ライター「小林敏徳」の自己紹介・1日のスケジュール・仕事やお金に対する考え方

こんにちは!
2015年から【ノマド的節約術】でライターをしている小林敏徳です。

このページでは、僭越ながらぼくの自己紹介をしますね。

小林敏徳のプロフィール

小林敏徳のプロフィール写真

まずはぼくのプロフィールを紹介します。

▼簡単にまとめてみました。

小林敏徳(こばやし としのり)です。

1980年生。大阪府在住。

文章を書いたり、化粧品の企画をしたり、写真を撮ったりしています。

美容・健康業界の会社員として13年ほど働いていましたが、うつ病をきっかけに退職。

しばらく療養した後、フリーランスになりました。

13年ほど会社員をした後、フリーランスとして活動しています。

ブログやSNSアカウントは以下です。

よく更新しているのはブログとTwitterです!

ノマド的節約術でインタビューしていただきました!

大変恐縮ながら、ノマド的節約術でインタビューをしていただきました。

もしよければ以下の記事もチェックしてくださいね。

お金に対する考え方とエピソード

次は、ぼくのお金に対する考え方を紹介します。

ぼくの考え方のもとになったエピソードを、ノマド的節約術の記事とからめて紹介していきますね。

独身時代は浪費癖がひどかった

独身時代は、とにかく浪費癖がひどかったんです。

一人暮らしをしているくせに、給料が入ったら何も考えずに使いまくっていました。

とくに洋服にはかなりのお金を使っていて、今考えてもブルッとするほどですね。

結婚が決まってやっと貯金を意識するようになり、だいぶ考え方が変わったと思います。

今ではお金は必要な分しか持ち歩きません

今ではお金は必要な分しか持ち歩かないようにしています。

財布に入っていると使ってしまいそうな気がする(たぶんそうなる)からです。笑

おかげで衝動買いをするようなことは全くなくなりました。

ノマド的節約術のおかげで、家計節約にも興味を持つようになった

ノマド的節約術に関わらせてもらったおかげで、家計節約にも興味を持つようになりました。

何が必要で、何が不要なのか?

本当にこれがいいのか? もっとお得な方法はないのか?

そんな事を考えながら、自分の手でできることは何でもやっています。

メルカリ等を通してお金の使い方を試行錯誤しています

お金の使い方や物の買い方については、「ヤフオク」や「メルカリ」で学んだと言っても過言ではありません。

どうやったらより安く買えるのか?

最低でも損はせず、うまくいけば将来的に収入になる物の買い方は?

どうやったら物が売れるのか?

今でもそのあたりを体で学んでいます。

子供たちにもお金の使い方を学ばせています

子供たちにもお金の使い方を学ばせています。

といっても未熟なぼくが教えているわけではなく・・・ 体で学んでもらっています。笑

お年玉を計画的に使うこと。

無駄遣いはしないこと。

物を買う前に一度立ち止まって吟味すること。

それを日々学んでくれているので、すでにぼくより大人だと思います。

仕事に対する考え方とエピソード

小林敏徳の仕事風景

次は仕事に対する考え方とエピソードを紹介しますね。

紆余曲折を経て、少しずつ自分の考え方が作られてきました。

13年間は会社員をしていました

ぼくは13年間は会社員をしていました。

その時の主な仕事は以下のとおりです。

  • マッサージ
  • スポーツトレーナー
  • 化粧品の製造
  • 健康器具の販売
  • 化粧品の企画・販売

とくに意識していたわけではありませんが、「美容」と「健康」に携わってきました。

仕事は楽しかったので、そのまま会社員を続けるつもりでしたが、ある出来事をきっかけに人生が大きく変わるのです。

うつ病をきっかけにドロップアウト→フリーランスに

その出来事とは、うつ病になったことです。

精神的に不安定になり、身体的にも症状が表れる、あの精神疾患です。

自分でも気づかぬうちにストレスを溜め込み、それが爆発したのでしょう。

うつ病をきっかけに会社員人生からドロップアウトしました。

そして、しばらく療養した後、フリーランスになったのです。

*そのあたりの詳しい経緯は、以下の記事にまとめていただいています。

ブログをきっかけに執筆オファーが→ライターに

「フリーランスになった」といっても、仕事は全くありません。

うつ病で急に仕事を辞めたので、まとまった貯金も、ビジネスの計画も、仕事も、見込み客も何もありませんでした。

ですから、インターネットで物を売ったり、化粧品や雑貨の小売をしたり、思いつく限りのことをして食いつなごうとしましたが、収入になるどころか、ずっと赤字でした。もちろん貯金はどんどん無くなります。

