280円切手が買えるコンビニ・速達での使い道・安く購入する方法のまとめ

小林 敏徳の画像

280円切手を見たことはありますか?
あまり目にする機会はないですよね。

280円切手のデザインは? 使い道は?
どこで買えるの? 安く買える?

使うことになったときのためにも基礎知識を知っておきましょう。

このページでは、280円切手の種類、デザイン、買える場所、使い道などを解説していきます。

280円切手の種類

まずは280円切手の種類を説明しますね。

280円切手は、普通切手のみです。

普通切手の他に、慶事用、弔事用、記念切手などが用意されている切手もありますが、280円切手は1種類だけです。

シンプルでわかりやすいですね。

280円切手のデザイン

それでは、あまり見る機会のない280円切手を見てみましょう。

▼現物はこんな感じです。
(*デザインは発売時期によって異なります。)

280円切手の普通切手

一見ではどこの名所か分からなかったので調べたところ、これは「吉野熊野国立公園(那智の滝)」だそうです。

躍動感のあるデザインですね。

280円切手が買えるコンビニの一覧

ファミリーマートの外観

次は、280円切手が買えるお店を紹介しますね。

最も身近なお店は「コンビニ」です。
切手の取り扱いのあるコンビニは以下のとおりです。

*切手の在庫があるかどうかは、地域・店舗によって異なります。

有名なコンビニは、ほぼ切手を販売しています。

1つだけ注意したいのは、280円切手の在庫が必ずあるとは限らないこと。

使用頻度の高い切手(62円、82円など)はほぼ確実に在庫されていますが、280円切手はお店によります。

試しに近所のセブンイレブンとファミマに問い合わせたところ、セブンイレブンには在庫がありましたが、ファミマは「取り寄せになる」とのことでした。

というわけで、急ぎのときは郵便局に行くのが最も確実ですよ!

その他280円切手を販売している場所

切手を買いに行った郵便局

280円切手は、コンビニ以外でも購入できますよ。

主な販売店は以下のとおりです。

意外かもしれませんが、実はキオスクや本屋さんなどでも切手を購入できます。

ただし、こちらもコンビニ同様、280円切手の在庫が必ずあるとは限らないので、確実に手に入れたい場合は郵便局がおすすめです。

280円切手を安く手に入れる方法

切手を安く購入できたらいいと思いませんか?

たとえ1枚あたり数円〜数十円の節約でも、購入枚数によっては大きいですからね。

ここでは、切手を安く手に入れる方法を紹介します。

金券ショップで購入する

切手が買える金券ショップ

最も簡単なのは、金券ショップ購入すること。
そう、旅券やギフトカードなどを販売している、あの金券ショップです。

金券ショップでは、切手が額面の94〜96%で販売されているので、280円切手なら「263円〜268円」くらいになりますよ。

10枚買えば、合計120円〜170円の節約ですね!

「郵便局のネットショップ」でクレジットカード払いにする

日本郵便が運営する「郵便局のネットショップ」なら、クレジットカード払いができます。

切手が安くなるわけではありませんが、クレジットカードにポイントが貯まるぶんだけお得になりますよ。

郵便局が現金払いのみであることを思えば、これは裏技ですね。

ただし、発注金額が4,999円以下だと送料がかかってしまいますので、その点だけご注意を。はがきや封筒などと一緒に購入してください。

どうせならポイント還元率の高いカードを使いましょう!

参考:(年会費有料あり)ポイント還元率が高いクレカまとめ
参考:(年会費無料のみ)ポイント還元率が高いクレカまとめ

【裏ワザ】電子マネーを使ってコンビニで買う

セブンイレブンやミニストップで切手を購入する場合は、おすすめの裏技があります。

セブンイレブンなら、切手の購入にnanacoが使えますよ。

ノマド的節約術のおすすめは、nanacoポイントからnanacoチャージをして、それで切手を買う方法。ポイント利用分だけお得になるからです。

また、クレジットカードからnanacoチャージをすると、クレジットカードにポイントも貯まります!

280円切手の使い道

すでに280円切手が手元にあるなら、気になるのはその使い道ではないでしょうか。

280円切手の用途を以下にまとめてみました。

ゆうメールなどの郵便物や、ゆうパックなどの荷物を送るときに使えますよ。

自宅に280円切手が余っているなら、上記に使ってくださいね。

280円切手の組み合わせ方の参考例を紹介

280円切手を使うときにもう1つ気になるのは、他の切手との組み合わせ方だと思います。

切手をうまく組み合わせて送料ぴったりにするのは、意外と大変ですからね。

以下に参考例をまとめてみました。

  • 300円の場合:280円切手を1枚・20円切手を1枚
  • 350円の場合:280円切手を1枚・50円切手を1枚・20円切手を1枚
  • 390円の場合:280円切手を1枚・100円切手を1枚・10円切手を1枚
  • 500円の場合:280円切手を1枚・120円切手を1枚・100円切手を1枚・10円切手を1枚

このようにして使えば送料ぴったりになりますし、切手の枚数も3枚〜4枚までに収まるので、見映え的にも綺麗ですよ。

消費税増税:手元に310円切手がある場合は「10円切手」をプラス

2019年10月の消費税増税の影響で、日本郵便の送料が改定されましたよね。

速達の送料も他ではありません。
以前の280円から「290円」に値上げされたので、280円切手だけでは郵送できなくなりました。

手元に280円切手がある場合は、10円切手をプラスするようにしましょう。

切手の正しい貼り方について

切手には、基本的なマナーがあります。

貼り位置、貼る枚数、貼り方など。
一般常識として知っておいたほうがいいことなので、ぜひ以下の記事もチェックしてくださいね。

不要な280円切手は買い取ってもらおう

使い道のない280円切手があるなら、買い取りサービスに売ってしまいましょう。

金券ショップに持っていくのも手ですが、バイセルブックサプライでも切手を買い取ってくれますよ。

さいごに

あまり使ったことがない280円切手を前にすると、つい身構えてしまいますよね。

でも、280円切手は、他の切手と同じですよ。

コンビニや郵便局で購入でき、安く手に入れることも可能。
他の切手とも組み合わせやすいので、いろんな場面で活躍します!

この記事を書いた人

小林敏徳(こばやし としのり)です。1980年生。大阪府在住。フリーランスです。独身時代は浪費家でしたが、今は「必要なものを、必要なだけ」を意識しています。主にコストコ、メルカリ、お金の考え方を発信しています。

小林 敏徳のプロフィール