50円切手はまだ使える!販売コンビニ・使い道・安く購入する方法のまとめ

スポンサーリンク

こんにちは!
つい先日、余っていた切手を金券ショップで売ってきた小林敏徳です。

50円切手を見たことはありますか?
62円切手」はよく目にしますが、50円はなかなか見かけませんよね。

50円切手が必要になったらどこで買えばいいの、どんなことに使えるのなど、気になることがたくさんあると思います。

このページでは、50円切手を使うときに知っておきたい、買える場所やデザインなどについて詳しく見ていきますね。

50円切手が販売されているお店、使い道について

50円切手の種類は「普通切手」のみ

50円切手の種類は、普通切手のみです。
過去には慶弔用の切手もありましたが、現在は1種類に統一されています。

コレクター用としては人気の高い切手なので、ネットで検索すれば記念切手や慶弔用切手がすぐに見つかりますが、いずれもかなり高額。

普通に切手として使うのであれば、普通切手の50円切手を使いましょう。

50円切手のデザインはニホンカモシカ

切手は、額面によってデザインが異なりますよね。
50円切手がどんなデザインになっているのか、コレクションするのであれば、気になるところ。

▼50円切手のデザインは以下のような感じです。
(*デザインは時期によって異なります。)

50円切手の普通切手

一見では何の動物かわかりづらいですが、これはニホンカモシカですね。
遠目で見るとブタっぽくも見えます・・・。

他のデザインの50円切手を買いたいのであれば、スタマガネットで確認すると販売されているときもありますよ。

50円切手が買えるコンビニの一覧

セブンイレブンの店舗

50円切手が欲しいと思ったときにどこで買えるのかどうかも気になるところですよね。
郵便局で買えるのはわかりますが、コンビニで買えるかどうかも知りたいもの。

50円切手は、以下のコンビニで取り扱いがありますよ。

*切手の在庫があるかどうかは、地域・店舗によって異なります。

ちなみにぼくの自宅の近くにあるセブンイレブンとローソンでは、在庫がありました。

ただ、62円切手などに比べると使用頻度が低いものなので、店舗によっては「取り寄せ」になるかもしれません。

もし、今後コンビニで50円切手を買う予定があるのなら、事前に確認しておくとコンビニに行ったはいいけど入手できなかったということを防げます。

50円切手を販売している場所

自宅の近くにコンビニがない方は、50円切手をどこで買えばいいのか悩みますよね。
50円切手は、意外なところでも販売されていますよ。

具体的には以下のとおりです。

郵便局をはじめ、キオスクや個人商店でも販売されています。

スーパーのサービスカウンターをよく見てみると、「切手・収入印紙あります」と書いてあるかもしれませんよ。

ただ、郵便局が最も確実なのは間違いないので、そちらを優先してくださいね。

スポンサーリンク

50円切手を安く手に入れる方法

50円切手を安く手に入れるなんて、無理だと思っていませんか?

実はそんなことはないんです。
いくつかの方法を使えば、50円切手を額面よりも安く購入することが可能ですよ。

1. 金券ショップで購入する

切手が買える金券ショップ

近くに金券ショップがあるなら、一度見に行ってみましょう。
金券ショップは、切手を額面の約94~96%で販売しているからです。

つまり、50円切手が47円〜48円くらいで買えるということですね。

1枚だと微々たる金額ですが、100枚買えば200円〜300円の節約になりますよ。

2. 大量に使うなら、ヤフオクで購入する

50円切手を大量に使うなら、ヤフオクで購入するのもおすすめです。

オークション・フリマサイトでは、切手が格安になっている場合があるからです。

参考までにヤフオクの相場を調べてみると、50円切手の20枚綴(額面1,000円)が、930円で落札されていました。

1枚あたり3.5円も安い計算なので、かなりお得ですよ。

参考:ヤフオクのページはこちらから

3. 「郵便局のネットショップ」でクレジットカード払いにする

郵便局の通販サイト(郵便局のネットショップ)でも、50円切手を安く購入できます。

ただ、ここまで紹介してきた方法とは違い、直接的に割引されるわけではありませんので、その点だけご注意ください。

じゃあどうやって安く手に入れるのかというと、クレジットカード払いをするところに秘密があります。

そう、郵便局は現金払いのみですが、郵便局の通販サイトならクレジットカードが使えるんです。

クレジットカード払いができれば、その金額分だけポイントが貯まりますよね。

よりお得にするためにも、ポイント還元率の高いカードを選んでください!

