Tカード PrimeはTポイント還元率が常に1%以上なのがメリット!デメリットやお得な使い方も徹底解説

柚木ゆうらの画像

Tポイントを貯められるカードは何種類かありますが、Tカード Primeは常にポイントが1%以上貯まるカードになってます。

普段からTポイントを使うことが多くて、よりポイント還元率の高いカードを探しているならTカード Primeを検討してみるのもいいですね。

そんなTカード Primeですが、実際に持つことでどんなメリットがあるのか気になるものです。

使おうかどうしようか悩んでいる場合は、どんな特典・特徴があるカードなのか知った上で検討するのが一番!

このページでは、Tカード Primeのメリットやデメリットについて紹介していきますね。

Tカード Primeのメリット・デメリットやお得な使い方を解説

【入会キャンペーン】最大6,000ポイントもらえる

Tカード Primeでは、お得な新規入会&利用キャンペーンを開催しています。
今なら、入会特典として最大6,000ポイントがもらえますよ。

詳しい内訳は以下の通り。

  • 入会ポイント:1,000ポイント
  • カード利用特典:最大5,000ポイント

カード利用特典は、カード到着から3ヶ月以内に使うことが条件です。
利用した金額に応じて、もらえるポイント数が変わりますよ。

利用金額ごとのポイント数は以下の通り。

  • 合計5万円以上のカード利用:2,000ポイント
  • 合計7万円以上のカード利用:3,000ポイント
  • 合計10万円以上のカード利用:5,000ポイント

入会ポイントとあわせて、最大6,000円分のポイントが還元されるのでお得ですね。

【忙しい人向け】Tカード Primeの特徴まとめ

このページではTカード Primeについて紹介していきいますが、詳しく説明すると長くなってしまいます。

そこで、まずは要点のみをまとめてみました。

とりあえずカードの特徴だけでも知りたいときは、参考にしてみてくださいね。

  • 選べるブランドはMasterCardのみ
  • 年会費は初年度無料・2年目以降も年1回以上のカード利用で無料
  • Tポイント還元率は常に1%
  • 日曜日にカード利用すると還元率は1.5%
  • ETCカードも年会費無料で作れる
  • 家族カードは作れない
  • Tポイントカードとしても使える
  • TSUTAYAのレンタル登録・更新料が無料になる
  • J’sコンシェルで優待サービスが受けられる
  • 国内・海外旅行傷害保険が付帯
  • Apple Pay・Google Payに登録できる
  • 電子マネーのTマネーが使える
  • カード盗難保険が付帯している

