エムアイポイントからTポイントに等価交換する方法。ただし条件あり

松本 博樹の画像

こんにちは!
Tポイントにハマっているノマド的節約術の松本です。

クレジットカードのエムアイカードを持っていると、エムアイポイントを貯めることができます。

そのエムアイポイントって、ちょっとの工夫があればTポイントに交換できるんですよ!

あまり知られていないとは思いますが、実際にやってみたら交換できましたので、このページでは詳しいやり方を紹介していきますね。

エムアイポイントからTポイントにするざっくりとした手順

エムアイポイントからTポイントになんてできるのかな…って思うかもしれませんが、以下のことをやればポイントを移行できますよ!

  1. エムアイカードを作る
  2. エムアイカードとエムアイポイントを連携する
  3. 関西電力を使って「はぴeみる電」に登録する
  4. エムアイポイントからはぴeポイントに交換する
  5. はぴeポイントからTポイントに交換する
  1. エムアイカードを作る
  2. エムアイカードとエムアイポイントを連携する
  3. myCoinに登録する
  4. エムアイポイントからmyCoinに交換する
  5. myCoinからJRキューポに交換する
  6. JRキューポからTポイントに交換する

私ははぴeポイントを通した方法でポイントを移行しました。
Tポイントがめっちゃ貯まってうれしかったですね。

「はぴeみる電」が必要になるので、関西電力を使っている人向けです。

クレジットカードの「はぴeVISAカード」を持っている場合でも、はぴeポイントを貯められますが、クレジットカードの年会費が必要になる分だけもったいないですね。

一部の人しかできない方法ですが、関西電力を使っているなら等価交換でエムアイポイントからTポイントにできます。

Tポイントを貯めている、関西電力ユーザーならぜひ使ってほしい方法です!

ということで、このあとからは実際にエムアイポイントからTポイントにするまでの流れを画像つきで詳しく紹介していきますね。

完了するまでドキドキでしたが、ほんとに交換できたときはテンション上がりました!

エムアイポイントからはぴeポイントに交換する方法

エムアイポイントの交換ページを開くと、いろいろなポイントへの交換ができます。

今回は「はぴeポイント」に交換することにしました。
「エムアイポイント」から「はぴeポイント」ですね。

エムアイポイントからはぴeポイントに交換する手順

▼次の画面に移動すると、交換レートが改めて表示されます。
問題なければ下にあるボタンを押して進んでください。

エムアイポイントからはぴeポイントに交換する手順

▼ここで交換ページが開きますね。
何ポイント交換するかや、交換先のはぴeポイントの会員番号の入力をしてください。

エムアイポイントからはぴeポイントに交換する手順

▼はぴeポイントクラブ会員番号を入力するときは、はぴeポイントクラブのページにログインして、WEB会員証のページを開きましょう。

そこに10桁の会員番号が書いてありますよ!

はぴeポイントクラブ会員番号確認

▼次の画面では確認になります。
問題なければ、「交換する」ボタンを押してください。

エムアイポイントからはぴeポイントに交換する手順

▼これで、はぴeポイントへの交換手続きができました。
翌月中旬頃にポイント付与とのことだったので、しばらく待ちましょう!

エムアイポイントからはぴeポイントに交換する手順

▼その後、無事にはぴeポイントが付与されていました!
翌月中旬頃と書いてましたが、上旬には反映されてましたよ。

エムアイポイントをはぴeポイントに交換できた証拠

はぴeポイントからTポイントに交換する手順

はぴeポイントが付与されたら、次はTポイントに交換手続きをします。

▼はぴeポイントのポイント交換画面から、Tポイントを選びましょう。
等価交換できるのがいいですね。

はぴeポイントからTポイントに交換する手順

▼以下の画面が開いたら、「お申し込みに進む」ボタンを押しましょう。

はぴeポイントからTポイントに交換する手順

▼Yahoo! JAPAN IDと連携するためにログインします。

はぴeポイントからTポイントに交換する手順

▼連携ができれば、ポイント交換画面に戻ってくるので、交換したいポイント数を入力してください。

はぴeポイントからTポイントに交換する手順

▼確認画面が出てきますので、問題なければそのまま「お申し込み」ボタンを押します。

はぴeポイントからTポイントに交換する手順

▼これではぴeポイントからTポイントへの交換手続きができました!
交換完了まで待ちましょう!

はぴeポイントからTポイントに交換する手順

はぴeポイントからTポイントへの交換手続きは1月9日にしました。
▼その後、1月10日にTポイントに交換できていました。やったね!

