学生専用ライフカードは大学生・専門学校生の海外留学クレジットカードにおすすめ

スポンサーリンク

以前、クレジットカードのライフカードについて紹介しました。

ライフカードは、普段そんなにポイント料率がお得ではない(0.5%)ですが、誕生日月になるとどこで使ってもポイント5倍になります。この場合は還元率が2.5%まで跳ね上がりますよ!

ポイント交換のやり方次第では、還元率を3.3%まで高めることもできます。

そんなライフカードに学生専用のカード「学生専用ライフカード」がありますよ。

この学生カードがまたまた便利でお得すぎます!
学生であれば、カードの特徴を知っておき、使うだけでめちゃくちゃ差が出てくるカードですよ。

学生専用ライフカード

18〜25歳専用カード

ライフカードの学生専用カードは、その名の通り学生の間しか使えません。
年齢制限もあって、18〜25歳の学生しか使えないある意味特別なカードです。

学生専用ライフカードを使い続けて、無事卒業したら普通のライフカードで継続します。

普通のライフカードよりも学生専用ライフカードの方がお得なので、変えてほしくないですけどね・・・。

学生専用ライフカードの詳細

年会費は当然ながら無料です。学生にやさしいですね。
発行までの時間は短くて、最短で3営業日で発行できます。

カードの限度額(利用可能枠)は5万〜30万円の間で設定できます。

自分が普段使う金額を想定して設定しておきましょう。
学生専用カードなので、最大限度額も30万円と低めになっています。

海外利用で5%キャッシュバック

学生専用を利用した方がいい最大の理由がこちらです。
外国で利用した時にカード利用額の5%が現金で指定の口座にキャッシュバックされます。

これ、あり得ないですよね・・・。こんなお得なことがあっていいんでしょうか!!

例えば、大学在学中に1年間海外留学することが決まった場合、これから海外旅行することが決まってる場合なんかは、学生専用ライフカードがめちゃくちゃお得になります。

学生専用ライフカードを海外で使う場合は一括払いのみです。リボ払いにする心配がないのが嬉しいですね。

キャッシュバックの上限は年間50,000円です。海外で年間100万円を超えて利用する場合は注意が必要です。まず大丈夫だとは思いますけどね・・・。

キャッシュバックは、請求月の翌々月に振り込まれます。即時ではないので、キャッシュバックをあてにし過ぎると痛い目を見ます。注意してください。

学生専用ライフカード 海外ショッピング利用キャッシュバック

海外利用時の手数料は?

海外でクレジットカードを使うと、一括払いであっても手数料がかかります。向こうの通貨レートと日本円にして引き落とす分などの手数料です。

学生専用ライフカードはJCBとVISAとMasterCardブランドを選べますが、どちらを選んだとしても利用額の1.63%が手数料として上乗せされます。

仮に海外で10,000円相当の買い物をしたら、請求は10,163円ですね。

その代わり、学生専用ライフカードは5%のキャッシュバックがあるので、10,000円相当の買い物をしたら500円が戻ってきます。

ここまでを計算すると以下の通りになります。

10,000(買い物額) + 163円(手数料) – 500円(キャッシュバック) = 9,663円

500円(5%)のキャッシュバックを考慮に入れると実質は割引して買っていることになります。5%のキャッシュバックと1.63%の手数料を引いた実質割引になるのは、3.37%です。

クレジットカードで3.37%の還元率となるのは、まずあり得ないです。当然、ライフカードを使った分のポイントも付きます。通常は0.5%なので、合わせると3.87%の還元率になります。

誕生日月だと2.5%なので「3.37% + 2.5%」で5.87%というあり得ない還元率を実現できます。

毎月10人に1人Amazonギフト券が当たる

学生専用ライフカードで、毎月の携帯料金を支払えば、抽選で毎月10人に1人Amazonギフト券500円が当たります。

10分の1の確率と、かなり高いので、在学中に1度は当たると思います。理論上は10ヶ月に1度当たる計算です。運が良ければ2ヶ月連続で当たることもあり得ます。

この抽選に参加するには、毎月サービスエントリーが必要です。申し込みを忘れないようにしましょう。

携帯料金はうまく運用すればいくらでも節約できます。私は以下の方法で節約しています。

学生専用ライフカードの携帯料金決済でAmazonギフト券が当たる

海外旅行傷害保険が自動付帯

学生専用ライフカードは、在学中に限り海外旅行傷害保険が自動付帯となります。

傷害治療費用や疾病治療費用が200万円あるのは心強いですね。

補償内容最高保険金額
死亡・後遺障害(傷害による)2,000万円
傷害治療費用200万円
疾病治療費用200万円
救援者費用200万円
賠償責任2,000万円
携行品損害20万円(免責3.000円)

ライフカードの海外旅行傷害保険自動付帯

普段使いはそれほどお得にはならない

ここまでの内容だと学生専用ライフカードが素晴らしいですが、日本で普通に使う場合は、それほどお得にはなりません。

還元率は基本的に0.5%と低いので、あまりポイントが貯まりません。誕生日月以外は使いどころに悩みます。

普段使いの場合は、学生の間はポイント還元率が1%になる「三井住友VISAデビュープラスカード」を使って、誕生日月と海外にいる時に学生専用ライフカードを使うようにすれば、無駄なくお得にそれぞれのカードの特典を受けれます。

三井住友VISAデビュープラスカードについては、以下のページで詳しく説明しています。

卒業後はどうなる?

学生専用ライフカードを使ってて気になるのは、卒業後にどうなるかです。

基本的には、卒業後も継続してカードを使い続けれます。ただし、卒業後は海外旅行傷害保険の自動付帯、海外ショッピングでの5%キャッシュバック、携帯料金でAmazonギフト券が当たる特典は全てなくなります。

学生専用ライフカードでいう「卒業」は、入会申込書に記入した卒業予定年の3月末日のことです。

卒業予定月が4〜12月の場合は、翌年の3月末まで使えます。ちょっとだけ長く使えるので、その間に特典を受けておきましょう。

また、万が一卒業できずに退学となってしまった場合は、その旨をライフカードに伝えると、普通のライフカードに切り替えとなります。

ライフカードに伝えなければ、退学したかどうかは伝わらないので、そのまま学生専用ライフカードを使い続けることもできますよ。

ふと疑問に思ったので、退学になった場合の扱いは、ライフカードのサポートに電話して聞きました。これはサポートの人が言っていたことです。

その他の機能は通常のライフカードと同じ

学生専用ライフカードにしかない特徴はここまでです。あとの機能は、普通のライフカードやその他のライフカードを申し込んだとしても同じです。

ライフカードについて詳しく知りたい方は以下のページを参考にしてください。

学生専用ライフカードの申し込みはこちらから。簡単です!

ライフカードの申し込み手順は以下のページでまとめています。

私以外の感想も知りたいという方は、以下のページも合わせてどうぞ。考え方がいろいろあって参考になりますよ。

海外で使うなら、他のカードも併用しよう

海外ではクレジットカードの活用法が日本よりも重要になってきます。

使いこなせれば、節約にもつながりますし、病気やトラブルにあったときの対処も変わってきますよ。

海外経験が豊富な方におすすめのカードや使い方を教えてもらいましたので、以下のページも合わせて読むのがおすすめです!

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る