TRUST CLUBプラチナマスターカードは年会費3,000円と激安!お得な使い方やメリットデメリットまとめ

スポンサーリンク

一度はプラチナカードを持ってみたいと思うのではないでしょうか。
でも、年会費が高すぎて気軽に持てないと思います。

そんなプラチナカードですが、今は年会費3,300円から持てるカードもありますよ。

TRUST CLUBプラチナマスターカードだと、わずか年会費3,300円で、プラチナカードを持つことができ、プラチナカードならではの特典もいくつか使えます。

とはいえ、年会費3,300円で本当にプラチナカードのサービスを受けられるのかが気になるのではないでしょうか。

そこでこのページでは、TRUST CLUBプラチナマスターカードの特徴やメリット・デメリットについて詳しく紹介していきます。

本当にお得なのかを判断してみてくださいね。

TRUST CLUBプラチナマスターカードのお得な使い方

【要点のまとめ】TRUST CLUBプラチナマスターカードの特徴

このページでは、TRUST CLUBプラチナマスターカードについて紹介していきますが、詳しく説明しようとすると長くなってしまいますので、まずは要点をまとめておきますね。

  • 「ダイニング by 招待日和」が使える
  • 国内の空港ラウンジが無料で使える
  • Boingo Wi-Fiが無料で使える
  • 国際線の手荷物を1個まで500円で自宅に届けてもらえる
  • 家族カードの年会費が無料・枚数の上限なし
  • ETCカードの年会費が無料・5枚まで発行できる
  • Mastercard Taste of Premiumが使える
  • 海外旅行傷害保険は利用付帯
  • ポイント還元率は0.5%
  • 年会費3,300円

詳しくは、公式サイトも確認してみてくださいね。

参考:TRUST CLUBプラチナマスターカードの詳細を確認するにはこちらから

ダイニング by 招待日和が使えるのがお得すぎ!

JCBプラチナカード グルメ・ベネフィット 店舗利用

TRUST CLUBプラチナマスターカード、年会費が安すぎて大丈夫かなと思ったかもしれませんが、「ダイニング by 招待日和」が使えることで、十分すぎるほど年会費の元が取れますよ。

これが最大のメリットですね!

ダイニング by 招待日和は、対象になっているレストランを2人以上で利用した場合に、1人分は無料になるサービスです。

過去に私も似たサービスを使った経験がありますが、そのときも10,000円は節約できたので、1回でも使えば年会費の元が余裕で取れますよ!

エグゼクティブダイニンググルメ・ベネフィットなどで同様のサービスを利用しました。

デートが多い、仕事で接待する機会がある、だけどそこまでお金は持ってないという場合におすすめですね。

TRUST CLUBプラチナマスターカードがあることで、ここぞの場面で「ダイニング by 招待日和」を使いやすいです。

1ヶ月に2回までしか使えないデメリットはありますが、そんなに頻繁に会食するものでもないと思うので十分だと思いますよ。

仮に毎月2回利用して、1回あたり10,000円浮いたとすると、年間で24万円も節約できたことになります。

家族カードが何枚でも無料

また、TRUST CLUBプラチナマスターカードは家族カードも作れます。

しかも家族カードの年会費は無料なんですよね!
もともとの年会費が安いのにも関わらず、家族カードの年会費が無料になるのはうれしすぎます。

家族カードでも、本会員のカードと同じサービスが受けられますよ。

電話で問い合わせみたところ、家族カードでも「ダイニング by 招待日和」が使えるとのことでした。

どう考えてもお得すぎますね…!

国内の空港ラウンジが無料になる

松山空港3階スカイラウンジ

TRUST CLUBプラチナマスターカードを持っていると、国内の主要空港にあるラウンジが使えます。

1回あたり1,000円ほどする空港ラウンジを利用できると、フライトまでの待ち時間を広い椅子で過ごせますよ。

ただ、国内の空港ラウンジはそこまで設備が充実しているわけではないので、あまり期待しすぎないほうがいいですね。食事もありません。

コンセントなどは充実しているので、仕事をする環境としてはすごくいいです!

ちなみに、TRUST CLUBプラチナマスターカードには、世界の空港ラウンジが利用できるようになるプライオリティパスはついていません。

プライオリティパスに対応していないのも、年会費が安くなっている理由の1つだと思います。

Boingo Wi-Fiが無料で使える

日本を含めて世界中で使えるBoingo Wi-Fiが無料で利用できます。
100万ヶ所以上に対応しているため、使えるところが多いですよ。

普通にBoingo Wi-Fiを使おうとすると有料になりますが、TRUST CLUBプラチナマスターカードのおかげで無料になるのはありがたいですね。

特に海外旅行のときに役立ちます!
Wi-Fiルーターを借りるにしても、SIMカードを買うにしても、Boingo Wi-Fiが無料で使えたら通信容量の節約になりますからね。

国際線で帰国後の手荷物を500円で送ってもらえる

国際線の飛行機を利用すると、お土産なども多くなって荷物が多いのではないでしょうか。

帰国後に荷物が多すぎてどうしようと思うかもしれませんが、そんなときは自宅まで届けてもらうのがおすすめです。

そのときの料金が、TRUST CLUBプラチナマスターカード優待価格の500円になりますよ。

一見お得なように思うかもしれませんが、一般的なプラチナカードの場合は、このサービスが無料になっていることがほとんどです。

年会費が安いところの影響が少し出ていますね。

Mastercard Taste of Premiumが使える

TRUST CLUBプラチナマスターカードのもう1つ大きなメリットが、マスターカード利用者向けの優待サービスである「Mastercard Taste of Premium」が使えることです。

