マンガ・コミック買取のおすすめはどれ?複数のネット漫画買取サービスを比較した感想まとめ

スポンサーリンク

こんにちは!
買取サービスに詳しい、ノマド的節約術の松本(@peter0906)です。

マンガって面白いですよね。
一度読み始めたら、ついつい続きが気になってしまい、気付いたら全巻揃っていたということはないでしょうか。

でも、読み終わってしばらくしてしまえば、本は残ったままで家のスペースをとってしまいます。

いざ掃除をし始めると、もう読まないし、「もう、いらないや」となりませんか?

そんなときは、買い取ってもらうことを考えると思います。
少しでもお金に交換するほうが気分的にいいですもんね。

でも、ブックオフなどのお店に持っていくのはかなり大変です。

なんといっても全巻セットになると物理的に重たいですし、車でないと運べないかもしれません。

そうなると時間もお金もかかるしもったいないですよね。

今は、そんな面倒なことをしなくても、ネットで買取を申し込んで、家から一歩も出ずに売ることができます。

今回は、マンガ買取ができるサービスをいくつか利用して、それぞれのサービスのマンガ買取がどんな感じだったのかの感想や、使ってみての比較を紹介していきますね。

利用したサービスは以下の通りです。

マンガ買取のおすすめはどれ?比較した感想

ちなみに、ドラゴンボール全巻セットで買取価格を比較した記事もあります。

今回、買取してもらった商品の一覧

今回、いくつかのサービスを利用しましたが、送った商品はすべて同じにしています。
そうでないと、査定額の比較がしづらいかと思いますので。

▼送った商品は以下の通りです。

マンガ買取に送った商品の一覧

送った漫画セットは以下の3種類。

  • テルマエ・ロマエ
  • 男子高校生の日常
  • PLUTO

PLUTO マンガ買取

テルマエ・ロマエ マンガ買取

マンガ買取 男子高校生の日常

1. Vaboo

Vaboo(バブー)は、バリューブックスという会社が運営している買取サービスの1つです。

マンガ買取にも力を入れています。

5点以上送れば送料無料になるし、査定完了までにかかる時間も早く、振込してもらえるまでも早いですよ。

以前、バリューブックスの倉庫に取材させていただき、買取の流れを見せていただいたこともあります。

そういった経緯もあり、応援したい買取サービスですね。

ちなみに、今回送ったマンガのセットの買取価格は以下の通りになりました。

  • 買取価格:183円
  • 商品を送った日:2017/1/29
  • 買取確認メールが届いた日:2017/2/1
  • メール返信した日:2017/2/1
  • 振込された日:2017/2/2(反映は3日)

Vaboo マンガ買取の査定結果

Vaboo マンガ買取の査定結果

ちなみに、今回紹介している商品以外にも、Vabooにドラゴンボール全巻を買取してもらったことがあります。
買い取ったときは6,070円になりました。

Vabooでマンガ買取したときの結果

もっと安いのかと思いましたが、全巻セットということもあり、思ったよりも高く買い取ってもらえた印象ですね。

全巻セットだと34巻あるので、1巻あたり178円となります。

1巻あたりにすると、なかなか高額に思えませんか?

