5円切手が買えるコンビニや店舗・使い道・安く購入する方法のまとめ

スポンサーリンク

こんにちは!
5円切手に描かれたニホンザルを見て、「チンパンジーや」と言った小林敏徳です。

5円切手は、使用する機会が限られますよね。
使ったことはおろか、現物を見たことすらない方もいるでしょう。

そんな5円切手は、郵便局やコンビニで簡単に購入できます。

他の切手と組み合わせれば、はがき等を送ることも可能。
ずっと前に購入した5円切手が残っているなら、郵便物に有効活用しましょう。

他の切手との組み合わせ方については、記事の後半で紹介しますね。

このページでは、5円切手のデザインや買える場所、安く手に入れる方法などを解説します。

5円切手が買えるコンビニや店舗・使い道・安く購入する方法のまとめ

5円切手の種類は「普通切手」のみ

5円切手にはどんな種類があるのか、気になりませんか?

たとえば62円切手は、普通切手に加えて慶事用・弔事用などもありますが、5円切手はどうなのでしょうか。

5円切手の種類は、普通切手のみです。

1種類しかないので、必要なときは「5円切手をください」とだけ言えば大丈夫ですよ。

5円切手の絵柄・デザインは?

次に、5円切手のデザインを見てみましょう。

▼現物はこんな感じです。
(*デザインは時期によって異なります。)

5円切手の普通切手

これはニホンザルの親子です。
とても丁寧にデザインされているので、使うのがもったいなくなりそう。

さて、そんな5円切手はどこで買えばいいのでしょうか?

まずは最も身近な方法から紹介します。

5円切手が買えるコンビニの一覧

ローソンの外観

5円切手が必要になったとき、できればあまり手間をかけずに手に入れたいですよね。

そんなときは、最寄りのコンビニエンスストアに行きましょう!

ただし、5円切手は62円切手などに比べると使用頻度が低いものなので、店舗によっては「取り寄せ」になるかもしれません。

取り扱いのあるコンビニは、以下の通り。

*切手の在庫があるかどうかは、地域・店舗によって異なります。

ちなみに、ぼくの自宅近くにあるローソンには在庫がありましたが、セブンイレブンは取り寄せになるとのことでした。

このように、コンビニや店舗によって5円切手の在庫は異なりますので、一度確認してくださいね。

あまり手間をかけたくなければ、郵便局が最も確実ですよ。

その他5円切手を販売している場所

切手を買いに行った郵便局

近くにコンビニがない、あるいはコンビニの切手の在庫を調べるのが面倒な場合は、どこで5円切手を買えばいいのでしょうか?

販売店を以下にまとめてみました。

5円切手は、意外といろんなお店で販売されていますが、コンビニ同様、在庫があるかどうかは微妙です。

ちなみにぼくの自宅近くの書店では、62円切手や2円切手はありましたが、5円切手はありませんでした。

やはり最も確実なのは、郵便局ですね。
もし時間に余裕があるなら、次に紹介する「切手を安く手に入れる方法」もぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク

5円切手を安く手に入れる方法

5円切手を額面よりも安く購入する方法があることをご存知ですか?

ひと手間はかかっても安く買えるなら、そっちのほうがいいですよね。

ここでは、その方法を紹介します。

1. 「郵便局のネットショップ」でクレジットカード払いにする

1つめは、「郵便局のネットショップ」で購入する方法です。

なぜ、わざわざネット通販を利用するのかというと、クレジットカード払いができるからなんです。

郵便局の支払いは現金のみですが、郵便局のネットショップではクレジットカード払いが可能。

これは1つの裏技です!
切手が割引されるわけではありませんが、クレジットカードにポイントが貯まる分だけお得になります。

以下の記事で紹介しているような高還元率カードを使えば、よりお得ですよ。

参考:(年会費有料あり)ポイント還元率が高いクレカまとめ
参考:(年会費無料のみ)ポイント還元率が高いクレカまとめ

注意点があるとすれば、5円切手が手に入るまでに時間がかかることと、発注金額が4,999円以下だと送料がかかること。

この2点さえ問題なければ、この方法がおすすめです。

2. 【裏ワザ】クレジットカードでチャージしたnanacoで買う

セブンイレブンやミニストップで5円切手を買う場合は、定価よりもお得に買うこともできますよ。

セブンイレブンの場合は、5円切手を買うときにも電子マネーのnanacoが使えます。
もし、nanacoポイントからnanacoにチャージしていたら、ポイント利用分だけお得ですよね!

また、電子マネーのnanacoにクレジットカードでチャージすることで、クレジットカードのポイントを貯めることもできます。

その分だけ実質的に安く買うことができている感じですね。
これは税金支払にも使えるとてもお得な方法ですよ!

また、ミニストップでも同様の考え方で、電子マネーのWAONで支払うことができます。
年会費無料で持てるJMB WAONカードを入手後、JALカードからチャージすることでJALマイルが貯まりますよ。

そのWAONで5円切手を買うことで、マイルが貯まっている分だけお得というわけ。

もしこの方法を使う場合は、5円切手だけでなく、他の額面の切手も買うことでよりおトクさを実感できると思いますよ。

5円切手の使い道

さて、ずっと前に買った5円切手がまだ残っているような場合は、何とかしてそれを使い切りたいですよね。

捨てるわけにはいきませんし、金券ショップなどに売りに行くほどでもない。

そんなときは、以下のようなことに使ってしまいましょう。

はがきを送るときにも使えますし、ゆうパック等の配送サービスにも使える。

そう、5円切手は使い道が結構あるんです。

他の切手との組み合わせ方を考える必要はありますが、それについてもこれから紹介しますので、ご安心ください!

5円切手の組み合わせ方の参考例を紹介

5円切手を郵便物に使うなら、他の切手との組み合わせ方が重要。

おかしな組み合わせ方をすると、切手の枚数が多くなり、不格好になりますからね。

参考までに、5円切手の組み合わせ方をまとめてみました。

  • 62円の場合:52円切手を1枚・5円切手を2枚
  • 92円の場合:82円切手を1枚・5円切手を2枚
  • 120円の場合:100円切手を1枚・10円切手を1枚・5円切手を2枚
  • 140円の場合:120円切手を1枚・10円切手を1枚・5円切手を2枚

このように、送料の帳尻を合わせるときに活躍します。

今回紹介した組み合わせにすると切手が3枚〜4枚になるので、見映え的にも問題ないでしょう。

切手はできるだけ3枚以内に、できれば4枚以内にするのがマナーなので、そのあたりも気をつけてくださいね。

切手のマナーは、以下の記事で解説していますよ。

不要になった5円切手は買い取ってもらおう

もしそれでも5円切手を使うことがなくて困っている場合は、買い取ってもらうのがいいですよ。

例えばブックサプライだと切手の買取にも対応していますので、本やCD・DVDなどと一緒に切手も買い取ってもらえば査定価格も高くなるかもしれません。

さいごに

5円切手は使用頻度が限られますが、使い道が全くないわけではありません。
他の切手と組み合わせれば、はがき等を送ることもできます。

余っている5円切手は、郵便物に有効活用してくださいね。
また、5円切手が必要になったら、郵便局に行くか、郵便局のネットショップで購入するのがおすすめです。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

小林 敏徳

Toshinori Kobayashi/Japan/Osaka/Twitter:@enrique5581 プロフィールはこちらインタビューされた記事対談記事もどうぞ。

執筆メンバの一覧を見る