Kyashリアルカードを使うメリットとデメリット・申込方法から到着までの流れ

スポンサーリンク

こんにちは!
ポイント還元率の高いカードが大好物のノマド的節約術の松本(@peter0906)です。

還元率が2%ということで話題になったKyash(キャッシュ)、バーチャルプリペイドカードだけではなく、リアルカードも出てきました。

店舗でのカード払いにもKyashが使えることで、カードを使う選択肢が広がりますよね。

Kyashリアルカードを使うことでどんなメリットやデメリットがあるのか、このページで詳しく見ていくことにしましょう。

Kyashリアルカードを使うメリットとデメリット・申し込み方法・到着までの流れ

Kyashについてのおさらい

まずは、Kyashがどんなサービスなのかをざっくりと要点だけまとめておさらいしておきますね。

  • 還元率が2%
  • Kyashの残高にキャッシュバック
  • クレジットカードでチャージできる、ポイントも貯まる

改めて見てみるとKyashがいかにお得なプリペイドカードなのかがよくわかりますね。

クレジットカードでチャージしてポイントが貯まるとか最高すぎる・・・。

例えば、楽天カードからKyashにチャージして、普段の支払いはKyashを使えば3%の還元率になりますよね。

Kyashリアルカードを持つメリットとデメリット

ここからは、Kyashのリアルカードを持つことによるメリットとデメリットを紹介しますね。

リアルカードがあるのは便利ではありますが、いいところもそうでないところもあります。

Kyashリアルカードのメリット

まずはリアルカードのメリットから。

  • VISAの店舗で買い物ができる
  • 節約できる機会が増える
  • リアルカードは単純にわかりやすい

リアルカードのメリットは、使うイメージがしやすいことと、使えるお店がネットだけでなくリアルに広がったことで節約できる機会が増えることですね。

2%還元が多くのお店で使えるのはメリットしかないです!

Kyashリアルカードのデメリット

メリットもあればデメリットもあります。
Kyashリアルカードのデメリットは、紛失のリスクがあることですね。

現物のカードがあるため、なくしてしまった場合に使われてしまいます。

とはいえ、チャージしている金額以上に使うことはできないため、クレジットカードと比較すると被害は小さくて済みますね。

なくしてしまうこと自体が自己責任になるため、そもそもなくさないように気をつけることが大切です。

還元率1%以上のクレジットカードでチャージしよう

Kyashリアルカードを使う最大のメリットであるクレジットカードからのチャージでポイントが貯まるところについて、もう少し詳しく見ていきましょう。

VISAMasterCardであればKyashリアルカードにチャージできるため、対象のクレジットカードも多いですよ。

還元率1%以上のクレジットカードでチャージすれば、Kyashリアルカードでの還元率2%と合わせて3%以上にできます。

還元率1%以上のクレジットカードは以下のものがありますね。

JALカードやANAカードであれば、Kyashリアルカードへのチャージでマイルも貯まりますね。

もし、これらのクレジットカードでKyashを併用するなら、VISAかMasterCardブランドを選びましょう。

参考:(年会費有料あり)ポイント還元率が高いクレカまとめ
参考:(年会費無料のみ)ポイント還元率が高いクレカまとめ

Kyashリアルカードが届いたあと、クレジットカードと紐付けて使えるようにするための設定方法は、以下のページが詳しいですよ。

PayPayへのチャージに使える

Kyashは、決済サービスのPayPayのチャージにも使えます。

Kyashは2%の還元率があるため、それだけで2%戻ってきますよ。
PayPayは2019年3月31日まで20%還元のキャンペーンがあるので、あわせると22%還元になりますね。

