JCB京都ラウンジの場所はどこ?行き方や対象クレカ・使ってみた感想をブログ記事でレポート

スポンサーリンク

こんにちは!
京都には毎月必ず行っている、ノマド的節約術の松本(@peter0906)です。

京都駅を毎月使っているのですが、京都駅を出たところにJCBの専用ラウンジがあるって知ってましたか?

京都にあるJCBのラウンジは、ランクの高いクレジットカードを持っていることで使えます。

今後使ってみたいと思うかもしれませんので、実際に私が行ってみた感想などを写真付きでレポートしますね。

JCB京都ラウンジへの行き方

まずはJCB京都ラウンジへの行き方を紹介しますね。

京都駅からすぐのところにあるんですが、京都駅自体がとても広くて、迷子になってしまうとどうしたらいいかわからなくなりがちです。

迷わないためには、まず京都駅の改札を出たあと、京都タワーが見える方面の出口を出ましょう。

▼外に出れるぐらいのところにきたら、右手に京都劇場の案内が見えると思います。

そこをまっすぐ進んでいきましょう。

JCB京都ラウンジへの行き方

▼そのまままっすぐ進むと階段が見えてきます。
そこを上にのぼって、そのまま入り口に入ってください。

JCB京都ラウンジへの行き方

▼中に入ったら右手のほうに行くと「JCB Lounge京都」が見つかりますよ。
その手前には外国人向けの「JCB Plaza」もありました。

JCB京都ラウンジ 外観

▼JCB京都ラウンジの営業時間は、午前10時から午後6時で年中無休になります。

また、上位ランクのJCBカードを持っていないと入れない場所です。

対象のクレジットカード一覧についてはまたあとで紹介しますね。

JCB京都ラウンジに入場できるクレジットカード

JCB京都ラウンジの中はどうなってた?

入り口までの様子はこれぐらいにして、早速中に入りましょう。
入ったら受付の方がいて、カードを提示すれば中に通してもらえますよ。

▼ラウンジの利用は1時間以内となります。
それ以上の長時間利用はできないみたいですね。

JCB京都ラウンジ

まずはラウンジ内の座席について。
ラウンジ自体が思ってた以上に狭く、そんなに多くの人は入れないようになっていました。

20人も入ったら満員ではないでしょうか。

▼こちらは壁向かいの席。

JCB京都ラウンジ

▼こちらは向かい合って座るイス。
打ち合わせしそうな感じがありますね。

JCB京都ラウンジ

▼奥にはソファー席もありましたよ。

JCB京都ラウンジ

▼コンセントもところどころ設置されていて、パソコン仕事や充電にも使えます。

JCB京都ラウンジ

▼最初の横並びのイスでは座席にコンセントがあって便利でしたよ。

JCB京都ラウンジ

▼空港ラウンジと同じような感じで、雑誌も置かれています。
京都に関連する雑誌が多いのが特徴的ですね。

JCB京都ラウンジ

▼JCB京都ラウンジでは、もちろんフリードリンクとなっています。

飲みたいものがあれば、ボタンを押して飲んでみましょう。

JCB京都ラウンジ

▼いろいろなお茶があるのもなんとなく京都っぽい感じがしますね。

JCB京都ラウンジ

JCB京都ラウンジに入れるクレジットカードの一覧

JCB京都ラウンジは、誰でも入れるわけではなくて、対象のクレジットカードを持っていないと中に入ることができません。

対象のクレジットカードは以下の通りです。

  • JCBザ・クラス
  • JCBプラチナカード
  • ANA JCBカード プレミアム
  • ANA JCBカード スーパーフライヤーズカード プレミアム
  • 東海東京証券プレミアムクラブ JCB Platinum
  • JAL・JCBカード プラチナ
  • JALグローバルクラブ JAL・JCBカード プラチナ
  • JAL CLUB EST JAL・JCBカード プラチナ
  • JAL・JCBカード (ディズニーデザイン)プラチナ
  • JCBプラチナ法人カード
  • JCBゴールド ザ・プレミア

ランクが高いものばかりで、年会費が1万円以上するクレジットカードばかりですね。

ラウンジを利用した感想

ここまでラウンジの様子を紹介してきましたが、私が利用したときは平日の15時頃で誰も利用者がいない状態でした。

そのため貸し切りみたいな感じでしたよ!

たまっていた仕事をしていましたが、誰もいないこともあってかなり進みました。

1時間という時間制限があるのを逆に利用して一気に集中して仕事するのにもおすすめです。

私は仕事での利用でしたが、京都に来る場合は観光での用事になるかと思いますので、これからどこに回ろうかと考えるのと、ちょっとした休憩に使うのがいいかと思いますよ。

もし、対象のクレジットカードがあれば、京都に来たときにゆっくりできる場所として利用してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。
詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る