nanacoポイントの貯め方・使い方・電子マネー交換のやり方まとめ

スポンサーリンク

こんにちは!
ポイント大好きなノマド的節約術の松本(@peter0906)です。

電子マネーの「nanaco」、私は主にセブンイレブンで税金支払いのために使っています。

そんなnanacoですが、普通の買い物に利用することで独自のポイントである「nanacoポイント」が貯まる仕組みも。

個人的にはあまり意識することのなかったnanacoポイントについて、このページでは詳しく説明していきますね。

貯め方と使い方を知っていることで、今後の支出を減らすことにつながりますよ。

nanacoポイントの貯め方・使い方・電子マネー交換のやり方まとめ

まずはnanacoカードを作ろう

nanacoポイントを貯めるためには、まずnanacoカードを用意しないといけません。

セブンイレブンなどに行けば、300円でnanacoカードを作ることができます。
たまにキャンペーンで、nanacoカードを発行することでポイントがもらえることもあるので、ほぼ無料で作れることも多いですよ。

どうしてもお金をかけずにnanacoカードを作りたいのであれば、イトーヨーカドーに行き、8のつく日にnanacoカードを発行しましょう。

8のつく日であればnanacoカード発行手数料が無料になります!

あとは、セブン銀行のデビットカードやクレジットカードのセブンカード・プラスを作ることでもnanacoカードの発行手数料を無料にできますよ。

nanacoポイントの貯め方

nanacoカードが準備できたところで、次はnanacoポイントの貯め方から紹介しますね。

nanacoポイントを貯める主な方法は以下の通り。

他にもいくつかありますが、上5つが主な方法になります。
詳しく1つ1つ見ていきますね。

nanacoカード

nanaco払いでポイントを貯める方法

簡単にnanacoポイントを貯めるなら、チャージされた状態のnanacoを普通の買い物で使うことです。

ポイントが貯まるお店はいくつもありますが、買い物後すぐにポイントが貯まるのは以下のお店になりますよ。

これらのお店では、税抜200円ごとに1ポイント貯まります。

他のお店でもnanacoが使えるところは数多くありますが、それらのお店だと1ヶ月のnanaco利用額に対して、翌月にポイントが加算される仕組みです。

ポイントが貯まるお店も多く、ついつい買い物しちゃいそうになるかもしれませんが、必要のないものを買わないようにしてくださいね。

ちなみにnanacoは、お金をチャージしないと使えません。
クレジットカードでチャージすることで、クレジットカードのポイントが貯まるカードもあるので、それを使うことでポイント二重取りにできますよ。

オムニ7での買い物でポイントが貯まる

セブンネットショッピングなど、オムニ7に属しているお店で買い物することでもnanacoポイントが貯まります。

税抜200円ごとに1ポイント貯まる仕組みですよ。

買い物した金額の約0.5%はポイントで戻ってくるので、しっかりポイントを貯めるようにしておきましょう。

セブン銀行の取引でもポイントが貯まる

セブン銀行のキャッシュカード

ネット銀行のセブン銀行でも、銀行取引によってnanacoポイントが貯まります。

セブン銀行の場合は、買い物とは違ってお金をかけずにポイントを貯められるので、かなりおすすめですよ!

  • デビットカード利用
  • 給与・賞与の受取
  • 口座振替1件ごとに10ポイント
  • 振込出金1件ごとに10ポイント
  • セブンネットショッピングの代金支払い(月5回まで)
  • 海外送金1件ごとに10ポイント(月5回まで)

これらをフル活用することで、毎月かなりのnanacoポイントを貯めることもできます。

セブンカード・プラスの利用でnanacoポイントが貯まる

クレジットカードのセブンカード・プラスを利用すると、税込200円ごとに1ポイント貯まります。

また、セブンイレブンやイトーヨーカドーであれば、税込200円ごとに3ポイント貯まりますよ。

還元率でいうとそこまで高くないのですが、電子マネーのnanacoと一体型になっており、nanacoへのチャージでもポイントが貯まるので使い勝手がいいです。

また、セブンカード・プラスの口座引き落としを先ほど紹介したセブン銀行にすると、nanacoポイントが500ポイントもらえますよ。

他のポイントをnanacoポイントに交換する

他にもポイントを貯めているのであれば、そのポイントが対応していればnanacoポイントに交換することもできますよ。

かなり数が多いので、ここでは代表的なポイントの一覧を紹介しますね。

共通ポイントからnanacoポイントへの交換とレート
交換先交換先ポイントnanacoポイント
ANAマイル10,000マイル10,000ポイント
SBIポイント500ポイント500ポイント
LINEポイント300ポイント270ポイント
Gポイント100ポイント100ポイント
Oki Dokiポイント200ポイント1,000ポイント
メトロポイント500ポイント500ポイント