→ Vabooの買取サービスはこちらから使えます

Vabooに送ったドラゴンボール全巻セット

2. ブックサプライ

ブックサプライもマンガ買取に対応しています。
大量のマンガがあったとしても、ダンボールを10箱まで無料配送してくれるので、用意の手間が少し省けますよね。

査定金額に不安がある場合でも、事前に査定額を調べることができるようになっています。

ということで、ブックサプライにマンガを買取依頼してみました。

▼その後、買取結果がわかったメールはこちらです。

ブックサプライの買取結果

残念ながら、振込手数料を400円引かれてしまったことで、1円にもなりませんでした・・・。残念。

これで得た教訓は、ブックサプライで買い取ってもらうときは、大量に送るか買取価格が高くなるであろう商品をたくさん送ることです。

買取価格自体は他のサービスと比べて悪い、というわけではないので、使い方次第ではお得な買取サービスにできますね。

  • 買取価格:220円
  • 商品を送った日:2017/1/23
  • 買取確認メールが届いた日:2017/1/31

ブックサプライで今回これだけ時間がかかったのは、送ったはずの本人確認書類が認められなかった経緯があります。

そのため、普段はもっと早いですよ。

ブックサプライの買取サービスはこちらから使えます

3. アローズ

アローズは、本の買取をメインに取り扱っている買取サービスです。
梱包材から無料で届けてくれて、他にも手数料がかかることはありません。

また、発売から1ヶ月以内の本は定価の40%、3ヶ月以内だと定価の20%を保証しているのも魅力的です。

ただ、申し込んだあとの振込先を別の紙に記入しないといけないのが面倒なところではあります。

その後、アローズにマンガ全巻セットを買い取ってもらいました。

▼結果がこちら。

アローズの買取からメール

今回はキャンペーンでいつもより少し高く買い取ってもらえたことで302円になりましたね。

▼実際に振り込まれた証拠がこちらです。
楽天銀行に302円振り込まれましたね!

アローズの買取から振り込まれた証拠

アローズを使うときは、キャンペーン時期もチェックしておくと、より高く買い取ってもらえるのではないでしょうか。

今回3種類のサービスを試しましたが、アローズのマンガ買取は相性がよさそうな気がします。

  • 買取価格:302円
  • 商品を送った日:2017/1/29
  • 買取確認メールが届いた日:2017/1/30
  • メール返信した日:2017/1/30
  • 振込された日:2017/1/31

アローズの買取サービスはこちらから使えます

4. ネットオフ

ネットオフは、宅配買取では最大手クラスのサービスです。
送料などの手数料はすべて無料なので、安心して使いやすいですよ。

ネットオフでも同じマンガ全巻セットを送ってみました。

査定結果は・・・73円!
他の買取サービスよりも低くなってしまいましたね。

ネットオフの買取証拠

▼実際に振り込まれた証拠がこちらです。
73円が入金されていました。

ネットオフの買取 振り込まれた証拠

  • 買取価格:73円
  • 商品を送った日:2017/2/15
  • 商品到着日:2017/2/17
  • 買取確認メールが届いた日:2017/2/23
  • メール返信した日:2017/2/23
  • 振込された日:2017/2/24

ネットオフの買取サービスはこちらから使えます

それぞれの買取サービスを使ってみた感想と比較した感想

今回、3種類のマンガ全巻セットを送ったのですが、全般的に思ったよりも高くならなかったことに驚きました。

特にブックサプライでは、振込手数料で400円引かれてしまい、結局1円も振り込まれなかったのは完全に想定外でしたね・・・。

実は今回のマンガ買取、私(松本)ではなく、別の方に協力してもらいました。
その方は、初めて宅配買取を体験され、自宅集荷がとても楽と話していましたよ。

古本屋などに持っていく手間を考えると、自宅だけで完結するのはやはり楽ですよね。
私自身も何度も宅配買取サービスを利用しているので、その便利さは実感しています。

ちなみに、今回送った商品は全部コンディションが別々で、Vabooに送った商品がもっともコンディションが悪かったです。

査定額はそれほど高くなかったですが、コンディションまで考えると、Vabooはかなり健闘していたと言えるでしょう。もし、キャンペーン中であれば、より査定額は上がったと思います。

その他マンガ買取できるサービス

今回は、4種類の買取サービスで比較してみましたが、他にもマンガ宅配買取サービスに対応しているところはあります。

他にも選択肢が欲しい方に向けて、いくつか代表的なところを紹介しますね。

買取王子

買取王子は、マンガ買取だけでなく、幅広い商品ジャンルに対応している買取サービスです。

マンガ買取も強化しており、送ってもらえるダンボールも利用すれば、全巻セットも売りやすいですよ。

私が利用したときはそこまで買取価格は高くなかったですが、商品到着から入金まで最短2日というのがありがたく思いましたよ。

ブックステーション

ブックステーションは、本・CD・DVD・ゲームソフトの買取サービスです。
本の中でもマンガ買取に力を入れている印象が強く、セットだと、バラで売るよりも高く買い取ってもらえますよ。

さいごに

今回得た教訓は、マンガ買取をしてもらうなら、もっと大量に送るのがいいということ。

大量に送れば、部屋自体もスッキリしますので、気分も良くなりますよね。

もう読まないマンガが大量にあるのなら、気分を一新するために、家から出ずに使える宅配買取サービスを使ってみてはいかがでしょうか。

それぞれの買取サービスはこちらから利用できますよ!

おまけ:他のジャンルで比較される方へ

他のジャンルで比較したい方は、こちらもどうぞ。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る