人気商品を厳選!コストコの美味しい肉・魚のおすすめランキングTOP14

スポンサーリンク

こんにちは!
コストコで肉や魚を買ったら、しばらくはそればかり食べる小林敏徳です。

コストコは、生鮮食品も豊富です。

会員でない方にはそのイメージがないようですが、実はお得な精肉・鮮魚がたくさんあるんです。

ご多分に漏れずボリュームはアメリカ仕込みであるものの、賞味期限内に食べきれなくても冷凍保存すればOK。

100gあたりに換算すると、スーパーよりもずっとお得です。

今回は、その中でもとくにおすすめのお肉と魚をまとめてみました。

コストコ会員の間では「定番」とされる人気商品なので、ぜひ参考にしてくださいね。

コストコのお肉と魚はとにかく安い!

コストコのお肉と魚は、とにかくコスパが抜群です。

会員でない方にそう言うと、「えっ? コストコって生鮮食品もあるの?」と驚かれますが、実はあるんです。

量が多くて、値段は安い生鮮食品が。

▼たとえば後ほど紹介する「塩サバフィレ」は、こんな感じ。
一般のスーパーではなかなかお目にかかれないサイズ感ですよね。

コストコの塩サバフィレ(パッケージ)

値段が高いように感じるものもありますが、100gあたりに換算すると激安ですよ。

表示されている値段だけではなく、「コスパ」にも着目してくださいね。

コストコのおすすめ&人気商品ランキング14選(肉・魚編)

それでは、コストコのおすすめ商品を紹介していきます!

肉・魚のおすすめを厳選してみました。

14位:三元豚ヒレ真空パック

コストコの三元豚ヒレ真空パック(ステーキ)

三元豚ヒレ真空パックは、ヘルシーな豚ヒレ肉です。
脂身が少なく、とても食べやすいですよ。

豚肉はおいしいのですが、カロリーが気になるところ。
かと言って牛ヒレ肉を買うのは、コスト的にちょっと・・・ですよね。

この豚ヒレ肉なら、100gあたり89円。
鶏肉と同じくらいの値段なので、手を出しやすいです。

ステーキ、照り焼き、鍋など、使いみちも多いですよ。

13位:国産豚肉バラうすぎり

コストコの国産豚肉バラうすぎり(豚肉の炒め物)

国産豚肉バラうすぎりは、何かと便利です。
焼きそばや野菜炒めなど、いろんな料理に使えますよ。

こちらの最大の特徴は、お肉の厚みがすごいところ。
サムギョプサルなみのぶ厚さなので、存在感があります。

また、国産だけあって、甘みもすごいですよ。
豚汁にいれると、甘みと旨みがグンと増します。

値段的にもお得なので、いつも冷蔵庫にストックしています。

12位:しらす干し(遠州灘産)

コストコのしらす干し(しらす丼)

しらす干し(遠州灘産)もめちゃくちゃお得ですよ。

通常、ブランドもののしらすは100gあたり400円〜500円以上しますが、こちらは297円。

およそ半額くらいで買えてしまいます。

味については、さすが遠州灘産といったところ。
しらす干しの甘みだけで、ご飯がどんどん進みます。

量が多い(492g)ので、食べきれるか心配かもしれませんが、冷凍保存も可能です。

自然解凍をすれば、また美味しくいただけますよ。

11位:三元豚肩ロース

コストコの三元豚肩ロース(チャーシューの出来あがり)

三元豚肩ロースは、個人的にとても気に入っています。

肩ロース肉のいいところは、安いところ。
鶏肉と牛肉のちょうど中間くらいのお値段(100gあたり108円)なので、あまり悩まずに買えます。

あと、脂身が少ないのも魅力。
それなのにめちゃくちゃ柔らかいので、とても重宝しますよ。

これで作った煮込みチャーシューは、本当に最高!

あっさりしていて、いくらでも食べられます。

10位:牛豚合挽き肉(赤身80%)

コストコの牛豚合挽き肉(赤身80%)(ハンバーグの出来あがり)

牛豚合挽き肉は、ハンバーグを作るときに欠かせません。

牛肉と豚肉が7:3の割合になっていて、そのうち80%が赤身。
脂身が少ないので、カロリーを気にされる方や、脂っこいものが苦手な方におすすめですよ。

赤身が多いと高そうですが、実はめちゃくちゃ安いんです!
100gあたり98円という、スーパーの特売レベルの値段ですから。

こちらで作ったハンバーグは、とても肉肉しいですよ。

9位:三元豚スペアリブ

コストコの三元豚スペアリブ(煮込みの出来あがり)

「スーパーのスペアリブは骨ばっかり・・・」

そうお悩みの方は、三元豚スペアリブをぜひお試しください。

格安(100gあたり89円)なのに、可食部が多い。
「ほとんど骨やん・・・」というスペアリブとはわけが違います。

煮込みにしてもいいですし、カレーやシチューにいれても最高。
スペアリブ特有の旨みをとことん堪能できるでしょう。

ブロック肉ではありますが、切り分けも簡単。
骨にそって包丁やはさみをいれていくだけでOKです。

8位:天然紅鮭定塩切身・甘口

コストコの天然紅鮭定塩切身・甘口(焼いた後の色合い)

