205円切手が買えるコンビニ・使い道の組み合わせ・安く購入する方法のまとめ

小林 敏徳の画像

205円切手について、どれくらい知っていますか?

意外とわからないことが多いですよね。

どんなデザインで、何に使えるのか?
どこで買えて、どうやれば安く手に入るのか?

この機会に基礎知識を知っておきましょう。

このページでは、205円切手の種類、デザイン、買える場所、使い道などを解説していきます。

205円切手が買えるコンビニや店舗・使い道・安く購入する方法のまとめ

205円切手の種類は「普通切手」のみ

切手には、いくつか種類があることを知っていますか?

たとえば62円切手には、普通切手の他に、慶事用、弔事用、記念切手といった種類があり、それぞれ用途が異なります。

こうなると覚えるのが大変ですが、205円切手は「普通切手」のみですよ。

シンプルなので覚えやすいですね。

205円切手のデザインは?

次に、205円切手のデザインを見てみましょう。

▼現物はこんな感じです。
(*デザインは発売時期によって異なります。)

205円切手の普通切手

何のデザインかわからなかったので郵便局員さんに聞いたところ、「屋久島国立公園の縄文杉」だそうです。

これはなかなか迫力があるので、コレクションにも良さそうですね。

205円切手が買えるコンビニの一覧

ローソンの店舗

さて、次は205円切手が買えるお店を見ていきましょう。

「切手=郵便局」というイメージですが、実はコンビニエンスストアでも購入できますよ。

取り扱いのあるコンビニは、以下のとおりです。

*切手の在庫があるかどうかは、地域・店舗によって異なります。

大手から中小まで、あらゆるコンビニで販売されています。

ただし、注意点もあります。
それは205円切手の在庫が必ずあるとは限らないこと。

よく使われる62円切手82円切手は在庫されている可能性が高いですが、205円は微妙なところだからです。

参考までに近所のセブンイレブンとローソンに聞いてみましたが、いずれも「取り寄せになる」とのことでした。

どうしてもコンビニで205円切手を買いたい場合は、前もって在庫を確認してくださいね。

その他205円切手を販売している場所

【ゆうメール着払い】郵便局の看板

コンビニには、205円切手が必ずあるとは限りません。
となると、確実に入手できる場所も知っておきたいですよね。

主な販売店は以下のとおりです。

切手を扱っているお店はたくさんありますが、やはり最も確実なのは郵便局です。

コンビニ同様、郵便局以外のお店も205円切手を必ず在庫しているとは限りませんからね。

もし時間に余裕があるなら、次に紹介する「安く手に入れる方法」もぜひ実践してください!

205円切手を安く手に入れる方法

「205円切手を安く購入する裏技がある」

そう聞いたら驚くでしょうか?
ちょっと一手間かけるだけで、205円切手が額面よりも安く購入できますよ。

金券ショップで購入する

切手が買える金券ショップ

205円切手を安く購入する方法として最もおすすめなのは、金券ショップに行くこと。

金券ショップでは、切手が額面の94〜96%で販売されているからです。

ということは、205円切手が「192円〜196円」で購入できるということですね。

金券ショップに行くだけでこれだけ安くなるのですから、活用しない手はありません。

時間のあるときに、最寄りの金券ショップを見に行ってみましょう!

「郵便局のネットショップ」でクレジットカード払いにする

日本郵便が運営する「郵便局のネットショップ」なら、クレジットカード払いができます。

切手が安くなるわけではありませんが、クレジットカードにポイントが貯まるぶんだけお得になりますよ。

郵便局が現金払いのみであることを思えば、これは裏技ですね。

ただし、発注金額が4,999円以下だと送料がかかってしまいますので、その点だけご注意を。はがきや封筒などと一緒に購入してください。

どうせならポイント還元率の高いカードを使いましょう!

参考:(年会費有料あり)ポイント還元率が高いクレカまとめ
参考:(年会費無料のみ)ポイント還元率が高いクレカまとめ

【裏ワザ】電子マネーを使ってコンビニで買う

セブンイレブンやミニストップで切手を購入する場合は、おすすめの裏技があります。

セブンイレブンなら、切手の購入にnanacoが使えますよ。

ノマド的節約術のおすすめは、nanacoポイントからnanacoチャージをして、それで切手を買う方法。ポイント利用分だけお得になるからです。

また、クレジットカードからnanacoチャージをすると、クレジットカードにポイントも貯まります!

205円切手の使い道

さて、次は205円切手の使い道を紹介しますね。

用途を以下にまとめてみました。

このように、205円切手は日本郵便の配送サービスや定形外郵便を送るときに便利ですよ。

他の切手とうまく組み合わせて使ってください。

205円切手の組み合わせ方の参考例を紹介

205円切手を使うときは、他の切手との組み合わせ方が重要です。

参考例を以下にまとめてみました。

  • 390円の場合:205円切手を1枚・140円切手を1枚・30円切手を1枚・10円切手を1枚・5円切手を1枚
  • 510円の場合:205円切手を2枚・50円切手を1枚・30円切手を1枚・20円切手を1枚
  • 580円の場合:205円切手を2枚・140円切手を1枚・30円切手を1枚
  • 710円の場合:205円切手を2枚・280円切手を1枚

このようにして使えば収まりがいいですよ。

消費税増税:手元に205円切手がある場合は「5円切手」をプラス

2019年10月の消費税増税の影響で、日本郵便の送料が改定されましたよね。

定形外郵便物の送料も他ではありません。
以前の205円から「210円」に値上げされたので、205円切手だけでは郵送できなくなりました。

手元に205円切手がある場合は、5円切手をプラスするようにしましょう。

切手の正しい貼り方について

切手には基本的なルールがあります。

貼り位置、貼り方、貼る枚数など。
一般常識として知っておきましょう。

不要な205円切手は買い取ってもらおう

使い道のない205円切手があるなら、買い取りサービスに売ってしまいましょう。

金券ショップに持っていくのも手ですが、バイセルやブックサプライでも切手を買い取ってくれますよ。

さいごに

205円切手は、定形外郵便やゆうパックなどを送るときに便利ですよ。

余っている切手があるなら、うまく組み合わせて送料にあててくださいね。

この記事が参考になれば幸いです!

この記事を書いた人

小林敏徳(こばやし としのり)です。1980年生。大阪府在住。フリーランスです。独身時代は浪費家でしたが、今は「必要なものを、必要なだけ」を意識しています。主にコストコ、メルカリ、お金の考え方を発信しています。

小林 敏徳のプロフィール