5円切手が買えるコンビニや店舗・使い道・安く購入する方法のまとめ

小林 敏徳の画像

「5円切手」がどこで買えるか分かりますか?

郵便局はすぐに分かっても、他は思い当たりませんよね。

また、使い道やお得な買い方など、他にも分からないことが沢山あると思います。

そこでこのページでは、5円切手の種類、デザイン、買える場所、使い道などを解説していきます。

5円切手が買えるコンビニや店舗・使い道・安く購入する方法のまとめ

5円切手の種類は「普通切手」のみ

まずは5円切手の種類から説明しますね。

5円切手は「普通切手」のみになります。
たとえば62円切手のように、慶事用や弔事用が用意されているものもありますが、5円切手は1種類だけですよ。

5円切手の絵柄・デザインは?

次に5円切手のデザインを見てみましょう。

▼現物はこんな感じです。
(*デザインは発売時期によって異なります。)

5円切手の普通切手

ニホンザルの親子ですね。
とても丁寧にデザインされているので、使うのがもったいない・・・。

さて、そんな5円切手はどこで買えばいいのでしょうか?

5円切手が買えるコンビニの一覧

ローソンの外観

5円切手が必要になったとき、できればあまり手間をかけずに手に入れたいですよね。

そんなときは、最寄りのコンビニエンスストアに行きましょう!

取り扱いのあるコンビニは以下のとおりです。

*切手の在庫があるかどうかは、地域・店舗によって異なります。

このように、いろんなコンビニで扱われていますが、一つだけ注意点があります。

それは5円切手は取り寄せになる可能性が高いこと。
あまり使用頻度の高いものではないため、購入者が少ないからです。

試しに調べてみたところ、近所のローソンには在庫がありましたが、セブンイレブンは「取り寄せになる」とのことでした。

あまり手間をかけたくなければ、郵便局が最も確実ですよ。

その他5円切手を販売している場所

切手を買いに行った郵便局

次はコンビニ以外の販売場所を紹介しますね。

5円切手は以下でも購入できますよ。

このように、いろんなところで販売されていますが、在庫があるかどうかは微妙です。

試しに調べたところ、近くの書店には在庫がありませんでした。

やはり最も確実なのは、郵便局ですね。
もし時間に余裕があるなら、次に紹介する「切手を安く手に入れる方法」もぜひ参考にしてください!

5円切手を安く手に入れる方法

5円切手を安く購入する方法があることをご存知ですか?

ここでは、その方法を紹介します。

「郵便局のネットショップ」でクレジットカード払いにする

日本郵便が運営する「郵便局のネットショップ」なら、クレジットカード払いができます。

切手が安くなるわけではありませんが、クレジットカードにポイントが貯まるぶんだけお得になりますよ。

郵便局が現金払いのみであることを思えば、これは裏技ですね。

ただし、発注金額が4,999円以下だと送料がかかってしまいますので、その点だけご注意を。はがきや封筒などと一緒に購入してください。

どうせならポイント還元率の高いカードを使いましょう!

参考:(年会費有料あり)ポイント還元率が高いクレカまとめ
参考:(年会費無料のみ)ポイント還元率が高いクレカまとめ

【裏ワザ】電子マネーを使ってコンビニで買う

セブンイレブンやミニストップで切手を購入する場合は、おすすめの裏技があります。

セブンイレブンなら、切手の購入にnanacoが使えますよ。

ノマド的節約術のおすすめは、nanacoポイントからnanacoチャージをして、それで切手を買う方法。ポイント利用分だけお得になるからです。

また、クレジットカードからnanacoチャージをすると、クレジットカードにポイントも貯まります!

5円切手の使い道

さて、次は使い道についてです。

5円切手は以下のようなことに使えますよ。

はがきを送るときにも使えますし、ゆうパック等の配送サービスにも使える。

そう、5円切手は使い道が結構あるんです。

他の切手との組み合わせ方を考える必要はありますが、それについてもこれから説明しますので、ご安心ください!

5円切手の組み合わせ方の参考例を紹介

5円切手を郵便物に使うなら、他の切手との組み合わせ方が重要。

おかしな組み合わせ方をすると、切手の枚数が多くなり、不格好になりますからね。

参考までに、5円切手の組み合わせ方をまとめてみました。

  • 94円の場合:82円切手を1枚・5円切手を2枚・2円切手を1枚
  • 120円の場合:100円切手を1枚・10円切手を1枚・5円切手を2枚
  • 140円の場合:120円切手を1枚・10円切手を1枚・5円切手を2枚

このように、送料の帳尻を合わせるときに活躍します。

今回紹介した組み合わせにすると切手が3枚〜4枚になるので、見映え的にも問題ないでしょう。

切手の正しい貼り方について

切手にマナーがあることをご存知ですか?
おおよその貼る場所が決められており、枚数にも限度があります。

マナーを破ったからといって郵便物が返送されるわけではありませんが、受け取った相手を不快にさせるかもしれません。

そうならないためにも、ぜひ次の記事もチェックしてくださいね。

不要な5円切手は買い取ってもらおう

5円切手の使い道がなくて困っている場合は、買い取ってもらうのがいいですよ。

たとえばバイセルやブックサプライは切手の買い取りにも対応しています。

さいごに

5円切手は使用頻度が限られますが、使い道が全くないわけではありません。

他の切手と組み合わせれば、はがきや荷物を送ることもできますよ。

余っている5円切手は、郵便物に有効活用してくださいね!

この記事を書いた人

小林敏徳(こばやし としのり)です。1980年生。大阪府在住。フリーランスです。独身時代は浪費家でしたが、今は「必要なものを、必要なだけ」を意識しています。主にコストコ、メルカリ、お金の考え方を発信しています。

小林 敏徳のプロフィール