そんな中で、なぜかブログだけは書き続けていました。

文章を書き、社会に発信することが孤独な日常の救いになっていたからです。

ブログを書き続けて1年半後、Twitterに執筆オファーが届くようになりました。

とても驚きました。

仕事にするつもりでブログを書いていたわけではなかったからです。

仕事がなかったぼくはそのオファーに飛びつき、黙々と仕事をこなしました。

ノマド的節約術の松本さんと出会ったのは、その1年後くらいです!

職種にこだわらず、いろんな仕事をしています

このプロフィールを書いている時点で、フリーランスになって6年。

おかげさまでいろんな仕事をさせてもらえるようになりました。

今ぼくが手がけている仕事は以下のとおりです。

  • ライター
  • ブログ運営
  • 写真
  • 化粧品の企画
  • カウンセリング
  • コンサルティング
  • 企業への出資

もはや何屋さんかわかりませんね。笑

職種には全くこだわりがなく、「求められたことをやる」ということだけを徹底しています。

これからもそうするつもりです!

1日のタイムスケジュール

次は、ぼくの1日のスケジュールを紹介しますね。

▼外出のない日はこんな感じです。

07:30 起床
07:30~08:30 歯磨き、シャワーなど
08:30 掃除、洗濯
09:00 仕事開始
12:00〜12:30 ウォーキング
12:30~13:30 昼食
13:30〜14:00 昼寝
14:00~18:00 仕事
18:00〜19:00 トレーニング
19:00〜20:00 夕食
20:00〜21:00 入浴、ストレッチ
21:00〜23:30 ドラマ、映画視聴
0:00 就寝

通勤のない在宅フリーランスなので、意識的に運動するようにしています。

ここ数年はトレーニングにハマっていて、自分で自分の体をいじめ抜き、時折うめき声をあげています。笑

趣味・特技

次は、ぼくの趣味と特技を紹介しますね。

大げさかもしれませんが、生きる糧のようなものです。

文章を書くこと

小林敏徳が文章を書いているところ

文章を書くのは仕事であり、趣味でもあります。

仕事をしない日でも何かは必ず書いていますし、人には絶対に見せないものも書いています。

もはや日常なので、「好き」とかそういう次元ではない気がします。

写真を撮ること

小小林敏徳のOLYMPUSのカメラ林敏徳のカメラ

写真を撮るのも好きです。

風景や物を撮るのも好きなのですが、人を撮るときが一番ワクワクしますね。

カメラマンのオファーをいただくこともあるので、本当にありがたいです。

人に会い、話を聞き、背中を押すこと

小林敏徳が撮影したコーヒーとアイスラテ

人に会うのも好きです。

そして、これは特技と言っていいかわかりませんが、人の話を聞き、背中を押すのも好きです。

昔から相談されることがめちゃくちゃ多いんです。

大人になるに連れてヘビーな悩み(転職、離婚、裁判など)も増えてきましたが、相手の話をじっくり聞いて、一歩踏み出せるように話をしています。

何かを手伝ったり、専門家を紹介することもあります。

旅行に行くこと(国内、海外)

小林敏徳が撮影したイタリア・ベネツィアの夕日

最後は旅行に行くことです。

旅行は自分の価値観を広げてくれるので、めちゃくちゃ好きです。

今で海外は10カ国以上行っていますが、もっといろんなところに行ってみたいですね。

日本国内もまだまだ行きたいところが沢山あります。

将来の夢

ぼくの将来の夢はとてもざっくりしているのですが、「社会の役に立つ人間になること」です。

仕事は何でもいいです。

やることも何でもいいです。

それが社会の役に立ち、人も自分も豊かになれるのであれば。

そのために求められたことをきっちりとこなし、自分からも新しいものを生み出していきたいです。

※2019年3月現在

以上、小林敏徳の自己紹介でした!

参考:小林敏徳が書いた記事一覧

スポンサーリンク