イオンカードセレクトの作り方・イオン銀行口座開設のやり方や申込方法の流れ・キャンペーンを徹底解説

松本 博樹の画像

こんにちは!
クレジットカードとネット銀行に詳しい、ノマド的節約術の松本です。

イオン銀行に口座開設したいと思ったら、イオンカードセレクトのクレジットカードを持つ必要があります。

私は、イオン銀行の口座開設が目的で申し込もうと思ったのですが、初めてということもあり、仕組みがよく分かりませんでした。

クレジットカードと銀行口座が1つになっているって、イメージしにくいですよね。

分からないなら、自分でやってみてやり方をメモしておこうと思って、イオンカードセレクト(イオン銀行)に申し込みする手順をまとめました!

このページでは、画像付きでやり方を説明していきますね。

イオンカードセレクトの申込手順

イオンカードセレクト・イオン銀行の特徴まとめ

イオンカードセレクトの作り方を説明する前に、まずはイオンカードセレクト・イオン銀行の特徴がどうなっているのかを改めて整理しておきますね。

主な特徴は以下の通り。

  • 年会費無料で持てる
  • ディズニートイストーリーミニオンズのカードもある
  • クレカと銀行キャッシュカードが一体型に
  • 電子マネーWAONも一体型
  • イオン銀行の普通預金金利が最大0.10%(税引前)に!
  • WAONのオートチャージに対応・ポイント貯まる
  • 年間100万以上使うとゴールドカードの招待が来る
  • ショッピング保険が180日有効

あらゆる種類のイオンカードがある中、イオンカードセレクトはダントツでおすすめですよ!

どれか1枚イオンカードを持つならイオンカードセレクトで決まりです。
イオン銀行を作りたい場合も、イオンカードセレクトは欠かせません。

もし、イオンカードセレクトを公式サイトで確認してみたい場合は、以下のボタンからチェックしてみてくださいね!

イオンカードセレクトの公式サイトはこちら

イオンカードセレクトやイオン銀行について、もっと詳しく知りたい場合は以下のページも参考にしていただけたらと思います。

イオンカードセレクトの申し込み手順(イオン銀行口座開設の流れ)

特徴のおさらいはこれぐらいにして、いよいよイオンカードセレクトの作り方を説明していきますね。

まずは、イオンカードセレクトの申込ページを開きましょう。

▼時期によって画面は異なりますが、だいたいはキャンペーンの画面が開きますよ。

イオンカードセレクトの作り方手順

▼画面を下にスクロールしていくと、上のほうで「今すぐお申込み」のボタンが出てきます。
これを押して次に進みましょう。

イオンカードセレクトの作り方手順

▼イオンカードセレクトの一覧が出てきますので、好きなデザインのカードを選びましょう。

サービス面だけ考えるなら、ミニオンズが一番おすすめです。(ただし、ゴールドカードにはできません)

イオンカードセレクトの作り方手順

▼次の画面に進むと、イオンカードセレクト入会にあたって、いくつか2択の質問が出てきます。

正直に回答して進んでいきましょう。

イオンカードセレクトの作り方手順

▼運転免許証を持っていれば、次に進むボタンが出てきます。
持っていない場合は、郵送でのカード申し込み手続きになりますよ。

イオンカードセレクトの作り方手順

▼ここでようやくイオンカードセレクト申し込みの画面になりましたね。

イオンカードセレクトの作り方手順

▼下にスクロールすると、Web明細(環境宣言)の登録について聞かれます。
今はWeb明細で確認するのが必須になりました。

イオンカードセレクトの作り方手順

▼その後で、規約類をいろいろと確認できます。
ひと通り目を通して、下にある「お申込み」ボタンを押してください。

イオンカードセレクトの作り方手順

▼ここからは、イオンカードセレクト申し込みに必要な情報を入力していきます。

まずは国際ブランドの選択をしてください。
個人的にはVISAかMastercardがおすすめです。

イオンカードセレクトの作り方手順 カードブランド選択

▼氏名や住所など、いろいろと入力していく画面になります。
手間が省けるようにしてあるので、面倒な感じはしなかったですよ!

イオンカードセレクトの作り方手順 氏名入力

▼職業や年収も入力しておきましょう。
学生や専業主婦、パートやアルバイトでもイオンカードセレクトは申し込みできます。

イオンカードセレクトの作り方手順 職業の選択

▼次の画面に行くと、勤め先や学校の入力になりますよ。
1つ1つ入力していきましょう。

イオンカードセレクトの作り方手順 勤め先の入力

▼次の画面では、イオン銀行キャッシュカードの暗証番号やクレジットカードの暗証番号などの情報を入力します。

イオンカードセレクトの作り方手順 イオン銀行の情報入力

▼取引明細書を送ってもらうかどうか聞かれますが、「利用しません」にしておきましょう。利用してしまうと毎月220円かかります。

イオンカードセレクトの作り方手順 イオン銀行の情報入力

▼リボ払いになった場合の金額は10,000円にしておきましょう。
全リボは、必ず「利用しません」を選んでくださいね。

クレジットカードは一括払いが基本です。リボ払いは使わないようにしましょう!

