クレジットカードの作り方の流れと必要なものを徹底解説!未成年の学生・主婦・無職でも持てる可能性あります

スポンサーリンク

クレジットカードがあると、現金を持ち歩かなくても支払いができるので便利ですよね。
しかも、支払いをするたびにクレジットカード払い分のポイントが貯まるのでお得です。

節約を考えているのであれば、クレジットカードを1枚は持っておきたいところ。

ですが、初めてクレジットカードを作るという場合、どうやって作ればいいのか迷ってしまいますよね。
作り方だけでなく、どんなカードを選べばいいのかも悩むところだと思います。

このページでは、クレジットカードの作り方や審査の流れ、クレジットカードを作るときの注意点について詳しく説明していきますね。

クレジットカードの作り方の流れと必要なもの

クレジットカード審査の流れについて

まず最初に、クレジットカードは審査に通らないと作れません。
クレジットカード会社の審査に通ることで、初めてカードが発行されますよ。

この審査ですが、どういった流れで行うのかが気になるところですよね。

クレジットカードの審査から発行までの流れは、主に以下の通りになります。

  1. 好きなクレジットカードを選んで申し込む
  2. クレジットカード会社が審査を行う
  3. 審査に通るとカードが発行される
  4. 発行されたカードが手元に届く

審査にかかる時間はクレジットカード会社によってちがいますが、エポスカードセゾンカードインターナショナルなど即日発行できるカードもありますよ。

すぐにでもクレジットカードが欲しい場合は、即日発行できるカードがおすすめです。

審査に落ちてしまわないか不安というのであれば、こちらもあわせてチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

クレジットカードの作り方と必要なもの

クレジットカードの審査から発行までの流れがわかったところで、ここからはクレジットカードの作り方についてより詳しく説明していきますね。

まず、クレジットカードを作るときに必要なものは以下の通り。

  • 本人確認書類(運転免許証・パスポート・健康保険証・住民票の写し・マイナンバーカードなど)
  • 引き落とし用の銀行口座または郵便貯金口座

インターネット申し込みの場合も、郵送で申し込む場合も、本人確認書類が必要になってきます。

運転免許証を持っていない場合は、パスポート・健康保険証・住民票の写し・マイナンバーカードなどでも本人確認ができますよ。

また、クレジットカードの引き落としには銀行口座が必要になるので、引き落とし用の口座も用意しておきましょう。ネット銀行でも対応しているところが多いです。

ちなみに、未成年の場合は保護者の同意書・印鑑なども必要になりますよ。

ここからは、条件別・カードの種類別にクレジットカードの作り方について説明していきます。
クレジットカードをこれから作ろうと思っているときは、参考にしてみてくださいね。

未成年の場合

クレジットカードというと、未成年では持てないイメージがあるかもしれません。

ですが、未成年でも持てるカードはありますよ!
大学生や専門学生など、学生のうちから持てるカードもいくつかあります。

ちなみに、未成年でも作れる主なクレジットカードは以下の通り。

留学する予定があって、海外でカードを使う機会が多いのであれば、学生専用ライフカードがおすすめですよ。
海外で使えば使うほどキャッシュバックがあるカードなので、使う分だけお得になります。

また、海外旅行傷害保険も自動付帯になっているため、保険代わりにもなりますね。

それぞれのカードの特徴やおすすめする理由については、こちらで詳しく説明していますよ。

高校生の場合

クレジットカードは未成年でも持てますが、基本的に18歳以上からという条件になっています。

つまり、高校生の場合はクレジットカードが作れません。

どうしてもクレジットカードを使いたい場合は、似たような機能を持つデビットカードがおすすめですよ。

デビットカードは一括払い(1回払い)専用のカードなので、使いすぎてしまう心配もありません。

中にはキャッシュカードと一体型になっているカードもあるので、ネットバンクの口座と合わせてデビットカードを作るのもおすすめです。

▼キャッシュカード一体型のデビットカードがあると便利です。

楽天銀行デビットカード

無職の場合

無職の場合でも、クレジットカードを作ることはできます。
18歳以上であればクレジットカードに申し込むことはできますよ。

ただ、無職で全く収入がないという場合は、審査内容としては不利になってしまいます。

どうしてもクレジットカードが欲しいのであれば、家族カードを申し込むのもひとつの手。
家族カードの場合は、審査されるのは支払う家族になるので、カードを申し込む本人が無職であっても大丈夫ですよ。

ただ、クレジットカード入会特典のポイントがもらえなかったりと、あまりお得さがないのが家族カードのデメリットです。

個人的には家族であっても、個別にカードを作ったほうがいいかと思いますよ。

主婦の場合

主婦でも、クレジットカードを発行することはできます。
パートをしている主婦だけでなく、専業主婦が作れるカードもいくつかあります。

クレジットカード払いにしておけば、買い物をするたびにポイントが貯まるのでお得ですよね!
日用品や食品を買う機会が多い主婦だからこそ、クレジットカードを1枚は持っておくと便利ですよ。