このMastercard Taste of Premiumに「ダイニング by 招待日和」が含まれていますよ。

他には以下のようなサービスがあります。

  • 国内高級ホテル・高級旅館予約サービス
  • 国際線手荷物宅配優待サービス
  • Trip.com特別優待で初回10%割引・2回目以降8%割引
  • 海外用携帯電話/Wi-Fiレンタル優待サービスなどで通信料15%割引
  • 空港クロークサービスの優待で1着10%割引
  • 国内のゴルフ場を手配
  • ふるさと本舗で特別なふるさと納税の返礼品がある

ポイント還元率は0.5%と低め

TRUST CLUBプラチナマスターカードを使うと、100円ごとに2ポイント貯まります。

これだけ見るとめちゃくちゃお得なように思うかもしれませんが、1ポイント1円ではなく、1ポイント0.25円が相場なんですよね。

そのため、100円使って2ポイント貯まっても、還元率は0.5%です。
これは一般的なクレジットカードと同じですね。

還元率を高めるのであれば、8,000ポイント貯めてTRUST CLUBプラチナマスターカードの年会費にあてるのがおすすめです。

消費税8%だと1ポイントあたり還元率0.405%、消費税10%なら1ポイントあたりの還元率が0.4125%になります。

100円使うごとの還元率を0.81%(消費税8%)・0.825%(消費税10%)まで高められますよ。

ポイントに有効期限はないので、その点は大きなメリットですね!

海外旅行傷害保険は利用付帯

TRUST CLUBプラチナマスターカードは、海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険も付帯しています。

ただしカードを使わないと保険が付帯されない「利用付帯」なので、便利とはいえませんね。

おそらく、海外旅行傷害保険がそこまで充実していないからこそ年会費が安くなっているんだと思います。

「自動付帯」になっているクレジットカードのほうがおすすめなので、海外旅行傷害保険を充実させるのであれば、TRUST CLUBプラチナマスターカード以外のクレジットカードもあるほうがいいですよ。

エポスカードレックスカードだと、年会費無料なのに海外旅行傷害保険が自動付帯になっています。

ショッピング保険は90日間・年間50万円まで

TRUST CLUBプラチナマスターカードでは、海外旅行傷害保険だけでなく、年間で最大50万円までのショッピング保険(動産総合保険)があります。

TRUST CLUBプラチナマスターカードを使って買った商品が、万一、盗難・破損・火災によっての損害にあってしまったときは補償がつきますよ。

ただし自己負担金が10,000円かかるため、それ以上のモノでない限りは使うところがありません。

これだけあって年会費が税抜3,000円

ここまで、TRUST CLUBプラチナマスターカードについて紹介してきましたが、これだけのサービスがあるのに年会費は税込で3,300円です。

何度でもいいますが、どう考えても安いと思いますよ!

ポイントはそこまで貯まらないのがネックですが、ダイニング by 招待日和だけを使いたいのであれば、これ1枚あればいいかなと思うぐらいです。

逆にダイニング by 招待日和を使わないのであれば、そこまでメリットがあるカードではないですよ。

その点を判断してTRUST CLUBプラチナマスターカードを使うかどうか考えてみてくださいね。

ETCカードも5枚まで無料

TRUST CLUBプラチナマスターカードでは、付帯でETCカードをつけることができます。

ETCカードを追加で発行すると年会費などが必要になってしまうイメージがあるかもしれませんが、その心配はありません。

TRUST CLUBプラチナマスターカードでETCカードを付帯するときは5枚まで発行できますよ。

もちろんETCカードの年会費は無料です。

申込や審査について

もし、このページをきっかけにTRUST CLUBプラチナマスターカードを作ってみようと思ったときに、自分は作れるのだろうかと気になるかと思います。

22歳以上、年収200万円以上あれば作れますよ。

無事に就職できて、働いていれば条件を満たせそうですね。
年収の条件に見てなくても、22歳以上なら申込自体はできますので、気になれば申し込んでみるのもアリですよ。

TRUST CLUBプラチナマスターカードを申し込んでから、カードを発送するまでの目安は以下の通りです。

  • 支払い口座の設定・本人確認書類の提出、どちらもオンライン手続きした場合:7営業日
  • それ以外:12営業日

申込のときに、キャッシング・ローンを使えるように枠を設定する場合は、さらに1週間かかります。

すぐに手元に届くわけではないので、もしこの日までに使いたいというのがあれば、あらかじめ早めに準備しておくほうがいいですね。

さいごに

ここまでいろいろとTRUST CLUBプラチナマスターカードについて紹介してきました。

さいごに、TRUST CLUBプラチナマスターカードの大きなメリットをまとめて一覧にしておきますね。

  • ダイニング by 招待日和が使える
  • 国内の空港ラウンジが無料で使える
  • 家族カードの年会費が無料・枚数の上限なし
  • Mastercard Taste of Premiumが使える
  • 年会費3,300円

やはりダイニング by 招待日和が使えるのはお得すぎるとしかいいようがないです!

家族カードも無料で発行できるため、よりダイニング by 招待日和を使いやすいと思います。

TRUST CLUBプラチナマスターカードを使って、ぜひ食事を1人分無料にしてみてくださいね。

参考:TRUST CLUBプラチナマスターカードを使うにはこちらから

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る