クレジットカードの国際ブランドの違いとは?JCB・VISA・MasterCardの選び方のコツについても紹介

スポンサーリンク

クレジットカードには、JCB・VISA・MasterCardなどのマークがついていますよね。

これはクレジットカードの国際ブランドとされるもの。
それぞれ好きなブランドを選んでクレジットカードを作る形になりますよ。

普段あまり意識することはないかもしれませんが、そもそもクレジットカードのブランドは何が違うのか気になりませんか?

また、初めてクレジットカードを作る場合、どの国際ブランドを選べばいいのかも迷うところ。

このページではクレジットカードのブランドの違いや、JCB・VISA・MasterCardなどブランド別おすすめカードの選び方についても詳しく説明していきますね。

クレジットカードの国際ブランドの違いと選び方のコツ

クレジットカードの国際ブランドとは?

クレジットカードの表面を見てみると、「JCB」などのマークがついていますよね。
このマークこそが、クレジットカードの国際ブランドを表すもの。

「ブランドマークがついている加盟店で使えるカードですよ」という意味をもちます。

たとえば、VISAマークつきのクレジットカードを持っている場合は、VISA加盟店で使えるカードという証になりますよ。

ちなみに、選べる国際ブランドの種類は以下の通り。

特に、加盟店が多いのはVISA・MasterCardとなっています。
1つのクレジットカードにつき1ブランドが選べますよ。

初めてクレジットカードを選ぶときは、とりあえずカードが使える加盟店の多いVISAかMasterCardを選ぶというのもひとつの手ですね。

VISAブランドのクレジットカード

リクルートカードVISA

VISAは、全国的に加盟店の多いブランドです。
日本だけでなく海外でも使えるお店が多いので、旅行や出張で海外に行く機会が多い場合にもおすすめ。

海外のATMでは、以下のマークがついていると現地通貨をキャッシングできます。

  • VISA
  • Plus

種類もたくさんありますが、特におすすめできるVISAブランドがあるクレジットカードは以下の通り。

ゴールドカード以上でおすすめなVISAカードは、以下の通り。

VISASブランドはクレジットカードだけでなく、プリペイドカードやデビットカードも発行していますよ。

使えるお店が多いので、初めてクレジットカードを作る場合にもおすすめですね。
1枚持っておくと心強いカードですよ。

MasterCardブランドのクレジットカード

発行されたアコムACマスターカード

MasterCardもVISAと同じぐらい、加盟店の多い国際ブランドです。
国内だけでなく海外にも加盟店が多いので、まさに国際的なブランドといえますね。

海外では以下のマークがついているATMで、現地通貨のキャッシングも可能です。

  • MasterCard
  • Cirrus

主に、おすすめできるMasterCardブランドのクレジットカードは以下の通り。

ゴールドカード以上でおすすめなMasterCardブランドのクレジットカードは以下の通り。

MasterCardブランドのクレジットカードを使うと、プリペイドカードのau WALLETにチャージしてポイントが貯められるメリットがあります。

au WALLETを使う機会があるのであれば、MasterCardブランドのカードを持っておくと便利ですよ。

ちなみに、クレジットカードのほか、プリペイドカードも発行しています。
ただし、デビットカードは取り扱っていません。

JCBブランドのクレジットカード

楽天カード クレジットカード

JCBは、日本発の国際ブランドになっています。

海外では少し使えるところが少なくなりますが、国内では、VISAやMasterCardと同じぐらい加盟店が充実していますよ。

普段あまり海外でカードを使うことがないのであれば、そこまで気になりません。

また、海外でも以下のマークがついているATMでは、現地通貨のキャッシングができます。

  • JCB
  • Cirrus

主に、以下のようなJCBブランドのクレジットカードがありますよ。

クレジットカードだけでなく、プリペイドカードやデビットカードも発行しています。

ちなみに、JCBブランドのカードは電子マネーのQUICPayにも対応していますよ。

アメリカン・エキスプレスブランドのクレジットカード

アメックスビジネスゴールドカード

アメリカン・エキスプレスは、アメックスという呼び名で親しまれている国際ブランド。

主に、以下のようなアメックスブランドのクレジットカードがありますよ。

また、以下のような法人カードも選べます。

国内の空港ラウンジが無料で利用できたり、海外旅行損傷保険が利用付帯になっていたりと、海外へ行く機会があるならうれしい特典が充実しています。

会員限定のイベントやキャンペーンなどもあるのでお得感もありますね。

ダイナースクラブのクレジットカード

ダイナースクラブは、高級なカードブランドというイメージが強い国際ブランド。
海外では加盟店がまだまだ少ないような印象を受けます。

ちなみに、以下のマークがついている海外ATMでは、現地通貨がキャッシングできますよ。

  • アメリカ:Pules
  • アメリカ以外:ダイナースクラブ

主に、以下のようなダイナースクラブのクレジットカードがあります。

基本的に年会費が高めに設定されている上、27歳以上からしか申し込めません。
出張が多い場合や、会社経営者向けの国際ブランドになっていますよ。

銀聯ブランドのクレジットカード

