Apple PayでVISAカードを使う方法はある?デビットは使える?対応状況や使えない場合の対処方法まとめ

スポンサーリンク

Apple Payにクレジットカードを登録しておくと、カードを持ち歩くことなく支払いができます。

そんなApple Payですが、VISAカードも登録できるのか気になるところです。
VISAカードは使えるお店も多いので、Apple Payに登録できるとより使いやすくなりますよね。

Apple PayにVISAカードがどれぐらい対応しているのか知っておくと、いざ利用したいときにスムーズに設定できます。

このページでは、Apple PayでVISAカードが使えるかどうかや、使えない場合の対処法について詳しく紹介していきますね。

Apple Payについては、こちらで詳しく紹介していますよ。

Apple PayでVISAカードを使う方法はある?

Apple PayでVISAカードは使える?

そもそも、どんなクレジットカードがApple Payに登録できるのか気になりますよね。

▼Apple Payに対応しているクレジットカードブランドの一覧です。

JCBMasterCardAMEXブランドには対応しています。

こうして見ると、VISAカードが見当たらないので使えないのかな?と思ってしまいますよね。

基本的に、VISAブランドのカードはApple Payに対応していません
ただ、国際ブランドというよりカードブランドによって使えるものと使えないものがあるという感じです。

つまり、Apple Payに対応しているクレジットカードのVISAブランドであれば登録できます。

主に、Apple Payに登録できるVISAカードは以下の通り。

ここからは、それぞれのカードごとに特徴などを紹介していきますね。

三井住友VISAカード

Apple Payには、三井住友VISAカードが登録できます。

三井住友VISAカードで支払うと、ポイントが5倍になるキャンペーンなども行っているのでお得ですよ。

ちなみに、三井住友VISAカードを利用するときの支払いはiD決済です。
iD決済するたびにワールドプレゼントのポイントが貯まりますよ。

また、三井住友VISAカードはタッチ決済にも対応しているのでカードを端末にタッチするだけで支払えます。

ANA VISAカード

Apple Payには、ANA VISAカードも登録可能です。

ANA VISAカードには、以下のような特徴がありますよ。

  • 入会時および継続時にボーナスマイルがもらえる
  • ANA飛行機の搭乗時にボーナスマイルがもらえる
  • Suicaとして使える

ANAマイルが貯まりやすいので、よく飛行機に乗る場合はANA VISAカードを登録するのもおすすめですよ。

ちなみに、ANA VISAカードをApple Payで使うときはiD決済になります。

JAL VISAカード

Apple Payには、JALカードも登録できます。

VISAカードを登録したい場合は、JAL VISAカードがおすすめですよ。

JAL VISAカードで支払うときは、QUICPay決済になります。

Apple Payで支払うたび、ショッピングマイルが貯まるのでお得ですね。
JAL VISAカードをApple Payに紐付けておくと、JALマイルが貯まりやすくなりますよ。

dカード・dカード GOLD

【dカード】dカード

ドコモのクレジットカードである、dカードdカード GOLDもApple Payに登録できます。
VISAブランドのdカードをApple Payに登録することができますよ。

dカードGOLDは年会費税抜10,000円がかかるので、年会費をかけずに使いたいのならdカードがおすすめです。

初年度無料で、2年目以降は年1回でも使えば年会費が無料になります。

Apple Payにdカードを登録しておくと、支払いのたびにdポイントが貯まりますよ。
還元率は1%なので、比較的ポイントも貯まりやすいです。

Apple Payでdカードを使うときは、iD決済になりますよ。

dカード・dカード GOLDはタッチ決済にも対応しているのでカードを端末にタッチするだけで支払えます。

ビューカード

ビューカード系のクレジットカードは、Suicaにも対応しているのでおすすめです。

Apple PayにVISAカードとして登録できるビューカードは以下の通り。

この中だと、ビックカメラSuicaカードがおすすめですね。
年1回でも使えば年会費が無料になります。

ちなみに、ビューカードでApple Payを使うときは、Suica決済になりますよ。

楽天カード

楽天カードもApple Payに対応しているので、VISAカードが登録できます。

年会費無料で使える上、還元率も1%と高めなのがうれしいところですね。

Apple Payに紐付けておけば、支払いのたびに楽天スーパーポイントが貯まります。

楽天カードでApple Payを使うときは、QUICPay決済になりますよ。
ただ、Apple Payで楽天Edyは使えないので注意しましょう。

イオンカード

イオンカードもApple Payに対応しているので、VISAカードを登録できます。

いろいろと種類もありますが、一番おすすめなのはイオンカードセレクトですね!