選べる国際ブランドはMasterCardのみ

クレジットカードによっては国際ブランドが選べるところもありますが、Tカード Primeで選べるのはMasterCardのみです。

たとえば、VISAブランドやJCBブランドのTカード Primeを作ることはできません。

今までほかのブランドを使っていた場合は不安かもしれませんが、MasterCardも使えるところが多いのでそこまで不便しないと思いますよ。

かえって、新しくカードを作るときにブランド選びで悩む時間がなくなるのでいいかもしれませんね。

Tカード Primeの年会費

Tカード Primeを作ろうと思ったときに、一番気になるのが年会費についてですよね。
年間いくらかかるのだろうと気になるところだと思います。

Tカード Primeは初年度の年会費が無料です。
つまり、カードを作った年はお金がかかりません。

次年度以降は、年会費として税込1,375円がかかりますよ。

ただし、2年目以降も年間1回以上のカード利用があれば年会費は無料になります。

1回でもカードを使えば無料になるので、年会費についてはそこまで気にしなくてもよさそうですね。

ETCカードは年会費無料で作れる

Tカード Primeは、ETCカードも発行できますよ。
しかも、年会費は無料です。

ETCカードで使った分は、Tカード Primeの利用代金とまとめて支払えます。

もちろん、ETCカードの利用額に応じてTポイントも貯まりますよ。
高速を利用しつつ、Tポイントをお得に貯めることができますね。

家族カードはありません

クレジットカードによっては、家族カードが作れるところもありますよね。

ただ、Tカード Primeでは家族カードは作れません。

どうしてもTカードで家族カードを持ちたい場合は、Yahoo! JAPANカードなら家族カードを作れます。

とはいえ、キャンペーンやお金の管理について考えると、ひとりひとりが個別にカードを持つことをおすすめしますよ。

Tカード Primeを保有する9つのメリット

Tカード Primeを持つことで、実際にどんなメリットがあるのか気になるところですね。

そこで、カードを保有するメリットについてまとめてみました。

  • Tポイントカードとしても使える
  • Tポイントの還元率が常に1%
  • 日曜日にカード利用するとポイント還元率は1.5%
  • TSUTAYAのレンタル登録・更新料が無料になる
  • J’sコンシェルで優待サービスが受けられる
  • 国内・海外旅行傷害保険が付帯している
  • Apple Pay・Google Payに登録できる
  • 電子マネーのTマネーが使える
  • カード盗難保険が付帯している

太字になっているところは、Tカード Primeならではの特典や特徴です。
ほかのTカードと比較するときの参考にしてみてくださいね。

ここからは、それぞれのメリットについて詳しく紹介していきます。

Tポイントカードとしても使える

Tカード Primeは、Tポイントカードと一体型になっているクレジットカードです。

つまり、Tカード Primeを提示するだけでTポイントが貯まりますよ。

Tカード Primeを提示してカード払いすると、Tポイントカード提示分+カード払い分のTポイントが二重取りできます。

これ1枚でTポイントカードとしての役割・クレジットカードとしての役割が両方果たせるわけですね。
まさに1枚2役のクレジットカードです。

Tポイントの還元率が常に1%

Tカード Primeを使うと、利用金額に応じてTポイントが貯まります。
基本の還元率は1%です。

10,000円分をTカード Primeで支払うと、100ポイント(100円分)つく計算になりますよ。
貯めたTポイントは1ポイント=1円として、買い物に使うことができます。

店舗でTポイントを使いたいときは、店員さんにカードを見せて「Tポイントを使います!」と伝えるだけでOK。

ポイント払いすればその分だけ現金を使わなくていいので、節約にもつながりますね。
Tポイントが使えるお店はかなり多いので、ポイントの使い道に困ることもありません。

ちなみに、リボ払いにするとポイント還元率は2%になります。
100円につき2ポイントがもらえる計算ですね。

ただ、リボ払いは長い目で見ると損をしてしまうのであまりおすすめはできません。

日曜日にカード利用するとポイント還元率は1.5%

Tカード Primeは、日曜日に使うとポイント還元率が1.5%になります。
200円につき3ポイントもらえますよ。

日曜日に20,000円分をTカード Primeで支払うと、300ポイント(300円分)つく計算です。

平日だと、同じ金額を支払ってもらえるのは200ポイント。
ただ日曜日にカードを使うだけで100ポイント多くつくのでお得に感じますね!

