コストコのお惣菜はどれがおすすめ?コスパ抜群のお惣菜人気ランキング10選

スポンサーリンク

こんにちは!
自宅に人が来るときは、コストコのお惣菜に頼りっきりの小林敏徳です。

コストコには、びっくりサイズのお惣菜がたくさんあります。
でも、量が多いからといって、値段が高いわけでも、味が大雑把なわけでもありません。

複数人で食べてもお腹がいっぱいになるボリュームなのに、ちゃんと美味しい。
しかもコスパが良いので、人が集まるときはついコストコまで車を走らせてしまいます。

そんなわけで今回は、コストコのお得なお惣菜を紹介しますね。

ホームパーティーに使える!コストコで人気のお惣菜

コストコのお惣菜は、ものすごいボリュームがあります。

物にもよりますが、4〜5人で食べても十分すぎる量であることがほとんどですね。

▼たとえば後ほど紹介する「ロティサリーチキン」という鶏の丸焼きはこんな感じ。

コストコのロティサリーチキン(パッケージ)

▼これを全てほぐすと、これだけの量になります。

コストコのロティサリーチキン(お皿に盛り付け)

そんなわけで、ぼくは実家に帰省するときやホームパーティーをするときに、よくコストコのお惣菜を購入しています。

みんなで割り勘にしたら安いですし、料理をする手間も省けますからね。

さて、おすすめのお惣菜はどれなのでしょうか?

コストコのおすすめ&人気商品ランキング10選(お惣菜編)

コストコのお惣菜コーナーは、かなり充実しています。

サラダやお肉、お寿司やピザなど、いろんなメニューがありますので、あれこれ悩んでしまうかも!?

それではおすすめのお惣菜を紹介しますね。

10位:チョッピーノスープ

コストコのチョッピーノスープ(完成)

チョッピーノスープは、カリフォルニア州サンフランシスコで親しまれる海鮮シチューです。

ムール貝などの海鮮と、玉ねぎなどの野菜をトマトスープで煮込む。
トマトの甘みと具材の旨みがマッチしていて、とても美味しいですよ。

見た目は辛そうですが、実はそうでもないので、好き嫌いなく楽しめるでしょう。

個人的なおすすめは、パンと一緒に食べること。
旨みたっぷりのスープにパンをつけると、もう止まりません!

9位:マルチグレインフムスラップ

コストコのマルチグレインフムスラップ(大きさ)

マルチグレインフムスラップも、ちょっと変わった一品です。

ひよこ豆や胡麻などをすりつぶした「フムス」と野菜を、穀物で作った「トルティーヤ」で巻いたもの。

アジア料理店によくある、「サラダラップ」のような個性派フードです。

どぎつい味を想像するかもしれませんが、意外とマイルド。
野菜とツナとフムスの組み合わせが絶妙ですよ。

アジアンフードがお好きな方は、ぜひ一度お試しください!

8位:シーフードアヒージョ

コストコのシーフードアヒージョ(お玉ですくった様子)

シーフードアヒージョがあれば、自宅で贅沢気分を味わえますよ。

えび、ほたて貝、いかなど、10種類以上の魚介と野菜がたっぷり入っています。

食べ方としては、お鍋で10分間煮込むだけ。
たったそれだけで、本格的なアヒージョができあがります。

お鍋いっぱいのボリュームなのに、値段は1,280円。
このコストパフォーマンスも魅力です。

これだけの野菜と魚介をそろえようと思えば、こんなコストでは済みませんからね・・・。

ビールとワインがすすみますよ!

7位:海鮮6種のちらし寿司

コストコの6種の海鮮ちらし寿司(お皿に盛り付けた様子)

お寿司がお好きな方は、海鮮6種のちらし寿司を食べてみてください。

すごいですよ、魚介のボリュームが。
サーモン、真鯛、醤油いくらなどが、「これでもか!」というくらいたっぷりのっています。

値段的には1,880円と、コストコのお惣菜としては高額の部類ですが、2〜3人前はあるので、実はそれほど高くもありません。

酢飯を覆いつくすくらいの魚介を見れば、むしろ安く感じるでしょう。

ぼくはたまにこれを1人で食べて、王様気分を味わっています。笑

6位:チョレギサラダ

コストコのチョレギサラダ(小皿に盛り付けた様子)

チョレギサラダは、栄養満点の韓国風サラダです。

ロメインレタス、サニーレタス、エビなどがたっぷり。
ビタミンやたんぱく質をバランスよく摂れるのが特徴です。

韓国風ではありますが、全く辛くはありません。
にんにくとごま油の効いたドレッシングが、めちゃくちゃ美味しいですよ!