ちなみに、主婦でも作れるクレジットカードは以下の通り。

私も主婦として初めて申し込んだのは、楽天カードでした。
当時は専業主婦で申し込みましたが、ちゃんとカードを発行することができましたよ。

▼主婦のときに申し込んだ楽天カード。審査もスムーズでした。

楽天カード クレジットカード

普段の買い物をクレジットカード払いで統一しておけば、クラウド家計簿を使って自動的に家計簿をつけることもできます。

私はマネーフォワードを使って、クレジットカードと家計簿を連動させていますよ。
支払い履歴が自動的に登録されていくので、ひと目でお金の動きがわかって便利です!

即日発行できるクレジットカード

今すぐにでもクレジットカードが欲しい!というのであれば、即日発行できるカードがおすすめです。

即日発行に対応しているクレジットカードは、以下の通り。

また、即日発行して翌日到着するクレジットカードは以下の通り。

  • JCB一般カード(JCBオリジナルシリーズ)

JCB一般カード(JCBオリジナルシリーズ)は最短で翌日にJCBカードが到着するので、急ぎでクレジットカードが欲しいときに便利ですね。
JCBブランドのカードを早く作りたいときに向いています。

それぞれのカードの特徴や発行するときのやり方については、こちらで詳しく説明していますよ。

楽天カードの作り方

楽天カード

楽天市場を使うことが多いのであれば、楽天カードを1枚持っておくと便利ですよ。
カードを使うたびに楽天スーパーポイントも貯まるのでお得です。

ちなみに、楽天カードを作るときの流れは以下の通り。

  1. 楽天カードを申し込む
  2. 楽天カード側で入会審査
  3. 審査に通過すれば楽天カードが送られてくる
  4. 楽天カードが到着する
  5. 楽天カードが使えるようになる

楽天カードはネットから申し込めます。

新規入会&利用キャンペーンも充実しているので、カードを作るだけでもポイントがたくさんもらえますよ!

楽天カードの作り方の手順については、こちらで詳しく説明しています。

コストコで使えるクレジットカードの作り方

コストコグローバルカードと家族カード

コストコでまとめ買いするときにも、クレジットカード払いが便利ですよ。

できれば年会費無料で使えるクレジットカードを使って、お得に支払いを済ませたいところですよね。

ちなみに、コストコで使えるクレジットカードで主なものは以下の通り。

コストコでは、マスターカードブランドのクレジットカードしか使えないので注意してくださいね。

マスターカードブランドのクレジットカードを持っていない場合は、これを機に1枚作っておくと便利ですよ。

ポイント還元率を考えると、1.2%のリクルートカードがおすすめですね。
楽天カードYahoo! JAPANカードも還元率1.0%なので、ポイントを貯めやすいですよ。

クレジットカードごとの作り方を紹介

ノマド的節約術では、クレジットカードごとに詳しく作り方を紹介しています。
もし気になるカードがありましたら、作り方のページを参考に申し込んでみましょう。

スポンサーリンク

クレジットカードを作るときの注意点

クレジットカードを作るときに気になるのが、「どうすれば審査に落ちることなくカードが作れるか」という部分ではないでしょうか。

なぜか審査に落ちてしまうという場合、以下の理由が考えられますよ。

  • 申込基準を満たしていない
  • 過去に支払いを延滞していたことがある
  • 同時に複数のクレジットカードに申し込みをしている

クレジットカードはお金に対する信用審査なので、審査基準となる申込書はできるだけすべて埋めましょう。

埋めた分だけ、クレジットカード会社が審査に利用できる情報が増えます。

思い当たる節がない場合は、コツを踏まえて、もう一度審査を受けてみてくださいね。

さいごに

クレジットカードの作り方について、簡単にまとめてみました。

  • クレジットカードを作るにはまず審査に受かることが大事
  • 未成年でも作れるクレジットカードはある
  • クレジットカードは主婦でも作れる
  • 高校生の場合はデビットカードがおすすめ
  • クレジットカードは同時に申し込まないほうがいい

審査が厳しいイメージのあるクレジットカードですが、実は未成年や主婦でも申し込むことはできます。

クレジットカードの審査は、いわばお金に対する信用審査。
支払いを延滞していたり、クレジットカードを同時に申し込んだりしなければ、スムーズに発行できることがほとんどですよ。

用途や目的にあわせて、自分にぴったりのクレジットカードを選んでみてくださいね。

おまけ:用途別にクレジットカードを選びたい場合

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

長野在住のフリーライター/3児の母。時間とお金は有限なので、自分の納得できるものに注ぎたい性分。心が豊かになれる暮らしのヒントや、子育てに役立つお得情報など発信していきます。

執筆メンバの一覧を見る