MileagePlusセゾンプラチナカードのメリット・デメリットまとめ。アメックス入会キャンペーン3%還元がすごい!

松本 博樹の画像

ユナイテッド航空のマイルが貯まりやすいクレジットカードとして「MileagePlusセゾンカード」が知られています。

その最上位カードにあたるのが「MileagePlusセゾンプラチナカード」ですね。

MileagePlusセゾンプラチナカードも、めちゃくちゃマイルが貯めやすいおすすめのクレジットカードになります。

ただデメリットもあるので、そこも含めてお得に使っていける方法を紹介していきますね。

MileagePlusセゾンプラチナカードのメリット・デメリット

2020年12月31日まではマイル還元率3%の入会キャンペーン!

アメリカン・エキスプレス(AMEX)ブランド限定になりますが、信じられないほどお得なキャンペーンがあります。

2020年10月31日までにMileagePlusセゾンプラチナカードを作ると、2020年12月31日までのカード利用で、マイル還元率が3%になります!

通常だと税込1,000円ごとに15マイルですが、キャンペーン中はさらに15マイル加算されるので、税込1,000円使うと30マイル貯まる計算です。

一時的とはいえ、マイルが3%も貯まるクレジットカードなんて聞いたことないお得さですよ…。

私はこの期間内に法人の税金支払いがあるので、その支払いのためにカードを作ろうと思っています!

仮に100万円の税金を支払ったら、30,000マイルも貯まります。これだけマイルあれば、国内線が何回も無料で乗れますね。

参考:MileagePlusセゾンプラチナカードのキャンペーンはこちら

デメリットは年会費が55,000円かかること

最初にMileagePlusセゾンプラチナカードのデメリットを紹介しておきますね。

それは高い年会費がかかること。
年会費は税込55,000円です。

これから紹介するMileagePlusセゾンプラチナカードのサービスを見て、年会費を払ってでも安いと感じるのであれば、使う価値があると思います。

MileagePlusセゾンプラチナカードがおすすめな人

ではどんな人ならMileagePlusセゾンプラチナカードを使うのがおすすめと言えるか、以下でまとめてみました。

  • 会社経営者
  • 年間467万円以上使う
  • ANA・ユナイテッド航空を少なくとも月1回以上は使ってる

年会費が高いということで、基本的には経営者向けのクレジットカードです。

肝心なマイルを貯めるときの効率ですが、年間467万円以上使うのであれば、MileagePlusセゾンプラチナカードがおすすめになります。

セゾンのマイルシミュレーションページで細かく計算してみた結果そうなりました。

ゴールドカード・普通のカードでも1.5%のマイル還元率にできますが、上限の獲得マイル数があります。

計算してみたところ、その分岐点が年間467万円でした。(500万円かと思ってましたが、なぜか467万円でした…。)

あとはせっかくマイルを貯めても使わないと意味がないので、定期的にANAやユナイテッド航空などのスターアライアンス系を利用している人もおすすめです。

特に家族や友人と一緒に旅行する機会が多いなら、年会費の分はすぐにペイできるほど航空券を節約できます。

手元に届いたMileagePlusセゾンプラチナカード

制限なしでユナイテッド航空のマイルが1.5%貯まる

MileagePlusセゾンプラチナカード最大のメリットは、ユナイテッド航空のマイルが1.5%の還元率で貯まることです。

税込1,000円ごとに15マイル貯まります。これだとあまりピンとこないかもなので、金額を大きくしてみましょう。

仮に100万円使ったとしたら15,000マイルになります。これだけマイルがあれば、伊丹-羽田は往復無料にできますよ。

ゴールドカードにあたる「MileagePlusセゾンゴールドカード」、一般カードにあたる「MileagePlusセゾンカード」でもマイル還元率は1.5%です。

なぜMileagePlusセゾンプラチナカードをおすすめするかというと、ゴールドカード・一般カードは還元率1.5%で獲得できるマイル数に上限があるから。

  • ゴールド:年間75,000マイル
  • 一般カード:年間30,000マイル

1年間でこれ以上マイルを獲得できるぐらいカード払いするなら、MileagePlusセゾンプラチナカードのほうがいいですね。

いくら使ってもマイル還元率が1.5%です。年間1億円使っても1.5%ですね。この場合だと年間150万マイルも貯まります…!