銀聯(ぎんれん)は中国発のブランドで、ユニオンペイとしても知られていますよ。
日本国内でも百貨店や家電量販店を中心に、加盟店が増えています。

もしも中国へ行く機会があって、現金を使いたくないのであれば銀聯ブランドのカードを作っておくと便利ですよ。

主に、以下のような銀聯カードがあります。

銀聯ブランドにはキャッシング機能がついていないので、海外ATMで現地通貨のキャッシングはできません。

また、クレジットカードとして使う場合も分割払いができないため、場合によっては不便さを感じることもあるかもしれませんね。

ディスカバーブランドのクレジットカード

ディスカバーは、あまり馴染みのないブランドかもしれません。

なぜなら、ディスカバーブランドのクレジットカードは日本で発行されていないから。
主に、アメリカで使える加盟店が多いブランドになっています。

アメリカに行く機会があるのであれば作っても良いですが、VISAMasterCardもほとんどのお店で使えるのであまり必要性は感じませんね。

日本と海外で使いやすいカードを作るのであれば、VISAやMasterCardを作ってしまったほうが便利ですよ。

Apple Payに対応している国際ブランドについて

Apple Pay 設定画面

クレジットカードをApple Payに登録して使いたい場合、使える国際ブランドのカードを選ぶ必要があります。

せっかくカードを作ったのに、Apple Payに登録できなかったなどということがないようにしたいですよね。

現在、Apple Payに登録できる国際ブランドのカードは以下の通り。

VISAカードはオンライン決済しない場合のみ、対応カードで利用できます。

ダイナースクラブなどほかのブランドはそもそもApple Payに登録できないので注意しましょう。

国際ブランドの選び方について

クレジットカードの国際ブランドについて説明してきましたが、いざカードを作るとき何を基準に選べばいいのか悩んでしまいますよね。

せっかくカードを作ったのに、使用目的と合っていないブランドを選んでしまうと使いづらくなってしまいます。

基本的には、「どんな目的でクレジットカードを持ちたいのか・どんなところで使いたいのか」を意識してブランドを選ぶようにすればOK。

たとえば、以下のような感じ。

使用目的ごとのおすすめ国際ブランドについて
使用目的おすすめの国際ブランド
国内・海外で加盟店が多いカードを選びたいVISA・MasterCard
日本で使えればとりあえずOKJCB
優待など特典を重視したいアメックス
旅行などの優待特典を受けたいダイナースクラブ
中国などアジア圏で主に使いたい銀聯
アメリカで主に使いたいディスカバー

使用目的に合わせて、国際ブランドを選んでみてくださいね。

クレジットカードのブランド違いは複数持てる?

国際ブランドが違うクレジットカードをいくつか持ちたい場合もありますよね。
そこで気になるのが、ブランド違いのカードを複数持てるの?という部分。

結論からいうと、ブランド違いのカードを複数持つことはできます。
むしろ、ブランド違いのクレジットカードを持つことにより、お店によってカードを使い分けることができますよ。

ただ、クレジットカード会社によってはブランド変更する際、一度作ったカードを解約して再発行する流れになることも。

また、クレジットカードを申し込むときに複数申し込みをしてしまうと審査に影響が及ぶ可能性もあるので、時期をずらして申し込むことをおすすめします。

クレジットカードの国際ブランドと発行会社の違いについて

初めてクレジットカードを持った場合、国際ブランドと発行会社を混合してしまいがち。
しかし、カードのブランドと発行会社はそれぞれ別物ですよ。

簡単に違いを説明すると、以下のようになります。

  • 国際ブランド→クレジットカードがどこで使えるかを示すもの
  • 発行会社→クレジットカードを発行している会社

普段クレジットカードを使うときは、とりあえず国際ブランドを覚えておけばOKです。

クレジットカードを使って支払うためにも、どんなお店で使える国際ブランドのカードなのかを意識しておきましょう。

クレジットカードのブランドの違いまとめ

クレジットカードのブランドの違いや特徴について、それぞれまとめてみました。

ブランド別の違い・特徴について
ブランドの種類海外での利用海外ATMでのキャッシングApple Pay対応
VISA×
MasterCard
JCB
アメックス
銀聯××
ディスカバー×

主に、VISA・MasterCard・JCBのどれかを持っていれば使えるお店も多くて安心ですよ。

申し込むクレジットカードによって選べるブランドは違うので、その点だけ気をつけてくださいね。

さいごに

クレジットカードの国際ブランドの違いについて説明してきましたが、そこまで複雑に考えることはありません。

ブランドによって特徴が違うので、目的に合ったものを選ぶのが一番ですよ。
どんなブランドを選べばいいのか迷ったときは、今回紹介したものを参考にしてみてくださいね。

使いたい場面や目的に合った国際ブランドを選んで、クレジットカードを上手く使っていきましょう。

おまけ:ブランド別におすすめのクレジットカード

国際ブランド別におすすめなクレジットカードについて知りたい場合は、こちらも参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

長野在住のフリーライター/3児の母。時間とお金は有限なので、自分の納得できるものに注ぎたい性分。心が豊かになれる暮らしのヒントや、子育てに役立つお得情報など発信していきます。

執筆メンバの一覧を見る