10円切手が買えるコンビニ・年賀状などの使い道・安く購入する方法のまとめ

スポンサーリンク

こんにちは!
切手は郵便局かコンビニで買う小林敏徳です。

切手の額面に10円があるのはご存知でしょうか。
あまり聞き慣れない額面の切手で、どのように使えばいいのか考えるのではないでしょうか。

そんな10円切手ではありますが、意外と使い道が多くて使い勝手のいい切手でもあります。

このページでは、10円切手のことがひと通りわかるように、どんなデザインになっているのかや、購入できる場所、肝心な使い道について詳しく紹介しますね。

年賀状を早く出したり、遅く出したりしている場合は、知っておくと便利なことがあります。

10円切手の種類・買えるコンビニや店舗・使い道・安く購入する方法のまとめ

10円切手は普通切手と記念切手の2種類

10円切手といっても、複数の10円切手があることをご存知でしょうか?

10円切手には以下の2種類があります。

  • 普通切手
  • 記念切手

10円切手には、はがきなどを送るときに使う普通切手と、特殊なデザインが施された記念切手があります。

記念切手はコレクションされることが多いですが、額面通りの10円切手として使うことも可能です。

スポンサーリンク

10円切手のデザインは?

せっかく10円切手を使うのだから、どんなデザインになっているのかも気になりますよね。

▼10円切手の普通切手は、以下のような感じです。
(デザインは発売時期によって異なります。)

10円切手の普通切手

日本らしい絵が描かれた切手ですね。
購入する時期によってデザインが違うのも、切手の楽しいところです。

また、スタマガネットでは、古い切手のデザインも販売されていますよ。

10円切手が買えるコンビニの一覧

ローソンの店舗

10円切手はどこで買えるのかが気になると思いますが、実は一部のコンビニエンスストアでも販売されています。

10円切手の取り扱いがあるコンビニは、以下の通りです。

*切手の在庫があるかどうかは、地域・店舗によって異なります。

主要なコンビニでは、ほぼ購入できると思っていいでしょう。
ただし、62円切手82円切手に比べて10円切手の使用頻度は少ないので、常時在庫されていない可能性もあります。

