ブックサプライの買取は評判・口コミ通り?申込から現金受取までの流れと使った感想

スポンサーリンク

こんにちは!
宅配買取サービスを20種類以上使ったことのある、ノマド的節約術の松本(@peter0906)です。

家の中を整理する機会があると、びっくりするぐらい不用品が出てくるものです。

捨ててしまおうかと思うものですが、本・CD・DVDなどは買取してもらう方がお金になる分だけおすすめですよ!

今回、ブックサプライという買取サービスを使って不用品を売ってみましたので、特徴や使い方と査定結果までの流れを紹介していきますね。

ブックサプライの買取を使った感想

ジャンルごとに比較検討される方は、以下のページもどうぞ。

ブックサプライの特徴

ブックサプライは、ネットから買取依頼して、家から一歩も出ずに査定してもらって、入金までしてもらえるサービスです。

いわゆるよくあるネットの買取サービスですが、ブックサプライならではの特徴をいくつかピックアップしてみました。

  • 10点以上または査定額2,000円以上で送料無料
  • 初めての買取かつ査定額5,000円以上かつ自動承認で買取価格1,000円アップ
  • 事前に査定価格をチェックできる
  • ダンボールを10箱まで無料で送ってもらえる
  • 着払い伝票を持ってきてもらえる(宛名書き不要)
  • 発売から1ヶ月以内は定価の40%、3ヶ月以内なら20%を保証

買取サービスを利用すると、意外と面倒なのが伝票に宛名書きすること。

ブックサプライだと、宛名書きすら不要になるので、自分で売りたい商品を梱包するだけになります。これは結構ありがたいですね。

あと、発売してから間もない商品を送るのが高額買取の秘訣です。

10点以上送れば確実に送料無料になります。
まとめて送るのがおすすめですよ。

ブックサプライでは、本・CD・DVD・ゲーム・携帯電話・金・プラチナの買取ができます。

また、普通の切手や記念切手・書き損じのハガキ年賀状レターパックスマートレターの買取にも対応しているのもうれしいですね。

余ってるものがあれば、一緒に買い取ってもらうのがおすすめです。

自動承認と確認してからの査定額に変わりはありません

ブックサプライで買取依頼するときに、自動承認するかどうかを選べますよ。

自動承認しなかった場合は、査定してもらったあとでブックサプライから査定金額の連絡がメールが届きます。

その後、査定結果に納得したら振込手続きに入るという流れですね。

自動承認と一度査定結果を確認してからの比較で買取価格が変わるのではないかと思うかもしれませんが、どちらの場合も同じです。

これはブックサプライの方に直接聞きました。

どちらにしろ買い取ってもらうつもりで送るのであれば、自動承認するようにして送れば、ブックサプライ側の負担も減りますよね。

自動承認することで、やり取りの手間が省けるため、入金までのスピードもその分だけ早くなります。

わざわざ返送手続きしてもらうのも面倒だと思いますので、自動承認にして送るようにすれば余計なことを考えなくて済むので精神的な負担も減っておすすめです。

買取価格が5,000円以上で1,000円アップのキャンペーンがお得!

ブックサプライでは、初めての買取の場合、自動承認にチェックを入れて買取申込して、査定結果が5,000円を超えていた場合はそこからさらに1,000円買取価格がアップします。

ちょうど5,000円だったとしたら、6,000円振り込んでもらえますよ。

買取価格が高くなるということは、ブックサプライ側にとっても売れやすい商品ということですので、お互いにとってメリットがありますよね。

もしブックサプライに買い取ってもらう場合は、なるべく高くなりそうな商品を送るのがおすすめです。

発売から1ヶ月以内の商品であれば定価の40%以上になりますし、そういった売れやすい商品をたくさん送れば買取価格が高くなりやすいですよ。

また直接話を聞いたときは、マンガの全巻セットや赤本・ビジネス書・自己啓発書・DVDなどが高く売れやすいとのことでしたので、買取価格もその分高くなる可能性がありそうですね。

