コストコの「ロティサリーチキン」の特徴と食べた感想。簡単に切り分ける方法も紹介

スポンサーリンク

こんにちは!

鳥の丸焼きを見たら、子供よりもテンションが上がる小林敏徳です。

コストコのお惣菜コーナーに、大きな鳥の丸焼きがあるのをご存知ですか?

子供の頃に漫画で見たような、正真正銘の鳥の丸焼き。

それが「ロティサリーチキン」です。

試食で食べてから一度は購入したいと思っていましたが、全部食べきる自信がありませんでした。

ところが、ランチ会のチャンスを狙って、ついに購入。

うっかり値段をチェックし忘れていましたが、鳥の丸焼きなのに、なんと699円で買えてしまうんです。

もちろん味も絶品でしたよ。

そんなわけで今回は、コストコのロティサリーチキンについて紹介しますね。

ランチ会の機会を狙って、コストコの「ロティサリーチキン」を購入

コストコのロティサリーチキン(パッケージ)

友人が集まるランチ会で、ついにコストコのロティサリーチキンを購入しました。

やっとだ・・・。

この機会を待っていました・・・。

家族4人でこのチキンを食べきる自信がなかったので、今までは敬遠していましたが、ついに購入できました。

さて、まずはその特徴から紹介しますね。

ロティサリーチキンの特徴

コストコのロティサリーチキンの特徴は、ズバリ、安くて美味しい。

これに尽きます。

699円で買える、鳥の丸焼き

コストコのロティサリーチキン(値段)

コストコのロティサリーチキンは、699円です。

正味量(g)は記載されていませんが、今回購入したものを計量してみると、1.5kgありました。

骨を除き、可食部が1.2kgくらいだったとしても、1.2kgの鶏肉が699円ならば安いですよね。

そのまま食べても、電子レンジでチンしてもOK!

コストコのロティサリーチキンは、調理済みなので、そのまま食べられます。

▼パッケージを開けると、憧れの鳥の丸焼きが姿を現しました。

コストコのロティサリーチキン(表面)

見ただけで食欲がそそられるなぁ。

表面がカリッとしていそうですね。

大人から子供まで食べられる、あっさり塩味

コストコのロティサリーチキン(脚の部分)

コストコのロティサリーチキンの良いところは、味付けがあっさりしているところ。

シンプルに、塩だけで味付けされています。

たとえば七面鳥の丸焼きやローストチキンなどは、強めに味付けされていることも多いので、子供に食べさせるとなると心配なんですよね。

その点、コストコのは安心できます。

クリスマス会やホームパーティーのときに便利

コストコのロティサリーチキン(皮)

コストコのロティサリーチキンは、パーティーのときのメイン料理におすすめです。

メイン料理が699円なら、コスパは抜群ですよね。

しかも好き嫌いの少ない味付けなので、大人数の食事会でも喜ばれると思います。

さて、それではさっそくいただいてみましょう。

どれだけ食べても飽きない美味しさ!

ロティサリーチキンのお味は試食で体験済みですが、それでも自分のものとして食べてみたい。

その念願がやっと叶いました!

▼表面の皮はカリッとしていますが、中のお肉はホロホロでした。

コストコのロティサリーチキン(内部)

丁寧に焼き上げているのか、水っぽさがまったくなく、お肉の美味しさがダイレクトに伝わってくる感じです。

▼食べやすい大きさにカットしてからいただきました。

コストコのロティサリーチキン(ハサミでカットした後2)

食べだしたら止まりません。

鶏肉好きのぼくとしては、なかなかポイントの高い商品ですね。

さて、鳥の丸焼きは「切り方」が難しいと思います。

次に、その方法を紹介しますね。

切り分け方は簡単!ハサミか包丁でカットするだけ

鳥の丸焼きを買うとなると、心配なのはその切り分け方ですよね。

ぼくも同じ不安がありましたので、その気持ちがよくわかります。

でも、コストコのロティサリーチキンは簡単に切り分けられましたよ。

▼食品用のハサミか、包丁でこのようにざっくりカットしてくだけです。

コストコのロティサリーチキン(ハサミでカットする)

お肉が柔らかいので、サクッとカットできちゃいます。

▼食べやすい大きさに切り分けると、こんな感じになりました。

コストコのロティサリーチキン(ハサミでカットした後)

これくらいのサイズなら、子供でも問題なく食べられますよね。

ぜひお試しください。

ロティサリーチキンの切り分け方と調理方法は、次の記事でも紹介していますよ。

全部解体すると、これだけのボリュームになります

最後にちょっとした実験を。

コストコのロティサリーチキンを全部解体すると、どれくらいの量になるのか気になりませんか?

▼試しに食品用のハサミで全て解体してみると、こんな感じになりました。

コストコのロティサリーチキン(お皿に盛り付け)

あの美しい鳥の丸焼きが、「肉っ!」という雰囲気になりましたね。

ホームパーティーなら問題なく食べ切れる量だと思いますが、通常の食事だとしばらくは鶏肉祭りになるかも。

このまま食べきれない場合は、スープにしたり、炊き込みご飯に使ったり、冷凍保存するのがおすすめですよ。

さいごに

コストコのロティサリーチキンは、またすぐに買いたくなるくらい美味しかったです。

わが家4人だけで食べきるのは大変なので、また何かの機会にリピートしたいと思います。

香りもお味も申し分ありませんでした!

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

小林 敏徳

Toshinori Kobayashi/Japan/Osaka/Twitter:@enrique5581 プロフィールはこちらインタビューされた記事対談記事もどうぞ。

執筆メンバの一覧を見る