郵便局が窓口でキャッシュレスの支払いに2020年2月から対応!クレジットカード・電子マネー・スマホ決済が使える

松本 博樹の画像

郵便局は、今まで現金での支払いにしか対応していなくて、わざわざお金を持っていく必要がありました。

財布からお金を取り出すのも手間だと思います。

そんな郵便局ですが、2020年2月から一部の郵便局の窓口でキャッシュレス決済での支払い方法に対応することになりました。2020年5月にはもっと使える郵便局が増える予定です。

これで便利になりますし、ポイント還元などの恩恵を受けることができ、実質的に節約できますよ!

ここでは、郵便局の窓口でキャッシュレス対応が始まったときにお得に使っていくためにできることを紹介していきますね。

郵便局でキャッシュレスを使ってお得に支払う方法

対応しているクレジットカード

まずは、対応しているクレジットカードの国際ブランドから紹介しますね。

以下の国際ブランドでカード払いできます。

これらの国際ブランドであれば、クレジットカードだけでなくデビットカードやプリペイドカードでの支払いにも対応していますよ。

また、「非接触対応カードも含む」という記述もあるため、おそらくVISAのタッチ決済コンタクトレス決済にも対応するのではないかと思います。

クレジットカード払いするときは、なるべくポイント還元率が高いカードで支払うようにしましょう。

そうすることで郵便局でお金を使うときにもポイントが貯まります!

参考:(年会費有料あり)ポイント還元率が高いクレカまとめ
参考:(年会費無料のみ)ポイント還元率が高いクレカまとめ

対応している電子マネー・交通系ICカード

郵便局の窓口では、電子マネーでの支払いにも対応します。
クレジットカードに抵抗がある場合でも、選択肢がありますよ。

使える電子マネーは以下の通りです。

iDやQUICPayだと後払いになるため、クレジットカードと同じような感じで使えますね。

主要な交通系ICカード10種類(11枚)

電子マネーだけでなく、Suicaなどの交通系ICカードも使えますよ。
郵便局の窓口で使える交通系ICカードは以下の通りです。

PiTaPaは含まれていないので注意してくださいね。

この中だと、SuicaだとあらかじめビックカメラSuicaカードなどのビューカードでチャージしておくと、そこでJRE POINTが貯まって確実にお得になりますよ。

対応しているスマホ決済

郵便局の窓口でキャッシュレス支払いに対応しているのは、クレジットカードや電子マネーだけではありません。

各種バーコード決済(QRコード決済)にも対応していますよ。

しかも、主要な支払い方法にはすべて対応しているため、わざわざ新しく何かを使い始める必要もありません。

郵便局のサービスなので、ゆうちょPayしか使えないように思うかもしれませんが、そんなことはないですよ。

どれが特別におすすめというわけでもないですが、普段使っている方法がいいと思います。

ポイントなども含めた還元率などを考えると、Origami Pay・PayPay・楽天ペイ・d払いが候補になりますね。

キャッシュレスの支払いで買える商品

普通切手の種類

これらのキャッシュレス支払い方法でどんな商品が買えるのかも気になると思います。

以下の商品やサービスが対象ですよ。(代表的なところを紹介)

主要な商品には対応しているので、使いやすいですよね。
地味にお金がかかると思いますが、これで現金払いよりも確実に節約できるのでお得です!

ちなみに収入印紙は対象外になるため、注意してくださいね。

さいごに

郵便局の商品が現金以外の方法で買えるようになる日が来るとは思いませんでした!

今すぐ始まるわけではないですが、とても楽しみなサービスですね。

私もなんだかんだと郵便局のサービスを使うことがあるので、これからはキャッシュレスの支払い方法だけを使うようにしようと思います。

ポイントなどの還元があるので、現金払いよりも確実に節約できるからうれしいです!

この記事を書いた人

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。会社を辞めて子どもが産まれるタイミングで家を買いました。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。そもそも論から考えるミニマリスト的な節約術、クレジットカード、ポイントやマイル、株主優待、投資信託、移動を安くする方法に詳しいです。

松本 博樹のプロフィール