62円切手の種類・買えるコンビニや店舗・使い道・安く購入する方法のまとめ

スポンサーリンク

こんにちは!
実家にあったレア物の切手をこっそりもらってきた小林敏徳です。

62円切手は、最も使用頻度が多いですよね。
通常はがきの送料が「62円」ですから。

そんなわけで、62円切手に関してはかなり詳しいと錯覚しそうですが、細かいことは意外に知らないものです。

  • どんな種類(デザイン)があるのか?
  • どこで買えるのか?
  • 通常はがき以外に使い道はあるのか?
  • 安く手に入れる方法はあるのか?

このページでは、62円切手について詳しく知ろうとすると出てくる素朴な疑問点をまとめてみました。

これをきっかけにぜひ62円切手に詳しくなりましょう!

62円切手の種類

62円切手についていろいろな種類があることを考えたことはあまりないかもしれませんが、実は4種類もあります。

62円切手の種類は以下の通り。

  • 普通切手
  • 慶事用切手
  • 弔事用切手
  • 記念切手

普通切手は、通常はがき等に使うもの。

慶事用切手は祝電を打つときに、弔事用切手は弔電を送るときに使うものです。

記念切手は、特殊なデザインが施されている、コレクターたちに人気の切手です。

それぞれデザインや使うシーンは異なりますが、62円切手であることには変わりありません。

スポンサーリンク

62円切手のデザインは?

▼普通切手は、こんなデザインです。(デザインは発売時期によって異なります。)

普通切手の62円切手

▼慶事用切手はこのとおり、ちょっと華やかな感じ。

普通切手の慶事用62円切手

▼弔事用切手は、ちょっと落ち着いたデザインですね。

普通切手の弔事用62円切手

それぞれのTPOに合ったデザインと言えるでしょうか。

どんな場面でも「普通切手」にしておけば問題ないのですが、慶事・弔事の際は念のため専用の切手を使ったほうが無難です。

さて、次は切手が買えるコンビニを紹介しますね。

62円切手が買えるコンビニの一覧

62円切手は、コンビニでも買うことができます。
郵便局だけしか売っていないイメージかもしれませんが、いろいろなコンビニで売られていますよ。

62円切手が買えるコンビニは、以下の通りです。

*切手の在庫があるかどうかは、地域・店舗によって異なります。

いくつかのコンビニをまわってみましたが、62円切手は必ず在庫がありました。
やはり最もよく使われる切手なので、常時在庫しているのでしょうね。

ただ、慶事用・弔事用・記念切手は在庫していないことがほとんどなので、欲しい場合は郵便局に行きましょう。

その他62円切手を販売している場所

まずは販売されているコンビニの一覧を紹介しましたが、62円切手はコンビニ以外の場所でも販売されていますよ。

コンビニ以外の主な販売場所は以下の通りです。

郵便局で買えるのはもちろんですが、それ以外にもたくさんのお店や通販で販売されています。

値段にこだわらないのであれば、家の近くにあるお店で62円切手を買いましょう。

スポンサーリンク

62円切手を安く手に入れる方法

額面が62円ですが、販売価格は必ずしも62円とは限りません。
62円よりも安く手に入れることができるのならうれしくないですか?

62円切手は、購入方法によってはより安く入手できますよ!