VISAブランドのイオンカードセレクトは、タッチ決済にも対応しているのでカードを端末にタッチするだけで支払えます。

カードを持ち歩くのが面倒なときは、Apple Payにイオンカードセレクトを登録しておくと便利ですよ。

ちなみに、Apple Payでイオンカードセレクトを使う場合は、iD決済になります。

セゾンカード

Apple Payでは、セゾンカードのVISAカードも登録できます。

中でもおすすめなのは、セゾンカードインターナショナルですね。
即日発行できる年会費無料のカードなので、すぐ使いたいときに便利です。

ポイント還元率は0.5%と低めですが、西友やリヴィンなどをよく使うのであれば作っておくと利用しやすいですよ。

Apple Payでセゾンカードインターナショナルを使うときは、QUICPay決済になります。

VISAデビットカードは対応していません

Apple PayにVISAブランドのクレジットカードは登録できますが、VISAデビットカードは登録できません。

そもそも、Apple Pay自体にデビットカードが登録できなくなっています。

ただ、Apple PayのSuicaにデビットカードでチャージして使うという方法もありますよ。

どうしてもデビットカードを使いたい場合は、Suicaアプリでデビットカードを登録しておくといいですね。
しかし、デビットカードでSuicaのオートチャージはできません。

Apple PayのVISAカードはオンライン決済できない

クレジットカードによっては、Apple Payに登録できるVISAカードもあります。

ただ、Apple Payに登録したVISAカードを使ってオンライン決済することはできません。
ネットショッピングやアプリ内課金で使いたい場合は、少々不便ですね。

Apple Payでオンライン決済したい場合は、ほかの国際ブランドのクレジットカードを紐付けておくことをおすすめします。

KyashはApple Payに登録できません

Kyashリアルカード

VISAブランドのプリペイドカードといえば、高還元率のKyashもありますよね。

そんなKyashですが、残念ながらApple Payには登録できません。

Apple Payにはプリペイドカードも登録できるので、なんとなくKyashも使えそうな気がしますが登録できませんでした。

ただ、楽天ペイOrigami Payに紐付けることはできますよ!

Kyashは2%の還元率があるので、それぞれ紐付けるだけで2%が戻ってくる計算になります。

たとえば、楽天ペイにKyashを組み合わせると合計で3.5%の還元率になるのでお得ですよ。

Apple PayでVISAカードが使えないときの対処法

Apple PayでVISAカードを使おうと思ったのに、なぜか使えないこともあるかもしれません。

原因になりそうなことを知っておけば、いざというときに対処しやすくなりますよ。

主に、Apple PayでVISAカードが使えない原因になりそうなことは以下の通り。

  • VISAカードがApple Payに対応していない
  • お店側がApple Payに対応していない
  • 登録したVISAカードの限度額を超えている
  • 登録したVISAカードの有効期限が過ぎている
  • Apple Payで買えないものを購入しようとしている

そもそもApple Payに対応していないVISAカードは登録することができません。

VISAカードを登録したいときは、Apple Payに対応したクレジットカードブランドのものを使いましょう。

また、Apple Payに登録したVISAカードの限度額を超えていたり、有効期限が過ぎていたりする場合も決済できません。

お店の商品やサービスの中には、Apple Payで支払えないものもあるので注意しましょう。

たとえば、以下のようなものはApple Payで決済できません。

さいごに

Apple PayでVISAカードを使う方法についてまとめてみました。

  • Apple Payに対応しているクレジットカードのVISAブランドは登録可能
  • VISAデビットカードはApple Payに対応していない
  • Apple PayのVISAカードでオンライン決済はできない

Apple Payに登録できるVISAカードはそんなに多くありませんが、一度設定しておけばVISA加盟店で支払いに使えるので便利ですね。

VISA加盟店でよく買い物をするのであれば、Apple PayにVISAカードを紐付けておくことで支払いが便利になります。

オンライン決済で使えなかったり、登録できるVISAカードに限りがあったりする点を意識しつつ、使うことをおすすめしますよ。

おまけ:Apple Pay関連の記事

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

長野在住のフリーライター/3児の母。時間とお金は有限なので、自分の納得できるものに注ぎたい性分。心が豊かになれる暮らしのヒントや、子育てに役立つお得情報など発信していきます。

執筆メンバの一覧を見る