一人暮らしでお金を貯める方法と節約術の決定版!1年で150万円貯めた考え方とは?

スポンサーリンク

一人暮らしを始めると、全部自分でお金の管理もしないといけません。

散財するのも自由だし、貯金するにも自由です。

自分の持っている範囲でお金を使うのは全然悪いことではありませんが、せっかくであれば、将来に向けて貯金してみませんか?

私は、一人暮らしをしていた頃も年間で150万円以上の貯金ができていました。

一人暮らしでお金を貯める方法

ちなみに、当時の私の給料はこれぐらいです。

一人暮らしの人がお金を使うのってどんな時?

一人暮らしの人が貯金を始める前に、そもそも一人暮らしの人がどんな時にお金を使うのかどうかを知っておかないといけませんね。

私も2年ほど一人暮らしの経験がありますが、大きな出費は以下のような感じでした。

  • 毎月の家賃
  • 毎日の食費
  • デート代などの交際費
  • CD購入費用
  • 引越し時の初期費用

私自身、それほどお金を散財するタイプでもなかったので、主に掛かっていた費用って、これぐらいなんですよね。

CD購入費用はともかく、他の費用は誰にでも当てはまることです。

ここの支出をいかに減らして、給料よりも上回らないようにするのが大事ですよ。

意味のない支出をなくそう

貯金を増やしていくのであれば、大切になってくるのが、意味のない支出、つまりムダ使いを減らしていくことが重要です。

自分の将来にとって意味のないお金の使い方はなるべくゼロにしましょう。

例えば、必要もないのにお菓子や飲み物を買うとかですね。
行く意味のない飲み会なんかもそれにあたるでしょう。

一人暮らしの貯金を増やすテクニック

給与天引きで貯金していく

貯金を増やす方法で最も簡単なのが、給料の一部を天引きにして、そのお金を無理やり貯金口座に移動させることです。

そのお金には一切手を付けないようにすれば、何も意識しなくても勝手に貯金が増えていきますよね。

仮に月に5万円天引きで貯金するようにすれば、自動的に年間60万円の貯金が増える計算です。

これが5年続けば300万円、10年なら600万円も貯金できるので、すごい金額ですよね。

給料の一部を自動的に別口座に移していく方法は、住信SBIネット銀行ソニー銀行であればできます。

給与天引きでの方法は、貯金を増やす最もおすすめのやり方なので、ぜひ使ってみてくださいね。

特に、自分のことをズボラだと思うなら、余計に効果がある方法といえます。

貯金の一部を投資に回していく

給与天引きでの貯金に慣れてきたら、貯金の一部を投資に回していくのもアリですよ。

といっても、株やFXにお金を突っ込むのではなく、コツコツと積み立てていく方法を使えば、もしかしたらプラスになるかもしれません。

私はインデックス投信やセゾン投信ひふみ投信に積み立てています。

家賃がそもそも安いところに住む

自動的に貯金が増える仕組みが作れたら、あとは普段の支出を少しでも減らしていきましょう。

コツは、大きな支出から手をつけていくこと。
その方が効果が大きいですからね。

UR賃貸であれば、普通の賃貸よりも安くなるケースが大きいので、今の家賃が高い場合は検討してみてはいかがでしょうか。

他には入居決定で祝い金が出るキャッシュバックがあるサービスもあります。お得感がありますので、これから引っ越しされる方は使ってみるといいですよ。

格安SIMを使って通信費を安くしよう

一人暮らしすると、自分で携帯やネット代を払わないといけません。

今は、格安SIMがありますので、それを使えば通信費を劇的に安くできますよ。
通話ができるプランでも月1,000円台からありますので、それを使えば通信費は安くなります。

浮いた通信費の分だけ貯金に回せますよ。

食事はなるべく自炊で済ませる

一人暮らしを始めると、食事も自分で用意しないといけません。

毎日外食する方法もありますが、それだとお金がかかり過ぎてしまいますよね。

できることなら、毎日自炊して、1回あたりの食費を少しでも安くしましょう。

外食する場合は、割引券・株主優待券を活用する

とはいえ、毎日自炊するのも大変だと思います。
たまには友人などと会って外食する機会もあるでしょう。

その時は断らずに一緒に楽しい時間を過ごすのがおすすめです。

ただ、自分が主体になれるのであれば、割引方法を探したり、株主優待券を使って割引するのはいいと思います。

自分だけでなく、みんな割引できれば、それはハッピーなことですからね!

交際費の節約は、割引クーポンをフル活用する

一人暮らしをしていて、休日にずっと家にいることはそれほど多くないと思います。

お出かけする機会もありますよね。

お出かけするとお金もかかりますが、それもなるべく割引して使うように心がければ、支出を減らすことができます。

最もおすすめなのが、デイリーPlusを使うこと。

映画の割引やレジャー施設の入場券が割引になっていることが多くて、お出かけする機会がそれなりにあるのなら、月額540円を払っても十分に元が取れますよ。

引っ越しする場合はなるべく安く済ませよう

そうそう何回もするものではないですが、引っ越しって、1回あたりにかかる費用が大きくなります。

引っ越しの費用を減らすことができれば、その後の生活の感覚も大きく変わってくるので、楽になりますよね。

引っ越しで安くする方法は、以下のページでまとめています。

その他生活費全般の節約方法

より徹底するのであれば、これまで紹介した内容を実践したあとに生活全般の見直しもした方がいいですよ。

以下のページは、一人暮らしするときの決定版ですので、合わせて読んでみてくださいね。

番外編:副業を始めて貯金を増やす

いろいろとムダ使いを減らしていって、貯金を増やすことができて、今後より増やしていきたいと思うのであれば、副業を始めてみるのもいいかもしれません。

もちろん、所属している会社での規定をチェックする必要がありますけどね。

できるのであれば、自分のやりやすいことから始めてみてはいかがでしょうか。

以下のページで、自分が体験してきたことをベースに副業のアイデアを紹介しています。

貯金があれば、思い切った動きができるようになる

貯金がそれなりに増えてくると、1年・2年は貯金だけで生活ができるようになってきます。

金銭的に少しでも余裕ができれば、次の仕事を始めようと思った時にも、お金をのことをそれほど心配せずに動けるようになりますよ。

貯金がなければ、心配なことも増えますので、思い切った行動が取りにくくなります。

そのためにも貯金することってとても大切なんですよね。

さいごに

一人暮らしであると、全部自分でやらないといけません。

めんどくさいな〜と思うかもしれませんが、今までは強制されていたことが全部自分でできるようになるので、逆に楽しいこともたくさんあります。

全部自分でできるので、貯金が増えるかどうかも自分次第。

私はその結果、1年で150万円の貯金ができていました!

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。

執筆メンバの一覧を見る