nanacoポイントの使い方

せっかくnanacoポイントを貯めても、使わなければ意味がありませんよね。

私も過去に、nanacoを使って普通の買い物をしたことがあり、その時のポイントがずっと残ったままになっていました。

そのポイントを使うためにできることを調べましたので、ここでまとめて紹介しますね。

【おすすめ】nanacoの残高にチャージする

貯めたnanacoポイントは、電子マネーのnanacoにチャージできます。
やり方はとても簡単です!

セブンイレブンに行って、店員さんに「nanacoポイントを電子マネーに反映させたい」と言うと、店員さんは慣れているのか、こころよく笑顔で「分かりました!」と言ってくれ、手続きしてもらえました。

その時に2回ほど、nanacoカードをレジにかざし、それで無事にnanacoの電子マネーに反映できましたよ。なんて簡単なんでしょう!

ポイントを電子マネーに反映した時にもらったレシートが下の写真です。

nanacoポイントを電子マネーにチャージする

たったの95ポイントですけど、ポイントをムダにすることなくnanaco電子マネーに追加できました。

電子マネーになっていれば、税金支払でも使えますので、せっかく貯めたポイントがあるならチャージしておくのがおすすめですよ。

他にもイトーヨーカドーアリオに置いてある、「nanacoチャージ機」という水色の機械を使い、電子マネーへの交換ができます。

【nanacoポイントをnanaco電子マネーに交換する】nanacoチャージ機
引用元:現金でチャージ(入金)

▼そのときのレシートが、こちらです。

【nanacoポイントをnanaco電子マネーに交換する】nanacoチャージ機で交換したときのレシート

nanacoポイントは、毎年3月末に期限切れになるポイントがあります

▼普段の買い物のレシートにも載っているので、見逃さないようにしましょう!

【nanacoポイントをnanaco電子マネーに交換する】期限切れのnanacoポイントを教えてくれる

オムニ7での買い物で使える

nanacoポイントは、先ほど紹介したオムニ7に属しているお店での買い物で使えます。

セブンネットショッピングを利用するのであれば、そのときにnanacoポイントを使うのもいいと思いますよ。

ANAマイル・ANA SKYコインに交換できる

nanacoポイントは、他の共通ポイント・マイルにも交換できます!

交換先はANAマイルANA SKYコインの2つだけですが、どちらもおすすめ。

nanacoポイントからの交換レートは以下の通りです。

  • ANAマイル:500ポイント → 250マイル
  • ANA SKYコイン:500ポイント → 500コイン

500ポイント以上、500ポイント単位で交換できますよ。
ANAマイルは申し込みから2〜7日後、ANA SKYコインだと申し込みから2日後に交換できてスピーディーです。

nanacoポイントの有効期限は1〜2年間

nanacoポイントには有効期限が設定されています。
有効期限以内に使うためにも、仕組みをしっておくのがおすすめ。

4月1日から翌年3月31日までに加算されたnanacoポイントは、翌々年の3月31日まで使えます。

例えば、2019年4月1日にnanacoポイントが100ポイント貯まった場合は、2021年3月31日まで有効です。
2020年3月31日に貯めたポイントも2021年3月31日まで有効ですね。

ポイント有効期限は1年〜2年になります。

ポイント有効期限の確認は、nanacoの会員メニューやセブン銀行ATMで残高確認することで、チェックできますよ。

さいごに

nanacoポイントのお得さについて

nanacoポイントについていろいろと説明してきましたが、ポイントの仕組みを知っていると、ムダにすることがなくなるし、よりお得な使い道を選ぶことができますよね。

個人的には、ポイントをnanacoにチャージするか、ANAマイルに交換するのがおすすめだと思います!

ポイントを貯める方法も多く、使う機会が多いので、このページをきっかけにnanacoポイントを使いこなしてくださいね♪

もし、nanacoポイントをたくさん貯めたいなら、セブン銀行の口座開設とクレジットカードのセブンカード・プラスを作っておきましょう。

おまけ:関連する記事

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る