ハワイで便利な乗り放題のH.I.S.レアレアトロリーを使った感想と一般向けの料金まとめ

スポンサーリンク

こんにちは!
公共交通機関に乗るのが大好きな小林敏徳です。

ハワイ旅行の際は、移動手段をどうするか悩みますよね。
タクシーだとお金がかかりますし、レンタカーはちょっと怖いですから。

そんなときに便利なのが、「トロリーバス」です。
ツアー旅行者なら無料で使えて、一般利用もできる周遊バスのことです。

ぼくは今回の旅行で、H.I.S.の「レアレアトロリー」をとことん利用しましたよ。

というわけでこのページでは、ハワイ滞在中に便利なH.I.S.のレアレアトロリーを紹介します。

ハワイ滞在中の移動はトロリーバスが便利

オハナ・ワイキキ・マリア・バイ・アウトリガー(ハワイのホテル)(ホテル前にあるバス停)

ハワイ滞在中の移動は、トロリーバスが便利です。

やはりいちいちタクシーを使うとお金がかかりますし、レンタカーは怖いですし、かといって現地のバスを使うのもドキドキしますからね。

トロリーバスなら旅行者にうれしいサービスがたくさんありますよ。

ぼくは今回、H.I.S.の「レアレアトロリー」をとことん利用してきました!

H.I.S.のレアレアトロリー(LeaLea Trolley)について

ここからは、H.I.S.のレアレアトロリー(LeaLea Trolley)について詳しく紹介しますね。

▼レアレアトロリーは、こんな感じの周遊バスです。

ハワイ・オアフ島のHISのレアレアトロリー(バスの外観)

ハワイ滞在中はあちこちで見かけると思います。
それもそのはず、トロリーバスの中で最も本数が多く、ルートも網羅されているからです。

全11ルート・68ヶ所に停まる

ハワイ・オアフ島のHISのレアレアトロリー(ルートの地図)

H.I.S.のレアレアトロリーは、以下の全11ルートで運行しています。

  • ダイヤモンドヘッド/カハラモールライン(始発09:00〜最終16:30)
  • ダイヤモンドヘッド周遊/朝食レストランライン(始発7:00〜最終8:15)
  • アラモアナ/ドンキライン(始発9:00〜最終21:50)
  • ダウンタウンライン(始発09:00〜最終16:30)
  • イーストコーストライン(始発09:30〜最終14:30)
  • ワイケレ・モアナルア・ライン(始発8:00〜最終12:00)
  • ウエストディナーライン(始発17:30〜最終21:00)
  • イーストディナーライン(始発17:30〜最終21:00)
  • アラモアナエクスプレス(始発17:00〜最終21:20)
  • ダイヤモンドヘッドエクスプレス(始発07:00〜最終08:40)
  • KCCエクスプレス(始発07:15〜最終11:15)

オアフ島内の停留所は、全ツアーバスの中で最も多い68ヶ所もあります。

▼こんな感じのバス停がいろんなところにありますよ。

ハワイ・オアフ島のHISのレアレアトロリー(バスの停留所)

▼バス停の標識もあちこちにあります。

ハワイ・オアフ島のHISのレアレアトロリー(バス停の標識)

▼アラモアナセンターのような観光客がよく集る場所には、こんな感じの案内もありますよ。

ハワイ・オアフ島のHISのレアレアトロリー(バス停の案内)

オアフ島内のどこへ行くにも不自由はありません。

H.I.S.ツアー旅行者はチケット1枚で乗り放題

レアレアトロリーは、H.I.S.ツアー旅行者に関しては、チケット1枚で乗り放題です。

▼乗車時にこれを見せれば、無料で何度でも利用できますよ。

ハワイ・オアフ島のHISのレアレアトロリー(バスのチケット)

景色を楽しめる開放的な座席

▼H.I.S.のレアレアトロリーの座席は、こんな感じになっています。

ハワイ・オアフ島のHISのレアレアトロリー(バスの座席)

開放的なつくりで、座席は外向きです。
移動中もハワイの景色を楽しめるのがいいですね!

子連れ用の優先席(指定席)もある

H.I.S.のレアレアトロリーには、子供用の優先席(指定席)もあります。

▼この表示のあるところだけは、座席の前がクローズになっています。
(*落下防止のためです。)

ハワイ・オアフ島のHISのレアレアトロリー(バスの子供の優先席)

お客さんがいっぱいのときは、ドライバーの方がちゃんと子連れの家族を優先させてくれるので、とても安心ですよ。

家族旅行でも安心ですね。

スポンサーリンク

FREE Wi-Fiも使える

H.I.S.のレアレアトロリーは、FREE Wi-Fiも使えますよ。
▼もちろん無料です。

ハワイ・オアフ島のFREE Wi-Fi(ツアーバスのレアレアトロリー)

スマホを使うならWi-Fiは生命線ですから、このサービスもうれしいですね。

ツアー旅行者は無料ですが、一般利用も可能

ハワイ・オアフ島のHISのレアレアトロリー(バスの一般料金)

H.I.S.のレアレアトロリーは、ツアー旅行者は無料です。
ただし、以下の料金を払えば一般利用も可能ですよ。

  • 7日間乗り放題プラチナパス:大人99ドル、子供79ドル
  • 7日間乗り放題ゴールドパス:大人72ドル、子供62ドル
  • 7日間乗り放題レギュラーパス:大人49ドル、子供39ドル
  • アラモアナ・ドンキ・ライン1日券:大人25ドル、子供15ドル
  • イースト・コースと・ライン1日券:大人25ドル、子供18ドル
  • ワイケレ・モアナルアライン1日券:大人25ドル、子供18ドル

それなりの料金なので、使用頻度をよく考えてくださいね。

タクシー料金とも比較してみましょう。

運行状況がひと目でわかるスマホアプリもある

ハワイ・オアフ島のHISのレアレアトロリー(専用のスマホアプリ)

H.I.S.のレアレアトロリーは、スマホアプリもありますよ。

スマホにダウンロードしておけば、GPSが作動し、現在の運行状況を正確に知ることができます。

必要な方はダウンロードしておいてくださいね。

トロリーバスのおかげでいろんな観光スポットに行けました!

ハワイ・オアフ島にあるダイヤモンドヘッド(山頂から見えるワイキキ側の景色)

H.I.S.のレアレアトロリーのおかげで、いろんな観光スポットに行けました。

アラモアナセンター、ホノルル動物園ダイヤモンドヘッドなどなど。
ハワイを堪能できました!

これがタクシー移動だったら、結構お金がかかっただろうなぁ。
レンタカーだったら、慣れない右側通行でぐったり疲れたかも・・・。

本当に助かりました!

さいごに

ハワイ滞在中の移動は、旅行会が運営するトロリーバスをおすすめします。

これからツアー予約をする方は、トロリーバスが付帯しているかよく確認してくださいね。

チケット1枚でオアフ島のどこへでも行けますよ!

スポンサーリンク

この記事を書いた人

小林 敏徳

小林敏徳(こばやし としのり)です。1980年生。大阪府在住。文章を書いたり、化粧品の企画をしたり、写真を撮ったりしています。 詳しいプロフィールはこちらインタビューされた記事対談記事もどうぞ。

執筆メンバの一覧を見る

このページをシェアする!