一時的とはいえ、めちゃくちゃお得なので使わない手はないです。

Kyashリアルカードの申込手順

ここからは、Kyashリアルカードの申し込み手順を紹介しますね。

まずは、Kyashのホームページを開きましょう。
▼そこに「リアルカード新登場」というボタンがあったので、そこを押してください。

Kyashリアルカードの申し込み方法

▼画面が切り替わると、Kyashリアルカードのページが開きます。
そこにある「今すぐ申し込む」を押すと次に進めますよ。

Kyashリアルカードの申し込み方法

▼次の画面では、リアルカード申し込みフォームが開きます。
名前や住所などの情報を1つ1つ入力していきましょう。

Kyashリアルカードの申し込み方法

▼ひと通り入力できたら、利用規約に目を通して「同意する」にチェックを入れましょう。

その後「内容を確認」ボタンを押してください。

Kyashリアルカードの申し込み方法

▼画面が切り替わると、確認画面が出てきますよ。

Kyashリアルカードの申し込み方法

▼入力した内容に問題がなければ「内容を送信」ボタンを押してください。

Kyashリアルカードの申し込み方法

▼これでKyashリアルカードの申し込みができましたね。

Kyashリアルカードの申し込み方法

▼メールを確認したら、申し込みを受け付けましたと来ていました。

Kyashリアルカードの申し込み方法

ちなみに、Kyashリアルカードに申し込みしたのは2018年8月22日です。

私が申し込んだときは、他にも申し込みしている人が多くて、カード到着までに時間がかかるとのことでした。

まずは気軽に到着まで待つことにしましょう。

Kyashリアルカードが到着しました

その後、無事にKyashリアルカードが到着しました。
料金後納郵便で届いていましたよ。

不在にしてたので、正確な2018年9月10日前後に届いてました。

▼Kyashリアルカードが入った封筒はこちら。
ペラペラな感じでしたよ。

Kyashリアルカードの封筒

▼開封すると、Kyashリアルカードが入っていました!
まずはこれを取り出しましょう。

Kyashリアルカード

Kyashリアルカードを使えるようにするための手順

ここからは、届いたKyashリアルカードを使えるようにするための手順を紹介していきますね。

▼届いた書類にQRコードがあると思うので、それを読み取ると以下のような画面になります。

ここでは「初めてKyashをご利用の方はこちら」を選びましょう。

Kyashリアルカードの有効化手順

▼まずはアプリのダウンロードが必要なので、ガイドに従って進みましょう。

Kyashリアルカードの有効化手順

▼Kyashアプリをダウンロードしましょう。

Kyashリアルカードの有効化手順

▼アプリをダウンロードして、画面を開くと以下のようになります。
まずは会員登録を済ませましょう。

Kyashリアルカードの有効化手順

▼私はFacebookアカウントでログインしましたよ。

Kyashリアルカードの有効化手順

▼会員登録に必要な名前とユーザー名の入力欄が出てきます。
Facebook経由だと最初から入力されているので、問題なければ「次へ」を押しましょう。

Kyashリアルカードの有効化手順

▼本名の確認が出てきますので、問題なければ「はい」を押しましょう。

▼続いて生まれた年を選びます。

Kyashリアルカードの有効化手順

▼携帯電話番号も入力しましょう。
あとでSMSが届くので、SMSが届く番号にしてくださいね。

Kyashリアルカードの有効化手順

▼SMSが届いたら認証番号6桁を入力しましょう。

Kyashリアルカードの有効化手順

▼ここまで終われば、ようやく手元に届いたKyashリアルカードを有効化できますね。

「リアルカード有効化」のほうを選びましょう。

Kyashリアルカードの有効化手順

▼ここで手元に届いたKyashリアルカードのカード番号、有効期限、セキュリティコードを入力してください。

すべて入力できたら「完了」ボタンを押しましょう。

Kyashリアルカードの有効化手順

▼これでKyashリアルカードを有効化できましたね!
お疲れ様でした。

Kyashリアルカードの有効化手順

▼Kyashのウォレットページを開くと、自分のカード番号が表示されていました!

Kyashリアルカードの有効化手順

あとは、ここからKyashにチャージして使っていくことになります。

さいごに

Kyashリアルカードが使えるようになると、VISA加盟店であればいつでもどこでも2%キャッシュバックで買い物ができます。

こんなお得な話はそうそうあるものでもないので、普段の支払いから節約していきたい場合はおすすめです。

特にマイルとかを貯めていないのであれば、Kyashリアルカードをメインに使って、チャージ用にクレジットカードを作れば、常に3%ぐらい節約しながら買い物できますよ。

チャージのやり方について詳しく知りたい場合は、以下のページも合わせて参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る