サラリーマンやOLで副業する方におすすめのアイデア13種類と自身の体験談

スポンサーリンク

今の時代、会社で一生懸命働いても、それに比例して給料が増えるというのが難しい時代になりました。

私自身、勤めていた時は自分なりに一生懸命やっていたつもりですが、資格手当ぐらいしか、ベースアップする手段がありませんでした。

それで少しは給料を増やすことができましたが、肝心の仕事で評価されているのかどうかもイマイチよく分からなかったんですよね。

似たような事情の方もいるかもしれません。
そんな時に頭によぎるのが、副業してみようか…ということ。

就業規則的にできるのであれば、やってみようと思ったりもするのではないでしょうか。

私は、フリーランスになってから、とにかく生活していくのに必死で、いろいろチャレンジしていました。

いろんな経験談を交えながら、このページでは、すぐに始めれる副業を紹介していきますね。

サラリーマンやOLの副業

時間を売ってお金に換える

お金を稼ぐ方法で最初に思いつくのが、自分の時間を売ってお金に換えることです。

今はそうでなくても、学生時代にはそういう仕事をしていた方もいるでしょう。

アルバイト・パートする

時間を売って仕事することの代表例に、アルバイトやパートがありますね。

体力に自信があったり、時間にある程度余裕があって、すぐに収入を得たいと思っているなら、選択肢に入ります。

良くも悪くも、時間で収入が計算できるのが特徴ですね。

行動すればなんとかなる系

収入が少ないと嘆いてばかりでは何一つ変わりません。

自分で考えて、行動しなければ、何も状況は変わらないでしょう。
思い切って行動するだけでもできることは数多くあるものです。

airbnb

airbnbは、自分の家の余っている部屋を貸して、旅行者を受け入れることができるサービスです。

外国人が泊まりに来ることが多く、英語が多少なりともできた方がいいですけど、自分で思い切って行動すれば、すぐにでも始めることはできます。

ただ、法律的にグレーなところではあるので、政府からの情報をこまめにチェックしておきましょう。

旅館営業に関する免許を取得できれば、問題なくairbnbを使えますよ。

自分でイベントを企画する

少々ハードルは高いですが、自分でイベントを企画して、集客ができれば、それを仕事にもできます。

私自身、自分の家でイベントを開いていた時期もありましたので、思い切って行動すればできないことはありません。

ただ、集客できないと、収益はそんなに期待できないと思います。

お金を稼ぐという短期的な考え方ではなく、中長期的に人とのつながりを広げていきたい方向けですね。

物品販売

物品販売というと、難しそうに思うかもしれませんが、今はネットのおかげでモノを販売しやすい時代になりました。

ヤフオク・Amazonなどでの物品販売

モノを売る方法で最も手軽な方法が、ヤフオクAmazonマーケットプレイスを使う方法です。

自分が持っている不用品を気軽に出品できるし、割と売れやすいので、コツをつかめば、それなりの収益は確保できますよ。

私自身も独立した頃はとにかく何とかしないといけなかったので、不用品をヤフオクAmazonマーケットプレイスで販売していました。

それでコツをつかんで、一時期はメインの事業にしていたほど。
今はもうやってないですけどね。

せどりで仕入れたアイテム

メルカリなどのフリマアプリ

ヤフオクやAmazonだけでなく、今はスマホのアプリでも同じように物品販売ができます。

代表的なアプリでは、メルカリがありますよね。
ものすごい勢いで使う人が増えていますよ。

メルカリでの売り方のコツも説明していますので、合わせて参考にしてみてください。

メルカリ以外にもいろいろなフリマアプリがありますよ。

minneでハンドメイド作品の販売

既成品の販売だけなく、自分で作った作品を販売したい方もいると思います。

そんな方には、minneというサービスが選択肢にありますよ。

作家さんが、自分で作った雑貨などを販売しています。
ここで売れるかどうかを見定めたりするのにいいですよね。

うまく売れ始めて、ニーズがあることを確認できたら、ネットショップにしたり、ヤフオクやメルカリでの販売にも広げていくことができそうです。

クリエイティブな仕事

ここからは、自分の考えや経験などを活かして仕事をするクリエイティブ系の副業を紹介します。

時給仕事のように、やれば必ず身があるわけではなく、1円にもならない可能性もありますが、上限もないので、可能性は大きいです。

電子書籍の出版

もし、自分の経験を本にまとめることができるなら、電子書籍の出版も1つの手です。

紙の本のように、数百ページも文章を書かなくてもよくて、しっかりとまとめることさえできれば、電子書籍として販売してもいいのではないでしょうか。

価格も自分で決めれるので、その点でもうまくハマればかなり売れるかもしれません。

私も過去に、カウチサーフィンで外国人を受け入れしてたことがあって、その時の経験を電子書籍にしました。

そんなに売れてはないですが、いろいろと勉強にはなりましたよ!

