CDを高く売るならどこがいい?CD買取でおすすめのサービス13選で比較しよう

スポンサーリンク

こんにちは!
ノマド的節約術の松本(@peter0906)です。

私は音楽を聞くのが好きで、学生時代からよくCDを買っていました。

その名残で、今でも家にCDが数百枚の単位であるんですよね。
これでも減った方で、一時期は1,000枚を超えていたと思います。

収入がゼロになったタイミングで、贅沢をしてられないと思ったので、片っ端からCDを手放していった経緯があるんですよね。

でも、1枚1枚CDを売っていくのは大変なので、部屋を一気に片付けたい場合は、買い取ってもらうのがおすすめです!

このページでは、私自身が一度は使ったことのある、CD買取サービスでおすすめできるところを紹介していきます。

ネットCD買取 おすすめサービスまとめ

他のジャンルで比較したい方は、こちらもどうぞ。

CDを高く売るためのコツ・考え方

私は過去に大量にCDを買っていたこともあり、当時は相場観もそれなりにあったと思います。

中古で買うことも多かったので、高くなりやすい商品とそうでない商品の見分けもそこそこできるはず。

CDを高く売るために知っておきたいのは、以下の2点。

  • 発売から間もないCD
  • 希少価値の高いレアなCD

これらどちらかの条件に当てはまれば高く売れやすいですよ。

当たり前ですが、発売してからそれほど日にちが経っていないCDは高く売れやすいです。
私の知り合いはあえてこの方法を利用してCDを買っているそう。

また、初回限定盤などの後々レアになってくるCDも高く売れやすいです。

大ブレイクしたことによって、売れていなかった頃の初回限定盤のCDが高騰することもよくあります。

中には、購入価格よりも買取価格が高くなるケースもあるぐらい。

私も過去には、ブレイク前のサカナクションのシングルCD「セントレイ」の初回限定盤を持っており、1,000円ちょっとで手に入れたのが4,000円近くになったこともありました。

狙ってできるものではないですけど、こういったケースもなくはないです。

最近だとSuchmos(サチモス)の限定版CDも高騰していますね。

サチモスのニューアルバム来たー! #suchmos #thekids #サチモス

hiroki matsumotoさん(@cocowa_kobe)がシェアした投稿 –

また、買取サービスによって得意ジャンルが異なりますので、CD買取を得意としている買取サービスを利用するのも高額買取のコツです。

おすすめのCD買取サービス一覧

Vaboo

個人的におすすめなのが「Vaboo」という買取サービス。
申し込みのしやすさと振込までの早さ、それなりの価格で買い取ってもらえることで気に入っています。

また、Vabooを運営しているバリューブックスは本を寄付するなどの社会貢献活動にも積極的で、その点でも応援したいです。

Vabooを利用するときは、5点以上送れば送料無料になりますよ。
このあたりのハードルも低く、とても使いやすいです。

本やDVD・ゲームの買取も行っていますので、他にもありましたら一緒に送るといいですよ。

ブックサプライ

ブックサプライは、CDだけでなく本やDVDなども買い取ってもらえるサービスです。

10点以上で送料無料になりますし、ダンボールも無料で届けてもらえますよ。
私が利用したときは、それなりの買取価格になった印象がありました。

以前は振込手数料が400円かかりましたが、今は無料になったので、使いやすくなりましたね。

初めての利用の場合、備考欄にキャンペーンコードを入力して、自動承認で買取申込したときに5,000円以上の査定結果になると、1,000円アップで振り込まれますよ。

キャンペーンコードの入力方法やブックサプライの特徴を知りたい場合は以下のページで詳しく説明しています。

駿河屋

どのジャンルでも最もおすすめしているのですが、駿河屋です。
10以上の買取サービスを使ってきましたが、とにかく高額で買い取ってもらえます。

私の感覚ではケタ違いで高く買い取ってもらえた印象がありますよ。
CDに限らず、買取を検討しているなら、駿河屋は一度チェックしておくのがおすすめ。

ただ、振込手数料はかかるし、30点以上送らないと送料無料にならないので、使う時は一気に送るようにしましょう。

ブックステーション

ブックステーションは、CDを20点以上送れば送料無料にできるサービスです。
個人的に高額買取してもらえた印象が残っています。

50点ごとに250円還元される仕組みも売るほうとしてはありがたいですよね。

買取王子

買取王子も集荷から振込までのスピード感があるサービスです。
ただ、古い商品を送る場合、買取価格には期待しない方がいいですよ。

家の不用品をすぐに買い取ってもらってお金に換えたいと思っている場合におすすめできます。

高額買取を求めるなら、他のサービスのほうがおすすめです。

楽-YA

楽-YAは、CDやDVDなどの買取に対応しているサービスです。
ダンボール・送料ともに無料なのがうれしいですね。(送料は5点以上から無料)

