Tポイントが貯まるおすすめクレジットカード9枚を徹底比較!還元率が高いお得なカードを紹介

スポンサーリンク

普段、買い物をしていると、Tポイントを貯める機会があると思います。

Tポイントカードを持っていないと、「Tポイントカードはお持ちですか?」と聞かれることも多いですよね。

もし、Tポイントを貯めていこうと思っているのであれば、クレジットカードを使ってTポイントを貯めていくのが一番手っ取り早いですよ。

クレジットカードの使い方を工夫すれば、たくさんのTポイントを貯めることができます!

私もクレジットカードでTポイントを多く貯めてきました。

そこでこのページでは、Tポイントが貯まるクレジットカードと、どのように使えばTポイントが貯まるのかについて詳しく紹介していきますね。

Tポイントが貯まるクレジットカード

クレジットカードでTポイントを貯める2つの方法

クレジットカードでTポイントを貯めるには2つの方法があります。
それをまず理解してから選ぶのがいいですよ!

2つの方法は以下の通り。

  • クレジットカード利用でTポイントを貯める
  • クレジットカードで貯めたポイントをTポイントに交換する

「クレジットカード利用でTポイントを貯める」方法は、カードを使えばTポイントそのものが貯まります。

数はそんなに多くないですが、Tポイント自体が貯まるクレジットカードがありますよ!

あとでも詳しく紹介しますが、Yahoo! JAPANカードはその代表的なクレジットカードです。

Tポイントカードにもなっているため、クレジットカード払いしなくても、加盟店で提示すればTポイントが貯まります。

もう1つは、クレジットカードを使うと他のポイントが貯まるけど、そのポイントをTポイントに交換できるというものですね。

このタイプのクレジットカードのほうが多いですよ!
使い方を工夫すれば、多くのTポイントが貯めやすいです。

ということで、このあとはそれぞれのタイプごとにTポイントが貯まるクレジットカードを紹介していきますね。

利用ごとにTポイントが貯まるクレジットカード

まずは、カード払いしたらTポイントが貯まるクレジットカードを紹介していきますね。

Yahoo! JAPANカード

Yahoo! JAPANカード(ヤフーカード)

Tポイントとクレジットカードを一体型にするなら、一番おすすめなのがYahoo! JAPANカードです。

年会費無料・還元率1%でTポイントが貯まるカードで、私もお得に使っています!

この1枚あれば、還元率もそこそこ高いカードとして使えるし、Tポイントが貯まるお店で提示すれば、Tポイントも貯まっていきますよ。

他にもYahoo!ショッピングLOHACOで買い物したときに、1%分のポイントが上乗せになる特典もあって、ネットでも使いやすいです。

  • 税込100円ごとに1ポイント貯まる
  • 年会費無料
  • Yahoo!ショッピング・LOHACOで1%アップ
スポンサーリンク

ファミマTカード

ファミリーマートでよく買い物する機会があるのなら、クレジットカードとTポイントカードが一体型になっているファミマTカードがあります。

ファミリーマートで使えば使うほどポイントが貯まる仕組みになっているので、今後もファミリーマートで買い物し続けると決まっているなら、持つ価値は十分ありますよ。

基本のポイント還元率は0.5%で、税込200円ごとに1ポイントが貯まる仕組みです。

ただ、徹底的に節約していこうと思うのなら、コンビニでの買い物はそもそもしない方がいいので、その場合はYahoo! JAPANカードの方がいいかなと思います。

ファミマTカードを作ったときは、リボ払いになっているため、一括払いになるように手続きをしておきましょう!

