310円切手が買えるコンビニや店舗・使い道・安く購入する方法のまとめ

スポンサーリンク

こんにちは!
家に余っていた切手で、ゆうパックの送料を支払ってきたばかりの小林敏徳です。

310円切手を使う機会は、それほど多くないはず。
定形外郵便ゆうパックなどを出すときに限られるでしょう。

そんな310円切手は、どこで買えばいいのでしょうか?
どんなデザインをしていて、どう使えばいいのでしょうか?

使う機会が少ないだけに、わからないことが多いですよね。

そんなわけでこのページでは、310円切手について徹底的に解説していきます。

デザイン、買えるお店、安く買う方法はど、幅広く紹介していきますので、ぜひ参考にしてくださいね!

310円切手の種類は「普通切手」のみ

切手には、いくつかの種類があることをご存知ですか?

たとえば62円切手には、慶事用、弔事用、記念切手といったものがあります。

ただ、310円切手に関しては1種類のみ。
ごく一般的な「普通切手」だけなので、とくに迷うことはないでしょう。

310円切手のデザインは?

それでは次に、310円切手のデザインを見てみましょう。

▼郵便局で現物を買ってきました。

310円切手の普通切手

どこの風景か調べてみたところ、これは利尻島にある「利尻礼文サロベツ国立公園」だそうです。

とても綺麗ですね。
郵便物にこれを貼ったら、華やかになるでしょう。

310円切手が買えるコンビニの一覧

ファミリーマートの外観

310円切手は、どこで買えるのでしょうか?
まず思いつくのは「郵便局」だと思いますが、実はコンビニでも購入できますよ。

切手の取り扱いのあるコンビニは、以下のとおりです。

*切手の在庫があるかどうかは、地域・店舗によって異なります。

有名どころでは、ほぼ買えると思っていいでしょう。

ただ、1つだけ注意したいのは「在庫」のこと。
62円切手82円切手のような使用頻度の高いものは在庫されている可能性が高いですが、310円切手は微妙です。

試しに近所のローソンとセブンイレブンに聞いてみましたが、いずれも「取り寄せになる」とのことでした。

コンビニで取り寄せてもらうのも手ですが、時間がないときは郵便局までどうぞ!

その他310円切手を販売している場所

切手を買いに行った郵便局

310円切手は、コンビニ以外でも購入できますよ。

主な販売店は以下のとおりです。

本屋さんや酒屋さんのような個人商店にも、意外と切手があったりします。

切手は基本的にどこで買っても値段が同じなので、最も買いやすいお店を見つけておきましょう。

また、時間のあるときは、次に紹介する「310円切手を安く買う方法」も参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

310円切手を安く手に入れる方法

310円切手は、やり方によっては額面よりも安く購入できます。
まとまった枚数を買えばかなりの節約になりますよ。

1. 金券ショップで購入する

切手が買える金券ショップ

310円切手を安く購入する方法として最もおすすめなのは、金券ショップに行くこと。

金券ショップは、切手を額面の94〜96%で販売しているからです。

つまり、310円切手が291円〜297円で買えるということですね。

1枚あたり20円近くも安くなるので、活用しない手はありません!

2. 「郵便局のネットショップ」でクレジットカード払いにする

次のおすすめは、「郵便局のネットショップ」で購入すること。

郵便局は現金払いが基本ですが、このサイトならクレジットカード払いができるからです。

クレジットカードで支払いができれば、ポイントが貯まる。
ポイントが貯まるということは、切手が値引きされたのと同じことですよね。

以下の記事で紹介しているような高還元率カードを使えば、よりお得になりますよ。

参考:(年会費有料あり)ポイント還元率が高いクレカまとめ
参考:(年会費無料のみ)ポイント還元率が高いクレカまとめ

ただし、注意点が2つあります。
それは発注金額が4,999円以下だと送料がかかってしまうことと、ネット通販であるため、310円切手が手に入るまでに時間がかかること。

この2点さえ問題なければ、この方法がおすすめです。

3. 【裏ワザ】クレジットカードでチャージしたnanacoで買う

セブンイレブンやミニストップで310円切手を買う場合は、定価よりもお得に買うこともできますよ。

セブンイレブンの場合は、310円切手を買うときにも電子マネーのnanacoが使えます。
もし、nanacoポイントからnanacoにチャージしていたら、ポイント利用分だけお得ですよね!

また、電子マネーのnanacoにクレジットカードでチャージすることで、クレジットカードのポイントを貯めることもできます。

その分だけ実質的に安く買うことができている感じですね。
これは税金支払にも使えるとてもお得な方法ですよ!

また、ミニストップでも同様の考え方で、電子マネーのWAONで支払うことができます。
年会費無料で持てるJMB WAONカードを入手後、JALカードからチャージすることでJALマイルが貯まりますよ。

そのWAONで310円切手を買うことで、マイルが貯まっている分だけお得というわけ。

もしこの方法を使う場合は、310円切手だけでなく、他の額面の切手も買うことでよりおトクさを実感できると思いますよ。

310円切手の使い道

さて、それでは最後に、310円切手の使い道を。
この記事を読んでいる方の中には、310円切手を一度も使ったことがない方もいるでしょう。

となると、その用途が気になりますよね。
310円切手の使い道を以下にまとめてみました。

使い道としては、ゆうパックなどの配送サービスか、ゆうメールなどの郵便物がメインになります。

いずれも送料が高額なので、余っている310円切手があれば有効活用してくださいね!

310円切手の組み合わせ方の参考例を紹介

310円切手を使うときは、他の切手との組み合わせ方が重要になります。

というのも、日本郵便には「310円」という送料がないため、必然的に他の切手とうまく組み合わせなければならないからです。

組み合わせ方の具体例を、以下にまとめてみました。

  • 340円の場合:310円切手を1枚・30円切手を1枚
  • 380円の場合:310円切手を1枚・50円切手を1枚・20円切手を1枚
  • 500円の場合:310円切手を1枚・140円切手を1枚・50円切手を1枚
  • 570円の場合:310円切手を1枚・50円切手を1枚・10円切手を1枚

これなら切手が2枚〜3枚までに収まりますので、郵便物の見た目としても問題ないでしょう。

切手をペタペタと何枚も貼ってしまうと、郵便局員さんが作業しづらくなったり、郵便物が不格好になりますからね。

ちなみにですが、切手には基本的なマナーがあります。
切手を貼る位置や貼る枚数など、一般常識として知っておいたほうが良いことがたくさんありますので、ぜひ次の記事も参考にしてくださいね。

310円切手が不要な場合は買い取ってもらおう

もしそれでも310円切手を使うことがなくて困っている場合は、買い取ってもらうのがいいですよ。

例えばバイセルブックサプライだと切手の買取にも対応しています。

さいごに

310円切手は、使う機会が限られるもの。
だからこそ、いざ必要になったらわからないことが沢山あるでしょう。

でも、基本的には他の切手と何ら変わりませんよ。
郵便局やコンビニで購入できますし、使い道もたくさんあります。

もし310円切手を使う機会があるのなら、このページのことを思い出して使ってみてくださいね。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

小林 敏徳

小林敏徳(こばやし としのり)です。1980年生。大阪府在住。文章を書いたり、化粧品の企画をしたり、写真を撮ったりしています。 詳しいプロフィールはこちらインタビューされた記事対談記事もどうぞ。

執筆メンバの一覧を見る