1,000円切手のデザインや使い道・買えるコンビニ・安く購入する方法のまとめ

小林 敏徳の画像

1,000円切手を見たことはありますか?
あまり目にする機会はありませんよね。

「使ったことも、見たこともない」という方もいると思います。

そんな1,000円切手のデザインは? 使い道は?
どこで買える? 安く買う方法はある?

この機会に、1,000円切手について一緒に詳しくなりましょう。

このページでは、1,000円切手の種類、デザイン、買える場所、使い道などを解説していきます。

1000円切手の種類・買えるお店の一覧・安く買う方法

1,000円切手は「普通切手」のみ

まずは1,000円切手の種類を説明しますね。

1,000円切手は、普通切手のみになります。
たとえば62円切手のように、慶事用、弔事用、記念切手などが用意されているものもありますが、1,000円切手は1種類だけですよ。

1,000円切手のデザイン・絵柄

それでは1,000円切手のデザインを見てみましょう。

▼現物はこんな感じです。
(*デザインは発売時期によって異なります。)

1,000円切手の普通切手

迫力のある「富士山」が1,000円切手の絵柄になっています。

あと、実は1,000円切手は他の切手より大きいんです。

▼参考までに500円切手と並べてみました。

1,000円切手の普通切手のサイズ

高額な切手だけに、あらゆる面で存在感がありますね。

1,000円切手が買えるコンビニの一覧

次は、1,000円切手が買える場所を紹介しますね。

最も身近なのはコンビニですが、在庫があるかはお店によるので、その点だけ注意してください。

参考までに、切手を販売しているコンビニを以下にまとめてみました。

*切手の在庫があるかどうかは、地域・店舗によって異なります。

参考までに、近所のローソンとセブンイレブンとファミマに聞いてみましたが、いずれも「取り寄せになる」とのことでした。

このことからも分かるとおり、額面の大きい1,000円切手は在庫されていないことが多いので、コンビニで買う場合は前もって取り寄せを依頼しましょう。

その他1,000円切手を販売している場所

1,000円切手は、コンビニ以外でも購入できますよ。

主な販売店は以下のとおりです。

  • 郵便局
  • キオスク(KIOSK)
  • 金券ショップ
  • 文房具屋・酒屋・薬局などの個人商店
  • 本屋
  • 市役所・区役所の売店
  • デパート
  • スーパー
  • 郵便局のネットショップ
  • Amazon

ただし、こちらもコンビニ同様、在庫があるとは限りません。

1,000円切手を確実に手に入れたい場合は郵便局に行きましょう。

また、できるだけ安く手に入れたい場合は、次に紹介する方法で購入してください!

1,000円切手を安く手に入れる方法

「1,000円切手を安く購入する裏技がある」

そう聞いたら驚きますか?
ちょっと一手間かけるだけで、1,000円切手が額面より安く購入できますよ。

金券ショップで購入する

切手が買える金券ショップ

金券ショップは、切手を割引販売していますよ。

おおよその相場は、額面の約94~96%程度。
つまり、1,000円切手が「940円〜960円」が買えるということですね。

時間のあるときに最寄りの金券ショップをチェックしてみてください。

「郵便局のネットショップ」でクレジットカード払いにする

日本郵便が運営する「郵便局のネットショップ」なら、クレジットカード払いができます。

切手が安くなるわけではありませんが、クレジットカードにポイントが貯まるぶんだけお得になりますよ。

郵便局が現金払いのみであることを思えば、これは裏技ですね。

ただし、発注金額が4,999円以下だと送料がかかってしまいますので、その点だけご注意を。はがきや封筒などと一緒に購入してください。

どうせならポイント還元率の高いカードを使いましょう!

参考:(年会費有料あり)ポイント還元率が高いクレカまとめ
参考:(年会費無料のみ)ポイント還元率が高いクレカまとめ

【裏ワザ】電子マネーを使ってコンビニで買う

セブンイレブンやミニストップで切手を購入する場合は、おすすめの裏技があります。

セブンイレブンなら、切手の購入にnanacoが使えますよ。

ノマド的節約術のおすすめは、nanacoポイントからnanacoチャージをして、それで切手を買う方法。ポイント利用分だけお得になるからです。

また、クレジットカードからnanacoチャージをすると、クレジットカードにポイントも貯まります!

1,000円切手の使い道

さて、額面の大きい1,000円切手は、どんなことに使えるのでしょうか?

用途を以下にまとめてみました。

定形外郵便やゆうパックの他に、料金別納の郵便物や特別送達にも使えます。

料金別納とは、封筒などを大量に送る場合に、送料をまとめて支払うこと。

特別送達とは、裁判所から送られてくる郵便物のことです。

ちょっと特殊な使い方が多いですが、頭の片隅に入れておいてくださいね。

1,000円切手の組み合わせ方の参考例を紹介

1,000円切手を定形外郵便やゆうパックに使用する場合、他の切手との組み合わせ方が難しいですよね。

どう使えばいいのでしょうか?

参考例を以下にまとめてみました。

  • 1,040円の場合:1,000円切手を1枚・20円切手を2枚
  • 1,200円の場合:1,000円切手を1枚・100円切手を2枚
  • 1,350円の場合:1,000円切手を1枚・310円切手を1枚・20円切手を2枚
  • 1,560円の場合:1,000円切手を1枚・500円切手を1枚・50円切手を1枚・10円切手を1枚

このようにして使えば大丈夫ですよ。
余っている1,000円切手があるなら、ゆうパックなどに使ってしまいましょう。

切手の正しい貼り方について

切手には、基本的なマナーがあります。

貼り位置、貼る枚数、貼り方など。
一般常識として知っておいたほうがいいことなので、ぜひ以下の記事もチェックしてくださいね。

不要な1,000円切手は買い取ってもらおう

使い道のない1,000円切手があるなら、買い取りサービスに売ってしまいましょう。

金券ショップに持っていくのも手ですが、バイセルやブックサプライでも切手を買い取ってくれますよ。

さいごに

1,000円切手は、定形外郵便やゆうパックをはじめ、特別送達などにも使えます。

コンビニで買う場合は取り寄せになりますので、確実に手に入れたければ郵便局に行きましょう。

安く手に入れたければ、金券ショップ等を有効活用してくださいね!

この記事を書いた人

小林敏徳(こばやし としのり)です。1980年生。大阪府在住。フリーランスです。独身時代は浪費家でしたが、今は「必要なものを、必要なだけ」を意識しています。主にコストコ、メルカリ、お金の考え方を発信しています。

小林 敏徳のプロフィール