全部実体験の感想!ネット古本買取でおすすめの買取サービス12選で比較しよう

スポンサーリンク

こんにちは!
宅配買取サービスを20種類以上利用したことのある、ノマド的節約術の松本(@peter0906)です。

ふと、家を整理したいと思った時に、もう読まなくなってしまった本が大量に出てきますよね。

本って、大量になるとかなりの重量になります。
持ち運ぶのも相当大変です。

そんな時に活用したいのが、ネットでの古本買取サービス。

外に持って行って買取って大変ではないですか?

家にある本を、外に出ず買い取ってもらえるので、今までのようにブックオフなどに持っていく面倒な手間が省けますよ!

私自身、何度もネットでの買取を利用していますが、慣れてしまうと、外に持っていくのがありえないと思ってしまいます。

それぐらい便利なので、ぜひネットでの買取サービスを活用してみてください。

下で紹介しているサービスは、全て私自身が使ったものです。

全部実体験の感想!ネット古本買取でおすすめの買取サービス9選

他のジャンルで比較したい方は、こちらもどうぞ。

バリューブックス

バリューブックスは、コンピュータの技術書や、法律関係などの専門書の買取に強いところです。

私はWeb関係の仕事をしているので、読まなくなった本を買い取ってもらうのにちょうどいいサービスになります。

もし、そういった本が大量にあるのであれば、バリューブックスにお願いしてみてはいかがでしょうか。

Vaboo

Vabooは、バリューブックスと同じ会社が運営しているサービス。

バリューブックスとは違って、DVDやゲームの買取も受け付けているのが特徴的です。

私が使った時は、ほとんど値が付かないであろう古本ばかりを送りました。
ブックオフよりは買取価格が上でしたよ。

後日、バリューブックス・Vabooを運営している「株式会社バリューブックス」に取材することがあり、考え方に共感することがたくさんありましたので、個人的にもこの2つを積極的に利用していただきたいと思いました。

参考:バリューブックス倉庫の取材記事はこちら
参考:バリューブックスが運営するブックカフェを取材した記事がこちら

ブックサプライ

ブックサプライは、本だけではなく、CD・DVD・ゲームも含めて買取を行っています。

発売から1ヶ月以内の商品であれば、定価の40%が保証されているので、サイクルが早い方にとっては使い勝手のいいサービスですよ。

シルバーウィーク中に申し込んだにも関わらず、私の場合は3日後には査定結果完了の連絡が来ていました。

初めての利用で5,000円以上の査定がついた場合は、買取額が1,000円アップするキャンペーンもありますよ。

ブックステーション

ブックステーションは、送ってから振込までがとてもスピーディーでした。
私が利用したときは、送ってから2日後には振り込まれていましたよ。

また、50点ごとに250円買取価格が加算されるサービスも魅力的です。
50冊以上送ることで全体的な買取価格も高く見えやすくなると思います。

駿河屋

高額買取を求めるのであれば、駿河屋(するがや)で決まりです!

ただ、30点以上送らないと送料が掛かってきますし、振込手数料も掛かってくるので、大量に送らないと、お得感が薄れてしまいますので要注意。

私が使った時は、安物ばかり送ったのですが、1万円の買取価格を超えてて衝撃を受けました。

私の知人は、聞かなくなった洋楽のCDを大量に送って、7万円ぐらいの買取価格になったそうです!

古書大黒堂

古書大黒堂は、名前の通り、本の買取が専門の業者です。

いくつかのサービスで古本を買い取ってもらいましたが、専門ということもあって、買取価格は高めに感じました。

ただ、申込に手間がかかった記憶がありますので、利用されるときには、以下のページを合わせて読んでいただくことをおすすめします。

いーあきんど

いーあきんどを使った時は、集荷から査定結果が分かって振り込まれるまでたったの1日しか開かなかったのが強く印象に残っています。

ホント早かったですね〜。

買取価格はそれほど高くないですが、スピード感を求めるのであれば、かなりおすすめのサービスですよ。

ケセランパサラン

ネットでの買取サービスって、1点ごとの査定価格が見えにくいところがあるのですが、ケセランパサランだと1点毎に査定価格を教えてもらえます。

しかも、最低買取価格が他のところよりもちょっと高いように感じたので、その点でいい印象を持ちました。

査定結果が分かるまでもかなり早かったです。2日ぐらいだったかな。

らくらく書店

らくらく書店は、なんといっても1点から送料無料で送れるところにアドバンテージがあります。

気軽に使える買取サービスというのがいいですよね。

私が使った時は、買取価格もそれなりにいい感じだったので、いい印象が残っています。

セコハンバイヤー

セコハンバイヤーは、本・CD・DVD・ゲームの買取サービスです。

他にないサービスとして、買取の感想をブログやFacebookに投稿することで査定額が50〜200円プラスになるのがうれしいところ。

Facebookへの投稿であれば、かなり気軽にできますので、ちょっとでもプラスになるようにしてみましょう!

BUY王(バイキング)

BUY王(バイキング)は、初めて利用する方に対するボーナスが充実しているので、一度限りの利用であれば、おすすめだと思います。

2回目以降だと1回目より買取価格が見劣りしがちなので、1回限りかなぁ。

私も2回目以降を使う予定はありません。

買取王子

買取王子は、買取価格こそ高くないものの、私が利用したときは不用品を送ってから入金されるまでのスピードがはやかったです。

入金までの時間を短くしたい場合には、選択肢の1つとして知っておくといいですよ。

入金までの時間はかかりますが、集荷用のダンボールを送ってもらうこともできます。

また、査定結果の金額をAmazonギフト券で受け取ると、最大で11%査定額から上乗せしてもらえるサービスもありますよ。

さいごに:古本のネット買取もいろいろ

古本の買取サービス1つだけでも、いろいろありますね。

古本の専門サービスもあれば、他のジャンルも含めたサービスもあります。

私の感覚でいえば、やはり古本買取の専門サービスの方が買取価格が高くなる傾向にありました。

私の感覚でいうと、ブックオフなどで買い取ってもらうよりも高額になるところばかりでした。

やはり、人件費が安くなる分だけ、買取価格に反映されるように思います。

おまけ:自分で販売する方へ

当たり前ですが、買取サービスを利用するよりも、自分で売った方が確実に受け取り金額を高くできます。

その代わり、自分で販売する手間が必要なので、それと比較した上で考えてみてはいかがでしょうか。

ヤフオクAmazonメルカリなどで販売できますよ。

私の経験談は、以下のページでまとめています。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。
詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る