy受け取り画面

▼受け取るEdyを選択しましょう。「楽天カードEdyチャージ」の横にある「選択」ボタンを押します。

famiポート クレジットチャージEdy受け取り画面

▼受け取り金額と受け取り後の残高が表示されますよ。この内容で大丈夫であれば、「OK」ボタンを押します。

famiポート クレジットチャージ金額確認画面

これで無事に楽天Edyの受け取りが完了しました!

あとはチャージされた楽天Edyを使って、お買い物を楽しむだけ。

操作に慣れてしまえば、5分もかからずに楽天Edyを受け取ることができますよ。

さいごに:設定&チャージしてみた感想

ここまでできれば、あとはいつでも自由にクレジットカードで楽天Edyへのチャージができますね。

楽天Edyが使えるお店は多いので、これで買い物するようにすれば、小銭を出す手間も省けるし、ポイントも貯まって一石二鳥です!

設定も、最初は面倒かと思いましたけど、実際にやってみるとそんなに難しいものでもなかったので、ささっと終わらせてしまって、楽天Edyを使えるようにしちゃいましょう。

楽天Edyの登録手順から知りたい方は、以下のページから。

楽天Edyについてより詳しく知りたい場合は、以下のページを合わせてチェックしましょう。

おまけ:ポイントからチャージする方法

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る