すぐに終わる!三井住友VISAカードの作り方・申込のやり方完全マニュアル

松本 博樹の画像

こんにちは!
クレジットカードに詳しい、ノマド的節約術の松本です。

クレジットカードにはいくつかブランドがあり、その中で世界的に有名なのがVISAカードですよね。

日本でVISAカードを作るのであれば、三井住友VISAカードが代表的なところになります。

でも、VISAカードをどうやって作ればいいのかって、特に初めての場合はわかりづらいのではないでしょうか。

私自身、今でこそクレジットカードの作り方を当たり前のように理解していますが、以前はよくわかっていませんでした。

ということで、このページでは、VISAカードの作り方がよくわからないという方に向けて、VISAカードの作り方を三井住友VISAカードを例にして紹介していきますね。

VISAカードは基本的にネットで作ることになります

クレジットカードを作るときって、店頭で勧誘されて、流れのままということもありますよね。

それでもいいかもしれませんが、本当にお得なクレジットカードかどうかまではわからない状態で作ってしまうかもしれません。

クレジットカードは長く付き合うものなので、せっかくならお得なカードを使いたいですよね。

VISAカードを作るときも、安易に店頭で作ってしまうのではなく、ネットで調べてから作るのがおすすめです。

ネットからなら、いつでも自分の好きなタイミングで作ることができますからね!
しかも、ネットからだとお得なキャンペーンもあり、たくさんポイントがもらえることもあります。

私もVISAカードを作るときはいつもネットから申し込んでいますよ。

ということで、次は具体的にどんな流れでVISAカードを作るのか、画面付きで紹介していきます。

三井住友VISAカードの申込み手順

ここでは、三井住友VISAカードを例にしますね。

▼まずは、三井住友VISAカードのページを開きます。スマートフォンだと、以下のような画面になりますよ。

三井住友ゴールドカードの場合はこちらから

三井住友VISAカードの申込画面

▼下にスクロールすると、カードの一覧が出てきます。
ここで申し込みたいカードを選びます。私は「クラシックカード」を押しました。

25歳以下なら、デビュープラスカードがおすすめです!

▼次の画面で、クラシックカードについての説明が表示されます。

▼下にスクロールして、「お申し込み」はこちらボタンを押してください。

▼次の画面で、入会にあたっての会員規約が表示されます。
じっくり読んでいきましょう。

▼規約に納得できれば、「同意する」ボタンを押してください。

▼ここから入力画面になります。

▼氏名などの入力を1つ1つやっていきましょう。

▼画面下までいくと、クレジットカードの支払先の口座を入力します。

私はネット銀行で引き落とししようと思いましたが、楽天銀行住信SBIネット銀行は候補にすら出てきませんでした。おそらくダメなんでしょうね。

同じ系列のソニー銀行なら大丈夫でした。

▼結局私はゆうちょ銀行で引き落としすることにしました。

▼次の画面で勤務先などを入力していきます。

▼自分の勤務先を入力します。
合同会社はまだまだマイナーなことを実感しましたね・・・。

▼運転免許証を持っていれば、番号を入力してください。
おそらく審査に使うのだと思います。

▼支払い方法で、一括払いかリボ払いかを選びます。
一括払いにするなら、「マイ・ペイすリボを申し込まない」を選んでください。

ただ、マイ・ペイすリボはやり方次第で年会費を無料にできますので、うまく使えばお得ですよ。

▼次の画面では、カードブランドを選びます。
VISAとMasterカードが選べます。

▼私はVISAカードにして、「クラシックカード」を選びました。

▼追加で申し込むサービスについての入力です。
電子マネーのiDを使ってみたかったので、チェックを入れました。

▼iDは3種類のタイプから選べます。
私はクレジットカード一体型にしました。管理の手間が省けますからね。

▼バーチャルカード、PiTaPaカードはお好みで選んでください。
私はPiTaPaを使うために申し込んだようなものなので、チェックを入れました。

▼PiTaPaをオートチャージで利用するなら、チェックを入れましょう。

▼次は家族カードについて。
私は不要なので、申し込まないことにしました。
この辺はお好みで選んでください。

▼情報誌は不要なので、申し込まないにチェックしました。
年間3,059円とか高すぎる気がするのですが・・・。

▼次の画面は、これまでの入力内容に問題ないかどうかの確認です。

▼最後まで確認して問題なければ、右下の「申込」ボタンを押してください。

▼審査に必ずしも通るとは限らないので、入力内容を保存しますか?と聞かれます。

▼この選択肢はどちらを押してもいいと思います。私は「次へ」を押しました。

▼これで、三井住友VISAカードの申し込みができましたね!

▼このまま、口座振替設定まで済ませることもできます。
せっかくなので、ついでに済ませちゃいましょう。あとあと楽になりますよ。

▼画面の流れに従って「同意する」を押してください。

▼ゆうちょ銀行の口座振替受付画面に切り替わりました。

▼このまま進んでよければ、「同意する」を押してください。

▼ゆうちょ銀行の記号番号を入力します。

▼誕生日も入力します。

▼次の画面へ進むと、確認画面になりますよ。

▼記号番号と名義人名に間違いがなければ、次へ進みます。

▼キャッシュカードの暗証番号をタッチで入力してください。

▼最終確認画面です。

▼これで大丈夫なら、「口座振替申込」ボタンを押してください。

お疲れ様でした。これで手続き完了です。
あとは審査に通るのを祈るばかりですね!

下の画面では「次のページへ」ボタンがありますが、押しても無反応でした。
手続きは終わってる感じなので、このまま画面を閉じてもいいと思います。

さいごに:VISAカードの作り方はカンタン!

スマートフォンから三井住友VISAクラシックカードに申し込んでみました。

ゆうちょ銀行の口座番号を探すので手間取って20分ほど掛かりましたが、そんなに面倒な感じはしませんでした。入力時のストレスもなかったです。

口座振替の設定まで終わらせたので、これで審査に落ちてしまうとがっかりですが、通ることを願うばかりです。

審査に通れば、ここで入力を頑張った分だけ、あとあと楽になりそう。
申し込み時は、一気に入力しちゃいましょう!

こんな感じでVISAカードはあっという間にネットで作ることができるので、自分の好きなタイミングで作ってみてくださいね。

三井住友VISAカードの詳細ページ・申し込みはこちら
三井住友ゴールドカードの場合はこちらから

おまけ:三井住友VISAカードに関連する記事