税金の支払いが多い、リスティング広告などを使ってるというのがあれば、これぐらいマイルが貯まるのも割と現実的だったりします。

ユナイテッド航空のマイルは有効期限なし!無期限で使える

なぜこれだけユナイテッド航空のマイルを貯めることをおすすめしているかというと、マイルに有効期限がないからです。つまり無期限で使えます!

ユナイテッド航空が存在し続ける限り、ルールを変えない限りはいつでも好きなときに使えますよ。

JALやANAの場合、有効期限が3年間なのでこれはものすごくありがたいですね。

意外と3年って短くて、「有効期限が迫ってる、どうしよう!?」みたいなのが結構あるから、無期限で使えるマイルは最高ですね。

ANAでもユナイテッド航空のマイルが使えます

「日本の航空会社でもないのに、わざわざマイルを貯める意味があるのかな?」って思いませんか?

一見そう思ってしまいがちですが、実はユナイテッド航空のマイル、ANAでも使えます!

ユナイテッド航空のサイトから、マイルを使ってANA便を予約できるため、飛行機代がタダになります。最高ですね。

だからわざわざユナイテッド航空のマイルを貯める価値があるのです!

試しに「伊丹-羽田」間の往復航空券をユナイテッド航空で探してみました。すると…!

  • 通常運賃:63,140円
  • マイル:12,000マイル
  • 1マイルの価値:約5.26円

以下で、同じ日付で通常運賃とマイルで予約しようとして比べています。

▼まずは正規運賃で。往復63,140円と高いですね。

ユナイテッド航空でANAを予約しようとしたときの値段
ユナイテッド航空でANAを予約したときの運賃

▼ユナイテッド航空のマイルで特典航空券を取ろうとした場合、往復12,000マイル(片道6,000マイル)で済みますね!

ユナイテッド航空でANA特典航空券を取ろうとしたときのマイル数
ユナイテッド航空でANA特典航空券を取得するときのマイル数

しかもこの場合、1マイルあたりの価値が5.26円になっているため、ものすごくお得です。

MileagePlusセゾンプラチナカードのマイル還元率が1.5%と紹介しましたが、円換算したときの還元率が7.89%になります!つまり100円使えば約8円分戻ってきたことになってますね。

もちろん行き先によって円換算したときの還元率は変わりますが、それでも1マイル1円未満になることはまずないので、お得でしかないです。

MileagePlusセゾンプラチナカードの特典

MileagePlusセゾンプラチナカードは、マイルを貯める使い方だけでも十分元が取れると思っています。

ですが、プラチナカードということもあって、さらにいろいろな特典がついていますよ!

その中で使えそうなものを紹介していきます。

ユナイテッドクラブ利用パスが年間2枚もらえる

MileagePlusセゾンプラチナカードを持っていると、ユナイテッド航空の空港ラウンジである「ユナイテッドクラブ」が使えるパスが2枚もらえます。

1枚あたり59米ドルの価値があるものです。

ユナイテッド航空便を利用するとき、ラウンジに入りたい場合はこれを使うとフライトまで優雅な時間を過ごせますよ。飲み物・軽食があります。

ちなみにこのユナイテッドクラブ利用パス、いつ届くのか気になると思いますが、カード入会月の月末に届きますよ。

使わないならメルカリ・ラクマで出しちゃうのも1つです。

国内の空港ラウンジが無料で使える

ユナイテッドクラブ以外のラウンジだと、国内の主要空港にあるラウンジも使えます。

航空券とMileagePlusセゾンプラチナカードを提示すれば入れますよ。

ただ、こちらのラウンジはそこまですごいサービスがあるわけではないので、あまり期待しないほうがいいですね。

このサービスは、一般的なゴールドカードでもあるものです。

ユナイテッド航空運航便で優先搭乗できる

MileagePlusセゾンプラチナカードならではだなと思うのは、ユナイテッド航空の飛行機に乗るときに、優先搭乗できること。

搭乗する前、順番に呼ばれると思いますが、行列ができる前に搭乗できるので、スムーズに座席まで行けます。

乗る人が多いと、座席に着くまで結構時間がかかるので、地味ですがいいサービスですよ。ストレスが減ります。

ちなみに同乗者がいる場合、同乗者も優先搭乗できます!

