JCBプラチナカードは年会費に見合うメリットがある?ラウンジなどお得な使い方をまとめました

スポンサーリンク

こんにちは!
ノマド的節約術の松本(@peter0906)です。

クレジットカードのJCBカードから新しいカードである「JCBプラチナカード」が出てきました。

JCBゴールドカードよりもランクが高いカードになりますが、手にする価値があるのかどうか気になりますよね。

このページでは、そんなJCBプラチナカードの特徴について詳しくみていきます。

JCBプラチナカードは年会費に見合うメリットがある?ラウンジなどお得な使い方をまとめました

また、同じ日に「JCB CARD W」と「JCB CARD W plus L」というカードも新しく出てきました。
気になる方は以下のページをチェックしてみてください。

JCBプラチナカードは普通に申し込みできる

JCBプラチナカードは、プラチナカードにも関わらず、招待ではなく普通に申し込みして手に入れることができるカードです。

審査にさえ通過すれば、JCBプラチナカードをすぐ手に入れることができちゃいます。

ちなみに、招待制で入手可能な「JCBゴールドザ・プレミア」よりもランクが上のカードになりますよ。

参考:JCBプラチナカードの申込ページをチェックする

JCBプラチナカード

年会費は税抜25,000円

そんなJCBプラチナカードの年会費は税抜で25,000円
招待制で入手可能な「JCBゴールドザ・プレミア」よりも年会費が高くなっています。

JCBカードの最高峰である「JCBザ・クラス」よりは年会費が安いので、カードのランクとしてもJCBザ・クラスよりは下の位置づけになるでしょうね。

これだけの年会費を払う価値があるのかどうかをこれからみていき、今後の判断材料にしていただけたらと思います。

家族カードの年会費は1人まで無料

JCBプラチナカードは家族カードも作ることができます。

しかも家族カードの年会費は1枚まで無料なのがうれしいですね。

本会員が年会費25,000円と考えると、2枚持てば1人あたり12,500円まで抑えることができます。

また、家族カードをさらに作る場合は1人あたり3,000円(税抜)で持てますよ。

ポイントは1,000円ごとに1ポイント貯まる

JCBプラチナカードをもし持ったら、普段の生活の中で使う機会が出てくると思います。

そのときにポイントがどれぐらい貯まるのかが気になるところではないでしょうか。

JCBプラチナカードは、利用額1,000円ごとに1ポイントが貯まります。

1ポイントあたり5円の価値がありますので、還元率にすると0.5%ですね。

ちなみにJCB ORIGINAL SERIESパートナーのお店であれば、ポイント2倍以上になっていますので、活用方法次第では、ポイントがかなり貯まりやすいですよ。

これはどのJCBカードでも同じですね。

集計期間中のカード利用額が大きいと、ポイント還元率が0.8〜0.85%に

JCBプラチナカードを使うのであれば、金額が大きくなるかと思います。
それならより知っておくとお得なことがありますよ!

