290円切手が買えるコンビニ・速達での使い道・安く購入する方法のまとめ

小林 敏徳の画像

2019年の増税に伴い、郵便料金も改定されました。

そこで誕生したのが「290円切手」です。

新しい切手は、分からないことが沢山ありますよね。

このページでは、290円切手の種類、デザイン、買える場所、使い道などを解説していきます。

290円切手の種類

まずは290円切手の種類についてです。

290円切手は、普通切手の1種類だけです。
慶事用、弔事用、記念切手はありません。

ですから、購入する際は「290円切手をください」と言えば大丈夫ですよ。

290円切手のデザイン

それでは、290円切手のデザインを見てみましょう。

▼現物はこんな感じです。
(*デザインは購入する時期によって異なります。)

日本郵便の290円切手

こちらは日光国立公園にある「中禅寺湖と男体山」だそうです。

趣のあるデザインですね。

290円切手が買えるコンビニの一覧

ファミリーマートの外観

290円切手がどこで買えるか、気になりませんか?

最も身近なのはコンビニエンスストアです。

以下のコンビニは切手の取り扱いがありますよ。

*切手の在庫があるかどうかは、地域・店舗によって異なります。

有名どころは、ほぼ切手があると思って大丈夫です。

ただし、注意点もあります。
コンビニは郵便局と違って、切手を常時在庫しているとは限りません。

とくに290円切手は、63円切手などに比べて「使用頻度が低い=あまり売れない」ですからね。

その点だけ注意してください。

その他290円切手を販売している場所

切手を買いに行った郵便局

290円切手はコンビニ以外でも購入できますよ。

主な販売店は以下のとおりです。

このように、売店や個人商店などでも切手は販売されています。

基本的には便利なところで購入すればいいですが、確実に手に入れたい場合は郵便局がおすすめですよ。

290円切手を安く手に入れる方法

290円切手が、少しでも安くなったらいいと思いませんか?

いくつかの方法を使えば、それが可能ですよ。

ここでは290円切手を安く手に入れる方法を紹介します。

金券ショップで購入する

切手が買える金券ショップ

金券ショップは、切手を安く販売していますよ。

販売価格の相場は、額面の94〜96%程度。
290円切手の場合でいうと、272〜278円ですね。

たとえば5枚買えば60〜90円も節約できる計算です。

「郵便局のネットショップ」でクレジットカード払いにする

日本郵便が運営する「郵便局のネットショップ」なら、クレジットカード払いができます。

切手が安くなるわけではありませんが、クレジットカードにポイントが貯まるぶんだけお得になりますよ。

郵便局が現金払いのみであることを思えば、これは裏技ですね。

ただし、発注金額が4,999円以下だと送料がかかってしまいますので、その点だけご注意を。はがきや封筒などと一緒に購入してください。

どうせならポイント還元率の高いカードを使いましょう!

参考:(年会費有料あり)ポイント還元率が高いクレカまとめ
参考:(年会費無料のみ)ポイント還元率が高いクレカまとめ

【裏ワザ】電子マネーを使ってコンビニで買う

セブンイレブンやミニストップで切手を購入する場合は、おすすめの裏技があります。

セブンイレブンなら、切手の購入にnanacoが使えますよ。

ノマド的節約術のおすすめは、nanacoポイントからnanacoチャージをして、それで切手を買う方法。ポイント利用分だけお得になるからです。

また、クレジットカードからnanacoチャージをすると、クレジットカードにポイントも貯まります!

290円切手の使い道

さて、290円切手の基本が分かったところで、次は使い道を見ていきましょう。

290円切手の用途を以下にまとめてみました。

主な使い道は、大きめの郵便物や荷物を送るときですね。

郵送料または送料が290円以上のときに活躍しますよ。

290円切手の組み合わせ方の参考例を紹介

郵送料または送料を切手で支払うとなると、気になるのは他の切手との組み合わせ方ですよね。

参考例を以下にまとめてみました。

  • 300円の場合:290円切手を1枚・10円切手を1枚
  • 350円の場合:290円切手を1枚・50円切手を1枚・10円切手を1枚
  • 390円の場合:290円切手を1枚・100円切手を1枚
  • 500円の場合:290円切手を1枚・100円切手を2枚・10円切手を1枚

このようにすれば送料ぴったりですし、切手も2〜4枚に収まります。

郵便物は見た目も重要ですから、切手を多く貼りすぎないように注意してくださいね。

切手の正しい貼り方について

切手には、基本的なマナーがあります。

貼り位置、貼る枚数、貼り方など。
一般常識として知っておいたほうがいいことなので、ぜひ以下の記事もチェックしてくださいね。

不要な290円切手は買い取ってもらおう

使い道のない290円切手があるなら、買い取りサービスに売ってしまいましょう。

金券ショップに持っていくのも手ですが、バイセルやブックサプライでも切手を買い取ってくれますよ。

さいごに

郵便料金の改定とともに誕生した290円切手は、比較的使いやすい切手です。

速達を送る際は1枚でOKですし、他の切手と組み合わせれば送料にもあてられますからね。

この記事が参考になれば幸いです!

この記事を書いた人

小林敏徳(こばやし としのり)です。1980年生。大阪府在住。フリーランスです。独身時代は浪費家でしたが、今は「必要なものを、必要なだけ」を意識しています。主にコストコ、メルカリ、お金の考え方を発信しています。

小林 敏徳のプロフィール