140円切手の種類・買えるコンビニや店舗・使い道・安く購入する方法のまとめ

スポンサーリンク

こんにちは!
余った切手は、定形外郵便の送料に使っている小林敏徳です。

切手の額面には数多くの種類があるのですが、その中で140円の切手もあります。
知ってましたか?

特に使用する機会が限られる140円切手となると、知識や使い道があまりないと思います。
もし140円切手を手にすることがあれば、スマートに使いたいもの。

ということで、このページでは140円切手が買える場所やどのように使うのがお得になるのかを詳しく紹介していきますね。

140円切手の種類・買えるコンビニや店舗・使い道安く購入する方法のまとめ

140円切手は「普通切手」のみ

140円切手の種類は、普通切手のみです。

たとえば62円切手のように、慶事用や弔事用、記念切手などが用意されているものもありますが、140円切手は1種類しかありません。

シンプルでわかりやすいですね。

140円切手のデザインは?

140円切手を使うときに気になるのが見た目のデザイン。
どんな感じか気になるかと思います。

▼デザインは発売時期によって異なりますが、2017年12月時点では以下のような感じです。

140円切手の普通切手

140円切手のデザインは「ヤマブキ」です。
種類によってデザインの異なるところが、切手の面白いところ。

デザインが違うからこそ、コレクションしたくなるんでしょうね。

もし、古いデザインの140円切手を探したい場合は、スタマガネットを見ると見つかりますよ。

スポンサーリンク

140円切手が買えるコンビニの一覧

ローソンの店舗

「切手は郵便局で買うもの」というイメージがあるかと思います。
でも実は、140円切手はコンビニエンスストアでも購入できるんですよ。

140円切手が販売されているコンビニは以下の通りです。

*切手の在庫があるかどうかは、地域・店舗によって異なります。

全国チェーンの大手から、それほど店舗数が多くないところまで、いろんなコンビニで販売されていますよ。

140円切手が欲しくなったときも、これらのコンビニに行けばすぐに手に入りそうですね。

ただし、切手の在庫があるかどうかは店舗によって異なりますので、事前に確認しておきましょう。

その他140円切手を販売している場所

切手を買いに行った郵便局

まずは140円切手が販売されているコンビニを紹介しましたが、140円切手はコンビニ以外でも購入できます。

他の主な販売場所は以下の通りです。

郵便局をはじめ、キオスクや個人商店など、あらゆるところで販売されています。

ぼくは小さい頃、近所の本屋さんに切手を買いに行っていました。
「え? ここで売っているの?」みたいなところに、意外とあるんですよね。

ただし、こちらもコンビニ同様、在庫があるかどうかは店舗によって異なりますので、前もって確認しておきましょう。

スポンサーリンク

140円切手を安く手に入れる方法

切手は、額面より安く手に入れることも可能ですよ。

ここでは、その方法を紹介しますね。

1. 金券ショップで購入する

切手が買える金券ショップ

切手を安く手に入れたいなら、金券ショップに行くのがおすすめ。

金券ショップでは、切手を額面の94~96%程度で販売されているからです。
つまり、140円切手が「131円〜134円」で買えるということですね。

郵便局やコンビニでは割引されないので、まずは金券ショップへどうぞ。

2. 「郵便局のネットショップ」でクレジットカード払いにする

郵便局のネットショップ」を利用して、クレジットカードで切手を購入するのもおすすめです。

切手が額面より安くなるわけではありませんが、クレジットカードにポイントが貯まるぶんだけお得になります。

郵便局は現金払いが基本ですからね。
ただし、発注金額が4,999円以下だと送料がかかってしまいますので、その点だけ注意してください。

また、クレジットカード払いにするなら、ポイント還元率の高いカードのほうがよりお得ですよ。

還元率1%のカードで14,000円分の切手を買えば、140円分のポイントが貯まります。
これで140円切手が1枚また買えますよね。

参考:(年会費有料あり)ポイント還元率が高いクレカまとめ
参考:(年会費無料のみ)ポイント還元率が高いクレカまとめ

3. 「切手販売」というサイトから買う

仕事などで切手を大量に使うなら、「切手販売」というサイトから購入するのもおすすめです。

決められた金額以上購入すれば、切手が大幅に割引されるからです。

ちなみに140円切手は、50万円以上(3,572枚以上)の購入で133円になりますので、なんと25,000円以上も節約できる計算ですね。

さすがに50万円以上だと、個人の場合はハードルが高いです。
もし、会社でたくさん切手を使うようなら、前もって購入しておくことで、長い目で見たときに節約になりますよ。

