楽天Edyへのチャージ方法まとめ。楽天スーパーポイントから楽天Edyへのチャージ手順

スポンサーリンク

楽天カードなどをきっかけに、電子マネーの楽天Edy(エディ)を使うことになった場合、どうやってチャージしたらいいのか、初めてだとやり方がわからないのではないでしょうか。

私もこれから楽天Edyを使っていくことになり、どうやってチャージすればいいのかがわかりませんでした。

そこでこのページでは、楽天Edyにお金をチャージするための手順を紹介していきますね。
実際にやってみましたので、チャージ方法を写真付きで紹介しています。

楽天Edyへのチャージ方法まとめ

楽天Edyとは?

楽天Edy」は、楽天の電子マネーです。

カードタイプのものや、コイン型のもの、おサイフケータイとして使うことができるものまであります。

▼こちらはコイン型の楽天Edy。
楽天パンダのストラップになっています。

楽天Edy コイン型パンダストラップ

どれを使うにしろ、楽天Edyは端末にタッチするだけで決済できますよ。

お金の支払いにかける時間を短縮することができるので、忙しい日々の中でも大活躍!

子連れでお買い物する場合でも、おつりの受け取りなどで手間取ることもありません。
手軽にお会計できる上、支払いが時短になるのがうれしいですね。

ちなみに、楽天Edyは年会費・入会費は一切かかりません!

無料で使うことができるので、試しやすい電子マネーです。
はじめて電子マネーを使うという方にもおすすめですよ。

200円使うごとに楽天スーパーポイントが1ポイントたまるというのも、うれしいところ。

還元率は0.5%ですが、楽天Edyで支払いをして楽天スーパーポイントを貯めて、その楽天スーパーポイントをまた楽天Edyにチャージするといった再利用もできます。

楽天Edyが使えるお店では、積極的に活用していきたいところですね。

スポンサーリンク

楽天Edyにチャージできる金額の上限

楽天Edyにチャージするとなると、いくらまでチャージできるのかも気になると思います。

楽天Edyへのチャージは1回あたり25,000円で、1枚のEdyカード(1台のおサイフケータイ)には最大50,000円までチャージ可能です。

大きな金額をチャージする場合は意識しておくといいですよ。

楽天Edyにチャージできるカードや、楽天Edyにチャージする方法

では、どうやって楽天Edyにチャージすればいいのかが気になるところではないでしょうか。

楽天Edyにチャージできるカードなどは以下の5種類があります。

  • Edy楽天ポイントカード
  • Edy機能付き楽天カード
  • おサイフケータイ
  • iPhone+Edyカード
  • iPhone+おサイフケータイジャケット

楽天Edyにチャージする方法は以下の6種類があります。

今回は、楽天カードに楽天スーパーポイントを使ってチャージする手順を紹介しますね。

楽天Edyのチャージを申請する手順について

楽天Edyは全国40万以上の加盟店で使うことができます。
レジで楽天Edyをチャージすることもできますが、事前にチャージしておけば会計時間をより短縮できますよ。

楽天Edyのチャージ方法は、使うカードやおサイフケータイによって若干異なりますが、手順は大体同じです。

Edy機能付き楽天カードを持っていると、楽天カードオートチャージなどの機能も使えて便利。

ちなみに、楽天スーパーポイントを使ったチャージはすべてのカード・おサイフケータイで利用できます。

ここからは、楽天スーパーポイントを使ったチャージ方法について見ていきましょう。

楽天Edyに楽天ポイントからチャージする手順

▼まず最初に、楽天Edyのページを開きます。
チャージする」を押しましょう。

楽天Edy TOP

▼チャージするカードやおサイフケータイを選びます。
以下の5種類から選べますよ。

  • Edy楽天ポイントカード
  • Edy機能付き楽天カード
  • おサイフケータイ
  • iPhone+Edyカード
  • iPhone+おサイフケータイジャケット

