ビューゴールドプラスカードを年会費以上にお得に使う方法とは?メリットとデメリットを紹介します

スポンサーリンク

こんにちは!
クレジットカード大好きな、ノマド的節約術の松本(@peter0906)です。

クレジットカードとSuicaが一体になっていて、しかもSuicaのオートチャージに対応しているビューカード。

ビューカードの中にはゴールドカードもあります。

Suicaがメインのエリアに住んでいて、クレジットカードの格にもこだわりたい場合は「ビューゴールドプラスカード」を検討してみてはいかがでしょうか。

このページでは、ビューゴールドプラスカードを使うときに知っておくと役立つ情報をまとめて紹介してきますね。

ビューゴールドプラスカードの年会費は10,000円

ビューゴールドプラスカードは、ゴールドカードの扱いになるので、年会費がどれぐらいかかるのかきになりますよね。

ビューゴールドプラスカードの年会費は税込で10,800円。

ゴールドカードということもあり、やはり少し高めに設定されていますよね。

そこで気になるのが、わざわざ年会費を払う価値があるカードなのかということ。

その点はこれから説明する内容で判断していただけたらと思います。

ちなみに、ビューゴールドプラスカードはJCBブランドしかありません。

家族カードは1枚目年会費無料

せっかくゴールドカードを手に入れるなら、家族にもゴールドカードを持ってもらいたいですよね。

ビューゴールドプラスカードは、家族カードが1枚目まで年会費無料で持てます。

本会員は10,000円かかることを思うと、1枚目まで年会費無料なのはかなりありがたいですよね。

2人で持つことを考えたら、1人あたり5,400円になります。

ちなみに、2枚目以降の家族カードを作る場合は1人3,240円です。

ETCカードも無料で持てる

ビューゴールドプラスカードをメインに使って、さらにETCカードを持ちたいこともあると思います。

その時に気になるのが、ETCカードの年会費ですけど、ビューゴールドプラスカードのETCカードの年会費は無料です。

カードの管理を一元化するときにはETCカードの年会費が無料だと助かりますね。

参考:ETCカードの基礎知識とおすすめクレカまとめ

ビューゴールドラウンジが使える

ビューゴールドプラスカードならではの特徴で、カードを持つ大きなメリットの1つに、東京駅構内にあるビューゴールドラウンジが使えることがあります。

ビューゴールドラウンジは、ビューゴールドプラスカードを持っている人だけの特典で、本人とその同伴者だけが使えるものです。

ビューゴールドラウンジを使うためには他にも以下の条件があります。

  • 東京駅発の新幹線・特急グリーン車を利用
  • 東京駅発のグラングランを利用
  • ラウンジご利用券を持っている

グリーン車以上を使わないといけないのがちょっとハードル高いですね。

でも、ゴールドカードを持つぐらいなので、グリーン車を利用することに抵抗はそれほどないのでは?

ビューゴールドラウンジでは、ドリンクやお菓子を用意してもらえたり、新聞や雑誌を無料で読めたりします。

仕事したい方向けに無線LANも通っていますよ。

これだけ見ると、空港ラウンジと同じようなサービスですよね。

国内の空港ラウンジも無料で使える

空港ラウンジの例えを出しましたが、ビューゴールドプラスカードを持っていると、国内主要空港のラウンジが無料で使えるようになります。

航空券とビューゴールドプラスカードを提示すれば、通常は1,000円ほどかかるところを無料で入場できますよ。

私自身も、飛行機に乗る前はよく空港ラウンジを利用しています。

国内のラウンジはそれほど設備が充実しているわけではないですが、仕事するだけで考えるといい場所ではありますね。

ビューゴールドプラスカードで貯まるポイントについて

ここからは、普段からカードを使う方に向けて、ポイントの仕組みを紹介していきます。

カードを使うとポイントが貯まるので、それがどれぐらいお得なのかは気になるところですよね。

ちなみに、ビューゴールドプラスカードのポイント還元率は0.5%です。

これだけ見ると、それほど特筆すべきことはありませんが、使い方によってはポイント還元率を高めることもできますよ。

VIEWプラスでポイント3倍に!

