Apple Payをファミリーマートで使う方法・Tポイントがもらえるお得な支払い方・使えないときの対処法まとめ

柚木ゆうらの画像

Apple Payを使えば、スマートフォンをかざすだけで支払いができるので便利です。

そんなApple Payですが、実はファミリーマートでも使うことができます!

ただ、初めて使う場合は、どうやってApple Payを使えばいいのか悩んでしまいますよね。
使い方の流れを知っておけば、いざ使いたいときにスムーズに支払えますよ。

このページでは、ファミリーマートでApple Payを使う方法やTポイントがもらえるお得な支払い方、Apple Payが使えないときの対処法について紹介していきますね。

ファミリーマートでApple Payを使う方法

ファミリーマートでApple Payを使う方法

長野駅善光寺口 ファミリーマート

早速、ファミリーマートでApple Payを使うときの流れについて紹介していきますね。

ファミリーマートで使う前に、Apple Payに以下のいずれかを登録しておきましょう。

▼私はApple Payに楽天カードを登録してあります。

Apple Pay 設定

使う直前になって登録するのは少し大変なので、あらかじめ準備しておくといいですね。

Apple Payを使うときの流れは以下の通り。(iPhoneユーザーの場合)

  • Walletを開いて使いたいカードを選ぶ
  • 「QUICPay(もしくはiD・Suica)で支払います」とレジの店員さんに伝える
  • Touch IDまたはFace IDで認証する
  • レジにあるリーダーにスマートフォンをかざす
  • 支払い完了

▼認証が終わると、「リーダーにかざしてください」という画面が表示されるので、レジにあるリーダーにスマートフォンをかざしましょう。

Apple Pay リーダーにかざしてください画面

たったこれだけで、Apple Payで支払いができますよ。

店員さんに伝えるときは、「QUICPayで」という感じで支払い方法をしっかり伝えましょう。
「Apple Payで」といっても伝わらない可能性が高いです。

おサイフケータイに対応していたり、登録するカードがiDに対応していたりするとiD決済ができますよ。

Apple Payに登録したカードにあるマークを見て、QUICPayなのかiDなのか判断するといいですね。

イオンカードメルペイなどはiD決済になりますよ。

イオンカードをApple Payに紐づけする手順・流れ

Apple Payに登録されているSuicaで支払いたいときは、「Suicaで」と伝えてください。
支払いの流れはほとんど同じです。

▼実際に、ファミリーマートでApple Payを使って支払ったときのレシートです。

ファミリーマートでApple Payを使ったときのレシート

ちゃんと「QUICPay支払」として処理されていました。

Apple Payに登録してあるクレジットカードで支払う形になるため、カード払い分のポイントもつきます。

たとえば、還元率1%の楽天カードで1,000円分を支払った場合、楽天スーパーポイントが10ポイントもらえる計算になりますね。

できるだけ還元率の高いクレジットカードを登録しておくことをおすすめします。

Tポイントカードを使ってポイントを二重取りする方法

Apple Pay Tポイントカードと併用

ファミリーマートでは、Tポイントカードを提示することでTポイントが貯まります。
そんなTポイントカードとApple Payが併用できるのかも気になりますよね。

結論からいうと、Apple PayとTポイントカードは併用できます!

Apple Payで支払う前にTポイントカードを提示すると、Tポイントが貯まりますよ。

つまり、Tポイントカードを提示してApple Payで決済した場合、Tポイント+カード払い分のポイントがもらえます。

たとえば、Apple Payに還元率1%のクレジットカードを登録し、ファミリーマートでTポイントカードを提示して2,000円分の買い物をしたとしましょう。

この場合、Tポイントカード提示分10ポイント+カード払い分20ポイントがもらえる計算になります。
ポイントが二重取りできるのでお得ですよ!