ココナラ

自分の持っている知識や経験をネット上に販売して、それが欲しい方に向けて売ることができます。

そんなサービスが「ココナラ」
1件500円からで、手数料は30%と高くなりますが、自分自身の能力が世の中に受け入れられるかどうかを試験的に試すのにはちょうどいいですよ。

ブログから自分の仕事につなげる

これからどんな仕事をするのであれ、有効な手段となるのがブログです。

ブログを通して、自分の考え方や知識や経験を発信していくことで、それを読んでくれる方が増えてきますよ。

ブログのお問い合わせから仕事の話が来て、そこから収入につなげているという話はよく聞くし、身近にもいます。

私自身もWeb制作関係の記事を書いていたら、そこから仕事の問い合わせが来るようになりました。

ただ、最低でも数ヶ月は時間がかかりますので、長い目で見れる方のみおすすめですね。

アフィリエイト

副業の代名詞的な存在であろうアフィリエイト。

Webサイトやブログを運営して、そこからの広告収入で収益を得るやり方ですね。

これまた、すぐに結果が出せるものではないので、しばらくは無給でも全く気にならない方ならいいと思います。

note(ノート)

noteというサービスを使うと、自分の作品(文章・イラスト・マンガなど)を販売することができます。

価格を自由に設定できし、自分の取り分の割合も大きいので、うまく軌道に乗れば、可能性のあるサービスですよ。

ただ、自分自身の知名度や影響力に大きく左右されますので、いきなり始めたところで結果を出すのは難しいと思います。

株やFXなどの投資(投機)系

これまで紹介してきたような「仕事」ではなく、一般的に投資と呼ばれているものに興味を持たれることもあるでしょう。

代表的なのが、株やFX。
ただ、株やFXは投資ではなく「投機」です。ギャンブルみたいなものですね。

株は、長期的に運用するなら投資に近くなりますが、100%増やせる保証はどこにもありません。

基本的にはおすすめしませんが、どうしてもFXを検討されているのなら、お得なキャンペーンがある口座から始めるのがいいですよ。

株主優待を目当てに投資する

短期的な株の売買だと、ギャンブルになりがちですが、株主優待を取得することだけを目指すのであれば、少し話が変わってきます。

世の中には、オイシイ話があるもので、証券口座の手数料だけで株主優待を取得できる方法がありますよ!

具体的なやり方と、注意点は以下のページで。

当然ですが、100%うまくいく方法ではありません。

吉野家 株主優待 牛丼セット

投資信託への積み立て

将来に向けて貯金を増やしていきたいけど、銀行の利息だけではそんなに期待できないので、なんとかしたいと思うものです。

そんな方で、多少のマイナスを許容できるのであれば、投資信託を積み立てていきましょう。

購入時の手数料が0円のもので、日本経済や世界経済などの指標に連動した投資信託を積み立てるのがおすすめ。

1度設定すれば、基本的にはほったらかしでOKです。
この方法は私も実践してて、2011年から少額を積み立てています。

投資信託の値段は、株価が上がれば投資信託の値段も上がるし、下がれば下がるという分かりやすいものです。

2014年末時点でのSBIでの投資信託積み立て実績

おまけ:副業を始めたい方におすすめの本

これからなにか別の仕事を始めて、うまくやっていきたい。

そんな方におすすめの本があります。
それが”人にはちょっと教えたくない「儲け」のネタ帳“という本。

文庫本で安いし、Kindleでも買えます。

実践するしないはともかく、読むことで、いろいろなビジネスのヒントがありますよ。

私自身も独立する前に読んで、いろんな人がいるものだな〜と関心したし、なんとかなるような気がしました。

おまけ:副業するなら、時間を確保しよう

これらの副業を試すなら、そもそも時間を確保しないといけませんよね。

普段の生活の中で、時間短縮できることがあれば、実践していき、時間を確保していきましょう。

さいごに:副業よりもまずは節約がおすすめ

これまで、副業についていろいろなアイデアを紹介してきました。

副業もいいですが、自由に使えるお金を増やす最も簡単な方法は節約です。

ムダな支出をとにかく減らすところをまずやってしまったあとで、副業に取り組むとよりいいですよ!

稼ぐよりも節約する方が簡単ですからね。

このページが何かのヒントになれば幸いです。

あと、せっかく今は勤めているのだから、今だからこそ身に付けられる経験や知識を身につけておきましょう!

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。

執筆メンバの一覧を見る