ビューゴールドプラスカードのポイント還元率を高めるには、JR東日本で利用するのがおすすめです。

以下の用途で使う場合はポイント3倍になり、還元率に直すと1.5%になります!

  • 乗車券
  • 特急券
  • 回数券
  • 特別企画乗車券
  • 携帯電話等による「えきねっと」からのライナー券予約
  • 定期券
  • Suica定期券
  • Suicaカード
  • ビューカードによるSuica入金(チャージ)
  • オートチャージ
  • モバイルSuica(チャージ、オートチャージ、モバイルSuica特急券、モバイルSuica定期券、モバイルSuicaグリーン券)
  • びゅう国内旅行商品 など

参考:VIEWプラス対象商品・サービス

定期券の購入でも還元率が1.5%なのは大きな魅力ですよね。

仮に50,000円の定期券を購入すると、それだけで750円分のポイントがもらえます。

会社員の場合は、ほぼ交通費が支給されると思うので、定期券購入で貯まったポイントはそのまま自分のお小遣い代わりになりますよね。

そう思うと、結構お得だと思いませんか?

Suicaオートチャージでのポイント3倍が魅力的

また、ビューゴールドプラスカードは、クレジットカード自体にSuicaの機能がついています。

そのため、カードをかざすだけで改札を通れますよね。

さらに便利なのが、Suicaの残高が少なくなったときには、自動的にチャージ(オートチャージ)されること。

これのおかげでSuicaの残高を気にすることなく、Suica利用できます。

しかも、オートチャージしたときにもポイント3倍・還元率1.5%になるので、ポイント面でもお得ですよ。

Suicaにチャージしたお金はビューゴールドプラスカードの支払いになります。

ビューカードのSuicaオートチャージの仕組み

もし、クレジットカード自体を持ち歩くのすら面倒であれば、Apple Payを使ってビューゴールドプラスカードを紐付けておくのも1つの方法です。

iPhoneやApple Watchを持っているなら、より改札がスムーズに通れますよ。

Web明細ポイントサービスで毎月20ポイント

ビューゴールドプラスカードを使ったら、毎月クレジットカードの利用明細が知りたいですよね。

郵送の代わりにWebで確認するように手続きすると、毎月20ポイント(50円分)もらえます。

カード会社側は郵送代を節約できるし、こちらとしてはタダでポイントがもらえるので、まさに一石二鳥ですね。

年間600円がタダでもらえるようなものなので、明細書はWebで確認するようにしてください。

ビューカードのWeb明細サービスのメリット

Web明細にしたことで、紙の節約にもなるので、環境面でも一石二鳥です。

年間利用額に応じてボーナスポイントがもらえる

ビューゴールドプラスカードは、ランクが下のカードにはない特典があります。

年間利用額に応じてボーナスポイントがもらえる仕組みがあり、これによって普段のポイント還元率を高くできますよ。

  • 年間70万円以上:1,500円相当
  • 年間100万円以上:2,000円相当
  • 年間150万円以上:3,000円相当
  • 年間200万円以上:4,000円相当

この年間利用額は、VIEWプラス利用分は含まないのでご注意ください。普通にカード利用した金額になります。

ちょうど年間200万円使ったとすると、20,500円相当のポイントになるので、還元率1%を超えますね!