イオンカードセレクトの作り方手順 支払い方法

ETCカードやイオンiDを申し込むかどうか聞かれるので、このあたりは好みで選んで大丈夫ですよ。

イオンカードセレクトの作り方手順 ETCカードやイオンiDについて

▼イオンカードセレクトの受け取り方法は、店頭か郵送かどちらかを選べます。

すぐに使いたい場合は店舗で受け取れば「即時発行カード」がもらえますよ。

イオンカードセレクトの作り方手順 受け取り方法

▼よく行くイオングループのお店を登録する画面があります。
ここは面倒ですが、なぜか必須なので入れておきましょう。

イオンカードセレクトの作り方手順 よく行くお店

▼企画コードや紹介IDは任意なので、基本的には何も入力しなくて大丈夫です。

紹介IDに「6UNZRZ」をコピーして入力していただけると、私は得する仕組みになっています。

残念ながら、イオンの紹介は紹介された側がお得にならない仕組みになっているので、手間なら未入力で大丈夫ですよ。

(入力していただけるとノマド的節約術の運営の励みにはなります^^)

イオンカードセレクトの作り方手順 紹介ID

▼ここまで入力が終われば、確認画面になります。
間違いがないか目を通しておきましょう。

イオンカードセレクトの作り方手順 確認画面

▼ひと通り確認できたら、一番下にある「カードお申込み」を押してください。

イオンカードセレクトの作り方手順 確認画面

これでイオンカードセレクトの申し込みができましたね!

私は既にイオンカードセレクトを持っているので、これ以上は進めずでしたが、画面の案内に従っていけば手続きできますよ。

後日、申し込み書類が届きました

2014年当時に私がイオンカードセレクトに申し込んだときは、数日後に申し込み用の書類が届きました。

▼届いた書類はこんな感じですね。
(今はやり方が違うかもしれませんが)

イオンカードセレクトの書類

▼必要事項に記入してください。
記入例の紙もありますので、それを見ながら書けば大丈夫です。
記入項目数はかなり少ないですよ。

イオンカードセレクトの書類

申し込んでから時間が経っているので、かなり面倒に感じます。
でも、その面倒を乗り越えることで、イオン銀行の最大0.10%の金利やお客さま感謝デーでの5%割引が使えますよ!

▼5分ほどあれば記入が終わりますので、ひと踏ん張りです!

イオンカードセレクトの書類

▼書類への記入が終われば、封筒に入れてポストに投函してください。

イオンカードセレクトの申し込み書類が入った封筒

あとは、カードが届くまで待ちましょう。
ネット申し込みからカード到着まで1ヶ月ほどかかります。

イオンカードセレクトのキャンペーンを使ってお得にしよう

イオンカードセレクトを作ったり、イオン銀行の口座開設したりすることで、少しでもお得になればうれしいもの。

そんなときはキャンペーンを活用したいですよね。

イオンカードセレクトでは、常に何かしらのキャンペーンが開催されているので、その条件を満たせるようにしていけば、最初からかなり多くのポイントがもらえますよ!

キャンペーン時期によってはキャッシュバックになったこともありました。

さいごに

イオンカードセレクト

イオンカードセレクト・イオン銀行の申し込み手順について画像付きで説明していきました。

以前は入力が多すぎてかなり面倒に感じましたが、ある程度は自動化されていて、前よりはラクになった印象があります。それでもまだ入力は面倒ですけどね…。

ただ、面倒な入力を経てでもイオンカードセレクトイオン銀行を持っておく価値は十分にあります。

イオンを頻繁に使うなら、毎月の割引やポイントを多くもらって節約していくためにも、この機会に作っておきましょう!

イオンカードセレクトがあれば、イオン銀行の普通預金金利を最大0.10%(税引前)にできます!

イオンカードセレクトは、あらゆる方面でお得にできて、さらに年会費無料で持てるのがいい感じです。
申し込みの際は、このページを参考にしてもらえればと思います。

もし、これからイオンカードセレクト・イオン銀行を使ってみようと思ったのであれば、以下のボタンから作れますよ。

イオンカードセレクトを詳しくチェックする

また、イオン銀行の口座開設に合わせて、投資信託の口座開設もしておくのがおすすめです。
つみたてNISAにも対応していますよ。

カードが到着するまでにどれぐらいの日数がかかったのかは、以下のページで説明していますよ。

クレジットカード自体の作り方や必要になるものについては以下のページが詳しいですよ。

おまけ:イオン銀行・イオンカードを使う方に役立つ記事のまとめ