私が過去に15枚ほど送ったときは1,200円ほどになりました。
もちろん、発売されてそんなに日が経っていないCDやDVDのほうが高く売れる傾向にありますよ。

リコマース

リコマースは、Amazonのアカウントを持っていれば気軽に利用できる買取サービスです。

免許証のコピーなどを取る必要もなく、本人限定受取郵便で確認ができて自分の手間が省けますよ。

ただ、査定金額の受け取りはAmazonギフト券になります。

Amazonを使っている方であればおすすめのサービスですよ。

いーあきんど

いーあきんどは、買取商品を送ってから入金までの流れが最も早いサービスです。

私が使った時は、送ってから1日後に振込があるというスピード感でしたからね。

申込が多くなると、そういうわけにはいかないのかもしれませんが、とにかく早く現金化したいと思っているのであれば、いーあきんどはおすすめの買取サービスです。

査定結果も極端に低いというのはなかったですよ。

らくらく書店

らくらく書店は、1点から送料無料で買取依頼ができるのがおすすめポイント!

気軽に使えるような配慮がうれしいですよね。

しかも、私が使った時は、それなりに高額で買い取ってもらえたので、いい印象を持っています。

個人的に、らくらく書店は高額買取の部類に入ると思いますよ。

セコハンバイヤー

セコハンバイヤーは、買取サービス自体は他と大差ないのですが、買取後の感想をブログやFacebookでシェアすることで50〜200円プラスになるサービスがあります。

確実に受取金額を大きくできる方法なので、セコハンバイヤーを使う場合は、Facebookで構わないので、感想を書いてみてはいかがでしょうか。

私が使った体験は、以下のページで。

ケセランパサラン

ケセランパサランは、1点ごとの査定結果を細かく教えてくれるのがうれしいサービスです。

たいていは、全部で〜円という結果しか教えてくれないので、細かな査定結果が分からないんですよね。

査定の基準を明確にしてくれているのが、とっても良心的に感じるサービスです。

あおば堂

あおば堂は、上で紹介したケセランパサランと同様に、送った商品を1点ごとに査定結果が分かるので、良心的ですよ。

買取価格も悪くなく、中の上ぐらいな感じがしました。

ネットオフ

今回紹介するサービスの中では最も有名だと思うのが、ネットオフ

テレビCMもやっていたほどで、知名度は抜群です。

他の聞いたことのない業者を使うよりも、大手の安心感をとるのなら、ネットオフがいいと思います。

ただ、査定結果にはほとんど期待できないと思ってもらった方がいいですよ。

私が利用した時も、高額買取とはとてもいえない結果となりました…。

さいごに

ネットでCDを買取できるサービスは数多くあります。
CD買取の専門サービスはありませんが、業者ごとにCD買取の基準も異なるようです。

Amazonマーケットプレイスでも安いし、査定結果も安くなるだろうな〜と思っている商品ばかりを送っているのですが、そのあたりの判断が全然違ってたりするので、意外と差があります。

私自身の考えだと、できる限り高額買取してもらう方がいいと思っています。

でも、金額よりもスピード感が大事な場合もありますので、自分自身の価値観に合わせて、CD買取を利用するサービスを選んでみましょう。

* * *

他のジャンルでおすすめの買取サービスを比較される方は、以下のページもチェック!

おまけ:自分で販売する方へ

当たり前ですが、買取サービスを利用するよりも、自分で売った方が確実に受け取り金額を高くできます。

その代わり、自分で販売する手間が必要なので、それと比較した上で考えてみてはいかがでしょうか。

ヤフオクAmazonメルカリなどで販売できますよ。

私の経験談は、以下のページでまとめています。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る