一人暮らしの家計簿大公開。2018年10月の支出はどれぐらい?【Yukiの家計簿連載 #1】

スポンサーリンク

他人の家計簿ってついつい気になりませんか?
公開されていると見てしまいますよね。

私はずっと家計簿を付けてお金の管理をしているので、自分のお金の使い方はだいたい把握しています。

自分のお金の使い方はわかっていても「これって使い過ぎなのかな?」とか「みんなは何にどのくらい使っているんだろう?」と気になってしまいますね。

人のことはわからないですが、それなら公開しちゃおうということで、今回から私の月々の家計簿を公開していこうと思います!

「Yukiの家計簿連載」を始めます。

yukiの家計簿#1

家計簿の項目

支出は基本的に毎月かかる固定費と、その月にどのくらい使うかによって変わる変動費があります。

私が分けている項目は以下の通りです。

固定費

  • 家賃
  • 水道代
  • 電気代
  • ガス代
  • スマホ
  • Wi-Fi
  • AdobeCC

Wi-FiはポケットWi-Fiを契約しています。
AdobeCCはイラストレーターやフォトショップなどを使うため必須ですね。

変動費

変動費は以下の通り。

  • 食費
  • 日用品費
  • 交通費
  • 医療費
  • ヘルスケア費
  • 交際費
  • 娯楽費
  • 美容費
  • 服飾費
  • その他

変動費の各項目について少し説明をしますね。

食費
スーパーなどで買った食材だけでなく、外食も食費に含めています。

今まであまり外食をしなかったからという理由でそうしていたのですが、最近はランチを外で取ることも増えてきました。

外食費は外食費で分けたほうがいいかなとも思ったりしていますが、とりあえずここでは含めています。

日用品費
洗剤やティッシュペーパーなどの日用品。

交通費
通勤の電車代は定期を購入していますがその分は含めていません。
そのため、休日に出掛けた時に使った分が入っています。

医療費・ヘルスケア費
医療費は病院での診察、薬代で、ヘルスケア費は主にマッサージや整体など、身体のメンテナンス用に払った分として分けています。

交際費・娯楽費
この2つは私の主観での判断なのですが、付き合いとして必要な出費か、自分が楽しむための出費かで分けています。

例えば職場の飲み会だとか退職する人へのプレゼント代など、人と付き合っていく上で必要なことに使った出費は交際費にしていますよ。

一方で、友達と遊びに行くとかひとカラに行くとか、完全に自分の余暇として使った場合は娯楽費です。

美容費
ヘアカラー・カット、化粧品。

服飾費
洋服や靴、アクセサリーなどの装飾品。

その他
特にどれにも属さない出費。

という感じで私は分けています。
このくらい細分化することで、何にどのくらい使ったかが分かりやすくなりますね。

ノマド的節約術では、無料の家計簿テンプレートも配布していますので、自分でも使ってみようと思ったらダウンロードしてみましょう!

2018年10月の支出大公開!

さて、それでは先月10月の家計簿の内訳を大公開しようと思います!
ちなみに10の位は四捨五入しての金額です。

まずは固定費から。

2018年10月の固定費
項目金額
家賃60,000円
水道代2,000円
電気代2,500円
ガス代1,700円
スマホ代4,400円
Wi-Fi代3,700円
AdobeCC3,200円
合計77,500円

続いて、変動費も紹介しますね。

2018年10月の変動費
項目金額
食費30,100円
日用品2,500円
交通費0円
医療費0円
ヘルスケア費3,200円
交際費9,400円
娯楽費0円
美容費8,200円
服飾費6,000円
その他1,600円
合計61,000円

2018年10月の総支出は138,500円となりました。

ちなみに保険や年金は入れていないです。

2018年10月の家計簿についての反省

私としての一番の反省点は食費の高さです。
ちょうどライフスタイルが変わったこともあり、食費がぐーんと上がってしまいました。

ちなみに前月である2018年9月の食費は20,000円ほど。
ただ、この点は個人的には仕方ないかなと思っています。

自炊を増やしたり、ランチはお弁当を持参するなどして抑えるのが理想ですが、最近思うのは時間も大事ということです。

自炊をするとどうしても時間がかかります。
食器を洗う時間も含めると結構な時間になりますよね。

そのため、今は食費を抑えることより削れるところを削って時間を作ることを優先することにしました!

ということで、他のところで節約をする必要があります。
それが顕著に表れているのが娯楽費。

ゼ………0円でした。

“節約しなくちゃ!”と思って遊びに行くのを我慢したわけではなく、なんだかんだ忙しくて遊びに行かなかったというのがホントのところです。

ただ、適度に息抜きは必要だと思うので、たまには自分の娯楽のためにもお金を使いたいですね!

交通費も0円でした。

これは通勤用に定期を買っていて、休日どこか行くとしてもその範囲内で事足りるため、かかりませんでした。

ちなみに定期代は別計算にしています。

逆に言えば余計な交通費をかけないよう、定期の範囲内で行動しているともいえますね。

逆にいつもよりちょっとかかったなーというのが交際費と美容費でしょうか。

ここの部分もどうしても月によって変動してしまうのでコントロールするのは少し難しいかもしれませんが、使いすぎたと思ったら次の月は極力抑えるなどしてうまく帳尻を合わせていきたいです。

全体的にみて、私としてはそこまで使い過ぎたわけではないと思うので、いいんじゃないかなと思います!

さいごに

私の支出の特徴は、“必要な部分では使い、抑えられる部分はとことん抑える”という点でしょうか。

何を必要だと決めるかは人によって違うと思いますが、メリハリをつけて支出をコントロールできるようになれればといいなと思います。

他人のお金の使い方というのはなかなか聞くことがないと思うので、また来月も読んでいただけたらうれしいです!

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

Yuki

1987年生まれ、埼玉県在住。大学卒業後に一人暮らしを始め、同時に節約生活を開始。目的のために貯めては使い、貯めては使いでなかなか増えませんが、30代になったのでしっかり貯金を増やしていきたいです。

執筆メンバの一覧を見る