今回は「Edy機能付き楽天カード」を選択しました。

楽天Edy チャージ方法選択画面

▼チャージ方法を選びます。
以下の6種類の方法から選択できますよ。

  • 現金
  • クレジットカード
  • オートチャージ
  • ポイントチャージ
  • Famiポートチャージ
  • Edyアプリを使ってチャージ

楽天スーパーポイントを利用したい場合は、「ポイントからチャージする」を押します。

楽天Edy チャージ方法選択画面02

▼「ポイントチャージ申請」を押します。
楽天スーパーポイント1ポイント=Edy1円分になりますよ。

楽天Edy ポイントチャージ申請画面

▼「チャージ申請へ」を押しましょう。
申請中のポイントは楽天Edyのマイページから、キャンセルすることも可能。

楽天Edy チャージ申請画面

▼「楽天会員ログイン」画面になるので、ユーザーIDとパスワードを入力。

楽天Edy 楽天ログイン画面

▼チャージする「楽天Edy」を選択します。

楽天Edy 選択画面

楽天Edy カード選択画面

▼チャージ可能なポイントが表示されるので、「ポイント数」を入力しましょう。

楽天Edy ポイント入力画面

▼「100ポイント」と入力すると、「100円」分のEdyになります。
好きな金額に設定できたら、「申請する」を押しましょう。

楽天Edy ポイント入力決定画面

▼「申請完了」の画面が表示されると、ポイントチャージの申請が完了したことになります。

楽天Edy チャージ申請画面

この時点ではまだEdyのチャージされていないので、気をつけましょう。

ここから先は、実際に申請したポイント分をEdyで受け取る必要があります。

ファミリーマートのFamiポートで楽天Edyを受け取る方法

申請したポイントは、ファミリーマートのFamiポートで楽天Edyとして受け取れますよ。

▼まず、Famiポートのトップメニューから、「楽天Edy」を選びます。

famiポート 楽天Edy選択画面

▼「Edyを受け取る」を選択。

famiポート 楽天Edy受け取り画面

▼「Edyカード」もしくは「おサイフケータイ」をセットしましょう。自動的に通信がはじまります。

famiポート カードかざす画面

▼申請したポイント分が表示されるので、必要分だけ選択します。

famiポート ポイントチャージ確認画面

▼現在の残高のほかに、「受け取り金額」と「受け取り後の残高」も表示されますよ。この内容で大丈夫であれば、「OK」を押します。

famiポート ポイントチャージ確定画面

これで無事に楽天Edyを受け取ることができました!
あとはレジに行って、お買い物時に楽天Edyをかざすだけ。

ファミリーマートを利用する際は、Famiポートで楽天Edyを受け取り、そのままお買い物に活用することができるので便利ですね。

レジが混んでいるときでも、忙しい出勤前でも、サクッと手軽にお買い物することができますよ。

楽天Edyのチャージ方法はほかにもいくつかあるので、自分に合った方法を選ぶのがおすすめです。

さいごに:貯めた楽天ポイントでお買い物が楽しめる!

今回は、楽天Edyを楽天ポイントでチャージする方法と手順について紹介しました。

この方法だと、楽天Edyでお支払い → 楽天スーパーポイントが貯まる → 貯まった楽天スーパーポイントを楽天Edyにしてお買い物に活用、という流れをスムーズに作れます。

現金ではなくポイントを楽天Edyに変えているので、お得感も違いますよね。

楽天Edyを利用すればお買い物が便利になるだけでなく、使えば使うほどお得になりますよ。

楽天Edyをよりお得に使えるように、楽天スーパーポイントや楽天カードの仕組みを知っておくのもおすすめです。

Edyつきの楽天カードと一緒に作ると、最初から500円入った状態になるため、500円もらったのと同じになりますよ。

参考:Edy機能付きの楽天カードを作るにはこちらから

おまけ:他の電子マネーの活用方法

楽天Edy以外にも、たくさんの電子マネーがあります。

それぞれ特色もちがうので、どんな電子マネーを使おうか迷っている場合は、ぜひ参考にしてみてください。

各電子マネーについても、お得な活用方法を紹介していますよ。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

長野在住のフリーライター/3児の母。時間とお金は有限なので、自分の納得できるものに注ぎたい性分。心が豊かになれる暮らしのヒントや、子育てに役立つお得情報など発信していきます。

執筆メンバの一覧を見る

このページをシェアする!