参考:(年会費有料あり)ポイント還元率が高いクレカまとめ
参考:(年会費無料のみ)ポイント還元率が高いクレカまとめ

ちなみに発注金額が4,999円以下だと送料がかかりますので、ご注意を。

4. 「切手販売」というサイトから買う

切手販売」というサイトでも、切手を安く購入できます。

直近の販売レートを調べてみると、10枚単位の購入で96%。
つまり、48円で購入できるということです。

ただし、180円〜500円の送料がかかりますので、少数購入の場合はおすすめできません。

切手を大量に使う場合や、はがきや収入印紙が欲しい場合に有効活用してくださいね。

5. 【裏ワザ】クレジットカードでチャージしたnanacoで買う

セブンイレブンやミニストップで50円切手を買う場合は、定価よりもお得に買うこともできますよ。

セブンイレブンの場合は、50円切手を買うときにも電子マネーのnanacoが使えます。
もし、nanacoポイントからnanacoにチャージしていたら、ポイント利用分だけお得ですよね!

また、電子マネーのnanacoにクレジットカードでチャージすることで、クレジットカードのポイントを貯めることもできます。

その分だけ実質的に安く買うことができている感じですね。
これは税金支払にも使えるとてもお得な方法ですよ!

また、ミニストップでも同様の考え方で、電子マネーのWAONで支払うことができます。
年会費無料で持てるJMB WAONカードを入手後、JALカードからチャージすることでJALマイルが貯まりますよ。

そのWAONで50円切手を買うことで、マイルが貯まっている分だけお得というわけ。

もしこの方法を使う場合は、2円切手だけでなく、他の額面の切手も買うことでよりおトクさを実感できると思いますよ。

50円切手の使い道

50円切手にどんな使い道があるのか、気になりませんか?

62円切手はハガキに、82円切手は封筒を送るときに使いますが、50円切手はイメージがつきませんよね。

用途を以下にまとめてみました。

はがきを送るときや、日本郵便の配送サービスの送料を支払うときに使えます。

ちなみについ先日、はがきを送るときに、次のような組み合わせで62円にしました。

  • 50円切手を1枚
  • 10円切手を1枚
  • 2円切手を1枚

62円切手がないときは、このような使い方もできますよ。

50円切手の組み合わせ方の参考例を紹介

50円切手の使い道は理解できても、組み合わせ方のイメージはなかなかつかないと思います。

切手をどのように組み合わせれば、送料ぴったりになるのでしょうか。

参考までに、組み合わせ方の例をまとめてみました。

  • 62円の場合:50円切手を1枚・10円切手を1枚・2円切手を1枚
  • 82円の場合:50円切手を1枚・30円切手を1枚・2円切手を1枚
  • 92円の場合:50円切手を1枚・30円切手を1枚・10円切手を1枚・2円切手を1枚
  • 120円の場合:50円切手を2枚・20円切手を2枚
  • 140円の場合:50円切手を2枚・30円切手を1枚・10円切手を1枚

意外と使い道がありそうですね。
ただ、切手はできるだけ3枚までにおさめたほうがベターですよ。

できるだけそうしたほうが、郵便局員さんがスムーズに作業でき、郵便物の見た目も美しくなるからです。

切手が4枚以上になったからといって郵便局が返送されてくるわけではありませんが、マナーを大切にするに越したことはありません。

切手のマナーや貼り方については、以下の記事でまとめていますよ。

交換について

2014年に消費税増税したことで、52円になりましたよね。
50円切手を52円切手に交換できたらいいと思いますが、残念ながらできません。

もし、52円にしたいのであれば、追加で2円切手を買うようにしてくださいね。

もしくは交換手数料5円を払って、その他の切手や郵便商品に交換しましょう。

不要になった50円切手は買取してもらおう

交換すら面倒なのであれば、50円切手を買い取ってもらうのがいいですよ。

例えばバイセルブックサプライだと切手の買取にも対応しています。

さいごに

62円や82円とは違い、50円切手は使用頻度が低いですよね。
ただ、ゆうパックや定形外郵便の場合は、気軽に使えると思いますので、モノを送る機会に使い切ってしまいましょう。

コレクションしない限りはそのまま残しておいても意味がありませんので、しっかりと使い切って送料節約に役立ててくださいね。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

小林 敏徳

小林敏徳(こばやし としのり)です。1980年生。大阪府在住。文章を書いたり、化粧品の企画をしたり、写真を撮ったりしています。 詳しいプロフィールはこちらインタビューされた記事対談記事もどうぞ。

執筆メンバの一覧を見る