モバイルTカードとは何?作り方やお得な使い方について徹底解説

スポンサーリンク

Tポイントを貯めるためには、Tポイントカードを用意する必要があります。

あまりカードを持ち歩きたくない場合は、モバイルTカードを使うのがおすすめですよ!

スマートフォンがTポイントカードがわりになるので、財布の中もかさばらずに済みます。

そんなモバイルTカードをこれから作ろうと思った場合、どうやって作ればいいのかやり方がわかりづらい部分もありますよね。
モバイルTカードを使って、どうやってTポイントを貯めるのかも気になるところです。

このページでは、モバイルTカードの作り方や種類、実際にモバイルTカードを使ってポイントを貯める方法について詳しく紹介していきますね。

モバイルTカードとは何?作り方やお得な使い方

まずはTカードを用意しよう

Tカード

モバイルTカードを作るためには、Tカード番号が必要になります。

つまり、あらかじめTポイントカードを入手しておくのが条件のひとつ。

まずはTポイントカードを入手しましょう。

ポイント機能だけのものや、クレジット機能つき、デビットカード機能つきのものなど種類もたくさんありますよ。

Tポイントカードの入手方法については、以下で詳しく紹介しています。

モバイルTカードの作り方について

モバイルTカードを作ろうと思ったときに、どこでどうやって作ればいいのか悩んでしまいますよね。

実は、モバイルTカードには何種類かあるので、自分にあった方法で作るのがおすすめです。

モバイルTカードを作るためには、まず対応しているアプリをダウンロードする必要があります。

対応しているアプリは以下の通り。

  • PayPay
  • Tポイント
  • LINE
  • Google Pay
  • ウエルシアグループ
  • TSUTAYA
  • オートバックス
  • 洋服の青山
  • DRUGユタカ
  • ドラッグイレブン
  • Tポイント×Shufoo!
  • Shufoo!
  • スマホサイフ

中でも、代表的なアプリは以下の4種類ですね。
もちろんiPhoneでも使えますよ。

  • PayPayアプリ
  • Tポイントアプリ
  • LINEアプリ
  • Google Pay

ここからは、それぞれの種類ごとに作り方や入手方法を見ていきましょう。

PayPayアプリを使ってモバイルTカードを作る方法

モバイルTカードは、PayPayアプリ経由でも作れます。

スマホ決済としても使えるPayPayで、Tポイントカードを発行しておくと使い勝手がよくなりますよ。

PayPayアプリでモバイルTカードを作る方法は以下の通り。

  1. PayPayアプリを開く
  2. 「Tカード」を選ぶ
  3. 本人確認をする
  4. 発行完了

▼PayPayアプリを開いたら、「Tカード」を選びます。

PayPayのTカード

▼Tカード番号と生年月日で本人確認をしましょう。

Tカード番号と生年月日で本人確認

▼本人確認できると利用規約が表示されるので、大丈夫なら「同意する」を押します。

モバイルTカードの利用規約

▼これでモバイルTカードの設定は終わりです!お店でバーコード画面を提示すると、Tポイントカードとして使えますよ。

モバイルTカード

PayPayでモバイルTカードを使うときは、Tカード番号を持っていることが条件になります。

Tポイントカードを入手してから登録したり、Yahoo! JAPANカードのTカード番号で登録したり、自分にあった方法で作ってみてくださいね。

PayPay経由でモバイルTカードを作りたいときは、まずアプリをダウンロードしておきましょう。

参考:iPhone版のPayPayアプリはこちら
参考:Android版のPayPayアプリはこちら

PayPayではYahoo! JAPANカードでチャージするとチャージ分のTポイントも貯まるので、カードを持っておくと便利ですよ。

私もYahoo! JAPANカードのTカード番号で登録してあります!

