楽天ビジネスカードのデメリットを解消してメリットだけを活かす方法とポイントの貯め方・審査についてのまとめ

スポンサーリンク

こんにちは!
法人の代表でもある、ノマド的節約術の松本(@peter0906)です。

楽天カードを使っていると、法人用の楽天カードがないのかなと思うことはないでしょうか。

あまり知られていませんが、楽天ビジネスカードというクレジットカードがあり、それが法人カードにあたります。

法人になっても楽天スーパーポイントを貯めたいと思っているのであれば、楽天ビジネスカードを使うことを選択肢に入れるのがいいですよ。

このページでは、楽天ビジネスカードにどんな特徴やメリットがあるのか、使うときに気をつけておきたいデメリットなどについて詳しく紹介していきますね。

楽天ビジネスカードのデメリット解消法とポイントの貯め方・審査

楽天ビジネスカードの特徴・要点まとめ

まずは、ざっくりと楽天ビジネスカードの特徴をまとめておきますね。

あとで詳しく1つ1つ紹介していきます。

  • 年会費税込2,160円
  • 法人口座引き落としができる
  • ポイント還元率が1%
  • 入会キャンペーンが充実している
  • 楽天プレミアムカードと合わせて使える

参考:楽天ビジネスカードのページを確認するにはこちらから

楽天プレミアムカードに付帯するカードになる

楽天ビジネスカードは法人カードになりますが、楽天ビジネスカードと合わせて楽天プレミアムカードを持つことになります。

楽天ビジネスカードだけで持つことはできません。

楽天ビジネスカードは楽天プレミアムカードの付帯カードの1つですからね。

そのため、楽天ビジネスカードの年会費だけでなく、楽天プレミアムカードの年会費も必要になります。

楽天プレミアムカードの年会費は税込10,800円です。

年会費が高いように思うかもしれませんが、楽天プレミアムカードは以下のような特徴があり、年会費以上の価値があるクレジットカードですよ。

この中で一番おすすめなのが、プライオリティパスが無料でもらえること。
これだけで楽天プレミアムカードの年会費の元が取れていますからね。

もし楽天ビジネスカードを使うのであれば、楽天プレミアムカードの特典もしっかりと利用していきましょう。

プライオリティパス

スポンサーリンク

楽天ビジネスカードの特徴・メリット

ここからは本題の楽天ビジネスカードについて詳しく紹介していきますね。

楽天ビジネスカードにも法人カードならではのメリットがたくさんありますよ。

法人口座からの引き落としができる

法人になると、銀行口座も個人ではなく法人口座になります。
クレジットカードの引き落としが法人口座になれば会計処理の手間が省けますよね。

楽天ビジネスカードを使った分は法人口座からの引き落としができるため、経費の管理がラクになりますよ。

地味に思うかもしれませんが、これはとても大切なことです。

ETCカードが複数発行できる

また、楽天ビジネスカードではETCカードを付帯して発行できます。

ETCカードは何枚でも発行できるのがメリットですが、2枚目以降は1枚あたり年会費税込540円かかるのがデメリットでもありますね。

複数枚のETCカードが作れるのはいいですけど、基本的には1枚だけ作って自分だけ使うようにすれば最大限お得に活用できます。

もちろん、ETCカードを使った分に対しても楽天スーパーポイントが税込100円ごとに1ポイント貯まりますよ。

楽天ETCカード

ポイント還元率は1%

楽天ビジネスカードを使ったときにどれぐらいポイントが貯まるのかも気になるところだと思います。

楽天ビジネスカードのポイント還元率は、普通の楽天カードと同じ1%です。

税込100円ごとに1円分の楽天スーパーポイントが貯まりますよ。

もちろん、貯めた楽天スーパーポイントは楽天市場楽天トラベルなどで使えます。

また、楽天市場で楽天ビジネスカードを使って支払うと、SPU特典で100円につき5ポイント(うち3%は期間限定ポイント)が貯まりますよ。

楽天のサービスをよく使うのであれば、楽天ビジネスカードを使うことでたくさんポイントが貯まりますね。

リスティング広告費用の支払いに便利

楽天ビジネスカードのポイント還元率は1%もあるため、GoogleアドワーズやYahoo!ディスプレイ広告、Facebook広告などの支払いに使うのもおすすめです。