海外旅行傷害保険が充実している

MileagePlusセゾンプラチナカードは「プラチナ」ということで、海外旅行傷害保険が充実しています。

もちろん自動付帯になっており、それぞれの保険金の上限も高めです。

傷害治療費用・疾病治療費用はそれぞれ300万円に設定されています。

ショッピング保険の上限が500万円

MileagePlusセゾンプラチナカードは、ショッピング保険も付帯しています。

カード払いした商品を90日間、1事故あたり上限が500万円まで補償してもらえますよ。

大きな買い物をするときに安心感がありますね!

2年目以降の継続で5,000マイルもらえる

MileagePlusセゾンプラチナカードを2年目以降も継続すると、年会費請求月に5,000マイルが付与されます。

カードを持っているだけで毎年5,000マイルもらえるのはうれしいですね!

年会費がとても高いので、このマイルがあることで少しは元が取れます。

先ほどの例のように、1マイル5円で換算したら毎年25,000円分もらってるようなものですね。

アメリカン・エキスプレス・カード限定の特典もある

MileagePlusセゾンプラチナカードでは、アメリカン・エキスプレス・カード(AMEX)ブランドも選べます。

AMEXだけの特典もありますので、使えそうなものを紹介しますね。

Tablet Plusが無料で使える

Tablet Plusは、世界中のホテル約1,000軒でアップグレードや朝食サービスがある有料サービスです。

年会費が税込で9,900円もするので、なかなかお高いですね。

ですが、MileagePlusセゾンプラチナカードを持っているとTablet Plusを無料で利用できます。

出張や旅行のときに使うと、特典を受けられそうですね。

オントレで優待や特典を受けられる

オントレは、ホテルや食事などで優待が受けられるサービスのこと。MileagePlusセゾンプラチナカードを持っていると使えますよ。

割引になる場合もあるので、お店を予約する前はチェックしておくと節約できる機会があるかもしれません。

ただ、対象のお店が日本全国でもそこまで多くないので、使う機会がほとんどなさそうです。

プレミアムホテルプリビレッジが使える

ホテルでの優待や割引といったサービスがある「プレミアムホテルプリビレッジ」も、MileagePlusセゾンプラチナカードがあると使えます。

レイトチェックアウトや部屋のアップグレードなどに対応してもらえますよ。

ただしプレミアムホテルプリビレッジも使えるホテルがわずかしかありません。

  • コンラッド東京
  • ザ・リッツ・カールトン東京
  • パークハイアット東京
  • ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル
  • 名古屋マリオットアソシアホテル
  • アマネム

これらのホテルだけが対象です。

一休.comのダイヤモンド会員になれる

専用サイトからエントリーすることで、一休.comのダイヤモンド会員になれます。ダイヤモンド会員は最上級ランクですね。

一休.comで予約したときポイントが5%もつくのでかなりお得です!

MileagePlusセゾンプラチナカードで予約したら1.5%分のマイルも貯まるので、両方合わせると6.5%分がポイントやマイルになる計算ですね。

さいごに

いろいろな特典を紹介してきましたが、やはり何と言っても制限なく1.5%のマイル還元率になるのが最高すぎます!

個人的には税金支払いにも使えるし、法人口座から引き落とせるというのもうれしいところです。

期間限定ではありますが、3%還元のキャンペーンは最高にお得だと思うので、もし会社でまとまったお金を使うことがあるのなら、ぜひ使ってみて欲しいです。

マイルを貯めまくって、無料で旅行するよろこびをぜひ味わっていただけたらと思います!

この記事を書いた人

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。会社を辞めて子どもが産まれるタイミングで家を買いました。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。そもそも論から考えるミニマリスト的な節約術、クレジットカード、ポイントやマイル、株主優待、投資信託、移動を安くする方法に詳しいです。

松本 博樹のプロフィール