週末よく出かける・まとめ買いをすることが多いのであれば、効率よくポイントを貯められます。

TSUTAYAのレンタル登録・更新料が無料になる

Tカード Primeを持っていると、TSUTAYAのレンタル登録・更新料が無料になります。

よくTSUTAYAを利用するのであれば、うれしいメリットですね。

レンタル登録・更新料の金額は店舗によって異なりますが、通常だと300円前後かかります。

更新するたびにかかるお金がなくなれば、節約にもなりますよ。

J’sコンシェルで優待サービスが受けられる

Tカード Primeを持っていれば、J’sコンシェルが使えます。

J’sコンシェルは、旅行・レジャー・癒しなどのメニューがお得に受けられる会員限定の優待サービスのこと。

全国170,000件以上のところで優待サービスが受けられますよ。

たとえば、以下のような優待サービスがありました。

  • カラオケルーム歌広場の室料20%オフ
  • 日産レンタカーの一般料金が12~50%オフ
  • 109シネマズ&ムービルの一般シネマチケットが400円引き

ただカードを持っているだけで、優待サービスが受けられるのでうれしいですね。
旅行費やレジャー費の節約にもなります。

国内・海外旅行傷害保険が付帯している

Tカード Primeには、国内・海外旅行傷害保険が付帯しています。

国内旅行傷害保険は利用付帯、海外旅行傷害保険は自動付帯になっていますよ。

保険内容は以下の通り。

Tカード Primの国内旅行傷害保険
担保項目保険金額
傷害死亡1,000万円
後遺障害30〜1,000万円
傷害入院日額5,000円
傷害通院日額3,000円
手術保険金(1事故につき1回)5万円・10万円・20万円
Tカード Primeの海外旅行傷害保険
担保項目保険金額
傷害死亡最高2,000万円
後遺障害80〜2,000万円
傷害治療費用(1事故の限度額)最高200万円
疾病治療費用(1疾病の限度額)最高200万円
賠償責任(1事故の限度額)最高2,000万円
携行品損害最高20万円
救援者費用最高200万円

国内・海外旅行傷害保険がどちらも付帯しているというのは、大きなメリットですね。

さらに海外旅行保険を強化したい場合は、エポスカードレックスカードを持っておくと特典が充実しますよ。

Apple Pay・Google Payに登録できる

Tカード Primeは、Apple Pay・Google Payに登録できます。

Apple Pay・Google Payに登録すると、QUICPayとしてスマホ決済できますよ。
わざわざカードを持ち歩かなくても、スマホさえあれば支払えるので便利ですね。

もちろん、QUICPay決済をしてもTポイントは貯まります。

電子マネーのTマネーが使える

Tカード Primeには、Tマネー機能がついています。

Tマネーは、Tカードにチャージして使える電子マネーのこと。
全国各地のTマネーマークがあるお店で使えます。

Tマネーの利用でも、Tポイントが貯まりますよ。
月間累計利用金額が税込500円につき1ポイントが貯まります。

ポイント還元率は高くありませんが、コンビニなどで少額決済するときは便利です。

小銭を出す手間なく、Tマネーで簡単に支払えますよ。

カード盗難保険が付帯している

Tカード Primeには、カード盗難保険がついています。

カードの紛失・盗難にあったときは、クレジットで不正利用された金額を補償してくれますよ。

万が一のときに備えたサービスがついているので、安心してカードを使えますね。

Tカード Primeのデメリットについて

Tカード Primeについて紹介してきましたが、場合によってはデメリットに感じる部分もあるかもしれませんね。

デメリットになりそうなところは以下の通り。

  • 日曜日にカードを使わないと最大限の恩恵が受けられない
  • 選べる国際ブランドがMasterCardのみ

Tカード Primeの特典を最大限に生かすのであれば、日曜日に買い物をすることが多いかどうかが重要です。

平日のポイント還元率はほかのTカードとあまり変わりませんからね。

逆にいえば、普段から日曜日に出かけたり、まとめ買いすることが多かったりするのであれば、Tポイントが貯まりやすいおすすめのカードです。

ただ、今までほかのブランドのカードを使っていた場合、MasterCardしか選べないことに不安を抱くかもしれません。

どうしてもVISAやJCBブランドのカードを持ちたい場合は、Yahoo! JAPANカードと2枚持ちするのもありですね。

カードを切り替えたい場合は?