そうすることでどんどんポイントが貯まりますからね。

楽天ビジネスカードの入会キャンペーンでポイントがもらえる

楽天ビジネスカードは入会キャンペーンも充実していて、カードを作ることで楽天スーパーポイントがもらえますよ。

楽天ビジネスカードの入会特典で1,000ポイント、楽天プレミアムカードの新規入会特典で5,000ポイントもらえるため、合計すると6,000ポイントになります。

6,000円分もポイントがあれば、いろいろなモノが買えますよね。

参考:楽天ビジネスカードのキャンペーンを確認する

2枚目以降の従業員用カードが発行できないのはデメリット

これまでは楽天ビジネスカードのメリットばかりを紹介しましたが、楽天ビジネスカードにはデメリットもありますよ。

これを知った上で使うかどうか判断していただけたらと思います。

楽天ビジネスカードでは、2枚目以降の追加カードを発行することができません。

法人カードは2枚目以降の追加カードを発行できるものが多いですが、楽天ビジネスカードはそもそも対応していないんですよね。

もし、従業員用のカードも追加で作りたいのであれば、他のクレジットカードを検討しましょう。

楽天ビジネスカードの年会費について

いろいろと楽天ビジネスカードのメリットやデメリットを紹介してきましたが、そもそも年会費がどれぐらいかかるのかも気になるかと思います。

楽天ビジネスカードの年会費は税込2,160円。
楽天プレミアムカードと合わせると税込12,960円ですね。

楽天プレミアムカードでプライオリティパスを発行できることを考えると、この年会費は相当安いですよ。

海外出張・海外旅行が多くてかつ楽天のサービスをよく使うのであれば、楽天ビジネスカードを使うのがおすすめです。

ちなみに、家族カードがあるかどうかも気になったかもしれませんが、楽天ビジネスカードは家族カードにも対応していません。

カード限度額は300万円

楽天ビジネスカードの利用限度額は、楽天プレミアムカードと楽天ビジネスカードの両方を合わせて300万円となります。

もし、リスティング広告などで毎月高額利用する場合は意識しておいたほうがいいと思いますよ。

普通の決済だけしか使ってない場合は、そうそう300万円も使うことはないかと思います。

楽天ビジネスカードを作るのに必要な書類について

楽天ビジネスカードを作るときに法人口座引き落としにする場合は、商業登記簿謄本と法人登記印の印鑑証明書を提出しないといけません。

法人設立時に設定しているはずなので、法務局に行って書類をもらいに行きましょう。

私はたまたま家の近くが法務局で、いつも自分で登記簿謄本や印鑑証明書を取得しにいってます。

カード申し込みの審査について

楽天ビジネスカードを申し込みするときには審査が必要になります。

審査に通過すれば楽天ビジネスカードを持てますよ。

必ずしも審査に通るわけではありませんので、入力項目をしっかり埋めることと、正直に回答することが大切です。

また、これまでに支払いを延滞した経験があるのであれば、まずは清算しておきましょう。

その場合だと審査に通りにくくなるかもしれませんが、まずは申し込んでみないとわからないので、試してみるのもいいと思います。

スポンサーリンク

JALマイルを貯めているなら他のカードも検討しよう

今回は楽天ビジネスカードのことを紹介しましたが、貯まるポイントは楽天スーパーポイントですよね。

ポイントよりもマイルを貯めたいと思っているのであれば、他のカードで検討するほうがいいですよ。

ちなみに楽天スーパーポイントはANAマイルに交換できます
2ポイント1マイルになるため、マイル還元率で見ると0.5%ですね。

JALマイルを貯めたいのであれば、そもそも楽天ビジネスカードではないクレジットカードを使うのがおすすめです。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」だとSAISON MILE CLUBを使うことで1,000円ごとに10マイル貯められるため、一気にJALマイルが貯まりますよ。

さいごに

これまで紹介した内容をもとにすると、楽天ビジネスカードは法人設立して間もない方にとって便利なクレジットカードです。

個人で細々と法人経営している方にとってもおすすめですよ。
もちろん個人事業主でもおすすめです。

仕事利用でどんどん楽天スーパーポイントが貯まるため、個人の生活でお金を使う機会が減らせるのではないでしょうか。

楽天ビジネスカードは楽天プレミアムカードと合わせて使うことができるため、両方のいいとこ取りができるお得なカードです。

参考:楽天ビジネスカードを作るにはこちらから

一緒に使うことになる楽天プレミアムカードについては、以下のページが詳しいですよ。

おまけ:決めきれず、カード探しをしている方へ

クレジットカードってとにかく多いし、どれがいいのか迷いますよね。
長く使うものになるので、できる限りいいカードを選びたいものです。

以下のページでは、収入ゼロから生き延びた節約家の視点でおすすめしているクレジットカードを紹介しています。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る