Tポイントアプリを利用してモバイルTカードを作る

モバイルTカードを作る方法で一番わかりやすいのは、Tポイントアプリを使うやり方ですね。
Tポイントアプリを使うと、現在のポイント数やポイント履歴も確認しやすくなります。

そんなTポイントアプリでモバイルTカードを作る方法は以下の通り。

  1. Tポイントアプリを開く
  2. 「モバT」を選ぶ
  3. 本人確認をする
  4. 発行完了

▼Tポイントアプリを開いたら、「モバT」を選んで手続きしていきましょう。以降の流れは、PayPayでモバイルTカードを作るときとほぼ同じです。

Tポイントアプリ モバTを選ぶ

本人確認では、Tカード番号と生年月日が必要になります。
あらかじめTポイントカードを入手しておいて、Tポイントアプリで登録すると簡単ですよ。

TポイントアプリでモバイルTカードを使いたい場合は、まずアプリをダウンロードしておきましょう!

参考:iPhone版のTポイントアプリはこちら
参考:Android版のTポイントアプリはこちら

LINEアプリを使ってモバイルTカードを作る

LINEアプリでモバイルTカードを作ることもできますよ。

普段からLINEを使っているのであれば、わざわざ新しくアプリをダウンロードする手間もないので簡単です。

LINEアプリでモバイルTカードを作る方法は以下の通り。

  1. LINEアプリを開く
  2. 「LINEマイカード」を選ぶ
  3. 「Tカード」を選んで「取得する」を押す
  4. 「同意する」を押す
  5. Yahoo! JAPAN IDでログインする
  6. 発行完了

▼まず、LINEアプリのウォレットページを開いて「マイカード」を選びましょう。

LINEマイカードを選ぶ

▼「Tカード」を選んで「取得する」を押します。

LINEマイカード Tカードを選ぶ

▼認証ページが表示されるので、「同意する」を押しましょう。

LINEマイカード 利用規約に同意する

▼Yahoo! JAPAN IDの入力画面になるので、「ログイン」を押します。

LINE Tカード Yahoo! JAPAN IDの入力

▼Yahoo! JAPAN IDとパスワードを入力してログインしましょう。

LINE Tカード Yahoo! JAPAN IDとパスワードでログイン

▼LINEアプリとTカードの連携が完了しました!
あとは「LINEアプリに戻る」を押すと、LINEでTカードが使えるようになっていますよ。

LINE Tカード 連携完了

LINEアプリでモバイルTカードを使いたい場合は、まずアプリをダウンロードしておいてくださいね。

参考:iPhone版のLINEアプリはこちら
参考:Android版のLINEアプリはこちら

LINEアプリでは、モバイルTカードのほかにスターバックスカードなども作れるので、ポイントカードを整理したいときに便利ですよ。

Google PayでモバイルTカードを作る方法

Androidのスマートフォンを使っている場合、Google PayでモバイルTカードを使うこともできます。

Google PayでモバイルTカードを作る方法は以下の通り。

  1. Google Payを開く
  2. 「ポイントカードを追加」を選ぶ
  3. 「Tカード」を検索して選ぶ
  4. 「アカウントにログイン」を押す
  5. 「規約・特約に同意してGoogle PayにTカードを追加」にチェックを入れてログイン
  6. Yahoo! JAPAN IDでログイン
  7. モバイルTカード追加完了

Google PayにTカードを追加するときも、Tカード番号の登録が必要になります。
あらかじめTカードを用意してから、モバイルTカードを追加しましょう。

Google PayでモバイルTカードを使うためにも、まずはアプリをダウンロードしておいてくださいね。

参考:Android版のGoogle Payアプリはこちら

また、Google PayはあくまでもAndroid端末で利用できるアプリなので、iPhoneユーザーは使えません

Apple PayにTポイントカードを追加することもできませんよ。
iPhoneでモバイルTカードを使いたい場合は、ほかの方法を試しましょう!

Apple Payに登録できるポイントカードについては、以下で紹介していますよ。

モバイルTカードの年会費は?

モバイルTカードを作ろうと思ったとき、年会費がかかるのかどうかも気になるところですよね。

結論からいうと、モバイルTカードの年会費は無料です!