8cmCDも商品によりますが、意外と高くなるものもあるとのこと。

もちろん商品によりますのですべてではないですけどね。

スポンサーリンク

ブックサプライの買取申込手順

ここからは、実際にブックサプライに買取依頼するやり方を説明していきますね。

ブックサプライのページを開くと、以下のような画面が開きます。

そこにある「買取お申込みはこちら」を押しましょう。

ブックサプライの買取申込手順

次の画面では、買取するために必要な氏名や住所などの情報を入力していきます。

上から1つずつ入力していきましょう。
そんなに難しくはないと思います。

ブックサプライの買取申込手順

▼集荷先情報・振込先情報・買取申込情報をそれぞれ選びましょう。
ダンボールを希望するかどうかはここで選択できますよ。

ブックサプライの買取申込手順

▼買取金額の支払いは「自動承認」を選んでおくのがお互い手間なくておすすめです。

自動承認にすることで入金までのスピードも早くなりますよ。

ブックサプライの買取申込手順

▼集荷希望日と集荷希望時間帯も選んで、備考欄にはキャンペーンコードを入力しておきましょう。

ブックサプライのページを開いたときに出てきます。

ブックサプライの買取申込手順

▼ひと通り入力できて、次の画面へ進むと、入力内容の確認になります。
これまでの入力内容に間違いがないかチェックしてくださいね。

ブックサプライの買取申込手順

▼買取依頼が完了すると、以下のような画面になります。
受付番号が表示され、同時にメールも届きますので、合わせて確認しておきましょう。

ブックサプライの買取申込手順

このあとは、梱包の準備に入ります。

ダンボールを依頼していたら、ダンボールが先に送られて来ますので、それを待ちましょう。

ダンボールの用意ができれば、送りたい商品を詰め込んでいきます。

あと、初めての利用だと身分証明証が必要なので、免許証などのコピーをとって同梱してくださいね。

送った商品の写真

私がブックサプライに送った商品はほとんどがCDで、申し訳程度にDVDが2枚という組み合わせです。

下の写真のような感じですね。
一部箱に入らなかったので除外しましたが、この中の大半を買取依頼することにしました。

ブックサプライに送ったCDとDVD

洋楽も邦楽も両方混じっている感じですね。
洋楽の方が少し多い感じでしょうか。

ブックサプライに送ったCDとDVD

新しいCDは全くといっていいほどないので、買取価格はそれほど期待していませんが、果たしてどうなるでしょうか・・・。

気になる査定結果とその証拠

ブックサプライへは、2015年9月22日の午前中に集荷に来てもらいました。

その後、ブックサプライに到着して査定完了の連絡があったのが9月25日。

到着したメールが届いたあと、その日のうちに査定完了の連絡がありました。

結果は・・・

  • CD20点:356円
  • DVD2点:124円

合計金額は22点で480円でした。
それなりの商品を送ったつもりでしたが、あまりいい値段にはならなかったですね。

1つあたり21.8円。そんなに高額買取ではないと思います。

振り込みの連絡があったのはその翌日。
土曜日だったので、振り込みされていたのは週明けの月曜日ですね。

「カ)ブックサプライ」で振り込みされます。
振込先は楽天銀行に指定していたので、以下のような感じで振り込まれました。

ブックサプライの査定結果

以前は振込手数料が400円引かれていましたが、今は振込手数料が無料になりました!
その分だけ手取りの金額が大きくなりますよ。

振込先の銀行を楽天銀行にしておくことで、ハッピープログラムというサービスで楽天スーパーポイントがわずかながら貯まるため、とことんまでこだわるのなら、楽天銀行がおすすめです。

さいごに:ブックサプライを利用した感想

今回はCDとDVDを買い取ってもらいましたが、大半は洋楽のCDだったこともあり、今回のような結果となりました。

しかも発売して数年経ったものばかりだったので、ブックサプライの特徴である定価の〜%保証を使っていません。

ブックサプライを使う時は、発売して間もない商品を送ることで高額買取が期待できると思います。

私のように、古い商品ばかりを送ってもそんなに期待はできないかもしれませんので、その点を意識して利用してみてくださいね^^

申込時の備考欄にキャンペーンコードを入力し、自動承認にしてもらった上で買取価格が5,000円以上になった場合は、買取価格が1,000円アップするのも魅力的なので、なるべく売れそうな商品をたくさん送るようにしてみましょう。

参考:ブックサプライで買い取ってもらうにはこちらから

その後、ブックサプライに取材させていただく機会がありました。
倉庫見学の様子と合わせて以下のページで詳しく紹介していますよ。

おまけ:他の買取サービスを使った感想

ちなみに、私が過去に試した買取サービスの一覧と結果は以下のページから辿ることができますよ!

業者ごとに微妙にやり方が違うし、査定結果も異なりますので、比較するのにおすすめです。
体験したところしか紹介していません!

他の買取サービスを検討されたい方は、以下のサービスを利用した感想もチェックしてみてください^^

買取よりも、自分で販売して高い値段を目指す方は、こちらがおすすめです!

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る