天然紅鮭定塩切身・甘口を知ってから、他のお店では鮭を買わなくなりました。

こちらの鮭は、ロシア産の天然モノ。
色鮮やかで、脂がしっかりとのっていて、品質・コスパともに最高ですよ。

また、塩加減が程よいところもGOOD!
そのままグリルするだけで、美味しい焼鮭ができあがります。

そのまま食べるか、御飯の上にのせるか、お茶漬けにするか。
頭を悩ませながら、今日もせっせと焼いています。

7位:国産さくらどりもも肉

コストコの国産さくらどりもも肉(ちゃんこ鍋にしたときの仕上がり)

国産さくらどりもも肉は、コスパが魅力。
国産の良質な鶏肉が、100gあたり93円で買えちゃいます。

便利な鶏肉と言えば、やはりもも肉ですよね。
唐揚げ、鍋、ステーキなど、用途がたくさんあるので、ほぼ毎回購入しています。

鍋にいれたらプリップリになり、焼いたら程よい食感が残る。
色合いも素晴らしく、食欲をそそられます。

こちらのむね肉バージョンは、後ほど紹介しますね。

6位:USAチルドビーフ カワムキ タン VP

コストコのUSAチルドビーフ カワムキ タン VP(焼いたものをタレにつける)

バーベキューのときに必ず購入するのが、USAチルドビーフ カワムキ タン VPです。

ちょっとカタカタした名前ですが、牛タンのブロック肉です。
一般のスーパーではなかなか見かけませんよね。

こちらの最大の特徴は、安いところ。
100gあたり359円という破格の値段で買えてしまいます。

個人的には、好きな厚みにできるところが気に入っています。
ステーキのような分厚さにすると、贅沢気分を味わえるでしょう。

美味しさ・コスパともに最高です!

5位:USAビーフ タン厚切り焼肉用

コストコのUSAビーフ タン厚切り焼肉用(焼き上がり)

次のおすすめは、USAビーフ タン厚切り焼肉用です。

これは先ほど紹介した牛タンブロックがカットされたもの。
ほとんど「ステーキ」と言っていいくらい、ぶ厚くてジューシーです。

これだけぶ厚い牛タンは、仙台の有名店でもなかなかお目にかかれないでしょう。

正味量623gに対して値段は3,103円なので、100gあたり498円

年々値段が上昇している牛タンとしては、破格ではないでしょうか。

下処理もされているので、自分で血抜きをする必要がありません。

炭火でジュ〜〜っと焼いてからいただくと最高ですよ。

ビールが止まらないかも!?

4位:塩サバフィレ

コストコの塩サバフィレ(調理後)

次のおすすめは、めちゃくちゃ美味しい塩サバフィレです。

この商品は「安い・美味しい・便利」の三拍子がそろっているので、ほぼ毎回購入しています。

値段は1,099円(1,235g)なので、100gあたり88円

スーパーの鯖は安くても100gあたり100円くらいなので、コストコのほうがお得ですね。

それなのに、めちゃくちゃ美味しいからすごい!

魚焼き器(グリル)で焼くだけで食べられますし、「骨なし」なので、下処理の必要がなく、子供にも安心して食べさせられます。

わが家では、焼き魚やさばみりん、味噌煮などにしていただいています。

3位:刺身用生アトランティックサーモンフィレ

コストコの刺身用生アトランティックサーモン(刺身)

次のおすすめは、最近ハマっている刺身用生アトランティックサーモンフィレです。

これはノルウェーから一度も冷凍されずに店頭に届けられるという、驚きの生鮮食品です。

収穫から何日が経過しているのかは分かりかねますが、食べれば新鮮であることがわかるはず。

トロトロの脂が口の中に広がり、それがすぐに甘みに変わっていく、鮮魚ならではの味わいですよ。

100gあたり368円なので、コストパフォーマンスも抜群ですよ。

わが家ではお刺身にするのがほとんどですが、ときには手巻きにしたり、軽くあぶってからいただくこともあります。

2位:プルコギビーフ

次に紹介するのは、プルコギビーフです。

プルコギビーフもコストコ会員の間では定番とされている商品ですね。

約2kgというボリュームもさることながら、その美味しさにも驚かされます。

濃い目に味付けされているので、牛丼にしたり、ビーフサンドイッチにするなど、用途も様々。

もちろんそのまま食べても美味しいですよ。

以前よりもボリュームアップして、内容量1,996gで2,954円なので、100gあたり148円ですね。

コストパフォーマンスも抜群です。

1位:国産さくらどりむね肉

国産さくらどりむね肉は、ほぼ毎回購入している商品です。

内容量が2.4kgもあるので、味は「そこそこ」かと思いきや、ちゃんと美味しい。

100gあたり52円と、コスパも抜群です。

わが家では、蒸鶏にしたり、唐揚げにしたり、チキンステーキにしていただいていますが、本当に美味しいですよ。

この鶏肉を買いだしてから、スーパーでは買わなくなりました。

コストコ会員の知人も、ほぼ毎回購入しているそうです。

さいごに

コストコの生鮮食品は、コスパが抜群です。

どうしてもびっくりサイズのスイーツやパンや調味料などに注目が集まりますが、お肉や魚だってちゃんとお得ですよ。

とくに育ち盛りのお子さんがいるご家庭なら、食費を大きく節約できるでしょう。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

小林 敏徳

小林敏徳(こばやし としのり)です。1980年生。大阪府在住。文章を書いたり、化粧品の企画をしたり、写真を撮ったりしています。 詳しいプロフィールはこちらインタビューされた記事対談記事もどうぞ。

執筆メンバの一覧を見る