4. 余ったAmazonギフト券や楽天スーパーポイントで140円切手を購入できる

Amazonや楽天市場をよく使っているのであれば、ギフト券やポイントを使って切手を買う方法もあります。

使い道に困っているAmazonギフト券楽天スーパーポイントがあるなら、切手に交換してしまいましょう。

これらと切手を交換すれば、現金を使うことなく140円切手が手に入りますよ。

ただ、送料が別にかかるため、普通に140円切手を買うよりも高くなってしまいます。
その点を許容できるのであれば、Amazonや楽天市場を使うのもいいですよ。

参考:Amazonで140円切手を探す
参考:楽天市場で140円切手を探す

5. 【裏ワザ】クレジットカードでチャージしたnanacoで買う

セブンイレブンやミニストップで140円切手を買う場合は、定価よりもお得に買うこともできますよ。

セブンイレブンの場合は、140円切手を買うときにも電子マネーのnanacoが使えます。
もし、nanacoポイントからnanacoにチャージしていたら、ポイント利用分だけお得ですよね!

また、電子マネーのnanacoにクレジットカードでチャージすることで、クレジットカードのポイントを貯めることもできます。

その分だけ実質的に安く買うことができている感じですね。
これは税金支払にも使えるとてもお得な方法ですよ!

また、ミニストップでも同様の考え方で、電子マネーのWAONで支払うことができます。
年会費無料で持てるJMB WAONカードを入手後、JALカードからチャージすることでJALマイルが貯まりますよ。

そのWAONで140円切手を買うことで、マイルが貯まっている分だけお得というわけ。

140円切手の使い道

切手の使い道というと、「はがき」くらいしか思い当たらないのではないでしょうか?

しかしながら、はがきに貼る切手は62円なので、140円切手の出番はありません。

では、140円切手をどう使えばいいのかが気になるところ。
主な使い道は以下の通りです。

日本郵便の配送サービスの送料を支払うときに使えます。

ちなみに、定形外郵便(100g以内)の送料がちょうど140円なので、140円切手1枚で支払い可能。

それ以上の送料を支払うときは、他の切手と組み合わせればOKです。

140円切手の組み合わせ方の参考例を紹介

切手で送料を支払うときに悩ましいのは、その組み合わせ方ではないでしょうか?

いちいち計算するのは大変ですし、切手の種類を全部覚えておくのも難しいですからね。

参考までに、140円切手の組み合わせ方を紹介します。

  • 205円の場合:140円切手を1枚・62円切手を1枚・3円切手を1枚
  • 250円の場合:140円切手を1枚・100円切手を1枚・10円切手を1枚
  • 380円の場合:140円切手を2枚・100円切手を1枚
  • 570円の場合:140円切手を4枚・10円切手を1枚

140円切手は、使い道がかなりありそうですね。

ただ、ちょっとだけ注意したいのは、あまりにもたくさん切手を貼りすぎて、郵便物を不格好にしないこと。

郵便物を送る相手に失礼のないよう、基本的なマナーを理解しておきましょう。

切手の正しい貼り方について

切手の貼り方には、基本的なルールがあります。
ルールを守らなくても郵便物はちゃんと送ってもらえますが、受け取った相手を不快にさせるかもしれません。

恥ずかしい思いをしないためにも、貼り方が気になる場合は以下の記事をチェックしてくださいね。

さいごに

他の切手と比べると140円切手を使う機会は少ないかもしれませんが、もし手に入れた場合や欲しい場合はこのページを参考にしていただけたらうれしいです。

入手が難しいようなイメージがあったかもしれませんが、コンビニでも買えますよ。
また、額面より安く購入することもできますので、ヤフオクメルカリで出品する機会が多いならぜひ活用してくださいね。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

小林 敏徳

Toshinori Kobayashi/Japan/Osaka/Twitter:@enrique5581 プロフィールはこちらインタビューされた記事対談記事もどうぞ。

執筆メンバの一覧を見る