本を売るならどこが高い?ネット古本買取でおすすめの宅配買取サービス13選で比較しよう

スポンサーリンク

こんにちは!
宅配買取サービスを20種類以上利用したことのある、ノマド的節約術の松本(@peter0906)です。

ふと、家を整理したいと思った時に、もう読まなくなってしまった本が大量に出てきますよね。

本って、大量になるとかなりの重量になります。
持ち運ぶのも相当大変です。

そんな時に活用したいのが、ネットでの古本買取サービス。

外に持って行って買取って大変ではないですか?

家にある本を、外に出ず買い取ってもらえるので、今までのようにブックオフなどに持っていく面倒な手間が省けますよ!

私自身、何度もネットでの買取を利用していますが、慣れてしまうと、外に持っていくのがありえないと思ってしまいます。

それぐらい便利なので、ぜひネットでの買取サービスを活用してみてください。

このページで紹介しているサービスは、すべて利用してどんな流れで買い取ってもらえるのかを確認していますよ!

全部実体験の感想!ネット古本買取でおすすめの買取サービスまとめ

他のジャンルで比較したい方は、こちらもどうぞ。

【おすすめ】バリューブックス

バリューブックス上田原倉庫の内部
バリューブックス上田原倉庫の内部

バリューブックスは、コンピュータの技術書や、法律関係などの専門書の買取に強いところです。

私はWeb関係の仕事をしているので、読まなくなった本を買い取ってもらうのにちょうどいいサービスになりました。

もし、そういった本が大量にあるのであれば、バリューブックスにお願いしてみてはいかがでしょうか。

バリューブックスでの査定価格から送料で500円引かれてしまいますが、その分だけ買取価格が以前より1.5倍になりましたよ。

まとめて買い取ってもらいたいときにいいと思います。

また、CD・DVD・ゲームの買取もできますので、たくさん送る予定があるのならおすすめですね。

事前に査定もできるようになっていますので、ある程度の買取価格が読めるのも使いやすいところです。

より高額での買取を目指す・数が多くなるのであれば、このあと紹介するVabooよりもバリューブックスのほうがトータルでの買取価格が高くなりやすいですよ。

参考:バリューブックスで古本買取してもらうにはこちらから

【おすすめ】Vaboo

Vabooは、バリューブックスと同じ会社が運営しているサービス。

古本だけでなく、CD・DVD・ゲームの買取にも対応しています。

私が使ったときは、発売から年数が経っている古本ばかりを送りましたが、ブックオフよりは買取価格が高くなりましたよ。

以前、Vabooでドラゴンボール全巻セットを買い取ってもらったときは6,000円以上になったこともありました。

こちらは5点以上で送料無料で買い取ってもらえます。
もちろん振込手数料も無料ですよ!

バリューブックスとは違って会員登録の必要もなく、手軽に申し込めるのが魅力的です。

Vaboo・バリューブックスで比較しながら、どちらかを使うのがいいですよ。
考えるのが面倒で手軽に売りたいなら迷わずにVabooでいいと思います!

開いたページの上にある「WEBお申込み」を押すと、買取申込に進めますよ。

参考:Vabooで古本買取してもらうにはこちらから

後日、バリューブックス・Vabooを運営している「株式会社バリューブックス」に取材することがあり、考え方に共感することがたくさんありましたので、個人的にもこの2つを積極的に利用していただきたいと思いました。

参考:バリューブックス倉庫の取材記事はこちら
参考:バリューブックスが運営するブックカフェを取材した記事がこちら

ブックサプライ

ブックサプライ倉庫内の棚
ブックサプライ倉庫内の棚

ブックサプライは、古本だけではなく、CD・DVD・ゲーム・スマートフォン・金券なども含めて買取を行っています。

発売から1ヶ月以内の商品であれば、定価の40%が保証されているので、サイクルが早いのであれば使い勝手のいいサービスですよ。

シルバーウィーク中に申し込んだにも関わらず、私の場合は3日後には査定結果完了の連絡が来ていました。

初めての利用の場合、備考欄にキャンペーンコードを入力して、自動承認で買取申込したときに5,000円以上の査定結果になると、1,000円アップで振り込まれますよ。

キャンペーンコードの入力方法やブックサプライの特徴を知りたい場合は以下のページで詳しく説明しています。

参考:ブックサプライで古本買取してもらうにはこちらから

ブックステーション

ブックステーションは、送ってから振込までがとてもスピーディーでした。
私が利用したときは、送ってから2日後には振り込まれていましたよ。

また、50点ごとに250円買取価格が加算されるサービスも魅力的です。
50冊以上送ることで全体的な買取価格も高く見えやすくなると思います。

参考:ブックステーションで古本買取してもらうにはこちらから

買取王子

買取王子のダンボール箱
買取王子のダンボール箱

買取王子は、買取価格こそ高くないものの、私が利用したときは不用品を送ってから入金されるまでのスピードがはやかったです。

入金までの時間を短くしたい場合には、選択肢の1つとして知っておくといいですよ。

入金までの時間はかかりますが、集荷用のダンボールを送ってもらうこともできます。

また、査定結果の金額をAmazonギフト券で受け取ると、最大で11%査定額から上乗せしてもらえるサービスもありますよ。

参考:買取王子で古本買取してもらうにはこちらから

駿河屋

高額買取を求めるのであれば、駿河屋(するがや)で決まりです!

ただ、30点以上送らないと送料が掛かってきますし、振込手数料も掛かってくるので、大量に送らないと、お得感が薄れてしまいますので要注意。

私が使った時は、安物ばかり送ったのですが、1万円の買取価格を超えてて衝撃を受けました。

私の知人は、聞かなくなった洋楽のCDを大量に送って、7万円ぐらいの買取価格になったそうです!