味・ボリュームともに、納得のサラダです。

5位:ハイローラーBLT

コストコのハイローラーBLT(中身のアップ)

次は、ハイローラーBLTを紹介します。

ハイローラーBLTとは、たっぷりの具材を小麦粉の生地で巻いた「サラダロール」のようなもの。

トマトやレタス、ベーコンやチーズなどがたっぷり入っているので、1個でお腹にずっしりきます。

14個入りで998円(1個あたり71円)と値段的にも安いので、夕食の一品追加に便利ですよ。

そのまま食べても美味しいですが、通(つう)はオーブントースターで軽く焼いてから食べるのだとか。

野菜をしっかり摂れるのも良いですね。

4位:丸型ピザ

次に紹介するのは、丸型ピザです。

コストコのピザは、種類がとても豊富。

参考までに、そのバリエーションをまとめてみました。

  • ★5色チーズ
  • ★シーフード
  • ★パンチェッタ&モッツアレラ
  • ジャーマンポテト
  • マルゲリータ
  • コンボ
  • ペパロニ

*★は常時ある可能性の高いものです。
*画像は「パンチェッタ&モッツアレラ」です。
*値段はいずれも1,500円。

丸型ピザは、どれを買ってもお腹がいっぱいになります。

それはもう、アメリカの映画でしか見たことがないような「びっくりサイズ」ですね。

賞味期限内に食べ切れなければ、食べやすい大きさにカットしてから冷凍保存すればOK。

いろんな意味で便利ですし、子供たちも大好きなのでよく購入しています。

3位:寿司ファミリー盛48貫

コストコの寿司ファミリー盛48貫(お寿司の表面)

次のおすすめは、寿司ファミリー盛48貫です。

コストコには鮮魚もたくさんありますので、お寿司が美味しくても不思議ではありませんよね。

知人に勧められて購入したところ、めっちゃ美味しくてびっくり!

しかも1貫あたり55円なので、コスパは回転寿司なみですね。

まぐろ、サーモン、ぶりなど、新鮮なネタが48貫も入っているので、ボリューム的にも満足できるでしょう。

「わさびあり」と「わさびなし」を選べるのも便利。

2位:ロティサリーチキン

コストコのロティサリーチキン(ハサミでカットした後2)

次のおすすめは、ロティサリーチキンです。

これはいわゆる鶏の丸焼きですね。

鶏一羽ぶんのボリュームがあるのに、値段はなんと699円。

食べ方が難しそうですが、お肉がホロホロになるまで焼いてあるので、身を崩すのが簡単です。

皮はカリッとしていて、身はもっちり。

味付けはライトなので、子供たちにも安心して食べさせられます。

クリスマス会やホームパーティーのときに購入すると、喜ばれるでしょう。

ロティサリーチキンの切り分け方には、コツがあります。

1位:チキンシーザーサラダ

コストコのチキンシーザーサラダを盛り付けた風景

最後のおすすめは、チキンシーザーサラダです。

これは正味量が550gもあるのに、値段は698円という破格のサラダです。

野菜、蒸鶏、クルトン、レモンがたっぷり入っていることに加えて、シーザードレッシングの量もたっぷり。

チーズの風味が強いドレッシングをかけるだけで食べられるので、何も手間がかかりません。

それでいて美味しいので、シーザーサラダ好きのぼくとしては買わない理由がありません。

おまけ:コストコのお惣菜には大人気のオリーブオイルが合う!

ちょっと余談になりますが、コストコのお惣菜に合う調味料を紹介しますね。

▼「ALCALA minioliva」というエキストラヴァージンオリーブオイルをぜひお試しください。

コストコのALCALA minioliva(オリーブオイル)(パッケージ)

▼オリーブオイルをポーションに小分けし、いつでも新鮮な味が楽しめるように考えられています。

コストコのALCALA minioliva(オリーブオイル)(商品全体)

▼使い方も簡単です。

コストコのALCALA minioliva(オリーブオイル)(使い方5)

サラダやピザにかけるだけで、風味が全然変わりますよ。

さいごに

コストコには美味しそうなお惣菜がたくさんあるので、つい売り場の前をウロウロしてしまいます。

できたてのお惣菜はやっぱり魅力的ですからね。

一つ一つの量が多いので、人が集まるタイミングを見計らって購入してください。

おまけ:その他ジャンルのコストコおすすめ商品は?

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

小林 敏徳

Toshinori Kobayashi/Japan/Osaka/Twitter:@enrique5581 プロフィールはこちらインタビューされた記事対談記事もどうぞ。

執筆メンバの一覧を見る