集計期間中(年間)でのカード利用額が100万円を超えると、特典適用期間中になったら通常の1.6倍ポイントが貯まります。
ポイント還元率にすると0.8%ですね。

また、300万円を超えた場合は、通常の1.7%ポイントが貯まるようになります。
こちらはポイント還元率にすると0.85%。

通常で1%のポイントが貯まるカードもある中で比較すると見劣りしますが、JCBプラチナカードをメインにするなら知っておくと、よりお得に使えるようになりますよ。

海外でカード利用するとポイント2倍に

また、JCBプラチナカードを持っていてかつWEB明細サービスの「MyJチェック」に登録しておくと、海外で利用した場合は自動的にポイント2倍になります。

海外利用の場合はポイント還元率が1.0%ですね!
ただ、海外でクレジットカードを利用すると、決済手数料で1.6〜1.7%程度の手数料がかかりますが・・・。

この部分を徹底的に節約したいのであれば、あえて海外でJCBプラチナカードで決済しないのも1つの手です。

その場合は、ソニー銀行のデビットカードである「Sony Bank WALLET」がおすすめ。

貯めたポイントは他のポイントなどに交換できる

せっかくJCBプラチナカードを使ってポイント(Oki Dokiポイント)を貯めたとしても、使わなければ意味がありませんよね。

貯めたポイントは、他のポイントやマイルに交換できますよ。

代表的なところを一覧にしておきました。

Oki Dokiポイントを他のポイントに交換するときのレート
ポイント名交換前OkiDoki交換後ポイント
ANAマイル5001,500
JALマイル5001,500
デルタスカイマイル5001,500
ANA SKYコイン5001,500
nanacoポイント5002,500
dポイント5002,500
WALLETポイント5002,500
ビックポイント5002,500
ビックネットポイント5002,500
ベルメゾン・ポイント5002,500
ジョーシンポイント5002,500
楽天スーパーポイント5002,500
セシールスマイルポイント5002,500
JTBトラベルポイント5002,500
ちょコムポイント5002,500
楽天Edy5001,500
カエトクカード5002,000
スターバックスカードチャージ5002,500

ほとんどが1ポイント5円相当になっていますね。
マイルにも交換できますので、マイルの使い方次第では、1ポイントあたりの価値をより高めることもできますよ。

旅行・レジャー系のサービスについて

JCBプラチナカードでは、旅行やお出かけなどのサービスが充実しています。
むしろ、ここのサービスがあるからこその年会費になりますので、もしJCBプラチナカードを検討しているのであれば、ぜひ使い倒してほしいです。

プラチナ・コンシェルジュデスクが使える

JCBプラチナカードならではの特典になるのが専用デスクとなる「プラチナ・コンシェルジュデスク」です。

24時間365日いつでも電話することができ、宿の手配・チケット・レストランなどの予約をしてもらえますよ。

また、それ以外の相談にも対応しており、秘書がいるような感覚として使えます。

有名レストランの料金が1名分無料になる

JCBプラチナカードと提携している国内の有名レストランを2人以上で予約して所定のコースメニューを選んだ場合、1人分の料理が無料になるサービスがあります。

基本的には高級レストランでの利用になるため、もともとの料金が高いですが、それが1人分無料になると割引額はとても大きいですよ。

1万円前後は節約できると思っていいぐらい。

普段の食事ではなかなか使いづらいですが、接待などで使うときにうまくこの割引を活用して、いいところをお得に利用してみましょう!

海外旅行傷害保険が自動付帯に

JCBプラチナカードはランクが高いカードということで、海外旅行傷害保険が自動付帯になっています。
持っているだけで海外旅行するときの保険代わりになりますよ。

事故・病気・ケガ・盗難などにあったときの保険があることで、余計な不安を1つ減らせるはず。

JCBプラチナカードと合わせて、別のクレジットカードで自動付帯になっているものを持っておくとより盤石にできます。

個人的におすすめなのはエポスカードですね。

また、JCBプラチナカードならではのサービスで、JCBプラチナカード本会員と生計を共にする家族で19歳未満の子供がいる場合は家族特約サービスもあります。

航空機遅延保険にも対応

JAL便

飛行機で移動するとなると、天候などいろいろな事情で遅れてしまうことがありますよね。

その影響で宿泊や食事が必要になってしまった場合は、保険金が出るようになっています。

こういったサービスがあるのもプラチナカードならでは。

国内の空港ラウンジが無料で使える

福岡の空港ラウンジ

JCBプラチナカードは、ランクが高いこともあって、国内の空港ラウンジが無料で使えます。

航空券とJCBプラチナカードの両方を提示すればラウンジに入れますよ。

国内の空港ラウンジは、フリードリンクと電源が使えることにメリットがありますが、設備はそこまですごいというわけではありませんので、過度な期待はされないほうがいいかと思います。

