ゆうパケットとは何?料金一覧・送り方・送料を安くする方法を徹底解説

スポンサーリンク

こんにちは!
配送方法に詳しい、ノマド的節約術の松本(@peter0906)です。

郵便局の配送サービスである「ゆうパケット」は、以前は個人だと使えなかったんですが、今は個人でも利用できるようになりました。

実際に自分でもゆうパケットを使ってみて、使い方が理解できましたので、このページではゆうパケットを使う前に知っておくと役立つことをまとめています。

これからゆうパケットを使う方の参考になれば幸いです。

ゆうパケットとは何?ゆうパケットの特徴・料金を安くする方法・送り方を徹底解説

ゆうパケットとは?

ゆうパケットは、全国一律の料金で小型の荷物を送るのに使えるサービスです。

郵便受けに届くことで、再配達の手続きをする必要もなく、送るほうも送られるほうも余計な手間が増えることはありません。

また、ゆうパケットにはお問い合わせ番号があり、追跡にも対応していますよ。
ただし、万一紛失した場合の補償はありませんので、その点は理解した上で使いましょう。

ゆうパケットは、土日祝日も含めて毎日配送しているため、曜日などによって届くのが遅くなるということはありません。

ゆうパケット(おてがる版)との違いについて

ゆうパケットには、おてがる版というものがあり、これは一体なんだろうと思うのではないでしょうか。

おてがる版のゆうパケットはヤフオクのサービスの1つで、基本的には普通のゆうパケットと同じです。

送料は普通のゆうパケットより安い205円となっていますよ。

また、メルカリの場合はゆうゆうメルカリ便で似たようなゆうパケットの使い方ができますね。

ゆうパケットの料金一覧

では、ゆうパケットの送料がいくらなのか、気になるところですよね。

送料を一覧にしてみましたので、参考にしてみてください。

厚さごとのゆうパケットの送料一覧
厚さ料金(元払い)料金(着払い)
1cmまで250円271円
2cmまで300円321円
3cmまで350円371円

ゆうパケットを送るときのルール

厚みは3cmまでですが、重量は厚みに関わらず1kg以下までとなっています。

あまり重たいものは送れませんので、使うときには注意してください。

あと、3辺の合計が60cm以内、長辺34cm以内というルールもあります。

信書・現金は送れません

郵便を送るときに注意したいのが、信書や現金を送ろうとしている場合です。
ゆうパケットでは、信書や現金を送れませんので、気をつけてくださいね。

その場合は、定形郵便・定形外郵便を使うようにしてください。

ゆうパケットで送るのに適しているもの

信書には対応していないゆうパケットですが、どんなものを送るのに適しているのか気になりますよね。

厚み3cm、重量1kg以下なので、以下のようなものを送るのがおすすめです。

  • CD・DVD
  • 服などの衣料品
  • 化粧品

いわゆるメルカリヤフオクなどのフリマアプリやオークションでよく販売されているものを送るのにおすすめですよ。

郵便ポストへの投函にも対応している

ゆうパケットを出すときは、郵便局の窓口だけでなく、郵便ポストへの投函もできます。

郵便局まで行くのが面倒であれば、近くのポストが使えて便利ですよね!

ローソンミニストップなど、ポストが置かれているコンビニでもポスト投函さえすれば出すことができます。

スポンサーリンク

ゆうパケットの料金は切手で払える

送料は全国一律で250〜350円となるゆうパケットですが、もっと送料を安くできればと思いませんか?

私が以前ヤフオクなどで出品ばかりしていた頃は、いかに送料を安くできるかにすごくこだわっていました。

ゆうパケットでは切手を貼ることができるんですよね。
切手自体を安く手に入れることさえできれば、送料を節約できます。

仮に額面の95%で切手を手に入れたら5%割引になりますよね。

それで300円のモノを切手で送った場合は、1回あたり15円も送料を節約できます。

たったの15円と思うかもしれませんが、切手を安く手に入れるだけで15円も安くできたらかなりお得ですよ!

しかも切手が家にあることで、わざわざ郵便局に行く手間も省けますし時間短縮の面でも一石二鳥です。

切手を安く買いたい場合は、以下のページが参考になりますよ。

ゆうパケットの送り方を手順にして紹介

ゆうパケットの特徴や料金についてはこれぐらいにして、ここからは送り方を説明していきますね。

ゆうパケットを送るためには、専用のシールを封筒に貼らないといけません。

専用のシールは郵便局の窓口に行けばもらえますよ。
また、複数枚のシールをあらかじめもらっておくこともできます。

▼ゆうパケットのシールがこちら。
お届け先とご依頼主のところにお互いの住所と名前を書きましょう。

ゆうパケットの宛先シール

▼記入できたら、郵便物が入った封筒に貼りましょう。
ここまでできたらポスト投函するか、郵便局の窓口に持っていきます。

ゆうパケットの宛先シールを貼付

▼郵便局の窓口で出した場合は、領収書がもらえました。
1cm以下だったので、今回は250円で送れましたね。

ゆうパケットの領収書

それ以前の梱包する手順や梱包材を安く手に入れる方法を知りたい場合は、以下のページもおすすめです。

ゆうパケットは着払いにも対応しています

今回は発払いでの送り方を紹介しましたが、ゆうパケットは着払いにも対応しています。

ただし、着払いの場合は料金が元払いよりも高くなるのがデメリットですね。
元払いよりも21円高くなります。

さいごに

ゆうパケットの特徴・料金・送り方についてはこのページで紹介した通りになります。

初めて使ったので、送り方がちょっと慣れない感じでしたけど、専用のシールを貼るだけで追跡にも対応できるのはうれしいですね。

もし今後もゆうパケットを使う場合は、専用のシールをたくさんもらっておきましょう。

そうすることで、発送準備にかける時間をさらに短縮できますよ。

あとは切手の併用で送料も節約していきましょう!

おまけ:その他の発送方法

ゆうパケットだけでなく、小さい荷物を送るときに使える方法はいろいろとあります。

うまく使い分けることで送料の節約につながりますので、細かくこだわりたい方は参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る