▼実際にTポイントカードを提示してApple Pay払いしたときのレシートです。ちゃんとTポイントがついていました。

ファミリーマートでApple Payを使ったときのレシート(Tポイントつき)

楽天スーパーポイントやdポイントも貯まります

ファミリーマートは、楽天スーパーポイントdポイントも使える・貯まるお店です。

Apple Payで支払う前に、楽天ポイントカードやdポイントカードを提示することでポイントが貯まりますよ。

▼いちいちカードを持ち歩くのが面倒な場合は、ファミペイアプリにポイントカードを登録しておくと便利です。

ファミペイアプリ ポイントカード

ただし、ポイントカードの提示で貯められるポイントはいずれか1つになります。

楽天スーパーポイント+dポイントといった感じで併用しては貯められません。

Apple Payはほかの支払い方法と併用できる?

ファミリーマートでApple Payを使うときに、ほかの支払い方法と併用できるのかも気になりますよね。

Apple Payは、以下の支払い方法とは併用できません。

ファミマTカードとの併用もできないので注意しましょう。

ただ、ファミマTカードを提示してApple Payで支払うと、Tポイントはちゃんとつきます。

Suicaへのチャージも可能です

Apple PayにSuicaを登録している場合もありますよね。
ファミリーマートでは、Apple Payに登録したSuicaへのチャージもできますよ。

Suicaへチャージするときの流れは以下の通り。

  1. 「Suicaにチャージします」とレジの店員さんに伝える
  2. チャージ希望額を選ぶ
  3. チャージしたい金額を渡す
  4. Apple Payに登録したSuicaを端末にかざす
  5. 「ピピッ」と音が鳴ったらチャージ完了

1枚のSuicaにつき、最大20,000円までチャージ可能です。

もちろん、Suicaカードそのものにチャージすることもできます。
Suicaカードにチャージしたい場合は、Suicaカードを端末にかざしましょう。

ただ、Suicaにチャージできるのは現金のみです。

Apple Payに登録してあるクレジットカードやプリペイドカードを使って、チャージするということはできません。

また、チャージ後の返金もできないので、金額をよく確認してからチャージしましょう。

一部の店舗ではチャージできないこともあるため、レジで確認してから利用することをおすすめしますよ。

ちなみに、MasterCardまたはJCBカードをApple Payに登録している場合、Walletアプリ内から直接Suicaへチャージすることも可能です。

わざわざレジで支払わなくても、いつでも好きなときにチャージできるので便利ですよ。

ファミリーマートでApple Payが使えないときの対処法

ファミリーマートでApple Payを使おうと思ったのに、なぜか使えない場合もあるかもしれませんね。

原因になりそうなことを知っておけば、いざというときに対処しやすくなります。

主に、Apple Payが使えない原因として考えられるのは以下の通り。

  • Apple Payの上限金額を超えている
  • 登録したクレジットカードの限度額を超えている
  • 支払いに対応していない商品を買おうとしている

Apple Payの上限金額・登録したクレジットカードの限度額を超えての支払いはできません。

また、ファミリーマートの商品やサービスによっては、Apple Payで支払えないものもあります。

たとえば、以下のようなものはApple Payで支払えない可能性が高いですよ。

さいごに

ファミリーマートでApple Payを使うときは、会計前にTポイントカードを提示することでTポイントが貯まります。

Apple Payに還元率の高いクレジットカードを紐付けておけば、Tポイントとカード払い分のポイントが二重取りできるのでお得ですよ!

楽天スーパーポイントやdポイントも貯まるので、Apple Payに登録するカードとの相性を考えて、貯めるポイントを選ぶのもおすすめです。

たとえば、Apple Payに楽天カードを登録して使うなら楽天スーパーポイントを貯めて、dカードを登録して使うならdポイントを貯めるといった感じですね。

ファミリーマートで使える支払い方法のひとつとして、Apple Payの使い方も覚えておくと便利ですよ。

おまけ:ほかの電子マネーと比較したい場合

ほかの電子マネーと比較したい場合は、こちらも参考にしてみてくださいね。