500円切手が買えるコンビニや店舗・使い道・安く購入する方法のまとめ

スポンサーリンク

こんにちは!
郵便局でクレジットカードを使おうとして、店員さんに「ん?」という顔をされた小林敏徳です。

500円切手を見たことはありますか?

あのペラペラの切手が、500円もする。
そんな高額なものが、たしかに存在するんです。

500円切手を使う機会はそう多くありませんが、全くないわけでもありません。
ゆうパックゆうメール等に使えますので、余っているものがあるならその際に使ってしまいましょう。

必要になったときは、郵便局かコンビニへ。
また、金券ショップや通販サイトに行けば、安く購入できますよ。

そんなわけでこのページでは、500円切手について徹底的に解説していきます。

500円切手の種類は「普通切手」のみ

まずは500円切手の種類について解説しますね。

500円切手は、普通切手の1種類のみ。
62円切手のような、弔事用、慶事用、記念切手等はありません。

ですから、購入する際は「500円切手をください」とだけ言えば大丈夫ですよ。

500円切手のデザインは?

さて、500円切手の現物は、どんな感じなのでしょうか?

ちょっと気になったので、郵便局で購入してきました。

▼現在は、東北3県にまたがる「十和田八幡平国立公園」がデザインされていました。
(*切手のデザインは、購入する時期によって異なります。)

500円切手の普通切手

金額の大きい切手ですから、サイズも大きいのかと思っていましたが、そんなことはありませんでした。

これに500円の価値があるのかと思うと、ちょっとドキドキしますね・・・。

500円切手が買えるコンビニの一覧

ローソンの外観

さて、500円切手の種類やデザインがわかったところで、次は販売店を。

500円切手は、以下のようなコンビニエンスストアでも購入できますよ。

*切手の在庫があるかどうかは、地域・店舗によって異なります。

メジャーなコンビニには、ほぼ確実に切手があると思って大丈夫です。

ただ、500円切手の在庫があるかどうかは店舗によって異なりますので、その点だけ注意してくださいね。

試しに近所のセブンイレブンとファミマに聞いてみましたが、いずれも「取り寄せになる」とのことでした。

となると、できるだけ早く手に入れたいときは、郵便局がベストですね!

その他500円切手を販売している場所

切手を買いに行った郵便局

500円切手は、コンビニ以外でも購入できますよ。

具体的な販売店は、以下のとおりです。

  • 郵便局
  • キオスク(KIOSK)
  • 文房具屋・酒屋・薬局などの個人商店
  • 本屋
  • 市役所・区役所の売店
  • デパート
  • スーパー
  • 郵便局のネットショップ

本屋さんや酒屋さんなどで切手を見かけることもありますし、スーパーのサービスカウンターに「切手あります」の看板があることも。

切手は意外といろんなところで販売されています。

ただし、500円切手があるかどうかは微妙なので、時間を無駄にしたくない場合は郵便局までどうぞ!

スポンサーリンク

500円切手を安く手に入れる方法

あまり知られていませんが、切手は額面より安く買うことも可能ですよ。

たとえば本来500円の切手が、数十円でも安くなったら大きいですよね。

ここでは、切手を安く購入する方法を紹介します。

1. 金券ショップで購入する

切手が買える金券ショップ

金券ショップは、切手を安く販売しています。

具体的な販売価格は、額面の94〜96%程度。
500円切手の場合で計算すると、470円〜480円くらいですね。

1枚あたり20円〜30円も安くなるので、利用しない手はないでしょう。

2. 「郵便局のネットショップ」でクレジットカード払いにする

次のおすすめは、「郵便局のネットショップ」で購入する方法です。

切手は郵便局でも買えるのに、なぜわざわざネット通販を利用するのかと言うと、クレジットカードが使えるからなんです。

クレジットカードを使えば、ポイントが貯まる。
ポイントが貯まるということは、切手が安くなったのと同じですよね。

以下のような記事で紹介しているような高還元率カードを使えば、よりお得になりますよ。

参考:(年会費有料あり)ポイント還元率が高いクレカまとめ
参考:(年会費無料のみ)ポイント還元率が高いクレカまとめ

発注金額が4,999円以下だと送料がかかりますので、その点だけ注意してくださいね。

3. 【裏ワザ】クレジットカードでチャージしたnanacoで買う

セブンイレブンやミニストップで500円切手を買う場合は、定価よりもお得に買うこともできますよ。

セブンイレブンの場合は、500円切手を買うときにも電子マネーのnanacoが使えます。
もし、nanacoポイントからnanacoにチャージしていたら、ポイント利用分だけお得ですよね!

また、電子マネーのnanacoにクレジットカードでチャージすることで、クレジットカードのポイントを貯めることもできます。

その分だけ実質的に安く買うことができている感じですね。
これは税金支払にも使えるとてもお得な方法ですよ!

また、ミニストップでも同様の考え方で、電子マネーのWAONで支払うことができます。
年会費無料で持てるJMB WAONカードを入手後、JALカードからチャージすることでJALマイルが貯まりますよ。

そのWAONで500円切手を買うことで、マイルが貯まっている分だけお得というわけ。

もしこの方法を使う場合は、500円切手だけでなく、他の額面の切手も買うことでよりおトクさを実感できると思いますよ。

500円切手の使い道

さて、これから500円切手を購入する場合は、すでにその使い道が決まっているでしょうが、家に500円切手が余っている場合はちょっと困りますよね。

売るのは面倒くさいから、使える場面があれば使ってしまいたい。
それが本音ではないでしょうか。

参考までに、500円切手の用途をまとめてみました。

簡単に言うと、500円切手はちょっと大きめの郵便物を送るときに活躍しますよ。

たとえば定形外郵便(規格内)でも、重さが1kgを超えた時点から送料が500円を超えますからね。

500円切手の組み合わせ方の参考例を紹介

500円切手を使うときに重要なのは、他の切手との組み合わせ方。

複数の切手をうまく使いこなして、送料ちょうどにしたいですよね。

参考までに、500円切手の組み合わせ方をまとめてみました。

  • 510円の場合:500円切手を1枚・10円切手を1枚
  • 570円の場合:500円切手を1枚・50円切手を1枚・20円切手を1枚
  • 700円の場合:500円切手を1枚・100円切手を2枚
  • 1,020円の場合:500円切手を2枚・20円切手を1枚

このようにして使えば、切手が2枚〜3枚程度におさまり、郵便物が美しくなりますよ。

ちなみにですが、切手には基本的なマナーがあります。

実は切手を貼る場所は決まっていて、枚数にも限度が。
メールが主流になったとはいえ、これらのマナーは社会人として知っておいたほうがいいでしょう。

気になる方は、次の記事もチェックしてくださいね。

500円切手が不要な場合は買い取ってもらおう

もしそれでも500円切手を使うことがなくて困っている場合は、買い取ってもらうのがいいですよ。

例えばバイセルブックサプライだと切手の買取にも対応しています。

さいごに

ペラペラの切手に500円の価値があるなんて、何か不思議。
手に取ったとき、無性にドキドキしてしまいました・・・。

500円切手を使う機会は少ないので、身構えるかもしれませんが、基本的には他の切手と同じですよ。

安心して使ってください!

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

小林 敏徳

小林敏徳(こばやし としのり)です。1980年生。大阪府在住。文章を書いたり、化粧品の企画をしたり、写真を撮ったりしています。 詳しいプロフィールはこちらインタビューされた記事対談記事もどうぞ。

執筆メンバの一覧を見る