参考:駿河屋で古本買取してもらうにはこちらから

BOOKRIVER(ブックリバー)

BOOKRIVERは、事前に売りたい本を査定してから申し込むサービスです。

そのため、送ったあとに思ったよりも買取価格がよくなかったとガッカリすることはありません。

合計の査定金額が2,000円以上であれば、送料無料で送れますよ。
また、振込手数料も無料です。

人気商品であれば、定価の50%で買い取ってもらえる可能性があるのも魅力的ですね!

参考:BOOKRIVERで古本買取してもらうにはこちらから

古書大黒堂

古書大黒堂は、名前の通り、本の買取が専門の業者です。

いくつかのサービスで古本を買い取ってもらいましたが、専門ということもあって、買取価格は高めに感じました。

ただ、申込に手間がかかった記憶がありますので、利用されるときには、以下のページを合わせて読んでいただくことをおすすめします。

参考:古書大黒堂で古本買取してもらうにはこちらから

いーあきんど

いーあきんどを使った時は、集荷から査定結果が分かって振り込まれるまでたったの1日しか開かなかったのが強く印象に残っています。

ホント早かったですね〜。

買取価格はそれほど高くないですが、スピード感を求めるのであれば、かなりおすすめのサービスですよ。

参考:いーあきんどで古本買取してもらうにはこちらから

hobby man

hobby manは、発売1ヶ月以内の本だと定価の40%で買い取ってもらえるサービスが魅力的です。

ただ、20点以上送らないと送料無料にならないのが少しデメリットではあります。

そのデメリットを逆にいかして、発売から1ヶ月以内の本と合わせて他にも本を買い取ってもらいたいときに使えますね。

集荷してもらってから振込までのスピードもかなり早かったです!

また、CD・DVD・ゲーム・フィギュアの買取にも対応していますよ。

参考:hobby manで古本買取してもらうにはこちらから

BUY王(バイキング)

BUY王(バイキング)は、初めて利用する方に対するボーナスが充実しているので、一度限りの利用であれば、おすすめだと思います。

2回目以降だと1回目より買取価格が見劣りしがちなので、1回限りかなぁ。

私も2回目以降を使う予定はありません。

参考:BUY王で古本買取してもらうにはこちらから

リコマース

リコマースは、Amazonアカウントさえ持っていれば、名前や住所の入力なしに利用できる買取サービスです。

そのため、申込するのがとてもカンタンですよ。

リコマースは本の買取にも対応していますが、それだけでなくいろんなジャンルの商品を買い取ってもらえます。

査定金額はAmazonギフト券でもらう形になりますので、Amazonを使っているのであれば利用しやすいですね。

参考:リコマースで古本買取してもらうにはこちらから

ブックオフオンライン

ブックオフオンラインは、古本販売で有名なブックオフのオンライン版ですね。

ネットでも古本の買取に対応していますよ。

店舗のようにわざわざ持っていく必要もないので、同じブックオフで売るならブックオフオンラインのほうがラクです。

時期によっては買取キャンペーンもありますので、もし使うのであればチェックしてみましょう。

参考:ブックオフオンラインで古本買取してもらうにはこちらから

ブックオフに行くコストや手間を省けるのがメリット

本を売りたいと思ったときにまず思いつくのはブックオフに持っていくことではないでしょうか。

本を売るならブックオフ♪」っていうぐらいですからね。

ブックオフは便利ですが、「ほんとにブックオフでいいの?」と思うことはないでしょうか。

まず、ブックオフに持っていくこと自体が面倒だと思います。

過去に私もブックオフで買い取ってもらうために本を持っていったことがありましたけど、持ち運びするのが面倒でした。

本って普通に重たいですからね。
それが何冊、何十冊となると大変なのはイメージできると思います。

また、ブックオフに持っていくために必要なガソリン代や電車代を考えるとそれ自体がもったいなく感じますね。

下手をしたら往復の交通費のほうがかかってしまう可能性もあります。

それならば、ここで紹介した古本の宅配買取サービスを使うほうが時間も節約になりますよ。

新しい本や高値で取引されている本であれば、ブックオフよりも高くなる可能性もあります。

さいごに:古本のネット買取もいろいろ

古本の買取サービス1つだけでも、ここで紹介したように数多くありますね。
古本の専門サービスもあれば、他のジャンルも含めた宅配買取サービスもありますよ。

私の感覚でいえば、やはり古本買取の専門サービスの方が買取価格が高くなる傾向にありました。

また、ブックオフなどで買い取ってもらうよりも高額になるところばかりでした。

やはり、人件費が安くなる分だけ、買取価格に反映されるように思います。

ぜひネットから宅配買取サービスを利用して、時間を短縮しながら買い取ってもらいましょう!

個人的には、本に対して熱心なバリューブックスVabooが特におすすめです。

おまけ:自分で販売する方へ

当たり前ですが、買取サービスを利用するよりも、自分で売った方が確実に受け取り金額を高くできます。

その代わり、自分で販売する手間が必要なので、それと比較した上で考えてみてはいかがでしょうか。

ヤフオクAmazonメルカリなどで販売できますよ。

私の経験談は、以下のページでまとめています。

おまけ:古本買取で得たお金を投資にまわしてみよう

古本を買い取ってもらうと、臨時収入的にお金が入ってきますよね。

そのお金を始めからなかったものとして、全額投資にまわしてみるのはいかがでしょうか。

例えば楽天証券だと、楽天スーパーポイントでも投資信託を買えますし、買取で入ってきたお金を投資信託にまわしてコツコツと投資を始めてみるとおもしろいですよ。

今は楽天カードでも投資信託の積立ができます。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る