ローソンの電子マネー「ローソンおさいふPontaカード」の仕組み・還元率・貯め方・使い方のガイド

スポンサーリンク

コンビニのローソンで、電子マネー「ローソンおさいふPontaカード(おさいふPonta)」が始まることになりました。

このページでは、これからおさいふPontaを使う方に向けて、活用方法を紹介していきますね。

おさいふPonta

おさいふPontaとは?

そもそも、おさいふPontaって何でしょう?

Ponta」の名前が入っているので、PontaポイントやPontaカードと関連してそうなイメージはありますよね。

おさいふPontaとは、プリペイドカード機能付きのPontaカードです。

似たカードに、au WALLETがあります。

カードブランドはJCB

プリペイドカードといいながら、クレジットカードのブランドであるJCBの名前が入っています。

手に入れたおさいふPonta
↑入手したおさいふPonta↑

JCBに加盟している店舗であれば、おさいふPontaを使うことができますよ。

JCB加盟店は、日本国内だけでも約900万店ありますので、使えるところはとても多いです。

カード発行手数料と年会費は無料

おさいふPontaのカードを発行するには、ローソン店舗に行けば大丈夫です。
無料で発行してもらえますよ!

入会金や年会費は0円なので、とりあえず発行する、ということもできちゃいますね。

おさいふPontaを手に入れる方法は、以下のページで手順をまとめました。

ポイント還元率はローソンだと1%、それ以外は0.2%

カードとして使うからには、こちらにとって何かメリットがあって欲しいものです。

おさいふPontaは、カードを使うごとにPontaポイントが貯まります。

ローソンでの買い物だと、税抜100円に対して1ポイント。
それ以外のJCB加盟店だと税込500円に対して1ポイントです。

ローソンの場合、税抜価格に対してのポイント付与なのがちょっと残念なところですね。

それ以外のお店だと500円ごとに1ポイントなので、還元率にすると0.2%しかありません。

Pontaポイントを貯めるカードとして使うには心もとない感じですね。

Pontaポイントを貯める方法は、他にもたくさんありますよ。
詳しくは以下のページで。

逆に、Pontaポイントを使う時は、使い方を工夫してみると、より節約できますよ。

一番おすすめな使い方は、お試し引換券に交換すること。
いろいろなものが激安で買えますよ!

手持ちのPontaカードのポイントをおさいふPontaに移行できる

おさいふPontaを使うことで、Pontaのポイントカード代わりにもなります

普通のポイントカードよりも、おさいふPontaの方がプリペイドカード機能がある分だけ、高機能ですよね。

この機会に、普通のPontaカードからおさいふPontaに移行しようと思うのではないでしょうか?

そんな思いも実現できるようになっています。

おさいふPontaを受け取ったあとに、おさいふPontaの専用Webサイトから手続きできますよ。

ネットでの手続きに不安を感じるのであれば、おさいふPontaデスクに連絡して手続きしてもらうこともできます。

現金とクレジットカードでチャージできる

おさいふPontaは、プリペイドカードということで、お金をチャージした上で使うことになります。

チャージと聞くと、気になるのがクレジットカードが使えるかどうかですよね。

チャージ方法は以下の2つ。

  • 現金
  • クレジットカード

おさいふPontaのクレジットカードチャージ

クレジットカードでのチャージができますね!
クレディセゾンのカードであれば、どこのブランドでも手数料無料です。

ただし、クレジットカードでチャージすると、1回あたり216円の手数料がかかります。

これでは、あまり使い道がないですね・・・。
クレディセゾンのカードでチャージしてもクレジットカードのポイントは貯まりません。

手数料がネックになるので、無理して使うカードではないですね。

ちなみに、現金・クレジットカード問わず、1回あたりのチャージ上限額は3万円で、1ヶ月間に広げると10万円までとなります。

おさいふPontaでは、大きな金額を使うことはできないので、その場合はクレジットカードやデビットカードを使うようにしましょう。

現金チャージできるお店の一覧とやり方

現金でチャージする時は、店舗で手続きします。
おさいふPontaにチャージできるお店の一覧は以下の通り。

  • ローソン
  • ナチュラルローソン
  • ローソンストア100

1回につき、1,000円以上1円単位で、最大30,000円までチャージできます。

おさいふPontaの使い方はクレジットカード一括払いと同じ

チャージしたおさいふPontaを買い物で使う時は、どうやって使えばいいのかイメージしにくいですよね。

答えは単純。
クレジットカード一括払いと同じです!

レジに行った時の支払いで、店員さんに「一括払いで!」と伝えるだけで大丈夫ですよ。

もちろん、おさいふPontaはJCBブランドなので、JCBに対応しているお店でないと使えません。

また、ネットでの買い物でもおさいふPontaを使うことができます。
この時も当然ながら一括払いだけしかできません。

カード名義を登録する時は「OSAIFUPONTA MEMBER」と入力してください。
ただし、サイトによっては自分の名前でないと通らないところもありますので、ご注意くださいね。

J/Secureのパスワードを聞かれた時は、おさいふPontaに会員登録した時のパスワードを使います。

おさいふPontaはプリペイドカードなので、2回以上の支払いには対応していません。その点はご注意ください。

クレジットカードのように使い過ぎる心配がないのが、買い物しすぎる方には抑止力になりそうですね。

おさいふPontaが使えないサービスの一覧

おさいふPontaは、クレジットカードのように使えますが、全ての支払いに対応しているわけではありません。

一部、おさいふPontaが使えないサービスも存在します。
おさいふPontaが使えない支払いは以下の通り。

これだけではなく、他にも使えない可能性もありますので、実際に使ってみる時に確認するのが一番です。

ローソンで支払いできないサービスの一覧

おさいふPontaはローソンが発行しているものですが、ローソンで売っている商品すべてに使えるわけではありません。

一部利用できないサービスもありますので、ご注意ください。

  • 楽天トラベル
  • toto
  • コンビニ受取サービス
  • プリペイドシート
  • 各種代金支払い
  • バイク自賠責
  • インターネット受付
  • キャッシング返済
  • ショッピングお支払い
  • スマートピット
  • 収納代行
  • オークションゆうパック
  • Edyチャージ
  • 交通系マネーチャージ
  • テレホンカード購入
  • クオカード購入
  • 切手・印紙・ハガキ購入

さいごに

おさいふPontaは、JCB加盟店で使えるのがいいですね。
使えるお店の数がとても多いです。

今のところ、利用用途としては、買い物する時に現金を支払う手間を減らせるのが一番のメリットだと思います。

カードの切り替えや、Pontaポイントも貯まるというところでも使い道はありそう。

あと、18歳未満の方にとってはカード代わりに使えるメリットもあります。

ただ、他にも電子マネーは数多くありますので、既に使っているものがあれば、あえておさいふPontaに乗り換える必要性は感じないですね。

ローソンをよく使うなら、Pontaポイントが貯まるので、使ってみてはいかがでしょうか。

おさいふPontaを手に入れたあとの手続きのやり方は、以下のページでまとめています。

カードが一枚増えることになりますので、管理方法も検討しましょう。

おまけ:他の電子マネーと比較される方へ

おさいふPontaだけでなく、他にも電子マネーはたくさんあります。

それぞれに特徴がありますので、自分の生活スタイルに合わせた電子マネーを使うことで、普段の支出を減らしたり、時間の短縮につながりますよ。

おまけ:他のコンビニ活用法

おさいふPontaが使えるコンビニはローソンですが、他にもたくさんコンビニがありますよね。

いろいろなコンビニを活用する方は、他のコンビニのお得な使い方を紹介していますので、合わせて参考にしていただけるとうれしいです。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る