それぞれのアプリも無料でダウンロードできるので、モバイルTカードを作るときに料金がかかることもありません。

モバイルTカードを作るときに必要なTポイントカードも、無料で入手できますよ。

クレジット機能つきでTポイントカードとしても使いたい場合は、Yahoo! JAPANカードがおすすめです。

モバイルTカードの使い方・提示のやり方について

モバイルTカードが発行できたら、どうやって使えばいいのかも気になるところですよね。

また、Tポイントの貯め方も気になる部分です。

モバイルTカードを使ってTポイントを貯めるためには、会計時にモバイルTカードを提示するだけでOKですよ!

店員さんから「Tポイントカードはありますか?」と聞かれるタイミングがあるので、そのときに提示しましょう。

あらかじめスマートフォンにモバイルTカードの画面を表示させておくと、会計もスムーズに行えます。
おサイフケータイの場合は、専用端末にスマートフォンをかざすだけで大丈夫ですよ。

逆に、Tポイントを使いたいときは、モバイルTカードを提示したあとに「Tポイントを使います」と伝えればOK。

モバイルTカードを使えば手元からスマートフォンが離れることもないので、ただカードを手渡すだけの時より、安全性も高くなりますね。

ただし、会計後にモバイルTカードを提示してもポイントの後づけはできません
必ず、会計前に提示するようにしましょう。

モバイルTカードが使えないときの対処法

モバイルTカードを使おうと思ったのに、なぜかエラーになってしまうこともあるかもしれません。
原因になりそうなことを知っておくと、いざというときに対処しやすくなりますよ。

モバイルTカードが使えない原因になりそうなのは以下の通り。

  1. スマートフォンの画面が暗すぎる
  2. スマートフォンの画面にヒビや傷などがある
  3. アプリでバーコードを表示してから時間が経ってしまった
  4. Android端末で表示サイズを小さくしている
  5. Android端末で片手モードに設定している
  6. バーコードの有効期限が切れている(Google Payの場合)

それぞれの対処法は以下の通り。

  1. スマートフォン画面の明るさ設定を行う
  2. バーコード画面が読み取りやすいように汚れや傷がない状態にしておく
  3. 提示する直前にアプリを開いてモバイルTカードを提示する
  4. Android端末の表示サイズを標準以上にする
  5. Android端末の表示サイズを標準以上にする
  6. Google Payを更新する

どうしても使えないときは、登録してあるTカードを提示するのもひとつの手です。

モバイルTカードに登録したからといって、今まで持っていたTカードが使えなくなるわけではありません。

お店によって、モバイルTカードとTカードを使い分けるのもありですね。

もしモバイルTカードをやめたい場合は?

使っている途中で、モバイルTカードをやめたくなることもあるかもしれませんね。

結論からいうと、モバイルTカードの解除・削除はいつでもできます!

利用しているモバイルTカードの種類によって、削除方法は異なりますよ。

それぞれの削除方法は以下の通り。

  • バーコード利用:アプリを削除する
  • Google Pay利用:アプリからTカードを削除する
  • おサイフケータイ:Tカード番号を削除する

ただ、モバイルTカードを削除しても元になるTカードそのものを解約したことにはならないので注意しましょう。

さいごに

モバイルTカードを作るためには、以下のものが必要になります。

いろいろな種類のモバイルTカードがあるので、自分にあったものを選びたいところですね。

私はよくPayPayで支払うことが多いので、PayPayアプリでモバイルTカードを作ってありますよ。

元になるTカードは、クレジットカードとしても使えるYahoo! JAPANカードを使っています。
カード払いでもTポイントが貯まる上、Tカードとしても使えるので使いやすいですよ。

モバイルTカードを作って、お得にTポイントを貯めてみてくださいね!

Tポイントカードを作ったら、Tポイントの貯め方や使い方も確認しておきましょう。

おまけ:ほかのポイントサービスについて知りたい場合

Tポイント以外にも、ポイントサービスはいろいろとあります。

ほかのポイントと比較してみたい場合は、こちらも参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

長野在住のフリーライター/3児の母。時間とお金は有限なので、自分の納得できるものに注ぎたい性分。心が豊かになれる暮らしのヒントや、子育てに役立つお得情報など発信していきます。

執筆メンバの一覧を見る