一括払いに変更するやり方は以下のページが詳しいですよ。
P-one Wizになってますが、ファミマTカードでも同じです。

  • 税込200円ごとに1ポイント貯まる
  • 年会費無料
  • 初期設定がリボ払いなことに注意

ファミマTカードをより詳しく知るには、以下のページがおすすめです。

Tカードプラス

TSUTAYAを普段から使っているのであれば、Tカードプラスも候補に入れていいかもしれません。

初年度年会費無料で、2年目以降も年に1回でも使えば年会費無料になるので、普通に使うなら費用を気にすることはないですよ。

クレジットカードとして使わなくてもTポイントカードとしても使えます。

毎年のレンタル更新費用が無料になるし、自動更新になって更新手続きもしなくてよくなります。

これに魅力を感じるかどうかで、Tカードプラスが使えるかを判断するといいですよ。

  • 税込200円ごとに1ポイント貯まる
  • 年会費無料
  • TSUTAYAユーザーがお得

マジカルクラブTカードJCB

マジカルクラブTカードJCBは、通販サイトで知られているニッセンのクレジットカードです。

税込200円ごとに1ポイントが貯まりますよ。
Tポイントの還元率は0.5%ですね。

マジカルクラブTカードJCBは、1ヶ月で3万円以上使うとその月はTポイントが2倍になる特典があります。

仮に1ヶ月5万円使ったとすると、通常分のポイントは250ポイントですが、2倍の特典でさらに250ポイントがもらえますよ。合計で500ポイントです。

よく使い続けるなら、そこそこTポイントが貯まりやすいカードになりますよ!

参考:マジカルクラブTカードJCBを使ってみるにはこちらから

  • 税込200円ごとに1ポイント貯まる
  • 年会費無料
  • 月3万円以上使った月はポイント2倍

貯めたポイントをTポイントに交換できるクレジットカード

ここからは、カード利用で貯めたポイントをTポイントに交換できるクレジットカードを紹介していきますね。

キャンペーンなどによっては、Tポイント自体が貯まるクレジットカードよりもお得になる可能性もありますよ!

Orico Card THE POINT

オリコカードザポイント(Orico Card THE POINT)

Orico Card THE POINTは、普段はオリコポイントが貯まるクレジットカードです。

貯めたオリコポイントをTポイントに交換できますよ。
1オリコポイントを1Tポイントに交換できるので、同じレートになります。

リアルタイムでTポイントに即時交換できるのもありがたいところです!

Orico Card THE POINTは、税込100円ごとに1ポイントが貯まるため、普段から還元率1%ですね!

しかも、入会から6ヶ月間はポイント2倍になるため、税込100円ごとに2ポイントも貯まります。

500ポイント以上貯めないとTポイント交換できない、有効期限が1年間しかないことだけに注意すれば、Tポイントを貯めるのにかなりおすすめのクレジットカードですよ!

参考:Orico Card THE POINTを使ってみるにはこちらから

  • 税込100円ごとに1ポイント貯まる
  • 年会費無料
  • 入会から6ヶ月間はポイント2倍

JCB CARD W / JCB CARD W plus L

39歳までの人だけが申込できるJCB CARD WJCB CARD W plus Lも、貯めたOki DokiポイントをTポイントに交換できますよ。

JCB CARD WとJCB CARD W plus Lの違いは、女性向けのサービスである「LINDAリーグ」などがあるかどうかだけです。基本的なサービス内容は同じになります。

これらのカードを使うと、1,000円ごとにOki Dokiポイントが2ポイント貯まりますよ。

1Oki Dokiポイントを4Tポイントに交換できるため、Tポイントの還元率にすると0.8%です。

ただ、これらのカードはキャンペーンが開催されていることも多く、新規入会のときにポイントが貯まりやすくなっていることも多いですよ。

2019年末までは、1,000円ごとにOki Dokiポイントが10ポイント貯まるため、Tポイントにすると還元率4%とありえないお得さになっています!

参考:JCB CARD WかJCB CARD W plus Lを使ってみるにはこちらから

  • 税込1,000円ごとに2ポイント貯まる
  • 年会費無料
  • 1ポイント4円分のTポイントにできる
  • キャンペーンで還元率がアップすることも

三井住友VISAカード

三井住友カード

クレジットカードで有名な三井住友VISAカードも、ワールドプレゼントというポイントをTポイントに交換できますよ。

1ワールドプレゼントあたり4ポイントにできます。

三井住友VISAカードは、税込1,000円ごとに1ポイントが貯まるクレジットカードのため、これだけだとTポイントの還元率が0.4ポイントになりますね。

よりお得にしたいのであれば、Gポイントを通してからTポイントに交換すると、還元率を0.5%にできます。

カード利用だけだとそこまでTポイントが貯まりやすいというわけではないですが、ワールドプレゼントは他のポイントを交換して貯めることもできるため、工夫すればTポイントを一気に増やせる可能性もありますよ。