ボーナスポイントは利用金額ごとに積み上がっていくので、70万円・100万円とクリアするごとにボーナスポイントがもらえますよ。

ポイントの活用方法はSuicaチャージがおすすめ

ここまではポイントを貯める方法を紹介してきましたが、ここからは貯めたポイントをどう使うのかを紹介していきますね。

せっかくポイントがあっても使わないと意味がありません。

ビューゴールドプラスカードを使うと、ビューサンクスポイントが貯まりますが、これの交換はSuicaにチャージするのが一番おすすめです。

主に電車利用でポイントを貯めると思うので、そこで貯まったポイントを再び電車利用のために使うことができるので、ムダがないですよね。

ちなみにSuicaチャージは400ポイントから1,000円分に交換できます。

ポイントをSuicaチャージする方法は以下のページでまとめました。

他には、Suicaのペンギングッズを中心とした商品への交換が多いです。

中には限定商品もあったりしますので、時期によってはポイント交換商品が変わっている楽しみもあります。

Suicaチャージ以外のところでは、以下のような商品券・ギフトカード系がおすすめです。

びゅう商品券、ルミネ商品券がおすすめなのですが、送料で別に160ポイントかかってしまうのが残念なところです。

まだ、ルミネ商品券は交換レートがいいので、ルミネで買い物するなら選択肢に入れてもいいですよ。

  • 810ポイント:2,000円分(1ポイント≒2.46円)
  • 1,410ポイント:4,000円分(1ポイント=2.83円)

海外旅行傷害保険が自動付帯

ビューゴールドプラスカードは、ゴールドカードということもあり、海外旅行傷害保険が自動付帯になっています。

普通のビューカードと比較しても保険の内容が充実していますよ。

  • 傷害治療保険:100万円
  • 疾病治療保険:100万円

ただ、トータルで見ると、そこまで手厚い保険でもないですので、他のクレジットカードを併用して保険を補強しておくのがおすすめです。

エポスカードレックスカードライトを持っておくと、より海外旅行傷害保険が充実しますよ。

モバイルSuicaの年会費が当面無料に

Android携帯を使っているのであれば、Suicaを使うだけなら、わざわざビューゴールドプラスカードを手元においておかなくても大丈夫です。

モバイルSuicaに登録して、今使ってるクレジットカードとおサイフケータイを紐付けるだけで、改札をピッ!と通ることができます。

その代わりネックになるのが、モバイルSuicaを使うと年会費が1,030円かかること。

年会費が結構高いので、いくらポイント還元率が高いクレジットカードでSuicaを使ったとしても元を取るのが大変になってきます。

その点、ビューゴールドプラスカードであれば、モバイルSuicaを使う場合の年会費がかかりません。

モバイルSuicaの年会費が当面無料になっているんですね。

手持ちのスマートフォンをSuica代わりにしたいなら、ビューゴールドプラスカードを使うことで、ビューゴールドプラスカードの年会費以外は無料になりますよ。

モバイルSuicaのメリット

モバイルSuicaは、おサイフケータイから紐付ける手続きが必要です。 そのやり方は以下のページで。

モバイルSuicaの代表的な機能やサービスは以下の通りです。

  • ポイント3倍
  • 定期券が買える
  • オートチャージに対応
  • 新幹線に乗れる
  • ポイントをモバイルSuicaにチャージ
  • スーパーモバトク

モバイルSuica限定のビュー・エクスプレス特約で新幹線の運賃を安く!

モバイルSuicaの知られざる機能に、ビュー・エクスプレス特約があります。

ビュー・エクスプレス特約は、年会費が1,080円かかるのですが、東海道新幹線・山陽新幹線の運賃を安くできますので、1回でも使えば元が取れるお得な仕組みです。

ビューゴールドプラスカードだと、モバイルSuicaの年会費が無料になって、ビュー・エクスプレス特約だけの年会費だけで新幹線の運賃を安くできるのでおすすめ!

私もビュー・エクスプレス特約を使ってて、新幹線の運賃を割引していますよ。

もっと早く知ってれば良かったと思うぐらいお得です!

新幹線の料金を安くするなら、こちらもおすすめですよ。

さいごに

ビューゴールドプラスカードならではの特典はラウンジ利用が大きいですが、ポイント面でもメリットが大きく、関東エリアに住んでいて、それなりに出張や旅行することもあればおすすめのカードになります。

もちろん年会費はかかりますが、東京駅のラウンジを何度も利用するのであれば、元は取れますよ。

ゴールドカードならではの特典をぜひ使ってみてくださいね^^

→ ビューゴールドプラスカードの利用はこちらから

関連記事

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。

執筆メンバの一覧を見る