無駄足にならないためにも、コンビニで切手を買う際は、前もってお店に在庫を確認しましょう。

その他10円切手を販売している場所

切手を買いに行った郵便局

まずは10円切手があるコンビニを紹介しましたが、10円切手はコンビニ以外でも購入できますよ。

以下の販売店で取り扱っている可能性があります。

郵便局はもちろんですが、キオスクや金券ショップなど、街でよく見かけるお店でも切手を購入できます。

ただしコンビニ同様、10円切手があるかどうかはお店によって異なりますので、前もって在庫を確認しておきましょう。

また、切手を額面よりも安く購入する方法もあるので、それも踏まえて購入する場所を決めてください。

スポンサーリンク

10円切手を安く手に入れる方法

次に、10円切手を安く手に入れる方法を紹介しますね。

切手を額面よりも安く購入する方法は意外とたくさんありますので、上手に節約していきましょう。

1. 金券ショップで購入する

切手が買える金券ショップ

金券ショップなら、切手を額面よりも安く購入できます。
おおよその値段設定は、額面の94~96%程度。

つまり、10円切手を100枚買った場合に、通常は1,000円のところが940〜960円くらいで買えますよ。

枚数が多くなればなるほど、得する金額も大きくなるため、安く買う方法を知っておくことは大切です。

2. 大量に使うなら、ヤフオクやメルカリで購入する

切手を大量に購入するなら、ヤフオクメルカリがおすすめです。

オークションやフリマサイトでは、切手が額面よりも安く取引されているからです。

試しにヤフオクで調べてみたところ、10円切手の100枚綴り(額面1,000円)が950円前後で取引されていました。

購入枚数が増えれば、もっと節約できる可能性がありますので、安くしたいのであれば、定期的にヤフオクのサイトをチェックしてみましょう。

参考:ヤフオクのページはこちらから

3. 「郵便局のネットショップ」でクレジットカード払いにする

あまり急ぎでないときにおすすめなのは、「郵便局のネットショップ」で購入する方法です。

購入できる切手は郵便局と同じですが、メリットが1つだけあります。

それは、クレジットカード払いができること。
郵便局は現金払いが基本ですが、郵便局のネットショップならクレジットカード払いでポイントを貯められますよ。

ただし、発注金額が4,999円以下だと送料がかかってしまいますので、その点だけ注意してください。

また、クレジットカード払いにするなら、ポイント還元率の高いカードを使ったほうがよりお得ですよ。

参考:(年会費有料あり)ポイント還元率が高いクレカまとめ
参考:(年会費無料のみ)ポイント還元率が高いクレカまとめ

4. 「切手販売」というサイトから買う

切手販売」というサイトでも、10円切手を安く購入できます。

直近のレートを調べてみると、50万円以上の購入で「9.5円」でした。

50万円以上となると、10円切手を5万枚購入することになるので、現実的ではないかもしれませんが、節約額はなんと25万円に。

数百枚〜数千枚単位の切手を使うなら、先を見越して大量購入しておくと良いかもしれません。

5. Amazonのギフト券や楽天市場のポイントで購入する

Amazon楽天市場の特典が貯まっているなら、それを使って10円切手を購入するのもおすすめです。

Amazonギフト券楽天スーパーポイントは使用期限があるので、タイミングによってはどう使おうか悩みますからね。

なかなか使い切れないでいる特典があるなら、思い切って切手に換えてしまいましょう。

参考:Amazonで10円切手を探す
参考:楽天市場で10円切手を探す

6. 【裏ワザ】クレジットカードでチャージしたnanacoで買う

セブンイレブンやミニストップで10円切手を買う場合は、定価よりもお得に買うこともできますよ。

セブンイレブンの場合は、10円切手を買うときにも電子マネーのnanacoが使えます。
もし、nanacoポイントからnanacoにチャージしていたら、ポイント利用分だけお得ですよね!

また、電子マネーのnanacoにクレジットカードでチャージすることで、クレジットカードのポイントを貯めることもできます。

その分だけ実質的に安く買うことができている感じですね。
これは税金支払にも使えるとてもお得な方法ですよ!

セブンイレブンでnanacoから切手購入した証拠

また、ミニストップでも同様の考え方で、電子マネーのWAONで支払うことができます。
年会費無料で持てるJMB WAONカードを入手後、JALカードからチャージすることでJALマイルが貯まりますよ。

そのWAONで10円切手を買うことで、マイルが貯まっている分だけお得というわけ。

ただし、100円分以上の単位で買わないとお得さを実感できないため、10枚以上の購入がおすすめです。

10円切手の使い道

次に、10円切手の使い道を紹介しますね。
せっかく手に入れた10円切手をムダにしないためにも、どんな用途があるのか知っておきましょう。

10円切手の主な使い道は以下の通りです。

はがき以外にも、これだけの用途があります。

例えば、ゆうパックの送料を切手で支払うこともできますので、余っている切手があるときは、それを有効活用しましょう。

10円切手の組み合わせ方の参考例を紹介

切手で送料を支払うときに悩ましいのは、その「組み合わせ方」ですよね。

たとえば送料が120円の場合、複数枚の切手で支払うことも可能ですが、何をどう組み合わせれば良いのか悩むと思います。

参考例をまとめてみました。

  • 82円の場合:62円切手を1枚・10円切手を2枚
  • 92円の場合:82円切手を1枚・10円切手を1枚
  • 120円の場合:100円切手を1枚・10円切手を2枚
  • 140円の場合:120円切手を1枚・10円切手を2枚

10円切手は、比較的使いやすいですね。

ただし、切手をあまりにも多く貼りすぎると見栄えが悪くなり、荷物を受け取った相手を不快にさせる可能性がありますので、すっきり収まるように組み合わせてください。

年賀状(年賀はがき)の52円適用期間外は10円切手が必要

年賀状は1枚52円が基本となっています。
年賀状は52円で出せる期間が限られていて、それ以外の期間で年賀状を出す場合は62円でないといけません。

つまり足りない10円分を10円切手を貼ってカバーすることになります。

そのため、10円切手の使い道はかなりありますよ。

500円・350円のレターパックに10円切手を貼ると使える

また、消費税が5%の時代にあった500円や350円のレターパックがまだ残っている場合は、10円切手を貼ることで使えますよ。

今のレターパックは、レターパックプラスが510円、レターパックライトが360円ですからね。

切手の正しい貼り方について

切手には、基本的なルールがあります。
切手を貼る場所や貼り方など、知っておきたい基礎知識は次の記事で解説していますよ。

不要になった10円切手は買取してもらおう

もしそれでも10円切手を使うことがなくて困っている場合は、買い取ってもらうのがいいですよ。

例えばバイセルブックサプライだと切手の買取にも対応しています。

さいごに

使い道のところでも紹介したように、10円切手は他の額面の切手と比較しても使いやすいです。

郵便サービスを使う場合は切手を使う機会も増えると思いますので、このページで紹介したことを頭の片隅に置いておけば、より便利に使えると思いますよ。

郵便局やコンビニでも入手できる10円切手をぜひ有効活用してくださいね。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

小林 敏徳

小林敏徳(こばやし としのり)です。1980年生。大阪府在住。文章を書いたり、化粧品の企画をしたり、写真を撮ったりしています。 詳しいプロフィールはこちらインタビューされた記事対談記事もどうぞ。

執筆メンバの一覧を見る