プライオリティパスが付帯される

取得したプライオリティパス

あと、JCBプラチナカードを持つのならぜひ使ってみて欲しいサービスが「プライオリティパス」です。

プライオリティパスを持っていると、世界1,000ヶ所以上の空港ラウンジが使えるようになり、海外旅行や海外出張のときにとても便利になりますよ。

私も海外に行くときはプライオリティパスのお世話になっています。

日本の空港ラウンジより設備が充実していて、便利に感じることも多いです。

もし、プライオリティパスを使ってみたいと思った場合は、別途申し込み手続きをしてくださいね。

USJのJCB LOUNGEが使える

大阪にあるテーマパークのユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)にはJCBのラウンジがあります。

JCBプラチナカードを持っていれば、USJ内にあるJCBのラウンジが使えますよ。

プラチナカード以上を持っていないと入ることができない特別なラウンジになります。

歩き疲れたときにこのJCBラウンジでゆっくり休みなどして、より充実した時間を過ごせるようにしましょう。

また、「ザ・フライング・ダイナソー」というアトラクションを優先で遊ばせてもらえますよ。

ちなみに、USJをお得にする方法はノマド的節約術でも別記事で紹介しています。

京都駅にあるJCBラウンジも使える

ラウンジつながりでいうと、京都駅にあるJCBラウンジもJCBプラチナカードを持っていることで使えるようになります。

同伴者も1名まで無料で利用できるため、カップルや夫婦などでの京都観光にも便利に使えますよ。

手荷物を預けることができるのは大きなメリットで、預けてそのまま京都観光を楽しめますね。

Apple Payでの支払いに対応している

JCBプラチナカードはJCBカードの一種であるため、Apple Payにも対応していますよ。

もしiPhone7以上やApple Watch2以上を持っているのであれば、紐付けておくことで支払い時の手間を省けます。

Apple Payを使うときは、QUICPayで支払うことを店員さんに伝えれば大丈夫ですよ。

まれにJCBカードでApple Payを使うことによるキャンペーンが行われることもあるので、もし対応している端末があるのならぜひ試してみましょう。

審査を通りやすくするための考え方

JCBプラチナカードは名前の通り、プラチナカードになりますので、普通のクレジットカードと比べると審査に通るのが難しそうに感じますよね。

私は同じランクだと思われるJAL・JCBプラチナカードを持っていますが、無事に審査に通過しました。

そこそこのカード利用実績があり、申込時の入力項目にしっかり1つ1つ回答していくことで審査通過の確率を高められると思います。

落ちる可能性が上がるところを1つ1つ減らしていって、あとは審査に通ることを祈るしかないですね。

まずは試してみないと審査通過するものもしないので、もしJCBプラチナカードが持ちたいのならチャレンジしてみましょう!

さいごに

JCBプラチナカードは、いろいろなラウンジが使えるようになるのが大きなメリットで、目立ったところになりますね。

これだけのサービスがあるカードを普通に申し込めるのもうれしいところ。

JCBプラチナカードの上のランクがJCBザ・クラスになりますので、JCBザ・クラスを目指している方にとっても持っておきたいカードといえます。

カードのデザインも高級感があって、見た目もいいので、サッと出したときの印象が変わるのではないでしょうか。

そんなJCBプラチナカード、ぜひ活用してみてくださいね。

参考:JCBプラチナカードの申し込みはこちらから

現在実施中のキャンペーン

JCBプラチナカード

最大14,000円分プレゼント

  • 新規入会でもれなく5,000円分のJCBギフトカードプレゼント!
  • 家族カード新規入会で最大2,000円分のJCBギフトカードプレゼント!
  • カードご入会後、お友達紹介で最大5,000円分のJCBギフトカードプレゼント!
  • 「支払い名人」新規登録・利用でもれなく2,000円!※要参加登録(一部)

キャンペーン終了日時:2018-03-31 23:59:59

おまけ:JCBカードに関連する記事

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る