ANA FESTA(ANAフェスタ)のおみやげをクレジットカードや株主優待の割引クーポンで安く買う方法

スポンサーリンク

空港にはおみやげ屋がたくさんありますよね。
その中の1つに、ANA FESTA(ANAフェスタ)があります。

ANA FESTAの外観

ANAフェスタでは、いろいろな方法で割引して買い物ができるって知ってました?

今回、仙台に旅行する機会があり、ANAフェスタで買い物する時に使える割引方法があることを知りました。

実際に買い物する時に割引できましたので、その方法も含めて、安くおみやげを買う方法をまとめて紹介しますね。

ANAフェスタの買い物を安くする方法

ANA株主優待の割引券を使う

ANAホールディングスの株主優待をもらうと、割引券が入った冊子がもらえます。

冊子の中には10%割引の券がありますよ。

私は今回、この優待券を使って10%割引しました!

ANA FESTAで使える割引の優待券

ANAの株主優待は、おみやげが割引できるだけでなく、ホテル代の割引や国内線航空券の割引が充実していますよ。

旅先で積極的にANAの株主優待を使っていたら、3万円ぐらいは節約できました!

ANAカードを使って割引する

ANAのクレジットカード「ANAカード」を持っていれば、ANAフェスタで提示するだけで10%割引になります。

株主優待がなくてもANAカードがあれば、簡単に割引できますよ。

ANAの利用機会がそれなりにあるのなら、ANAカードを持っておくと安くできる機会が多いですよ。

商品券や旅行券を利用する

ANAフェスタでは、いくつかの商品券や旅行券が使えます。

もし持っているのであれば、この機会に使って消化してしまうのがおすすめです。

ANA旅行券は、ANA旅行積立プランを使って満期になればもらえますよ。

JCB ANAギフトカードは、ANAのロゴが入っているだけで、見た目はJCBギフトカードとほとんど同じでした。

また、これらの券を使った場合にお釣りは出ません。

他の割引方法とも併用ができないので気をつけましょう。

クレジットカードで買い物する

ANAフェスタでの買い物は、クレジットカードに対応しています。

ANAカードであれば10%値引きがありましたが、買い物する時はANAカード以外であっても大丈夫です。

私はP-one Wizを使って買い物しましたが、普通に買い物できました。

還元率の高いカードで買い物するのがよさそうですね。

電子マネーで買い物する

ANAフェスタでは、電子マネー決済にも対応しています。

カード払いの時間がもったいないのであれば、電子マネーを使うのもいいですよ。

対応している電子マネーの一覧は以下の通りです。

ANAフェスタで割引して安くできた証拠

今回は、ANAの株主優待にあった割引クーポン券を使っておみやげを買いました。

おかげで全部10%引きになっています。

おみやげはどうしても高くなりがちですよね。
それが10%安くなるのはかなり助かります。

ANA FESTAで優待を使って買い物したレシート

そもそもおみやげ自体を買わないのが一番の節約術ですが、なかなかそういうわけにもいかないですよね。

このようにおみやげを買う時も節約方法をうまく使っていきましょう。

下の写真がおみやげの袋です。
名物の萩の月の袋でした。

ANA FESTAで買ったおみやげ

こちらが萩の月のパッケージ。

まだ食べてないですが、どんな味なんだろう・・・。楽しみです!

ANA FESTAで買った萩の月

さいごに

ANAフェスタではは普通のおみやげ屋に見えるかもしれませんが、いろいろと割引できる方法がありますよ。

おみやげって、どうしても高くなりがちなので、少しでもお得に買える方法を使うことで、節約になる金額も大きくなります。

私も、株主優待を使ったことで、おみやげ代が543円も安くできました。

なんだかんだで10%の割引は大きいですよね。
クレジットカードのポイントを入れるともう少し安くなっているはず。

使う時はお金を使った方がいいですが、工夫すればいくらでも安くできます。

旅行する機会がありましたら、ぜひ試してみてくださいね。

おみやげを買いそびれた場合は、機内販売で買うことも検討してみましょう。
機内販売でも安くできる方法がありますよ。

ANAではなく、JALのおみやげ屋を使う場合は、BLUE SKYというお店がありますよ。

BLUE SKYでも安く買う方法があります!

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る