PeXやGポイントは、ワールドプレゼントに交換できます。

もしTポイントを貯めるために三井住友VISAカードを申し込むのであれば、「三井住友VISAクラシックカード」がおすすめですよ。

使い方を工夫すれば年会費無料にできるからです。

  • 税込1,000円ごとに1ポイント貯まる
  • 年会費はカードによって異なる
  • 1ポイント4円分のTポイントにできる
  • 他のポイントからワールドプレゼントにしてTポイントを貯める方法も

参考:三井住友VISAカードを使ってみるにはこちらから

アメリカン・エキスプレス・カード

アメックスグリーン

カードのデザインがおしゃれなアメリカン・エキスプレス・カードも、貯めたポイントをTポイントに交換できます。

アメリカン・エキスプレス・カード自体は、税込100円使うごとに1ポイント貯まりますよ。

アメリカン・エキスプレス・カードで貯めた3,000ポイントをTポイント1,000ポイントにできます。これだと還元率0.33%ですね。

年会費3,240円かかるメンバーシップ・リワード・プラスに入ると、3,000ポイントを1,500ポイントにできます。これなら還元率0.5%です!

アメリカン・エキスプレス・カードを使うということ自体、普段からそれなりにお金を使っていると思いますので、そこまでメンバーシップ・リワード・プラスの年会費に対する抵抗はないかもしれませんね。

マイルに交換する予定がない、マイルに交換しきれないぐらいポイントが貯まっているときの選択肢に使えますよ!

参考:アメリカン・エキスプレス・カードを使ってみるにはこちらから

  • 税込100円ごとに1ポイント貯まる
  • 年会費12,960円
  • 3,000ポイントを1,000円分のTポイントにできる(還元率0.33%)
  • メンバーシップ・リワード・プラス利用で還元率0.5%にアップ

P-one Wiz

P-one Wizのカード

Tポイントと一体型にはなっていないカードですが、使い方を工夫することでTポイントを貯める以外にもお得なカードがありますので、紹介しますね。

P-one Wizは、請求額から1%割引になった上に、Tポイントも0.5%の還元率で貯まります。

その代わり、ファミマTカードと同じように最初はリボ払いになっているため、一括払いに変更する手続きをしておきましょう。

  • 税込1,000円ごとに1ポイント貯まる
  • 年会費無料
  • 1ポイント5円分のTポイントにできる
  • 初期設定がリボ払いなことに注意

どれか1枚ではなく、併用するのもおすすめ

ここでは、Tポイントが貯まりやすいクレジットカードを紹介してきました。

どれか1枚だけを選ぶと思ったかもしれませんが、もし複数枚のクレジットカードを使い分けているのであれば、併用してもまったく問題ないですよ!

むしろ併用しながらのほうがTポイントは貯めやすいです。

キャンペーンなど、時期によってTポイントが貯まりやすいクレジットカードが異なるため、使い分けるとより多くのTポイントが貯まりますね。

例えば、今後の出費が多くなることがわかっているなら、あらかじめOrico Card THE POINTを作っておくと、2%の還元率でTポイントを貯めることができます。

JCB CARD Wもポイント還元率がアップするキャンペーンが多いので、出費が多くなる前に作っておくと、戻ってくるポイントが多くなるため、結果的に節約になりますよ!

さいごに:クレカで貯めたTポイントをどう使うか?

これらのうちのいずれかのカードを使うことで、Tポイントがどんどん貯まっていきますよね。

問題はそのTポイントをどう使っていくかです。
せっかく貯めても、使わなければ意味がありませんよね。

Tポイントが貯まるお店では、たいていのところでTポイントも使えますので、そこで少しずつ使っていくのが一番わかりやすいです。

普段買い物しているところで、安くできますからね。

ポイントを使って買い物できたら、やっぱりうれしい!
優越感に浸れますよね〜。

他にもいろいろとTポイントの使い道はあります。
個人的なおすすめは以下の通り。

Tポイントの貯め方や使い道は、以下のページでより詳しく紹介していますよ。

これらのページを参考に、Tポイントを活用して、少しでも支出を減らしていってくださいね^^

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る