スマホで使える電子マネーの一覧とおすすめ3つ

スポンサーリンク

電子マネーの中には、スマホ決済として使えるものもいくつかあります。

わざわざカードを持ち歩かなくても支払いができるので、スマホで電子マネーが使えたら便利ですよね。

とはいえ、電子マネーにもたくさん種類があるので、どれがスマホで使えるのかわかりづらい部分もあります。

このページでは、スマホで使える電子マネーの特徴や違いを説明した上で、おすすめの電子マネーについて紹介していきますね。

電子マネーをスマホで使う方法について

そもそも電子マネーをスマホで使いたいとき、どんな方法があるのか気になるところですよね。

電子マネーをスマホで使う方法は以下の3通り。

  • Apple Payで使う
  • Google Payで使う
  • おサイフケータイで使う

iPhoneユーザーの場合はApple Pay、Androidユーザーの場合はGoogle Payかおサイフケータイを使う形になります。

いずれかのスマホ決済アプリを利用することで、電子マネーがスマホで使えるようになりますよ。

スマホで使える電子マネーの一覧

では早速、スマホで使える電子マネーを紹介していきますね。

電子マネーにもいろいろ種類がありますが、スマホで使えるものは限られています。

結局のところ、Apple Pay・Google Pay・おサイフケータイのいずれかに対応していないと使えませんからね。

スマホで使える電子マネーは以下の通り。

ただ、利用するスマホ決済アプリによって使えないものもあります。

ここからは、スマホ決済アプリごとに使える電子マネーについて詳しく説明していきますね。

Apple Payで使える電子マネーは3種類

イオンカードをApple Payに紐づけする手順・流れ

iPhoneユーザーの場合、Apple Payにクレジットカードなどを登録することで電子マネーが使えます。

Apple Payに登録して使える電子マネーは以下の通り。

登録するクレジットカードによって、QUICPay決済かiD決済になるかは違いますよ。

▼Apple Payに楽天カードを紐づけた場合はQUICPay決済ができます。

Apple Pay JCBカード

dカードを登録すると、iD決済ができますよ。

【ApplePay:iD決済】画面

また、Suicaを登録しておけばモバイルSuicaとして使えるので便利です。

Google Payで使える電子マネーは6種類

Androidユーザーの場合は、Google PayがApple Payのかわりになります。

Google Payで使える電子マネーは以下の通り。

楽天Edy・WAON・nanacoなど使える電子マネーの数も増えますね!

わざわざカードを持ち歩く必要がなくなるので便利です。

おサイフケータイで使える電子マネーは7種類

Androidユーザーでおサイフケータイに対応している場合は、スマホを財布がわりに使えます。

おサイフケータイで使える電子マネーは以下の通り。

スマホ決済アプリの中では、最も多くの電子マネーが使えますね。
Google Payでは使えないスターバックスカードも登録できますよ。

単純に電子マネーが登録できる数を重視するなら、おサイフケータイを選ぶのもありです。

スマホで電子マネーを使うならSuicaがおすすめ

Suicaカード

スマホで使える電子マネーにもいろいろとありますが、個人的に一番おすすめなのはSuicaです!

SuicaはApple Pay・Google Pay・おサイフケータイのすべてに対応しているので、登録しやすいですよ。

ほかにも、スマホでSuicaを使うメリットは以下の通り。

お店だけでなく、電車やバスなどの交通機関で移動するときにも使えるので、Suicaひとつあればすべてまかなえるという印象です。

チャージしないと使えませんが、その都度チャージするのが面倒な場合はオートチャージもできるので、そこまで不便さは感じませんね。

使えるお店の多さで選ぶならQUICPay

どこのお店でどの電子マネーが使えるのか、いちいち調べるのが面倒というのであれば、使えるお店が多いQUICPayを選ぶのもありですね。

QUICPayに対応しているカードを持っていれば、すぐスマホで電子マネー決済できるのもいいところです。

ほかにも、スマホでQUICPayを使うメリットは以下の通り。

  • 後払いでチャージ不要
  • クレジットカードのポイントが貯まる
  • 対応しているお店が多い

QUICPay独自のポイントは貯まりませんが、紐づけているクレジットカードのポイントが貯まりますよ。

スマホでQUICPayを使うときにおすすめのカードは以下の通り。

なるべく還元率の高いクレジットカードを登録しておきましょう。

iDならキャンペーンも多い

使えるお店が多いという点では、iDもおすすめです。

QUICPayと同じぐらい対応店も多く、カードを紐づけるとスマホで電子マネー払いできるようになりますよ。

キャンペーンも開催されていることが多いので、ポイント還元率を高めることができます。

スマホでiD決済するメリットをまとめてみました。

  • 後払いでチャージ不要
  • クレジットカードのポイントが貯まる
  • メルペイでもiDが使える
  • 対応しているお店が多い

スマホでiDを使うときにおすすめのカードは以下の通り。

QUICPayと同じように、iD独自のポイントは貯まりません。

できるだけ還元率の高いクレジットカードを紐づけておくと、ポイントが貯まりやすくなりますよ。

また、メルペイを使えるようにしておくと電子カードが発行されるので、iD決済ができるようになります。
メルカリの売上金メルカリポイントを使いたい場合は、メルペイでiD決済するのもいいですね。

わざわざクレジットカードを作る手間も省けます。

スマホ決済を使うのもおすすめ

QRコードを読み取ったり、バーコードを読み取ってもらったりして支払うスマホ決済もありますよね。

広い意味でいうと、スマホ決済も電子マネーのようなものです。

主要のスマホ決済は以下の通り。

電子マネーだけでなく、スマホ決済も組み合わせて使うことで、支払いの選択肢が広がりますよ。

さいごに

スマホで使える電子マネーは限られていますが、一番おすすめなのはSuicaですね。

Apple Pay・Google Pay・おサイフケータイのすべてに対応しているので、使い勝手もいいですよ。

メインで使う電子マネーを決めておいて、サブでほかの支払い方法も使えるようにしておくという感じで複数の電子マネーを使い分けるのもおすすめですね。

私も基本はPayPayで支払って、使えないところではQUICPayやiDを使うというようにしています。

電子マネーとスマホ決済を組み合わせて使えば、財布を出す手間なくスマートに買い物できるので便利です。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

長野在住のフリーライター/3児の母。時間とお金は有限なので、自分の納得できるものに注ぎたい性分。心が豊かになれる暮らしのヒントや、子育てに役立つお得情報など発信していきます。

執筆メンバの一覧を見る

このページをシェアする!