切手を割引価格で販売していたり、クレジットカード払いができるところがあるので、それらをうまく活用しましょう。

1. 金券ショップで購入する

切手が買える金券ショップ

まずは金券ショップで購入する方法から。

金券ショップでは、切手を額面(金額)の約94~96%で販売しています。
つまり、62円切手が「58円〜59円」くらいで買えるということですね。

特に切手を大量にお使いになる方にとっては、たかが数円、されど数円だと思います。

仮に、62円切手を58円で購入できたとすると、1枚あたり4円の節約です。
100枚購入したとすると400円の節約にもなります。

この場合、余分に62円切手を6枚買えますよね。
入手できる切手の金額は同じですが、使ったお金は買い方によって異なる典型的な例です。

2. 大量に使うなら、ヤフオクやメルカリで購入する

切手を大量にお使いになるなら、ヤフオクメルカリで購入するのもおすすめ。

これらのサービスでは、62円切手が割引価格で取り引きされています。

たとえばヤフオクでは、62円切手の400枚綴り(額面24,800円)が23,000円前後に。
つまり1,800円くらい節約できる計算ですね。

切手は基本的に割引されないものですから、これだけ節約できるのは魅力的だと思います。

参考:ヤフオクのページはこちらから

3. 「郵便局のネットショップ」でクレジットカード払いにする

郵便局のネットショップ」で購入するのもおすすめです。

品揃えは郵便局と同じですが、他の買い方にはないメリットが1つだけあります。

それはクレジットカード払いができること。
郵便局は現金払いが基本ですが、このサイトではクレジットカードを使うことができます。

直接的に切手が割引されるわけではありませんが、クレジットカードにポイントが貯まる分、郵便局で買うよりもお得。

もし、郵便局のネットショップで切手を買う場合は、ポイント還元率の高いクレジットカードを使うようにしましょう。

参考:(年会費有料あり)ポイント還元率が高いクレカまとめ
参考:(年会費無料のみ)ポイント還元率が高いクレカまとめ

ただし、発注金額が4,999円以下だと送料がかかってしまいますので、その点には注意してください。

4. 「切手販売」というサイトから買う

名前の通りにはなりますが「切手販売」というサイトからも62円切手が買えます。
切手販売では、普通切手と慶弔用切手が購入可能です。

それぞれ、確認した時点では定価の95.5%で売られていましたよ。
10,000円分買えば、450円も節約できる計算ですね。

5. Amazonや楽天の場合は、ギフト券やポイント消化に使える

番外編での買い方も紹介しましょう。

Amazon楽天市場でも62円切手が買えます。
ただ、送料がかかってしまう分だけ普通に買うよりも高くなってしまうのがネックです。

その代わり、Amazonの場合はAmazonギフト券、楽天市場の場合は楽天スーパーポイントを使うことができますよね。

もし、使わないギフト券やポイントがあるのなら、切手を買うことで消化することもできますよ。

参考:Amazonで62円切手を探す
参考:楽天市場で62円切手を探す

62円切手の使い道

ここまで62円切手の特徴や買い方を説明してきましたが、どうやって使えばいいのかがハッキリとわからないのではないでしょうか。

せっかく手に入れた62円切手、使わないともったいないです。
主な62円切手の使い道は、以下のような方法がありますよ。

日本郵便の一部の配送方法で荷物を送る場合、切手で送料を払うこともできます。
意外と知られていないかもですが、知っていると先ほど紹介した安く手に入れる方法が役立ちますよ。

あと、はがきは切手が必要ですね。
これはすぐにイメージできるかと思います。

62円切手の組み合わせ方の参考例を紹介

62円切手の使い方は様々。
通常はがきを送る場合は62円切手1枚でOKですが、それ以外の場合は他の切手と組み合わせて使ってもOKです。

参考までに、組み合わせ方をまとめてみました。

  • 82円の場合:62円切手を1枚・20円切手を1枚
  • 92円の場合:62円切手を1枚・30円切手を1枚
  • 120円の場合:62円切手を1枚・50円切手を1枚・5円切手を1枚・3円切手を1枚
  • 140円の場合:62円切手を2枚・10円切手を1枚・5円切手を1枚・1円切手を1枚
  • 205円の場合:62円切手を3枚・10円切手を1枚・5円切手を1枚・2円切手を2枚

あまりにも切手の枚数が多いと不格好になるので、すっきり収まる組み合わせを考えてみてくださいね。

地味に頭の体操になりますよ。

切手の正しい貼り方について

切手の貼り方には、基本的なルールがあります。
切手についてのマナーは、知らなければ損をする可能性がありますので、ぜひ以下の記事もチェックしてくださいね。

さいごに

62円切手ひとつとっても、いろいろな種類がありますし、使い道も多岐にわたります。
意外に奥が深いことで今まで以上に興味が持てました。

TPO別に切手の種類が分かれているのは豆知識としても使えますよ。

もし、今後62円切手を使う機会が増えていくのであれば、節約できる方法もマスターしておきましょう。

メルカリ・ヤフオクなどの出品で送料節約につながりますよ。

コンビニや通販サイトで購入することもできますし、節約方法もたくさんあります。
最もお得な方法で購入し、正しく使っていきましょう。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

小林 敏徳

Toshinori Kobayashi/Japan/Osaka/Twitter:@enrique5581 プロフィールはこちらインタビューされた記事対談記事もどうぞ。

執筆メンバの一覧を見る