すでにほかのTカードを持っていて、Tカード Primeに切り替えたいこともあるかもしれませんね。

Tカード Primeに切り替える場合は、新しく申し込む必要があります。

現在持っているTカードと、Tカード Primeの2枚持ちもできますよ。
ただ、カードを申し込むときはその都度、審査が必要になります。

ちなみに、Tカード Primeにゴールドカードはありません。

Tカード PrimeとYahoo! JAPANカードの比較表

Tポイントが貯まるクレジットカードとしては、Yahoo! JAPANカードも有名ですよね。
私も愛用しているカードのひとつです。

そこで、Tカード PrimeとYahoo! JAPANカードの特徴を比較してみました。
Tカード選びで迷ったときは参考にしてみてくださいね。

Tカード PrimeとYahoo! JAPANカードの違いについて
特徴Tカード PrimeYahoo! JAPANカード
年会費初年度無料(次年度以降は税込1,375円・年1回以上カード利用で無料)無料
ポイントの種類TポイントTポイント
基本還元率1.0%1.0%
国際ブランドMasterCardJCB・MasterCard・VISA
ETCカード無料年550円
家族カード×
Apple Pay○(QUICPay)○(QUICPay)
ポイントプレゼント6,000ポイント〜10,000ポイント~
引き落とし日翌月27日(金融機関が休業日の場合は翌営業日)翌月27日(金融機関が休業日の場合は翌営業日)
海外旅行傷害保険×
国内旅行傷害保険×

大きな違いは、年会費・選べる国際ブランドの種類・家族カードがあるかどうかですね。

また、Yahoo! JAPANカードは海外・国内旅行傷害保険が付帯していないので、ほかのクレジットカードで補う必要があります。

基本となるポイント還元率は同じですが、日曜日のカード利用で1.5%還元が受けられるのはTカード Primeのみ。

週末に買い物をすることが多いのであればTカード Prime、PayPayYahoo!ショッピングを使うことが多いならYahoo! JAPANカードという感じで選ぶのもありです。

カード審査について

Tカード Primeを使ってみたいなと思ってカードに申し込んだとしても、審査に通るかどうかが気になるところですね。

まず、Tカード Primeの申し込み条件は以下の通り。

  • 18歳以上(高校生は不可)
  • 日本在住であること(海外在住は不可)

18歳以上であれば、大学・短期大学・専門学校生も申し込み可能です。

審査に受かるためには、まず条件を満たしているか確認してから申し込みましょう。

また、カード審査に通りやすくするためにも、以下の点を意識してみてくださいね。

  • ほかのクレジットカードと同時に申し込みをしないこと
  • 携帯電話の料金をちゃんと払っていること
  • 申し込みするときに入力項目を埋めること

約2週間ほどでカードが手元に届きます。

オンライン申し込みだと、手続きがすべてネットで完結するので楽ですね。

カードの締め日・引き落とし日について

Tカード Primeを使ってみようかなと思ったときに、カードの締め日や引き落とし日も気になるところですね。

カードの締め日・引き落とし日は以下の通り。

  • 締め日:毎月末日
  • 引き落とし日:翌月27日

土・日・祝日にあたる場合は、翌営業日の引き落としになります。
利用代金明細書は翌月20日ごろに送られてきますよ。

残高不足で引き落とせなかったということがないように、毎月25日までには口座の残高を確認しておきたいですね。

さいごに

Tカード Primeについてまとめてみました。

  • 年会費は初年度無料・次年度以降も年間1回以上の利用があれば無料
  • Tポイントの還元率は常に1%以上
  • 日曜日にカードを使うとポイント1.5%還元
  • TSUTAYAのレンタル登録・更新料が無料になる
  • J’sコンシェルで優待サービスが受けられる

なんといっても、常にポイント還元率が1%以上なのでTポイントを貯めやすいという特徴があります。

Tポイントカードとしても使えるので、使い勝手がいいですよ。
まさにTポイントを貯めることに特化したカードです。

効率よくTポイントを貯めたい場合は、Tカード Primeを検討してみるのもいいですね。

おまけ:カード選びで悩んでいるときに

クレジットカードの種類はとても多いので、どれがいいのか迷ってしまいますよね。
長く使うものになるので、なるべくいいカードを選びたいものです。

以下のページでは、収入ゼロから生き延びた節約家の視点でおすすめしているクレジットカードを紹介しています。