はぴeポイントからTポイントに交換できた証拠

翌々日と言われていましたが、翌日には反映されていましたね。めっちゃ早いです。

エムアイポイントをmyCoinに交換する手順

もう1つの方法に、myCoinとJRキューポを通してTポイントに交換するやり方があります。

かなり面倒な方法ではありますが、こちらは住んでいる地域に限定されることなく手続きできますよ。

ということで実際にやってみました。

▼まずは、エムアイポイントのページからmyCoinへの交換手続きへ進みましょう。

エムアイポイントからmyCoinに交換する方法

▼次のページでは、交換したいポイント数を入力します。
500ポイントずつの交換になりますよ。

ここでマイコインIDも必要になるので、myCoinのアカウントからコピーして入力しましょう。

エムアイポイントからmyCoinに交換する方法

▼次の画面で確認になります。
問題なければ、そのまま「交換する」ボタンを押してください。

エムアイポイントからmyCoinに交換する方法

▼これでエムアイポイントからmyCoinへの交換手続きができました!

4営業日程度かかるとのことなので、少し待ちましょう。

エムアイポイントからmyCoinに交換する方法

▼その後、無事に交換できました!
JRキューポがしっかり増えていますね。

myCoinからJRキューポにできた

次は、JRキューポからTポイントに交換する手順です。

▼JRキューポのポイント交換ページを開いて、Tポイントに交換するをチェックしましょう。

JRキューポからTポイントに交換する手続き

▼500ポイント以上あれば、1ポイント単位で交換できるので、すべて交換しておくのがおすすめです。

入力できたら、次へボタンを押しましょう。

JRキューポからTポイントに交換する手続き

▼送信先メールアドレスが表示されますので、問題なければ次へボタンを押します。

JRキューポからTポイントに交換する手続き

▼確認画面が出てきたら、あと一歩!
目を通して、下にある交換申込みボタンを押しましょう。

JRキューポからTポイントに交換する手続き

▼これでJRキューポからTポイントへの交換手続きができました。
あとはTポイントが増えるのを待つだけですね。

JRキューポからTポイントに交換する手続き

▼後日、しっかりTポイントが加算されていました。
これでエムアイポイントからTポイントに等価交換できますよ。

JRキューポからTポイントに交換できた証拠

エムアイカードでふるさと納税して貯めたポイントを交換しよう

エムアイカードを使って、指定のページからふるさと納税サイトの「さとふる」を利用すると、エムアイポイントが2.5%の還元率で貯まります。

これがめちゃくちゃお得なサービスなので、ここで貯めたエムアイポイントを今回紹介した方法でTポイントにすれば一気にポイントが増えますよ。

私が今回交換したエムアイポイントは、全部ふるさと納税で貯めたものです。

貯めたTポイントはネオモバで株を買うのに使おう!

こうやって貯めたTポイントは、SBIネオモバイル証券(ネオモバ)で株を買うのに使うのがおすすめです。

ネオモバだと、1株から買える上にTポイントが使えるため、無料で株を入手できちゃいます!

Tポイント履歴の画面でもありましたが、貯めたTポイントは全部ネオモバで株を買うのに使ってますよ。

株を持っていれば、あとあと配当金がもらえます。
ポイントがお金を生み出すという、地味ですがとてもいい仕組みを作れますよ!

さいごに

ふるさと納税の還元率を上げるためだけにエムアイカードを作ったんですが、貯まりすぎたエムアイポイントの使い道に困っていたんですよね。

それがなんと、今回紹介した仕組みのおかげで気軽にTポイント交換できるようになりました!

この仕組みのおかげで、個人的にはエムアイカードの価値が一気に高まりましたよ。

ふるさと納税でエムアイポイントを貯める

Tポイントに交換する

ネオモバで株を買う

この流れでやれば、節税して貯めたポイントを投資に回せるので、地道に資産を増やしやすくなりますね!

私は今後もこの方法でTポイントを増やしていこうと思います。
できそうなら試してみてくださいね。

このページをきっかけにエムアイカードが気になったら、以下のボタンから公式をチェックできますよ!

この記事を書いた人

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。会社を辞めて子どもが産まれるタイミングで家を買いました。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。そもそも論から考えるミニマリスト的な節約術、クレジットカード、ポイントやマイル、株主優待、投資信託、移動を安くする方法に詳しいです。

松本 博樹のプロフィール